« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

H21大相撲名古屋場所・千秋楽を終えて

大相撲名古屋場所も何だか遠い昔だったような気分・・・
でもまだ一昨日のことだったのだなあ。

今場所、自分でも不思議な感覚が結構ありました。
ある力士がどうしても勝つイメージが湧かない時、本当にその通りになったり。
どう考えても負けそうな力士が、「ひょっとして勝つかも・・・」と見ているうちに本当に勝ってしまったり。
かなり、そういう場面が多かったのだな、実は。
直感?

やはり、今場所は賜杯が白鵬関の手に。
故障と調整不足の朝青龍関も、あの差し手の巻き替えのすばやさに「場合によっては!」と期待を抱かせるものがありましたが、一枚上手は白鵬関でした。

順当な優勝。
思いっきり脱力だなあ・・・

翌日の朝日新聞の記事で『ライバルと呼べる存在がいなくなった白鵬にとって、モチベーションを維持するためには工夫(DVDなどで過去の横綱の相撲などを研究、双葉山関を意識)が必要なのかもしれない。場所中も「何かないとやっていけない」と口にしていた。』とありました。

でも、そろそろ他の関取たちが横綱の牙城を崩す時に差し掛かっていると思いたい。
生まれつき恵まれた体と頭の良さで、若い24歳の横綱は悠々とマイペースを貫きながら優勝11回を成し遂げました。
そこに割って入る士(もののふ)に・・・期待します。
もちろん、朝青龍関にも頑張ってほしいのですが。

続きを読む "H21大相撲名古屋場所・千秋楽を終えて" »

2009年7月25日 (土)

H21大相撲名古屋場所・十四日目~優勝者持ち越し!

琴欧洲、やった~sign03crying

昨日の取組み結果でちょっとテンション下がってましたが・・・
信じてて良かった、今場所の地力勝ちの琴欧洲関!happy01

横綱・朝青龍関の張り手をものともせず廻しを取り、しっかり落ち着いて横綱の動きを封じ込めながらの寄り切りsign03

白鵬vs日馬富士はどうしても白鵬関が負けるイメージが湧かず、やはりその通りになってしまった一番。
(日馬富士関、当たりは良かったのに・・・despair
その次に迎えた結びの一番、ついに座布団大乱舞sign03

明日の千秋楽は盛り上がりそうですsign03upwardright

今日は垣添(対高見盛)、安美錦(対栃ノ心)、朝赤龍(対時天空)も見応え有りました。
魁皇関の千代大海関に対する落ち着きもかなり笑えましたcoldsweats01
いや~今場所の魁皇関、いいですね~!
何とか今日に勝ち越しですが、熱戦がすごく多くて皆内容が素晴らしかった。
そのまま体調を維持して、九州場所まで記録を更新してほしいものですheart04

今日やっと初日の栃煌山関、苦しかったことでしょう。
ライバル
豪栄道関を上手出し投げで決めました。
ちょっと豪栄道関があっけなさすぎたともいえますが・・・
若手よ、来場所はしっかり地力つけて這い上がってくるんだぞ!
若手といえば、新入幕の
土佐豊関、勝ち越し!
若々しくきっぷのいい相撲が好感もてます。見てて気持ちいい
sun
これからも注目していきたい力士のうちの一人ですnotes

今場所、鶴竜関に元気がありません。
ちょっとした拍子に相手につっこまれてしまうパターンが・・・
現時点で5勝9敗、明日は千代大海戦です。
明日会心の相撲をとって(でも明日は大関も勝ち越しに向けて本気を出してくることでしょう)、来場所さらに力をつけてきてほしいですね。

十両では
若の里関が北勝力関を寄り切り、ついに十両優勝を果たしました!
来場所で帰り入幕、頑張ってほしい
happy01

そうそう、あと先日の記事で注目していた幕下西46枚目の竜電くん、気づいたら6勝1敗で大きく勝ち越してましたsign03
そしてどうやら明日、優勝決定戦にもつれこむらしい・・・
6勝1敗力士は総勢八名、万一優勝したら注目度ナンバーワンとなりそうですflair
さてさてどうなるかsign02

明日の千秋楽はヒートアップ120%、ですねsign03

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年7月22日 (水)

H21大相撲名古屋場所・十一日目:座布団まさかの二度舞い!!!

やばすぎるほどにキョーレツな大相撲終盤戦初日sign03
こんなにコーフンすることになるとは・・・

稀勢の里関が因縁の琴奨菊戦にまたしても敗れてへこんでいたところに、
その後、まさかまさかの(といっては失礼ですが)千代大海関の勝利!
琴欧洲関、巨体がずべーんと土俵上に・・・coldsweats02
絶叫するしか無い蒔右絵門。

そして日馬富士関の会心の相撲(対把瑠都関)。大関、素晴らしい反射神経と足腰の強さでやってくれましたsign03
男前でした〜heart02

しかもしかも・・・
魁皇関が・・・魁皇関の伝家の宝刀、右手が・・・
朝青龍関に何の反応もないまま、魁皇関が横綱の左腕を抱えた瞬間、「これはっ!」と目を見開く蒔右絵門。
そうなのだsign03
出てしまったのだ、あの小手投げがsign03

「ぎゃああ〜!!!」
と歓喜の極みの我が家。

何と。
これがまたあろうことか、結びの一番で・・・琴光喜関が一世一代の大相撲(まさに言葉通りの)を魅せてくれましたsign03
あまりの気迫に、それを魅せてくれただけでも大喜びでしたが・・・
あの白鵬関が、今場所で初めてタオルで顔を拭いたのも気になりましたが(確か初めて、ですよね?)・・・

琴光喜関、歴史に残る寄り切りを果たしてしまったsign03

座布団があんなに大量に飛んだのは、最近記憶に無いような・・・

平成21年7月22日。
皆既日食よりも「怪奇」な現象が起きてしまった大相撲名古屋場所、でありました!
(いや、それは失礼でありましょう・・・とにかく、サイコーに興奮した11日目でございました!)

ますます大相撲観戦がやめられなくなる蒔右絵門より、本日の記事以上。

あっ・・・いや、「スタジオパーク」にまさか北村一輝さんが出演するとは思わず途中から見るはめになり、それがショックだった、そういえば。
やっぱり・・・80歳の「ともこ」おばあちゃまが恋をする目で「殿」のご登場を見守るのはよ〜くわかります。
あの目には悩殺されてしまいますよね(笑)

それから・・・出島関の引退情報にショック受けました。
元寺尾・安芸乃島の両親方も「出島は出島本来の相撲が戻ってくればまだまだ」とコメントしていた矢先に・・・

あの、美しい色白の肌をもつ五月人形のような出島関の廻し姿が見られなくなるなんて、信じられません(T_T)

思えばいろんな事がたくさん起こった今日という日でした。
それでも我々は今日も明日も生きていくのだな・・・
一瞬一瞬のその時に存在すること自体、感謝したくなるものですね。
そんな風に一層思える一日を送ったように思います。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年7月21日 (火)

H21大相撲名古屋場所・十日目:幕下注目力士のことなども 

ブログは更新してませんが、大相撲はしっかりチェックしてます(笑)
が、なかなか幕下以下を見る機会がないまま今日になってしまった・・・

今日はBSを見ることができたのですが、幕下の力士・竜電を見てビックリ。
何となく初代貴ノ花を彷彿とさせるような顔立ちに(※と他の人も言うかどうかはわからないcoldsweats01)、190cmという長身。
何より、所作の美しさに感動しました。
幕の内までも含めて、誰よりも美しく感じたのは気のせいだろうか。いや・・・
腕も長いので、尚更引き立ちます。
これは、横綱になったらもの凄いオーラを放ちそうな何かを持っている力士かも・・・
と勝手に直感が。
記憶違いでなければ18歳?(→あとから今年19歳との情報が)
そんな年齢には思えない、大人びた雰囲気もありました。
今まで、気がつかなかった・・・不覚despair
まあ、まだまだ相撲初心者の私であります。

西46枚目、今日勝ち越し!
体も大きくなれば、幕下上位で活躍する日も遠くないかもしれません。
そして関取に・・・!
品性・品格を感じる竜電くん。頑張ってほしい!

竜電くんといえば高田川部屋ですが、高田川部屋の行司さんである木村和一郎さんのまんまるのお顔を拝見するとつい楽しくなってしまいます(笑)
一度、土俵から転げ落ちたのを見た(というか取組中に土俵から忽然と消えた)ことがあってからファンだったりします(爆)
同じ部屋のマメ(見習い)行司、木村勝之助くんもぷっくりしてかわいいですねhappy01

とにかく竜電くん、これから注目していきたいと思っていますnote

幕内は・・・日馬富士関、ちょっとバタバタしていたように感じましたが今日は魁皇関相手に勝ちましたhappy01
魁皇関の右膝を気遣うような?手の添え方での下手投げ。
魁皇関、先場所は後半で膝を痛めた姿が痛々しくハラハラしながら取組を見守っていましたが、今場所はそのまま頑張ってほしいですね。
今場所は長くとる熱戦が多くて会場を沸かせていますが、本当に大事ないことを祈っています。

琴欧洲関、ここのところ土俵での取組が終わると柔和な顔つきが多かったのですが、今日はやけに厳しかった。それは花道を下がったあとも続いてました。
いつもと違うぞ・・・
今日も土俵際でさっと回って残って勝ち星を上げ、ついに10連勝!

白鵬関、盤石。
今場所から、土俵入りにも何か風格が一層備わった横綱。
仕切り線を一本だけまたいで、非常にゆっくりと所作を行う様子には惹き付けられます。

そろそろ明日あたりから正念場の名古屋場所。
まだまだ波乱が続きそうな予感です!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年7月 5日 (日)

大相撲名古屋場所へ向けて・・・

横綱・朝青龍関がまた右脇腹を痛めたという話です。
グルジアの軍事訓練で1ヶ月も相撲を離れていた栃ノ心関に、20センチもつり上げられたとか、稀勢の里関に転がされたとか・・・

写真を見ても体に張りが無くて重力にさからえない様子が私にもわかるような・・・
大丈夫でしょうか。あと一週間(゚ー゚;

一方の日馬富士関は「相撲で筋肉をつくる」と、番数もこなして順調な仕上がりを見せているようです。ウェイトトレーニングよりも相撲での筋肉づくり。
このまま、怪我なく場所にのぞんでほしいと願っています。稽古でちょっと目が腫れたりはしているようですが・・・お大事に!

続きを読む "大相撲名古屋場所へ向けて・・・" »

2009年7月 4日 (土)

ローマのぼったくりレストラン 

Dscf1252

その事件は6月19日(金)に勃発。

ローマっ子憩いの場、ナヴォーナ広場近くのレストラン「パッセットRistorante Passetto dal 1860(←サイト閉鎖なるか?)」。

とある日本人観光客カップルがランチrestaurantに選んだのは、エリザベス女王やチャップリン、グレース・ケリー、ゲーリー・クーパー、エリザベス・テイラー、ハリソン・フォード、シルベスター・スタローンetc., etc・・・も訪れた有名スポット。
(蒔右絵門は知らなかったケドcoldsweats01

アンティパストからジェラートまで、英語を話す給仕に「お任せ」で出てきたメニューに舌鼓を打ち、会計を頼むと請求書は・・・なんと

579.50ユーロ(約7万8千円)!

桁違いだろう、といぶかりクレジットカード支払いを頼み・・・そこにはさらに、115.50ユーロ(約1万6千円Σ( ̄ロ ̄lll))のチップが勝手に上乗せされていた。

締めて695ユーロ(7万4千円)の支払いに抗議するも、レストランは「これが代金です。」と、とりつくしまもない。

警察に訴えた二人を受け捜査が入ったレストランでは、衛生上の問題もいくつか露呈。
レストランは直ちに閉鎖された。

続きを読む "ローマのぼったくりレストラン " »

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード