« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

google検索トップページのロゴが・・・

普段のgoogle検索では、ウェブブラウザ上のツールバーにある検索ボックスに直接キーワードを入れてるんですが、日本語以外(というか自分の場合はイタリア語)の場合、まず調べたい言語での検索トップページを表示してから検索してます。

今日イタリア語の検索トップページを開けたら、いきなりロゴにビックリeyesign03

Google_it_sett2009 誰、この人!?

・・・と思ってロゴをクリックしてみたら、この人は”Confucio”というらしい。
よくよく調べてみたら孔子のことでしたcoldsweats01

珍しいな~、なんでこんな時期に孔子が・・・と思いつつ、日本語のトップページも気になって確認してみたら。
やっぱり同じ孔子のロゴじゃないの(爆

Google_jp_sept09

どおりで・・・

こういうの、どうやっって決めてるんだろう?
ちょっとだけ気になったので思わず記事にしてしまった(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

H21大相撲秋場所・千秋楽を終えて

やっぱり横綱はすごい。
両横綱による迫力満点の真剣勝負、相撲の素晴らしさに興奮冷めやらぬ、の千秋楽でした。

やはりああいう相撲が現時点で可能なのは、二人をおいて他にないのかも・・・
普段冷静な白鵬が気迫をみなぎらせる姿も、実に見ものでした。
本割の立ち合い、ほぼ電車道でしかもものすごい重さを感じさせた白鵬。
崖の上の巨大な岩が落ちてくる映像を逆戻ししているようなシーンだった。
そして統計どおり、決定戦で優勝をさらう朝青龍。
二度目の立ち合い即レーザービームのように白鵬の前褌を狙った左手から、カウントダウンが始まりました。

パワーだけではない相撲の面白みを、あらためて感じたとっておきの千秋楽だったなあ。
大関以下、まだまだ二人に追いつくまでは遠い道のりのような・・・
朝青龍のあの集中力・気力、他の力士たちはそれを見てどう思っているんだろうか。
負けたとはいえ東の横綱の意地を見せた白鵬の姿も。

朝青龍、今場所は張り手も5度しか使わかなったということですが・・・
そうだったのかしら?
でも、高砂親方のアドバイスで「若くはないなりの」相撲をとろうという姿勢を見せていたようです。
私にはよくわからなかったけどcoldsweats01(いつまでも観戦初心者)

しかし・・・ガッツポーズは初場所を上回るものがありましたね(爆
万一他の力士まで真似し始めてしまうと、ということもありますが、朝青龍にはガッツポーズが似合っちゃうんですよね。
「せめて土俵下で・・・」という意見もありましたが、そこまで待ってられないのが朝青龍だもの。

武州山、初の敢闘賞受賞か!?と期待の高まっていた阿覧・武州山戦。
阿覧の安直な叩き込みで冷え切ってしまった場内(そして私)を払しょくしたのは、若手力士ではなくベテランたちでした。

何やら先場所の十両での相撲を経験してから雰囲気が変わった北勝力が豊真将を押し出し、その後の後半取組で旭天鵬・雅山の大攻防が!
激しい相撲だったな~rock
大相撲ファンは、こういうのが見たいのだ。
ほんと、場所中に同じ力士が何度も変化&引きに入るのはやめてほしいgawk

後半戦を盛り上げるのに一役買ったのは、「ときの人」鳩山夫妻のご登場。
急に異様なざわめきに包まれる国技館(笑)
内閣総理大臣賞は18時を回ってしまったので放映されなかったけど、さすがに今日は各局で流されてましたね。

 

前頭筆頭を初めて経験した栃ノ心。きっとものすごい収穫があったことでしょう。
千秋楽も玉ちゃんの力強い押し出し(拍手!)で、伸びなかった☆数にさらに黒星が加算されてしまったけど、正攻法でこれからもがんばってほしい!

そして、正攻法といえば!
北の富士さんも「なんといっても正攻法がいいですねえ」と絶賛していた鶴竜!
本当に今場所、見ていて気持ちのいい&美しい相撲といえば、なんといっても鶴竜でした!カッコ良かった!
終盤戦になるにつれて、土俵入りでの声援も大きくなってきてましたねheart04
昨日はガンガン前に出る安美錦とこれまた激しい突っ張りの応戦が繰り広げられましたが、土俵際で安美錦を引き落とし11勝!
「俺の人生土俵際」と自分を揶揄したアミ様には迷言賞を授与したいところですが(笑)、膝を休めて来場所またアミ様もがんばってほしいな。
安美関のスピードも光っていた今場所、負け越したけど来場所が楽しみ。

把瑠都は今場所、一体何度インタビュールームに登場したのか・・・
千秋楽最後の一言は「がんばりまあ~す」
奢るなよ、奢るなよ・・・!

関脇琴奨菊・稀勢の里とそろって負け越しですが、来場所あたりはそろそろ意地を見せないと・・・
そろそろ精神的な大人へのステップを踏んでほしい。がんばれ!

大関陣は、千秋楽でカド番を免れた魁皇と途中休場した千代大海以外は9勝6敗!
「こんなはずでは・・・」が多かった後半戦。
ハル様は前半からズッコケてしまいましたが、来場所はまた銀ネズ締め込みに戻して力強い相撲を見せてくれると期待しています。
佐渡ヶ嶽大関二人は本当に残念。もったいなさすぎ・・・
もっといけるはず。
横綱に近づくにはどうするべきなのか、秋巡業でも何かをつかみとるべし(と偉そうに初心者がcoldsweats01)。

垣添には今場所も楽しませてもらいましたhappy02
小さい体でやる気満々の姿にはいつも元気づけられてました。
お尻ブリブリ、唇ブリブリの立ち合い姿勢を見るたびにその日の疲れも吹っ飛んでました(笑)

名門出羽の海部屋を背負って立つ普天王にとっては、厳しい重圧に耐えながらの今場所だったかもしれません。
でも、まだまだ頑張れるのだから・・・怪我をしっかり治して、来場所力強い相撲がとれるよう期待しています。

栃乃洋も今場所は空回りしている感がありました。
出島の引退のせいなのか・・・どうかは別として、
もし十両に陥落したとしてもまだまだ頑張る気持を持っているとの話を聞いてほっとしました。
「若手に胸を出す関取が少なくなった。昔は当たり前だったのに」という北の富士さんのコメント、その「当たり前」を今も実行している栃乃洋、ぜひもうひと踏ん張りも二踏ん張りもしてほしい。

十両は玉鷲が優勝。
なぜか先場所の幕内では振るわなかったけど、また幕内で元気な押し相撲を見られるかな?
白馬の一本背負い、見たかった・・・
あの土佐ノ海の体がどうやって宙を飛んだのか!?
久しく無かった決まり手というのでVTR出してくれるかと期待してたけど、ナシでしたbearing

隠岐の海も土俵際で山本山を引き落として関取になってから初の二ケタ白星で今場所を終えました。
早く幕内に上がって活躍してほしいですね。
あの長身でスピードが出てきたら面白いだろうな。

豊桜も大健闘でした。
しっかり稽古してきたんだろうな、と思わせる、張りのある体を精一杯駆使して、元気な相撲を楽しませてくれました♪

幕下注目の竜電くんは、千秋楽では残念ながら黒星。
それでも自己最高番付で4勝3敗と勝ち越したので、徐々に頭角を現してくることでしょうhappy01
何といっても親方はもと安芸乃島!
猛稽古をこなして、でも怪我には気をつけてガンガン前進して化粧回しを付ける姿を見せてね~!

ところで刈屋アナの実況・・・北の富士さんがほぼイラついてたように感じたのは私だけ!?catface
今度、デーモン小暮閣下に実況中継をやってみてほしい!と願ってるんですが・・・無理かなあ~???

というわけで、またもや大相撲シーズンは幕を閉じました。
そして、どうやら来年にイタリア巡業!?という話が出てるらしい。
七日目にローマ副市長が国技館にお出ましだったとのこと。
えっ?巡業先、ローマ?
私、付き人やりたい・・・・・・・
ローマなら任せてくれ~!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年9月24日 (木)

H21大相撲秋場所:十二日目~佐渡ヶ嶽大関玉砕・・・

今日は嘉風/春日王戦から観てました。

解説がなんだか聞きなれない声だな~と気になり、
一体何者なんだ・・・もと力士とは思えない軽快な語り口、というのかともすればお調子者っぽい(笑)というか、大変気になり新聞を見たら「荒磯親方(琴錦)」。
一度気になりだすと、今度は「どんな人だったっけ?(←顔)」
なかなか出てこないし!
やっと幕内後半戦が始まる前にチラッと画面にeye
小柄な方でした。
それにしても・・・ホント、「らしくなく」て、異色な存在かもcoldsweats01
解説と言えば、今場所で解説デビューした大鳴戸親方(出島)、終始にこやかでかわいかったな~heart04
落ち着いた低い声と、誠実そうな語り口が好感度バツグンでしたhappy02
ちょっと、刈屋さんの「出る出る出島」リフレインがあまりにも多すぎたのが、ね・・・catface
今場所は、高田川親方(安芸乃島)と楯山親方(玉春日)、立田川親方(湊富士)の解説が楽しかったですscissors
特に高田川親方はかなりツボにはまったなsign04
あと三日、北の富士さんと舞の海さんはカタイとして・・・どなたが担当になるのかな?
あれ?錣山親方って今場所出演してたかしら・・・って中日でしたね^^;
今回はDVD録画に失敗してばかりで、解説あまり聞けてないweep

嘉風は動きに動いて寄り倒し、久々の勝ち越し!
インタビュールームの笑顔がほんとにうれしそう♪
よかったよかった、結婚式もこれからなんですね^^

普天王がついに負け越し・・・
気持ちで負けてるようにも思いますdespair
今場所の武州山は顔つきに気合いが感じられるのですが、
本人は場所前決して調子は良いほうではなかったとか。
そしてその武州山が普天王との熱戦・力相撲を繰り広げ寄り切り!
大鳴戸親方にも花道で声をかけられたそうです^^
おめでとう!

阿覧vs岩木山には口をあんぐり。
岩木山の圧力がかかる不利な体勢で、阿覧は岩木山の足を引っ掛けようとして自滅。
計算ができてないようです・・・
決まり手は「渡し込み」で岩木山、星を五分に戻す。
初めて聞いたかも~この決まり手coldsweats01
寄り倒しかと思ったのですが、ということは岩木山は阿覧の脚に手をかけてたのですね。
相変わらず相撲の速さについていけない私・・・
連休中に黒星が続いていた岩木山、「シルバーウィークですから」と言いながらホントに連休明けでやってくれました(笑)

豪栄道、猛虎浪相手に豪快な下手投げ。
右ひじは痛くないそうで、場所前は稽古もできずどうなるかと思ってたようですが、できることを精一杯やった結果はふたを開けてみれば勝ち越しまであと一勝!
猛虎浪、今場所は何か迷いがあるような。

翔天狼も横綱・白鵬との対戦で全ての力を使い果たしてしまったかのように空回りが続いてます・・・
でも立ち合いするどく豊ノ島の上体が思いっきり海老反りになったときは仰天!
もっと仰天したのはゴム人形のようにもとに戻った豊ノ島(爆
やはり柔らかいのだなあ・・・結局翔天狼を追い詰め寄り切りました。

安美錦登場あたりから、場内が妙に騒がしくなってきたような。
今日の国技館、なんともがさつな印象がcatface
ちょっと気になったなあ。

安美錦、前に出る相撲で旭天鵬の動きより先に体使って寄り切り。
なんとか負け越しから押しとどまりました。
テンホー様、9敗かあ・・・う~んdespair

稀勢の里・・・な~んかいやな予感がしたら何と的中。
張り手が出るとは思わなんだ。
雑な流れの悪い状態で、結局栃ノ心が寄り倒し。

そして・・・鶴竜が黒星いいい~downdowndownshock
左手で押そうとしたら廻しをつかんじゃったって・・・
あんな体に寄られては、技能派の鶴竜も軽くてまだ対抗できないようです。
(脚も長いからねえ・・・腰の位置がねえ・・・)
ガブガブ寄り切り、あ~なんとなくあっけなかった・・・

でもって・・・
琴欧洲→琴光喜と、なんだあ~一体sign02
特に琴欧洲は、魁皇相手の黒星から調子がshock血迷ったか!?
今日だって平常心なら何事もなかったのではと・・・
明日は横綱戦、今までの稽古を思い出してこの三日間のことは忘れて相撲をとってくれ~sign03
もう今場所の把瑠都はしゃあない・・・
でも把瑠都、奢らないよう気をつけてほしい・・・

というわけで、恐れていた日馬富士の横綱対決パート2。
結果は昨日と同じように投げられてしまったハル様crying
しかも今日は、途中で「もう駄目だ!」と力を抜いてしまってるではありませんか。
あそこまで頑張ったのに・・・何度も残ったのに・・・完全に追い詰められた、と「あきらめの脱力」から白鵬の左手があ・・・・・

結びは先場所とは全くわけの違う朝青龍が、魁皇戦。
横綱、気迫で体も大きく見えるのですよね。充実感が漲るというのか。
立ち合い、魁皇の左手がいけそうな感じもしましたが、結局使わせずに横綱の右手が伸び寄り切り。

結果、見てて思うのは気迫の内容の違い。
頭に血が昇ったら負けなんですね・・・
稽古時の相撲勘を切らさないように、集中力を高めることができるかどうかがカギなんだとつくづく感じました。
そこはやはり2横綱、天性の運動神経と精神力が違うんだな。
把瑠都は、緊張せずのびのびやってるのが功を奏してるのか、私にはよくわかりませんが、稽古で覚えた技をちゃんと使えてるってすごい。

あ~日本人!一体誰が国技を一手に担うのか!?

やはり望みはすでに、十両での初勝ち越しを決めた隠岐の海と、幕下勝ち越しを決めた竜電へと託しつつある蒔右絵門です(合掌)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年9月17日 (木)

これも立派な筋肉痛

イベント時期にはつきものの、招待状封入作業。
封筒づくりのためにスタンプをひたすら押し続けること一日延べ3000回以上。
昨日が初日。
今日が二日目。
しっかし・・・

去年、幻の滝を見にクサリ場を登り続けたあの冒険翌日に匹敵する筋肉痛shock
う・・・腕が上がらん・・・sign03激痛があ~wobbly
マジメに驚いてます・・・

デスクワークも肉体労働でござるsweat01

なんにしてもあと一日だ。頑張ろうrock

帰りの電車で当然、大相撲取組速報をチェック。
将司が5連勝、すごいな~!と思いながらスクロールしていくところで指がストップ。

は、はるまふじ・・・黒星sign02
相手は栃ノ心!?

帰ってネットで「がっぷり四つ?」
大関の更新、昨日も今日も無いし・・・
怖くてまだ録画見てません。

あとで相撲ダイジェスト、起きて見ようかな・・・すごくショックですweep
でも誰よりもショックを受けているのは大関。
おととい39℃の高熱を出したとの話なので、体調万全ではなさそうだし。
(もっとも、それを言ったら白鵬関も高熱で勝っていた場所があったわけだから・・・角界では言い訳にはならないのかもしれませんが・・・)

大関、でもこれがおそらく綱取りへの布石でもあるのです。
苦しさを乗り越えてこそ、真の横綱になれる。
明日からも一日一番、切り替えて集注してほしい。
応援してるよ~sign03
でも体調が本当に心配かも・・・変な無理はしないでね・・・

さて・・・ダイジェストの前に寝ることにしますsleepycoldsweats01

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2009年9月15日 (火)

H21大相撲秋場所・三日目〜なんといっても日馬富士♪

今日はあまり集中して見られなかったような・・・
特になぜか鶴竜関の取組に限って、VTRも逃してしまった(T▽T)
非常にいい内容で三連勝の鶴竜、今場所は体も心も万全のようです♪

また独断と偏見により、いくつかピックアップ&メモ。

*幕下*
隆の山がアンコの華王錦をくるくる回して出しちゃった(笑)
ここまで細身の力士が十両に上がったら、面白いだろうな。
是非、今場所白星を重ねて来場所に実現させてほしいですね。

*十両取組*
安芸乃島あらため高田川親方の容赦ないコメント、笑えましたhappy01
コメントからも「稽古してなんぼ」の厳しい古風な力士魂が伝わってきます。
親方の理想とする力士らしい力士の活躍、期待が高まりますね。
まずは竜電くん、早く部屋から関取に上がってほしい第一号noteでありますshine

隠岐の海、三連勝!今場所は持ち直してきてるようです☆

山本山、三日目ともなればそうは問屋がおろさない(笑)
突いても自分の体勢を土俵際で変えられず、霧の若に送り出されてしまうのでありました。

*幕内*
見てるその場では一喜一憂してましたが、その割にあまり印象に残らないのは何故だろう・・・
ちょっと今日は集中力が欠けてたのか。

普天王が本当に元気ない。嘉風も・・・
栃乃洋、なんとか嘉風を寄り切り初白星。

今場所、武州山が気合い入ってます。がんばってます^^

土佐豊、もろ差しで来ると思った栃煌山が突いてきてひるんだのか、突き→引き落とされて終了。ああ残念・・・でも土佐豊はこれからですね。
怪我ないようにこれからも気持ちのいい相撲をとってほしいものです☆

豊響は垣添の動きに対応できず、速攻で押し出されてしまいました。
豊響、肩の調子を戻して一日も早く猛牛に戻ってほしいなあ。

岩木山のガブリが光った、対霜鳳戦。
霜鳳関、めまいはどんな感じなのか・・・気になります。大事無いとよいのですが。

高見盛、よくかわした!
土俵際で猛虎浪を突き落として、場内は割れんばかりの拍手。
最後まであきらめない粘り強さが白星に結びつきました♪

豊ノ島vs豊真将・・・なんだ二人揃ってあの体勢の低さはwobbly
姑息な力士相手だったら引き落とすか押しつぶされてもおかしくないような、危うい体勢に見えたのですが・・・
素人が言うことじゃないですね^^;
最終的には豊真将がそのままぐいぐい押して豊ノ島を追いつめました。
時津風部屋は若手がどんどん育ってますが、幕内力士がちょっと元気ないですね・・・体の不調や怪我も多いし。
お祓いしてもらったほうがよいのでは?(ちがう?)

稀勢の里、低く旭天鵬を寄り切って勝ち。

琴光喜、好調!
一瞬玉乃島に押されて引いてしまいましたが、あとはダッシュで力強く寄り切り!
いい感じです^^

翔天狼、昨日の千代大海戦を反省してか思い切って出て行く立ち合い。
思い切りよくなかなかいけてましたが、琴欧洲が強い!
あの落ち着き、練って出てきたものですね。
今場所のキーマンの一人となること間違い無し!

把瑠都、一気に千代大海を押し出し。あっけなか。
あっけないといえば魁皇の引き落とし(安美錦)、横綱朝青龍の引き落とし(雅山)もしかり。
特に横綱には口あんぐりだったな・・・

日馬富士、合い口の悪い琴奨菊を乗り越えられるかどうかが今場所の鍵だったと思います。
昨日の把瑠都戦からは気持ちを切り替え、立ち合い前のにらみ合いからすでに戦闘は始まっていました。
速い立ち合い、重い琴奨菊にも鋭くぶつかっていく大関!
すごい気迫で琴奨菊、あらぬところで膝をつき自滅也。
ハル様、蒔右絵門は本当にホッとしましたcrying
来場所の対琴奨菊戦はさらに進化していそうな予感・・・

栃ノ心、昨日も今日も全く同じVTRを見るかのような悲しい結果に・・・
今日の幕内はあっという間に取組が終わり、弓取り式が始まったのが17時50分ちょっと過ぎ!
幕下/十両の頃は時間が押してたと思ったのですが・・・随分余ったな〜coldsweats01

そして後半の取組をまとめて放映されたのに、朝赤龍vs鶴竜だけは逃す私・・・

さて明日は組閣がどう大相撲中継に関わってくるか?
ちょっと心配・・・
いえいえ、日本の将来のことも考えてますけどねっ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H21大相撲秋場所:初日&二日目 

早いものでまたも大相撲シーズン!
二日目で既に番狂わせな展開となっております。

今日のところはアットランダムに自分の覚書として超簡単に。
(敬称略)

初日の取組MVP:
朝青龍vs把瑠都。
先場所の日馬富士のように、吊り上げられた把瑠都。
朝青龍、そのままやぐら投げ・・・とはさすがにいかず(当たり前か)、それでも二度吊り上げられ寄り切り、というより突き飛ばすかのような状態で把瑠都は土俵から6メートルも先まで転げ落ちshock
そんな心ズタズタの把瑠都に今日対するは日馬富士。なのに・・・ハルさま油断したのか立ち合いも軽く浮いてしまい、そのまま把瑠都に押し出されてしまったbearing
これで大関陣の二日連勝は佐渡ヶ嶽部屋の琴欧洲/琴光喜の二人だけとなってしまった。

それにしても・・・朝青龍の肘は本当に痛んでるんでしょうか?

・・・初日MVPといいながら話がズレタ(笑)

初日でもう一人挙げるとすれば、玉飛鳥。
聞き間違いでなければ4年ぶりの幕内返り咲き。
幕下まで落ちてもまた這い上がってきたというその努力、並大抵のものではなかったことでしょう。
そんないきさつがあったとは信じられないような力強い相撲で、栃乃洋に対し上手投げを決めました。
玉飛鳥、顔の表情からは天性の明るさを感じます。
前向きな眼差しには私も元気づけられる思いですconfident

二日目のMVP:
鶴竜vs時天空。
鶴竜の低い当たり、もう芸術を目の当たりにするかのようでした!
「ほおお〜!」とマジで萌えそうになりましたlovely
あのスピード感!足の踏み込み!
実況もベタ褒めでしたね。
舞の海さん「本当にほれぼれする体ですねえ〜heart04
・・・何となくこのコメントに蒔右絵門、赤面(爆

体といえば、今場所の琴欧洲の体は先場所よりさらに?張りよく充実しているように感じました。
しかも無駄な動きが少なく、体を存分に生かして思い切りが良くなっています。
先場所の経験が確実に自信へと結びついているようで、素晴らしい。
婚約したことも精神面に強さを与えたのかも、ですねconfident

ハル様も婚約したらまた五月場所のように蘇るかも!?
早く素敵な女性に出会えるといいですね♪
(もう出会ってたりするのかもしれないけど)

二日目の十両MVP:
双大竜vs清瀬海。
新十両の若々しさ・思い切りの良さが実に光っていた双大竜!
いや〜こりゃ格好良かった!
黒の廻しがまたイメージにバッチリ。
これからが楽しみですねえ♪

今日の結びの一番。
初顔合わせの朝青龍vs栃ノ心。
結びで栃ノ心、というのがすごく不思議な感じがしてしまった。
あののどわは苦しそうだった・・・
何もできずに終わって悔しかったと思うけど、納豆食べてこれからも頑張ってほしい(≧ω≦)b

幕下では、幕下初の宝富士が素晴らしかった!
伊勢ヶ濱部屋で関取への期待高まる逸材!
楽しみです☆

その他:
ゲン直しにか、廻しの色を変えた力士は普天王、嘉風、豊響。
いずれもしかしふるいません・・・大丈夫か!?
三人とも顔つきにも精彩がないのが気になります。がんばってほしい。

まあ・・・他にもいろいろありましたがこのあたりで。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード