« 昨日居酒屋で | トップページ | ヒヨドリは食い意地が張っている。 »

2006年3月11日 (土)

イタリア式チョコレートで賢くなる!?

バーチBaciというイタリアのキスチョコも、日本では珍しくなくなりました。
青い星の柄が入った銀紙をはがすと、中にはチョコと一緒に「愛の言葉」がプリントされた薄紙が入っています。
ちゃんと3カ国語(イタリア語、英語、フランス語)で書かれているので、意外と気が利いていますね。

実はもうひとつ、イタリアには別の「言葉入り」チョコレートがあります。
って、完全帰国間際にお土産にと買ったのが初めてで、つい最近それに気づいたのですが…。
ザンジバールZanzibarという、クリスマス前になるとよく売っているチョコレートで、アーモンドまたはヘーゼルナッツが入ったプラリネ、と考えていただければよいでしょう。
よく皆が買っているのは、厚さ約2センチ、幅7センチ、長さ30センチほどもあるどっしりした(鼻血が出そうな)ザンジバールですが、今回は一口サイズがいくつか入ったお手軽パッケージをスーパーでまとめ買いしました。
一応、商品名は「Zanzibar Sperlari(スペルラーリ)」、ダークチョコ・ホワイトチョコ2種のコーティングがされたヘーゼルナッツ入りプラリネです。
ダークチョコは焦げ茶色のセロハン紙に、ホワイトはオレンジ色のセロハン紙に包まれています。
包みをはがすと、中にある銀紙の裏側に言葉が。
ただし、国内消費のみを意図しているためか、イタリア語しか書かれていません。
ちょっとご紹介しましょう。

Fidarsi della bonta’ altrui e’ una prova non piccola della propria bonta’.
(Michel De Montaigne)
他人の善意を信頼するというのは、自分自身の善意を少なからず試す事である。

Per renderti simpatico in societa’, devi lasciarti insegnare molte cose che gia’ sai.
(Perigord Charles Maurice Talleyrand)
世間で感じのいい人になるためには、君がすでに知っているたくさんの事を教えてもらうに任せねばならない。

C’e’ sempre tempo per lanciare una parola, ma non sempre per riprenderla.
(Baltasar Gracian)
一言を放つためには常に時間はあるが、それを再び取り戻すためには常にあるわけではない。

Gli animali sono amici cosi’ discreti: non fanno domande e non riportano pettegolezzi.
(George Eliot)
動物たちはとても節度のある友達だ:質問はしないし、陰口もたたかない。

…その他、という感じですが、さて。
何かに気づきましたか?
そう、イタリア人の文人の言葉がない、ナイ!?!?のです!!!
我が家で開けた袋がたまたま入っていなかったのか、本当に存在しないのか!?
う〜む。

クリスマス(イタリア語ではキリストが「生まれた日」という意味の言葉でナターレNatale)。
家族でザンジバールのチョコレートを食べながら、皆がそれぞれの銀紙を広げては読み上げる。
そのうち子供がふと気づく。
「ねえ、どうして外国人ばかりなの?僕はイタリア人の言葉も知りたいよ。」
そこでお父さんはすかさず言う。
「それは、本当に大切な言葉はお前のすぐ近くにいる人たちが一番よく知っているからだよ。」

…っていう想像はあまりにもにおってきそうな感じでしょうかね。
または
「イタリア語の言葉というのは、長さの中に美しさがあるんだよ。」と、すかさずお父さんはやにわに背後からダンテの神曲を取り出し、朗々と詠み上げる…。
これもあり得ないなア。

真相が不明なので、「たまたまうちはハズレ袋をつかんだ」ということにしておきます。
マキャヴェッリ、ジャコモ・レオパルディぐらい入っていてもよさそうなものですが…。
そうそう、せっかくですから、いつかはレオパルディの言葉をご紹介したいなと思っています。

チョコレートを食べて話の種を蒔く…話し好きのイタリア人たちに幸いあれ。

そういえば、ついこの間の3月8日、イタリアでは「女性の日」でした。
黄色いミモザの花を男性が女性に贈る、という習慣。
ミモザのラッピングペーパーをほどいたら、カードが入っていない!…でも、その紙の裏がラブレターになっていた…というロマンチック(!?)な話はついぞ聞いた事がありませんが、バーチかザンジバールをよく食べていた男性なら思いついて妻か恋人に実際そういうプレゼントをしたかもしれません。

ブログランキング にほんブログ村

« 昨日居酒屋で | トップページ | ヒヨドリは食い意地が張っている。 »

ことば parole」カテゴリの記事

イタリア・イタリア語・イタリア人 Italianissimi」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/9030333

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア式チョコレートで賢くなる!?:

« 昨日居酒屋で | トップページ | ヒヨドリは食い意地が張っている。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード