« 「ジダン 神が愛した男」シネカノン有楽町にて | トップページ | ココログアクセス解析リニューアル »

2006年7月21日 (金)

ジダン騒動と頭突きパロディ

やはり事情聴取、言葉の真相は明かされないままにジダンは3日間の社会奉仕(かえって「マエストロ」に会えると喜ぶ好運な子供たちが増えるということですね)、マテラッツィは2試合出場停止、両者とも罰金となりました。
侮辱した側に制裁を加えるのは異例の措置、とイタリア側は憤懣やる方ない、といった様子です。

今後こういったケースが起きた場合どうするのか、という問題は避けられないかもしれません。
選手一人一人にマイクをつけさせて試合をしない限り、判定は難しいんじゃないか…という気もします(あり得ない!)。
審判にとってますますやりにくいことにならないといいのですが。
(もっとも、精神力の強い人ではないと審判は務まらないのでしょうね。尊敬してしまいます。)

さて…世界中で次々とジダン頭突きパロディがお目見えしている様子。
イタリアのCorriere della Sera紙には"Zidanate(ジダナーテ)"と称し、各国のジダンビデオが集められています。
このページには直接、「人種別に見るジダンの頭突き」比較映像が並んでいるので、なるほど〜と思えるかもしれません。
ドイツ人から見た頭突き、フランス人から見た頭突き、イタリア人、アメリカ人…と、結構ブラック。
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Sport/2006/07_Luglio/17/zidanate_nuova.shtml
このページの各映像をクリックすると、リンク先にはさらに色々なビデオがあることがわかります。
意味不明のものも多いので、クオリティーは追求しない方がいいかもしれません。

秀逸?なのはこちら。↓
頭突きバリエーションの数々。よくまあここまで、という感じ。
長いのですが思わず吹き出してしまう場面がいくつか。
http://www.youtube.com/watch?v=k_7tvCj40EQ&search=Materazzi

ビデオゲーム。
頭突きのタイミングで貴方はマテラッツィを何メートル飛ばせるか?
http://www.corriere.it/Primo_Piano/Sport/2006/07_Luglio/13/pop_gioco.shtml
一度やったら私は2.3メートルしか飛ばす事ができませんでした。
がんばれば場外ぐらいまでいけるのかもしれません。

ビデオゲームその2。すでにご紹介済みの頭突きゲーム。何人のマテラッツィを消す事ができるか?
http://widelec.org/zidane.html

これはパロディではなく別の角度から見た頭突きのシーン。この映像で読唇術を駆使したと思われます。
http://www.youtube.com/watch?v=dijXiu64nsc&search=Zizou

頭突きばかりだと辟易してしまうので…締めくくりにはやはり、正統派「華麗なるシュート・ドリブル集」をご覧下さい。まさに神業です。
http://www.youtube.com/watch?v=dijXiu64nsc&search=Zizou

…次回は社会奉仕するジズー、というところでしょうか。
3日といわず、社会奉仕世界行脚を是非スタートしてほしいものです…。

« 「ジダン 神が愛した男」シネカノン有楽町にて | トップページ | ココログアクセス解析リニューアル »

スポーツ」カテゴリの記事

笑える?コーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジダン騒動と頭突きパロディ:

« 「ジダン 神が愛した男」シネカノン有楽町にて | トップページ | ココログアクセス解析リニューアル »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード