« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

番付発表  

今日、大相撲の番付発表がありました。
まだまだド素人の私から見ての感想をちょっとだけ:

一番びっくりしたのは猛虎浪関の番付。
新入幕でいきなり西前頭枚目!
すごい・・・悲願の新入幕、頑張ってほしいです。
特に、先場所は3日目?だったか、土俵上で肘を痛めて先行きが危ぶまれる中、気迫で最後まで闘った功績が番付に表れているのでしょうか
夏場所前の4月末の稽古総見の時も、誰よりも体を真っ赤にして土俵に何度も上がっていた猛虎浪関ですから・・・名古屋はどんな姿を見せてくれるか、楽しみです!

続きを読む "番付発表  " »

2009年6月28日 (日)

ミュージシャンの悲哀 

マイケル・ジャクソン→白鵬関→オーラの泉、ときて、たまたま過去番組で小室哲哉さんが「オーラの泉」に出演していた時の話、というのをwebで読みました。

そこで目に止まったのが小室さんの「人間を誰一人信じられない」という一言でした。
正しくは、当時(番組は2008年5月放送)KEIKOさんを通じて、「初めて人というものが信じられるようになった」と、小室さんは言っていたようです。

何か今、色んな思いが頭の中をぐるぐる駆け回っています。
人が人を通じて感銘を受け、感銘を受けた人がまた他の人たちを感動させる音楽を作り上げ、その同じ人間社会がその人間を蝕む・・・

ミュージシャンに限らず、個人が求める幸せとはどこまで許されるものなのか?
社会人であるということの権限が負う義務とは、どこまで及ぼされるものなのか?
一体、人間社会は何を求めているのだろう?

「一ミュージシャンの出来事」では終わらない無数の大切な問題が、マイケルの死にも小室さんの一件にも示唆されているのではないでしょうか。

ところで、江原さんによると「小室さんは2〜3年後(※ということは2010〜2011年頃)に、大きな飛躍をする」そうです。
小室さんは海外移住するより、日本から世界へ向けて発進する使命がある、ということらしいのですが・・・

大きな出来事からどう転換するのか。
分岐点が大きければ大きいほど、飛躍も転落も大きくなるのでしょう。
私自身は、小室さんを信じています。

(あら・・・今日は一気に3つも記事アップしてしまいました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「オーラの泉」横綱・白鵬

「オーラの泉」、白鵬関が出演ということで久しぶりに見ました(録画して)。
太一君と江原さん、假屋崎さんの青山探訪&假屋崎邸公開もついて2時間、合間に横綱の対談が入りました。

江原さんいわく「半分日本人だと思っている」。
その根拠は、前世が江戸時代に横綱だったから、と。

続きを読む "「オーラの泉」横綱・白鵬" »

マイケル・ジャクソン

25日朝のニュースには耳を疑いました。
マイケル・ジャクソンが心肺停止で病院へ搬送されたー
そのまま帰らぬ人となったマイケル、どうか今は安らかに・・・
この世ではまだまだ波乱が続きそうですが・・・

西洋ポップスの黄金時代。80年代といえば、私の青春時代でもあります。
私はどちらかといえばブリティッシュ・ポップスにハマっていたのですが・・・
今になって、マイケル・ジャクソンの偉大さに尊敬の念を禁じ得ない。

今朝、途中からですが、日テレで来日時のマイケルの秘蔵映像を見て、さらに彼のファンに対する真摯な姿勢や無垢な少年のような姿に心打たれました。
他国では見せなかった、日本でだけ見せたマイケルの素顔。

あまりにもピュアで、見ていて痛々しくなるほどでした。

心と体と現実との葛藤で押しつぶされたマイケル・・・高圧力で押しつぶされてさらに硬く光り輝くダイヤモンドのように、マイケルの歌声・パフォーマンスと心からの詩は、私たちの心を揺さぶり続けることでしょう。
ご冥福を心よりお祈りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年6月25日 (木)

掃除って大変(@Д@; 

しばらくPCも何もかも放置状態で、家の中の大掃除に集中しておりました。
この際、と思って一番頭が痛い書籍類も、かなりの分量を処分。
何しろ小学生の頃から溜め続けたものをチェックしつつだから、まあ〜大変。
近所の古本屋さんに持って行ったり、資源ゴミとして地区の倉庫に汗だくで運んだり。

・・・だいぶ格好はついたけど、モノって何でこんなにあるんだか
まだ細かいところや手を付けてない場所もありますが、とりあえず打ち切り
思わずイタリア語でつぶやきたくなる「Che casino(ケ・カジーノ)」な状態から脱出できただけでもホッ
やっと落ち着いて色々できそうです
早速心穏やかに読書にも集中できました
(一体、いままでどんな生活してたのやら・・・

目の前がすっきりしてると頭の中もすっきりする感じ。
その心理的効果にはあなどれないものがあります

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

2009年6月17日 (水)

記念すべきイタリア写真1枚目&私のココログ不具合

Lug1989colosseo1ほんとうは記事アップするつもりじゃなかったんですが・・・
ココログ不具合が治ったかどうか確かめるために、ちょっと書いてます

実は、この2ヶ月ぐらいでしょうか?
ブログ記事を書いてる途中にカーソルが反応しなくなり、文字入力できなくなることがしょっちゅう。

・・・と書いてる矢先にさっそく前行で固まってしまったわ

治ってない!!!

ちなみに、ココログサポートを初めて利用して質問し、さっそく解決方法を試してみたのが「Cookieを削除する」というもの。
(すぐ回答返ってきてありがたいシステムですね

リンクしていただいたページを参考に、マイMacのFirefoxブラウザ「環境設定」からCookieを全部削除してみました。

が・・・
さっきも書いたように、同じことが起こります

これは・・・Macのせいなんだろうか?

また質問してみます(T_T)

ついでに、この「ココログサポート」ページのおかげでやっと、「なぜ記事保存後に記事を書くと改行スペースができてしまうのか?」がわかりました。
書いて改行するたびに一行空いてしまうのが不思議で不思議でしょうがなかったんですが、shift+enterで普通に改行できるんですね。

もっと早くチェックしておけばよかった・・・

別件:

昨日の記事で触れた「冷蔵庫&洗濯機」騒動の日、思いのほか作業が早く終わったついでに別の場所も掃除してたら・・・
と〜っても懐かしい写真が出てきました

生まれて初めて、イタリアで撮影した写真。
第一号は・・・コロッセオでした
なんとなんと、今を遡ること20年前

しっ・・・信じられん・・・

1989年7月のショット第一号。
はあ〜普通の一眼レフ、何かデジタルとは違う陰影の深みがあるように思いますが・・・どうなんでしょうね?

というわけで、冒頭の写真がそうなんですが・・・あ〜懐かしいですね、なんとも
暑い日にここの十字架めがけて撮影したこと、今でも覚えてます

さて。
ココログの解決の糸口はいかに

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "記念すべきイタリア写真1枚目&私のココログ不具合" »

2009年6月16日 (火)

雷雨バリバリ(T_T) &昨日のこと

地響き立てて雷があちこち落ちてますヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

今日が新しい冷蔵庫&洗濯機の搬入日じゃなくてよかった〜

そう、昨日は一日がかりを覚悟で我が家の白物家電入れ替えを待ち受けていたのでした。
何しろ手間のかかる家なもので

続きを読む "雷雨バリバリ(T_T) &昨日のこと" »

東関部屋の公式HPオープン!

大人気の高見盛関&先場所で現役を引退し今日付けで部屋を継承したウッシーこと元潮丸・小野川親方・・・といえば、ジェシー(元高見山)こと東関親方の東関部屋

東関親方の引退はとても寂しいことですが・・・
今日から、嬉しいことに東関部屋の公式HPがオープンしました
さっそく拝見♪

おお〜。
とても素敵なHPです
レイアウトすっきり、見やすくて、若さ漲る明るい部屋の雰囲気が伝わってくるようです
先代親方の人徳と相撲道を継承して、小野川親方(すでに「東関」を襲名ですが)はきっと部屋をますます盛り上げていってくれる存在となるのだろうな・・・と、ワクワクしています。

東関ファミリーブログ」も早速始まりましたね!
これからの楽しみが増えました

日馬富士関もモンゴルから帰国して猛練習に励んでいるし、稀勢の里関は「恋人封印」で大関取りを目指す・・・

名古屋場所はほんっっっっ・・・・・・・っとに熱くなりそうだな〜
お相撲さん、みんな怪我に気を付けて(怪我・病気をしている人はしっかり養生して)それぞれが自分の相撲をとれる場所となりますよう、祈っています

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年6月11日 (木)

「クメピポ」朝青龍関の巻

久米宏さんの番組「クメピポ」の今日のゲストは横綱・朝青龍関でした
横綱、その前には「笑ってコラえて」にも出演してましたが・・・

大相撲に熱中するまでは、私の中ではマイナスイメージが先行していた横綱。
(マスコミから流れて来る話題だけ聞いてたレベルだし)

ところが、場所を見始めてからそういう先入観に自分でも「?」。
今年の初場所で優勝が決まった瞬間の横綱の涙を見て、「?」も完全に消え失せました。
それからは、横綱の笑顔を見ると「可愛いなあ」と思ってしまう今日この頃です(笑)
場所での取組前の気合い入れポーズも、「にくたらしい奴」とは違う見え方がしてきてます。
それは、朝青龍関に対する印象が自分の中で変わったからというよりは、横綱自身の微妙な心境の変化が関係しているようにも思います。

マネージャーさんのブログの存在も最近知りましたが、そこから見える横綱の姿もまた純粋で愛嬌も人を気遣う心もたっぷりある、魅力的な人物像でした。

今日はそんな横綱がずずずずい〜っと満載の番組。
久米さんもレギュラーの皆さんも、横綱の意外な答えにびっくりすることしきり。
私もこういう番組に出演する横綱は初めて見たので、かなり楽しみながら見てました。

続きを読む "「クメピポ」朝青龍関の巻" »

2009年6月 9日 (火)

箇条書き的覚書 

先週に引き続き、二度目の水泳。
一度泳ぐと慣れるらしく、今日は少し距離を伸ばし1.5km(カウント違いでなければ)。
先週のような、腕回りの痛みもありません(笑)
でも体が絞れたことを実感するまで、2ヶ月はかかるだろうな・・・続けられますように!
ま、何にしても運動はやっぱり気分もスッキリします♪

続きを読む "箇条書き的覚書 " »

2009年6月 5日 (金)

テンプレート変更しました&4月の花

ピンク基調の"Balloon Girl"テンプレートから心機一転、ハイビスカスにしてみました
ついでにブログパーツ「My Slideshow」というのも貼付けてみたんですが・・・ブログ内の写真が全部順番に表示されるのかと思えば、最新記事の写真のみのようで・・・選べればもっといいのにな。

まあ、他のパーツを選べばもっと工夫できるのでしょうが・・・面倒なのでココログパーツを選びました故。

ではせっかくなので、スライドショーの表示を変えるためにもスナップ中心ブログにupしそびれた4月の花もちょっとご紹介(◎´∀`)ノ

19日。くずは峡谷に生えていた花筏(はないかだ)。雌雄あるそうですが、こちらは雄?花がひとつだけポツンとついてるのが雌株のようです。
Hanaikada2_19apr09 Hanaikada1
今月、また行ってくるのでその時どんな感じになってるかもう一度確かめてみたいと思います♪もう花が終わって実がついてるかな?

22日。大雨が降った翌日の我が家の白い牡丹。
Botan22apr09
去年まで3つしか蕾をつけなかったに、今年は一気に2つの蕾が増え・・・5つ咲きました

雨上がりで花びらに大粒のしずくが数珠つなぎになって、ネックレスのようです。クリックすれば画像が大きくなるので、よく見えます

それから26日。これも強風吹き荒れる日の翌日だったか・・・雨も降ったのかな?
26apr09
パステルカラーの八重咲きチューリップがなかなか素敵だったのですが、撮影時期を逃したまま荒れ模様の天気に翻弄され・・・気付いたらこんな姿に

一緒に混じってうねっているのはラベンダー。

今日も一日雨が降り続きましたが・・・明日、せめてお昼頃ぐらいには止んでほしいな。

久しぶりに花が撮りたい気分になってます

ついでにいえば・・・デジ一がほしい〜(泣)

PS 今確認してみたら、この記事&その前に画像をのせた記事だけslideshowに反映されている・・・よくわかりません

晴耕雨読


こういう日に限り、洗濯物には大物が多かったりする
5月から梅雨模様という感じですね。

昨日はものすごく久しぶりに泳いできました
施設のポイントカードを見たら、最後に行ったのはなんとちょうど2年(と一日!)前。
その頃まではまだ平和だったというのか

続きを読む "晴耕雨読" »

2009年6月 4日 (木)

映画「いつも二人で」

BS2で久しぶりに見ました。
映画の中で一番好きな映画かもしれない、スタンリー・ドーネン監督の映画「いつも二人で Two for the Road」。
1967年の作品。そ、そうだったのか・・・!

キュートなオードリー・ヘプバーン、やんちゃ坊主のようなアルバート・フィニー、ヘンリー・マンシーニの音楽に、豪華な衣装と美しくて精巧なカメラワーク。凝りに凝った演出。

古っぽさはあるけれど、・・・何度見てもくすっと笑えて、キュンとして、見終えた後にあたたかい気持ちになる映画。
やっぱり、どんな映画よりも好きかもしれないな

こんな会話とユーモアのやりとりができるカップルに憧れます。
それにしても、ヘプバーンとフィニー、実に息が合ってます。
記憶違いでなければ、この映画をきっかけに、二人は交際を始めたとか。
そうであっても不思議じゃない、と思えるほど、ぴったりなんですよね。

妻(ヘプバーン)が浮気して一晩帰らず、ふてくされてベッドに反っくり返った夫・マーク(フィニー)の、妻が戻って来た時の表情が、いつ見てもせつない。
アカデミー賞もらってもおかしくない、歴史に残る名シーンだと個人的には確信するくらいにせつない。
そして、せつなさだけで終わらせない奥深いところが、この映画の魅力。

二つの道が出会い、一本の道がまた分かれ・・・でもまた一つになり。
二人で旅して通ったさまざまな道と、「人生の道」がオーバーラップする。道は時にも空間にも存在する。たくさんの道=人生の旅を続けて、走り続けて立ち止まる夫婦。

円熟の域に達したヘプバーンと、最高に魅力的なフィニーの演技、その二人を取り巻く舞台セッティング(スタッフ)・・・今度はいつかのように、大スクリーンで見たいなあ

見るほどにまた見たくなる、味わい深くなる、一押しの映画です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年6月 1日 (月)

「ていねいな」コンビニ強盗

仕事中ですが・・・母からラジオで小耳にはさんだとの話。

東京でコンビニ強盗が入ったそうです。
強盗:「5万円ください
と店員に頼んだ
すると、店員が開けたレジにはさらに2万円が入っているではないか。
強盗「その2万円もください

・・・強盗、合計7万円を「いただき」まだつかまっていない。

・・・だそうです。おいおい( ̄Д ̄;;

丁寧語のマジックですか!?

というか・・・・・最終的な顛末が知りたいのでありました

同じラジオで逮捕の知らせ、そのうち入るのかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む "「ていねいな」コンビニ強盗" »

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード