« 小田原の花菖蒲と紫陽花 | トップページ | 伊勢エビの成仏方法 »

2007年6月24日 (日)

ただ、眺めること

Kakitagawa
「水のきれいなところに行きたい」

母のその一言で、うん私もそういう所に行きたいかも・・・と、先週の日曜日は親子三人で静岡県清水町の柿田川公園へ行ってきました。

写真はその中の第二展望台にて。
広くて明るい草むらの広場から土の階段を降りて行くと、皆がなにやら手すりの向こうを覗き込んでいます。
降りて行く途中は「何が展望台なの?」と、何の変哲も無い斜面に雑木林から木漏れ日が見える程度だし、最後まで降りるのはやめようか・・・と思いましたが、先に居た人たちにならって覗き込んでみると・・・深い深い井戸口がぱっくり開いて、びっくりするようなブルーが目に飛び込んできました。

「わああ〜奇麗!」
後から降りてきた母から思わず感嘆の声。「お父さん、降りてきた甲斐があったわね」

現在も飲料水として使用されている、富士山からの大切な贈り物。
一人でまた「すごい」とつぶやき、ただひたすら無心に魅入る母の隣にいた私。
私も取水井戸の底から湧き出る水でぐるぐると踊る黒っぽい砂と白い砂の動き、いつまでも流れ出る清らかな水にはPhoto_3 思わず引き込まれていましたが、なぜか母の姿にもっと気を取られてしまいました。

2年前。
単身イタリアにいる時突然入った、妹からの知らせ。メールのタイトルに「脳溢血」ー
その時のショックをまた思い出していました。
低血圧だったはずの母が何故、いつの間にー
自分もあちらの国では生活して行くのに精一杯で、家族に連絡を入れるのも年に数回程度。
「娘は一体何をしているんだろう?」・・・そんな余計なストレスを母に溜め込むきっかけをつくったのは私だったのかもしれない、と、それまでの自分が「しなかったこと」に悔やんでも悔やみきれなかったあの日。たった一言「元気だから」と、月一度でも電話で告げていればひょっとしたら・・・
いろんな思いが頭をよぎりつつも「イタリアを去ろう」とあっさり心を決めた日でした。

したこと、しなかったこと。

したことで後悔したことはないような。

しなかったことで後悔したことは、いろいろあるような気がします。

結局諸事情で完全帰国はそれから半年後。
久しぶりに会った母は同一人物と思えないほど痩せ、動作も昔の切れがなくなりゆっくりしていました。
それでも、重い後遺症もなく一通りの家事ができるようになっていたことは、本当にありがたいことでした。

母との空白の時間への埋め合わせは、朝の散歩から始まりました。
時差ボケの早期解消もはかりつつ、自分が不在の間に何が起きていたのかを母から少しずつ知る貴重な時間となりました。
そして、そのとき地元の良さにも初めて気付いたのでした。
長年住んでいたにもかかわらず、ほとんど歩いたことのなかった近所の様子。
こんなところから丹沢が一望できる、こんなところで富士山が丸見え-
いろんなお宅のいろんなお庭。
石だらけだったローマから、土と緑がまだまだ身近なまちに戻ってきたことに、深く安堵感を覚えた秋の日々。

生死の境をさまよった後の母の生き方は、それまでとは一線を画すものがあります。

母の姿からたくさんのことを教えられつつ、心から感謝しつつも孝行できないのが玉にきず(苦笑)

今この瞬間を無心に過ごすーそれが自然に身に付いてしまった母の純粋さが露になった「ただ眺めるだけ」という行為。

柿田川探訪から数日経った今も、一番心に残っているワンシーンです。


まだ来ない次の瞬間に気を煩わせて今このときを結局おろそかにしているようなこと、自分は多いんだな、たぶん。

あるいは過去を振り返りすぎるか、ですね^^;

平日の仕事中、柿田川のことが書きたいな・・・と考え続けていた日、ちょうど母からメールが。

「ペットボトルに詰めてきた柿田川の水でお茶を飲んで一服してます。いつもと同じお茶なのに美味しい。」

でしょう〜?ボトルに詰めたいと言った私を「わざわざそんな」と反対した両親でしたが。

秦野も全国の名水百選に入っていますが・・・家庭に届く水は、東京より美味しい、といった程度でしょうか。

でも柿田川の水のやわらかさ、とろっとした優しさに触れたら、どういうわけかいろんなことを思い出しました。


さまざまな自然のフィルターを通じて、ようやく自分の口元に届いた清らかな水。
人生も、時とともにさまざまな経験を通じて次第に純化されていくものであってほしいものですね。

旅行ブログ 日帰り旅行 スナップ写真 その他日記ブログ

« 小田原の花菖蒲と紫陽花 | トップページ | 伊勢エビの成仏方法 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境・自然 ambiente&natura」カテゴリの記事

コメント

いいところですね^^!私も行きたいです。

ここの水は飲めるのですか?

会長こんばんは!
いいところですよ~、是非行ってみてください!
三島だったら日帰りもOKですし。
生水も飲めます。公園の外に駐車場があり、そこに隣接して休憩所やお店、柿田川の水飲み場などが固まっているので、そこで直接飲めるし汲んで持ち帰りもできます。
川が滔々と流れている様子は心洗われますよ。天気が良ければ富士山も見えるのですが、今回は駄目でした(T_T)
三島のウナギがおいしいのもこの水のおかげですし、ウナギも食べてエネルギー充填しましょう^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/15498193

この記事へのトラックバック一覧です: ただ、眺めること:

« 小田原の花菖蒲と紫陽花 | トップページ | 伊勢エビの成仏方法 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード