« イタリアで出会った日本の詩 | トップページ | ハリー・ポッター第6作「Harry Potter and the Half-Blood Prince」読み終えました »

2006年2月 8日 (水)

Harry Potter and the Half-Blood Princeやっと半分以上読みました

確か2004年だったと思いますが、ふと思い立ってハリポタを読んでみようか、と「Harry Potter and the Philosopher’s Stone」のペーパーバック版(英語)を買い求めました。(ローマ暮らしで英語かイタリア語しか選択肢がなかったともいえますが。フランス語、ドイツ語ほかもあったのでしょうが。まあそれはともかく。)

年甲斐もなく見事にハマり、一気に2冊目まで読んでしまった時点でついでにイギリス留学経験者であるやはりローマ住まいの友人にも薦めたら、はじめは「えー」と私を馬鹿にしてたのですが、無理矢理押し付けたら結局ハマり、3巻以降のペーパーバック(なぜペーパーバックか?だって安いし軽いんだもん)はそれぞれが代わりばんこで買って読む事に。しかし、「不死鳥の騎士団」のペーパーバック発売には二人とも今か今かとしびれを切らしてたので、ほぼ同日に私も彼女も別の本屋でゲットしてました。
昨年はローマにいる頃からHalf-Blood Princeもハードカバーを横目に見てはじりじりしてましたが結局手つかず(ハードカバーはイタリアでも、特に大型書店のウィンドウにびっしりとディスプレイされていました)。
しかし、日本に帰国したらなんと、妹が読めもしないのに見栄張ってハードカバー版を入手していた事が判明、すかさず昨年末に分捕ったまま他の本にいろいろ浮気してたのですが、最近やっと読み始めました。妹よすまない。

今回の作品はいよいよ佳境、という雰囲気で盛り上がっており(謎が少しずつ明らかに!)、160ページを過ぎたらあとは読み進むしかない、という感じですね。通勤時間が長いので、かさばる本だ〜とは思いつつも抱え込んで、日経新聞に挟まれながらもひたすら読み続けております。でもまだ360ページ…。
これから読む方も多いでしょうから種明かしはそうそうできませんが、Dumbledoreがハリーの言葉に涙しそうになるシーンにはちょっとびっくり。意外でした。
複雑な人間関係、人生の光と影。人間模様が縦に横に斜めに、重層的に絡み合って、ますますローリング氏の筆は冴え渡っています。乞うご期待。
そのうち、自分なりのイメージ画でもブログで紹介できれば、と思いますが…どうなることやら?
時間を効率よく使えるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

« イタリアで出会った日本の詩 | トップページ | ハリー・ポッター第6作「Harry Potter and the Half-Blood Prince」読み終えました »

イタリア・イタリア語・イタリア人 Italianissimi」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/8570918

この記事へのトラックバック一覧です: Harry Potter and the Half-Blood Princeやっと半分以上読みました:

« イタリアで出会った日本の詩 | トップページ | ハリー・ポッター第6作「Harry Potter and the Half-Blood Prince」読み終えました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード