« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月 9日 (火)

ニコッと部屋トライアルシリーズ:ポップ&掲載忘れ分

ついでにガンガン、本日記事三つめsign01

20100207_10

結構気に入ってたりしますheart意味は不明ではありますが・・・
色の感じとか、こういう明るい雰囲気の部屋に住めたらいいですね。
でも明るすぎると目に悪いsign02
現実的には白っぽ過ぎるのも・・・と考えたりもします。

いずれにしても、ニコッとのマイルームを一度こんな感じにしてみたいかもnotes

それから・・・
バレンタインバージョンの記事に、掲載し忘れていたものがひとつ。
ピンクじゃないので見過ごしてしまったのですbleah

20100207_11

バレンタイン特別セール&カクテルパーティーをホテルにて。
人がいないと淋しいのう~sweat01

続きを読む "ニコッと部屋トライアルシリーズ:ポップ&掲載忘れ分" »

ニコッと部屋トライアルシリーズ:憩いの場・和風など

さて、トライアルシリーズ第二弾。

今度はピンクから解放された落ち着きの空間を・・・(笑)

とりあえず、体調の悪さをまぎらわすための作業故没個性的である部分、ご了承くださいませ。

では、いきます!

20100206_2

大正レトロな喫茶店。
煙草のにおいがぷんぷんしてきそうですねえ。
このヒーター、ほしいなあ。がんばってコイン貯めよう。
そういえばこのタイプ、イタリアでも重宝してたものです。あちらの脱水ほとんどできない洗濯機で洗った洗濯ものも、よく乾いたもんだ。

お次。

続きを読む "ニコッと部屋トライアルシリーズ:憩いの場・和風など" »

ニコッと部屋トライアルシリーズ:バレンタイン特集

先週の月曜日にダウンしてから一週間どうも具合が悪く(まだ本当の本調子でもないのですが)、家で何もやる気が起きない時間に久々ニコッと。

ログインもまちまちなので、そう簡単にCコインも貯まらない。

じゃあ・・・と、仕方ないのでバーチャルのバーチャル部屋を作ってみました(笑)

住民の中には本当にクリエイティブな発想をする方々がいらっしゃって、しかも凄くセンスが良かったりするのですが、自分にはまだまだそこまでの発想力もデザイン力もない。

でもリアルでも手の施しようがないので、こういうバーチャル空間で気軽に部屋の模様替えを試せるのって楽しいですねheart

というわけで、あまり考えずに試してみた部屋をいくつかご紹介します。

まずはバレンタインデーにちなんだものを数点:

20100206


ピンク・ピンク・・・って、リアルじゃあり得んな~coldsweats01

まあ、引き続きピンクで攻めまくる部屋ばかり登場しますが。

続きを読む "ニコッと部屋トライアルシリーズ:バレンタイン特集" »

2010年2月 6日 (土)

うんがつく

Dscf7042

いい加減髪を切るべし!と、近所の美容室に向かって歩いてたら・・・

「ポトリ」と何か音がしたような・・・

げげ。

やられた、髪の毛に( ̄Д ̄;;

上を見上げたら、我が家の万両を丸禿げにしたヒヨドリ一羽。

美容院に着いて「シャンプーしますか?」

すかさず元気よく「はいっ!」と答えるしかないでしょう~( ´・ω・`)

カット担当のお姉さんに「今日はとってもウンがいいこと起きますよ!」となぐさめられました。

まあ、美容院に行く前だからウンがよかった、といえばそうですねcat

で、髪すっきり後は家族で小田原のピッツェリアに行ってきたら、今度はお兄さんがオーダー間違えまくり(笑)

あとで気付いたベテランマダムがたいそう恐縮し、デザートがお皿の上にのっかってましたcakecake

妹のデザートに、ですがpig

そして、帰りの電車・・・一駅分寝過しcatface

一駅分歩いて帰るのであった。(※家族はみな流れ解散だった故、寝過したのは私ひとりだけ)

ウンがついた本日の話は以上。

(※写真は鎌倉にて・・・ヒヨドリではありませんsweat01

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

2010年2月 4日 (木)

横綱朝青龍、引退・・・

大相撲初場所の朝青龍 x 琴欧洲戦。

記者会見を見ながらも、あの「かいなひねり」の見事さばかりが何度も脳裏に蘇ってきます。

あの横綱にしかできないキレのある大技が、あの気迫と集中力がもう見られない・・・・・・・

大相撲を観戦するようになる前までは、マスコミ報道程度の知識しかなかった朝青龍関の姿でしたが、実際に相撲を見るようになって初めて横綱のとてつもない魅力を知った私ですdespair

十代の頃から単身来日して、頂点まで登り詰めた逸材に、相撲道を伝えきれなかった親方と角界関係者たちの責任というものが真っ向から問いただされないことにも疑問を感じます。

もっとも、おしえようとしても天才(でも凄い努力家)にとっては「品格」が理解できなかった・自分の中では理解する必要がなかったのかもしれません。今までの時点では。

でも、責任をとるのであれば、1月の騒動に関してもきちんと責任持って真実を話してほしかった。

あまりに突然のことなので、今日はここまで、なのかもしれませんが・・・。なんとも中途半端でいまだに本当に引退したのか、とピンとこないのです。

昨年の「クメピポ」での占いで、「俺32歳で引退するの?」なんて冗談まじりに言ってましたが・・・3年も早いじゃないの。

本当に、本当にもったいないことを。横綱らしいけれど。


何かと大波乱の角界ですが、確かに2010年は八白土星の年。変革と改革。

しかも立春にこんなことが待ち受けていようとは。

でも、横綱なら色々な世界で活躍してくれると信じています。


土俵、マスコミ、土俵外、歴史、文化、周囲の人間の品格、もろもろ考えても頭の中で堂々巡りするだけです。

結局、十年以上にわたる全ての真実を知るのは本人のみであって、周囲が憶測のみで一人の人間を値踏みする権利などあるのだろうか、と。

世の中がそんなことで溢れているのも事実ではありますが・・・

人間の進化って何なのでしょうね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード