« プライスコレクション・若冲と江戸絵画展 | トップページ | JR相模線の旅? »

2006年8月 8日 (火)

水泳だけは続く

水泳を再開して3ヶ月近く。
もともと好きなせいか、続いています。
泳ぎたくなっちゃうんですよね。しばらく泳がないと。
ドーパミンのせいなのでしょうか。

寄る年波には勝てず、基礎代謝は20代に比べれば激減し、食事制限も特に無しなので、体重そのものには劇的な変化は見られません。
そのかわり、数日続けて泳ぐ時と1週間サボるときで2kgぐらい簡単に増減する、という現象が。
とはいえ、やはり顔だけはすっきりしてきました。
それに、気づいたら4月に買ったデニムのパンツ(気合を入れてもボタンを留めるのに3分はかかった)が簡単に入るようになっていた!
ということは、体重は脂肪→筋肉という変化のために実質変わらないが体自体は締まってきた、ということらしい。
筋肉が増えているのは確か。
目に見えていいことがあると、やはりさらに続けたくなります。
もう少し続ければ、恒常的に減量なるか?

知人の話では、水泳だけでやせようとしてもダメ、とのこと。
1kmぐらいではどうにもならないそうです。
3km泳げばやせる、というのが実証されているとか。
確かに、3kmも泳げば1日の摂取カロリーを超えるぐらいのエネルギーを消費するのかもしれません。
(クロール1時間で体重55キロの20代女性の場合、約1400kcal消費。距離にすれば個人差を考え1km〜2km?)
おそらく今私が泳いでいるのが2km前後。
しかし3kmは、持久力はともかく腕の関節が痛くなっちゃってダメです。これも年齢のせいなのか…
少しずつ無理無く泳げる距離を伸ばしていくしかないのかもしれません。
あるいは他の運動も平行してやるか、というところでしょうか。
運動だけのためにそこまで時間は割けないなあ…水泳にせよ1回2時間(休憩込み)が限度です、私の場合は。
ひとまず週2〜3回以上、2km以上を目標に今のところは続けてみたいと思います。

水泳そのものの前後、必ずウォーミングアップとクールダウンはやったほうがよいようです。
水泳前はそれなりにやっていますが、クールダウンはせいぜい前屈と深呼吸をするぐらいでした。
でも、クールダウンは10分ぐらい時間をかけてゆっくりやったほうが疲労回復度も格段によくなるとか。
泳ぎ終わったらウォーキング、ストレッチなどでていねいに体をほぐすこと。
さっそく実践して違いを確認してみようと思います。

背泳ぎは私の場合、周囲のはた迷惑になりそうなので(涙)クロールが主ですが、どうも背中の筋肉だけは(脂肪は確実に減っているようだけれど)まだまだたよりない。
背泳ぎはやらない代わり、気が向いた時に家でストレッチと筋トレを心がけることにしました。
体をねじって、とか、腕を後ろへもっていき肩甲骨をぎゅっと中心へ寄せて数秒保つ、というのが気持ちいいので、使っている筋肉を意識しながらやっています。
意識すると本当にいいようですよ。
科学的にも実証されているそうです。
脳から筋肉へ指令が下ると、意識していないときより筋肉が反応するようになるんだそうです。

まあとにかく長期的計画で。
克服が必要なのは宴会のときの飲み方、食べ方とその翌日の過ごし方…ですね(汗)

« プライスコレクション・若冲と江戸絵画展 | トップページ | JR相模線の旅? »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/11333337

この記事へのトラックバック一覧です: 水泳だけは続く:

« プライスコレクション・若冲と江戸絵画展 | トップページ | JR相模線の旅? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード