« アップルのワイヤレス・キーボード♪ | トップページ | 御殿場プレミアム・アウトレットへ行ってきました »

2008年9月 8日 (月)

本日の「篤姫」〜薩摩か徳川か

20080907cd
生まれて初めて、初回から今までずっとNHK大河ドラマを見続けている・・・私には考えられない事ですが、今年はそういう方も多いのかもしれませんね。

「篤姫」で唯一逃したのが、肝心カナメの「将軍家定はうつけではなかった」ことが明らかになる回・・・あ〜、今でも悔しい思いが。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんなこんなで、私ついにサントラ版まで買ってしまいましたsign03coldsweats01
買ってしまったけど・・・ドラマではまだまだ新しいBGMが出てきてるので、ひょっとしたらそのうち第二弾が出るのかもしれませんね!

篤姫フィーバー、冷めるどころかますますヒートアップの我が家。
とはいえ家族で必死に見ているのは、この私と母のみですがcatface
その母が今夜は用事で不在だったことも手伝って、今回の「薩摩か徳川か」クライマックスはもうボロ泣きしてしまいました・・・
我慢しようとしても、もう後から後から涙が止まらない状態にcrying
誰もいなくてよかった・・・think

寺田屋事件のあと。
「天璋院様がご乱心にございます!」
篤姫(天璋院)との間で交わしたばかりの言葉を反芻していた家茂は、何事かと状況を呑み込めずにいる。

所変わって、大奥の庭で跪き何かを火にくべている天璋院の姿。
いくつもの巻物、実父が愛していた白薩摩の壷、成彬の薩摩切子、・・・
大奥の主役たちが固唾を飲んで見守る中で、天璋院は故郷薩摩の大切な想い出を、ひとつひとつ手に取り、由来を丁寧に言葉にしながら火の中へ一品一品をそっと置いていく・・・微笑みを浮かべながら・・・

滝山が止めても「重野、次じゃ!」と、その重野の手にあるのは、あの幾島から餞別に贈られた薩摩の風景画。

あの絵・・・江戸東京博物館の篤姫展で確か実物があったけど・・・な〜んて、顔だけは涙でぐちゃぐちゃになりながらも冷静に(!?)そんなこと思い出す自分(苦笑)
そう、さすがにその時は家茂が大奥にギリギリかけつけ、天璋院の手から掛け軸をもぎ取るのでした。

一瞬でも義母・天璋院が薩摩と通じているのではないかと疑った自分を悔やみ、謝る家茂に、向かい合った天璋院篤姫。

私は、・・・徳川の人間にございます!

臓腑から絞り出すように悲痛な声で訴える篤姫の姿に、遠巻きに見ていた本寿院もさすがにひるみ・・・和宮は姑の尋常ならぬ覚悟に、雷に打たれたようにその場に貼り付いたまま。

・・・ここでもらい泣きもピークに・・・

あまりに切ない、まさに身を切られるようなエピソードです。
まだ若い天璋院にとって、薩摩は人生の半分以上(三分の二以上・・・もっと?)を過ごした地。
薩摩に生まれ、日本国のためにと一本道を歩む事を決心し御台所となった篤姫にとって、当の薩摩が「日本国のために」とった行動は、己自身が全否定されることに等しいものだったのではないのでしょうか。

「私は徳川の人間」
家定亡き後、その思いを強めていた矢先に、上に立つがゆえ最も苦しい立場に置かれ、それでも天璋院は一本道を貫き続けていく・・・

「己の使命を果たすのみ」

この言葉もまた、ドラマ「篤姫」で生きる人物たちの台詞としてキーワードとなりますが、篤姫は出会った数多くの人々からこの言葉を耳にしています。

でも彼女自身、まだこの言葉は誰にも発していない。

「おんなの道は一本道」

そして、己の使命を果たす・・・

己の使命を身を以て他者に知らしめた今回の篤姫。
これほどの覚悟をもって生き抜く人間に、まだまだ災いが降り掛かっていく・・・

残すところあと4ヶ月を切ってしまった篤姫、ますます歴史が加速して行き目が離せませんcrying

« アップルのワイヤレス・キーボード♪ | トップページ | 御殿場プレミアム・アウトレットへ行ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/42410196

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の「篤姫」〜薩摩か徳川か:

« アップルのワイヤレス・キーボード♪ | トップページ | 御殿場プレミアム・アウトレットへ行ってきました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード