« 美川憲一の隠し芸 | トップページ | 聖フランチェスコ聖堂:地震の犠牲者 »

2006年9月 9日 (土)

人間の仕事って

7・8月が過ぎたとたん、怒濤のように仕事が集中してきました。
尤も、今のところ根を詰める類いのものではないので幸い。
外で仕事、家に帰って仕事といっても気楽なものです。
しかし、来週後半から約1週間の納期での翻訳が入ることが決まれば、ちょっときついかな。
翻訳をきついと感じること自体、全く未熟であることの現れともいえますが…。
そしてその次には気力・体力的に厳しい仕事が待っている…大丈夫なんであろうか。こんなに急に仕事して。なんちゃって。

ある意味、全く先の見えない生活。
やらせていただける仕事は何でも喜んで引き受ける(責任を負える限りにおいて)、というスタンスでありがたく、いろいろな経験をさせていただいている毎日です。
そんな中で、職人さんや、長年ひとつの会社で働き続ける方たちを目にするたび、憧れのようなものが湧き出て来て我が身をついつい振り返ってしまうのですが、振り返っても結局そうするしかなかったんだよな、と納得するしかない。

何はどうあれ…人間とは「生きる」のではなく、「生かされている」存在なのだという気がします。周囲に感謝する気持ちが強くなるたび、それをひしひしと感じます。

空気があり、水があり、植物や木が育ち、生物が繁殖し…全ての恩恵を受けて、人間は生かされている。
この世が循環しているとするならば…人間は地球に何をお返ししているのだろうか。
頭脳が地球に返す事ができるもの…頭脳は何のためにあり、何のために使うのか、もし自分の中で変わらないテーマがあるとすれば、それを考え続けることかもしれません。考え、行動に移す。職人さんのようにははっきりと形を成さないものを、いかに見える形にしていくか。答えのひとつが「感謝」を行動で示すことかな、とも今は思っています。

« 美川憲一の隠し芸 | トップページ | 聖フランチェスコ聖堂:地震の犠牲者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/11826203

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の仕事って:

« 美川憲一の隠し芸 | トップページ | 聖フランチェスコ聖堂:地震の犠牲者 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード