« まぐまぐ出来事(12):言葉の綾!? | トップページ | ショスタコーヴィチの証言 »

2006年9月27日 (水)

秋はスープだ

東京まで出て用事を済ませ、某駅に向かって歩いて行くとき空腹を覚えました。
お昼抜きだったので…時計を見たら3時前。お腹空くわけだ。
とはいえ、パンもラーメンもパスタも定食も寿司もいやだなあ〜、そうだスープが飲みたい!と目に入ったのはチェーンの某コーヒーショップ。
看板にクラムチャウダーが出てる、しめしめと入って「クラムチャウダーおねがいします」と頼んだら
「…すみません、セットメニューのみなんです」と。
見ればパニーノ風サンドイッチ+スープ+ミニサラダで750〜850円ぐらい?
いらん、私はスープ「だけ」飲みたいのだ!…とあきらめ店員さんににっこり笑いかけ、ゴメンナサイーと出て行きました。

ええい、この際缶スープでも…とキオスクも通りがかりに眺めてみましたが、空き缶入れはないしゴミは極力出したくないしで結局そのまま電車に乗り。しかし、気づいたら反対方向へ!お腹空き過ぎ!?
乗り換え新宿到着。このまま帰ってしまおうかとも思いつつ、やはり一口どうしても…と駅構内(南口)も一巡(一体何やってるのやら)。南口を出ればSoup Stockがあるのは知っていましたが、人ごみは可能な限り避けたい(まだ病み上がり)、と改札出て右手へ行きルミネ1地下へ。ない。普段行かない京王モールにでも、と都営地下鉄口へ降りてそこから新宿西口に向かって歩く事にしました。すると…
おおーあった!スープが!
真っ先に目に入ったのがグリーンのポタージュスープの写真。ブロッコリーとほうれんそう。これこれ!とお店に入り、頼んだのは結局
「チキンとマッシュルームのクリームスープ」……
レギュラーサイズとラージサイズがあり、レギュラー380円を試しました。
ちょっとぴりっと唐辛子の辛みがあって、マッシュルームも野菜もごろごろ入ってなかなかいけました。まさに、私が求めていたもの!ちょっとだけしょっぱい気もしましたが、何しろ自宅の食事で薄味に慣れているので仕方ないのかもしれません。でも、もう少し塩味抑えめのほうが、具材の味も生きる気がします。いやまあいずれにせよダシもきいておいしく、五臓六腑に染み渡りました。

そうそう、お店の名前はナチュラルビート(natural Beat)。
http://www.naturalbeat.com
チェーン店で、私が利用したのは新宿京王モール店。
化学調味料や保存料、添加物、遺伝子組み換え食材を使わずその日に入荷した新鮮な食材だけを調理しているそうです。
だからすんなりお腹に入っていく感じがしたのかも。
メニューはスープ、サンドイッチ、マフィン、洋風お惣菜(デリ)、サラダなど。
今度機会があったら別のスープとサンドイッチを試してみようかな、と思います。

ちなみに、表参道ヒルズ内のジェラテリアバールnatural Beatもここのお店。
私には敷居が高くて横目で通り過ぎるだけでしたが…こちらもおいしそうです。
メニューのlimoncelloをレモンチェッロ、formaggioをフランス語のフロマージュと、その他イタリア語に一貫していないところが気になるんですが(最近よく見る「ラテ」はたいっっへん気になる。でもこのお店は「ラッテ」と呼んでるので許そう!?)、これが要するに神仏混淆の日本を体現しておる…ということで目をつぶりましょう。つぶりたくないけれど。
(言語に限って言えば、本当はもっと厳密にやったほうがいいと思うんですけれどね。明治時代じゃないんだから)

我が家でも最近よく野菜スープが出ます。
カボチャのポタージュ、ジャガイモのポタージュ、ミネストローネなどなど。
ジャガイモにはタマネギ、セロリ、人参も入るとなぜかジャガイモが分離して下に沈む率が減る気もするし、セロリのさわやかさが効いておいしい。
秋めいてきた今日この頃、ますますスープが手放せなくなりそうです。

« まぐまぐ出来事(12):言葉の綾!? | トップページ | ショスタコーヴィチの証言 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋はスープだ:

« まぐまぐ出来事(12):言葉の綾!? | トップページ | ショスタコーヴィチの証言 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード