« 上野国立西洋美術館「パルマ展」 | トップページ | まだ9月初めなのに・・・紅葉!? »

2007年8月31日 (金)

失われた文明〜インカ・マヤ・アステカ展(国立科学博物館)

070823随分経ってしまいましたが、上野の国立科学博物館の中南米三大文明展「インカ・マヤ・アステカ展」を先週水曜日(22日)に見てきました。

恥ずかしながら、それぞれの位置関係もほとんど把握できずにいた自分はどれも同じようなものだと思ってましたが・・・どれも、全く違う地形の中で育まれた文明だったのですね。
興味深い展覧会でした。
範囲が広い分、ある意味での物足りなさも感じたのですが、一覧することでこれら文明のおおよそのことがつかめたのは何よりでした。
あとは、自分が疑問に思った事をどう追求していくか・・・というところでしょうか。

ちょっとBGMが個人的には耳にこたえましたが・・・サービス精神旺盛というか(苦笑)

まずははじめのコーナーにある、世界文明の発生と衰退が二千年にわたって一望できるCGパネルがわかりやすくて二巡ほど見てしまいました。
しかし、何百年と続いたローマ帝国も、こうやってみるとむなしいほどにあっという間に消えていくのですね。広がり方も凄いのですが・・・
そして中南米の三大文明も、思いのほか新しいものなのだと初めて認識しました。

そのパネルの背後にある3枚の写真も、三つの文明を端的に示していて私としては「助かった〜」という感じです(全くねえ〜情けなか^^;)
密林のマヤ文明、湖上のアステカ文明、そして天空にそびえるインカ文明。
しかし、飲み込みの遅い私は一週間経った今、すでに展示内容に関しては混乱しています・・・(大汗)
展覧会の次の予定のことを考えていて、時間を気にしてばかりいたのが仇になったのかもしれません。
展覧会は時間を気にして行くものではありませんね、本当に!

そして、私の興味にも相変わらず偏りがあるわけですが・・・
マヤの言葉(絵文字)には、そそられました。
日本語のように、表意文字と表音文字が組み合わされた文字。
文例がパネルで表示されていましたが、まずは文法を見てオドロキ。
ヨーロッパ言語と同じ構造をしている。
そう考えると、日本語が特殊すぎるのか?なんて気にもなってくるのですが・・・今度フィンランド語を見てみよう・・・!

自然と近かった文明、しかし自然を敬いながらもやはり消えていった文明。
これは、現代文明とは切り離せない問題でもあるように思います。
どんなに生け贄を神に捧げようとも、生け贄の数だけでは人口爆発を抑えられるはずがない。
いやそれにも増して、生け贄を捧げた事で神と同義である自然が人類の発展を許したとしても、発展したこれらの国々の賜物を西欧人が発見してしまった事でもたらされた悲劇・・・
グローバル化はここから瞬く間に始まりました。

この地域ではかつて神聖な、神の食物であったカカオは、今日あまりにも身近な存在となっています。
カカオにもっとクローズアップするだけでも、面白い展覧会になったような・・・ひとつひとつの作物の歴史の奥深さを感じました。
そして、この地域で育てられた作物はどれも、現代人になくてはならない存在となっているのも見逃せません。
トマト、トウモロコシ、ジャガイモ、唐辛子、カボチャ・・・
トマトがイタリアに渡らなければ、イタリア料理もどうなっていたことか!?
そして、現在の中南米の経済状況は・・・
等々、文明の皮肉と不思議に思いを馳せてしまいます。

精巧な天文学、不思議な自己犠牲の儀式、ミイラと共に寝起きする生活・・・
文字の存在しないインカ文明がどうやって記録を残したか。
翡翠や金にはどんな意味があったのか。

是非、足を運んで古くて新しい世界を発見してみてくださいね^^

博物館を出れば、猛暑にもめげずに空を飛ぶシロナガスクジラがすまし顔していました(笑)
070822kujira

参加中☆^^: ブログランキング にほんブログ村

« 上野国立西洋美術館「パルマ展」 | トップページ | まだ9月初めなのに・・・紅葉!? »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

環境・自然 ambiente&natura」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失われた文明〜インカ・マヤ・アステカ展(国立科学博物館):

« 上野国立西洋美術館「パルマ展」 | トップページ | まだ9月初めなのに・・・紅葉!? »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード