« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月16日 (火)

H22大相撲春場所:三日目

昨日とはうって変わり、本日三日目は気迫のこもった取組みが多く見られました。
全体に寄り切りが多かった日となりました。
昨日の取組の後、協会から力士全員に何か物言いがあったのかしら・・・と思うぐらい全く違う日となったのが不思議な感じ。

元気のなかった山本山、今日は的の大きい徳真鵬相手に気合いの押し出しで初白星。
普段は巨体の把瑠都関と稽古しているせいか、これまでノーマル体型力士とはしっくりこなかったとか・・・
言い訳は無し、ですがな。

北の富士さんがいつも糾弾していた、目の覚めるような(?)廻しをついに黒に替えた
猛虎浪も、本日やっと寄り切りで初日。
私にはますます色黒安美錦に見えてしまうのですが
coldsweats01

今場所、廻しを変えた力士が多い。
どれもいまいちしっくりこないんですが・・・
隠岐の海の廻しは白鵬のような茶色になってしまったけど、海らしいブルーのほうが似合ってたなあ。
鶴竜もブルーのイメージが大きかったので、グリーンになって変な感じ・・・もっとも、化粧回しにグリーン背景タイプ(水仙の柄でしたよね)があるので、その延長に見えなくもないのですが。
お兄さんの北桜が引退し、一人土俵に残った豊桜はこれまでの猛虎浪ばりのショッキングカーマイン!?
うーん・・・

って、この三人とももとはブルーだったわけですね。
ブルーは土俵に映える色なのかもしれないなあ。

私的「黒の廻しが似合う・変えてほしくない」力士:徳瀬川、安美錦、黒海。
徳瀬川は髷の色と眉の色が実に廻しの黒とマッチしています♪
安美関は玄人らしい色として他には考えられませぬ。
黒海はまあ、言わずと知れた、というところです(笑)

黒は、髷が美しい力士によく映えますね。嘉風は赤い廻しも似合ってましたが黒もやはり髷の美しさによく合います。
髷が美しいと言えば稀勢の里もと思ってますが、黒廻し似合いそう。黒のほうがゲンが良くなるかも・・・(笑)
髷の美しさでもう一人上げるのはやはり旭天鵬。やはり関取も黒の廻しですね~happy01

そう考えると廻しの色ってなかなか面白い。
って、全然三日目の話とは違う方向に行ってますな。
戻りますΣ(;・∀・)

今日は新入幕力士が三名とも白星!
特に隠岐の海はまだ初日が出ておらず、今日は大所帯の応援団(選抜高校野球のため島根の高校球児たちが大勢)が声を張り上げ館内をにぎわせていた分、やっと勝ち名乗りを上げることができて嬉しかったことでしょう。
相手が玉乃島じゃどうなるかな、と思いましたが・・・
長い熱戦のうえ若さと声援を武器に、力強く寄り切りを決めました。
いやはや。
あとは稽古しっかりやって頑張ってもらうだけですね(笑)って笑い事じゃないかも?

時天空、のど輪ぐいぐいの北勝力をしのいで最後には北勝力の右足を持ちあげながらの豪快な寄り切り。
足の指はもう大丈夫なようで、何よりです。

北太樹も気合い入ってました。気迫で豪風をガンガンとスピードで寄り切り。

豊真将も危ない場面がありつつ、しのいで雅山を引き落とし白星を重ねました。

ちょっと心配なのが土佐豊。
まだ勝ち星がありません。
でも考えて見れば、番付もずいぶん上がって今場所は西前頭四枚目だったんですね。
月日の流れを番付の中に感じます。

栃ノ心も力強かったし、琴奨菊と豊響の攻防も見ごたえあったな~。
豪栄道も反射神経がいいのでしょうね、安美錦を振り払って(笑)押し出し。

しかし・・・今日の一番は何と言っても把瑠都vs稀勢の里。
誰もが自分の目を疑った。
なんと、リーチの長い把瑠都の突きであっけなく敗れる稀勢の里。
しかも、いつもとは違い鬼のような顔をしたままの把瑠都関。退場したところを待ち受けていたファンが体を触ろうとしたら、迷惑そうに押しのけてずんずん歩いて奥へと消えてしまいました。
取組が終わっても気合いが入っており、別人のようでした。
すでに昨日の取組で突っ張りを試して手ごたえを感じたため、今日はこれでいくと決めたそうです。
北の富士さんも、昨日のVTRでサンドバッグ相手に「立ち合いが全て」と言い切りながら当たりの練習を続ける把瑠都を見て「これは」と思ったとか。
それが今日の取組のような形で出てくるとは・・・

他の力士たち、ぼやぼやしてられないよ~!?

日馬富士vs鶴竜は激しい突き押しの末、大関が土俵際まで鶴竜を攻め込みまたもダメだし的な(に見えた)振り切り方で寄り切り。
鶴竜とはいつも熱くなってしまうんでしょうか。
日馬富士は初土俵以来、これで通算400勝目だそうです。

琴欧洲、琴光喜もさすがに連敗は食い止めました。土俵下では新たに審判をつとめる親方の目が・・・coldsweats01

そして魁皇は豊ノ島戦。すばしこく押しこんでいった豊ノ島でしたが土俵際で魁皇に呼び込まれ、というか攻めて頭から突っ込み共倒れ。
結局物言いがつき結果は魁皇の体が先に落ちたという判定で魁皇に土。

ということで、大関陣は全勝の日馬富士以外二勝一敗。

白鵬は本日の対戦が若の里ということもあり、張り差しなくすぐに廻しをとりいつもの速攻寄り切り。
久しぶりに白鵬のスタンダードを見た気がしました。

そうそう、今日は誰が脳震盪!?なんて、冗談めかしてこの前の記事に書いたら・・・
ほんとにまたしても脳震盪騒ぎがshock
しかも鼻血まで出したのは、高見盛関でした。
あっという間の取組で、観客も呆然でしたが・・・つい笑ってしまう人も多かったようですが・・・(北の富士さんも笑いをかみ殺してましたなあ)お大事に・・・sign01

さて。明日の把瑠都vs安美錦は先場所のような取り直し無しで、一気に決めてほしいですね!
安美関の今日の疲れが十分とれるよう祈っています。
どちらが勝ってもおかしくないかもと思っております。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H22大相撲春場所:二日目&所感

録画した大相撲中継を見てうとうと(-.-)zZ

あまりに引き・はたきが多く・・・

むなしく響く「協会一丸となって」の理事長の言葉。

高田川親方の言葉ではありませんが、稽古してなんぼの世界。

一般人は、一般人には到底なしえない努力の姿を見たいのです。
その努力の結果が土俵上の引き・叩きの姿?
引き・叩きに対応できない足腰?
まだ若いというのに・・・生活安定のために物事を無難にこなす50代サラリーマンと重なって見えてしまうのは私だけでしょうか。

今の世代が昭和40年代生まれの現役同様、長持ちするのかどうか。
大相撲自体の存続が危ぶまれるような・・・
このままでは一人横綱のモチベーションも保つのが大変でしょう。

新入門の達君のように、モチベーションの高い力士がどんどん上がってきてほしいですね。
高田川部屋×大志=期待大、です。

攻防があった朝赤龍・北太樹戦でも高田川親方はすかさず「朝赤龍は相撲が遅いんですよね」とにべもなしcoldsweats01
言われてみれば時間がかかる相撲が多いのかな。

初場所あたりからだんだん調子が戻ってきた西の関脇・豊ノ島は今場所も持ち前の運動神経の良さが光っているような。
今場所、注目していたい力士のうちの一人です。
特に佐渡ケ嶽部屋の二大関に土がついた、とあってはなおさら。

把瑠都も今場所は最後まで気を引き締めて甘い相撲に走らないよう、厳しい顔付きも含めて期待したいところです。
しかし把瑠都って日本語うまいなあ。スラブ語圏の人は複雑な文法を持ってる分、他言語がやさしく感じるんだろか?
日本語うまくなる力士は番付も上がる、というのはまんざらうそでもないですね。

昨日の琴欧洲は、仕切りから完全に天敵を前にした小動物の顔に・・・
蛇に睨まれたカエル状態。
案の定、安美錦にしてやられました。
今日は旭天鵬戦だから、そんなに心配することはないかな。

魁皇も足が出てよく動いていますね。
幕内通算100場所目、いやあ信じられない・・・伝説の力士として大相撲の歴史に金字塔を打ち立ててしまいました。
勝ち星を一番一番積み重ねていってほしいですね。

今場所の白鵬は、「相手に取らせる相撲」よりも攻めの相撲に入ってます。
非常に厳しい。
ある意味、余裕がないようにも見えてしまうのですが・・・そうではなくて、朝青龍の厳しい攻めを踏襲しているのか・・・静かに燃える白い炎、とは少し違った二日間を見た気がします。

新入幕の徳瀬川隠岐の海磋牙司は幕内でどこまで星をのばせるか?
まだ二日目なので、これからですね。
個人的には徳瀬川に注目。
磋牙司の動きにも
happy01高田川親方は相変わらず厳しいことをおっしゃってましたが。
磋牙司の顔つきも関取らしくりりしくて好きです♪

隠岐の海、初日から続けて解説者に「稽古嫌い」を指摘されてます。
顔にも気合いがいまいち見られないけれど、声援だけは大きい。
怪我の功名が無駄にならないことを祈ります。

幕尻に下がってしまった武州山、今場所は声援が結構聞こえてきます♪
私も気合いの入った姿を見続けたいのであります。
白星発進でそのまま行ってほしいですねえgood

幕下は見てませんが、竜電は東十五枚目から再び挑戦ということで、しかし初日は黒星。
残りの一番一番、がんばれ!
そして宝富士が一気に番付を上げてきています。早く幕内に上がってほしい!!!こういう面構えの関取が必要なのよ~bearing

山本山は・・・このままじゃさらに幕下へ陥落しそうだけど・・・大丈夫じゃろか・・・

さて、取組みとは別に残念なこと。
審判が変わって九重親方・錣山親方のテレビ解説が聞けなくなりそうなことweep
何年続くのだろうか・・・
二日目には陸奥親方が5~6年ぶりの解説として出演されました。
霧島ファンには願っても無い日だったことでしょうhappy01
今後はそれだけ九重親方や錣山親方もテレビから遠ざかってしまう、ということなのでしょうかねえ・・・despair
先場所は千代大海の解説も興味深かったので、今場所も出来れば出演してほしいけれど・・・ないかな~。

さて、初日・二日目と続いて今日まで脳震盪騒ぎが起きないことを祈ります。
稀勢の里・豊響と続いたら次は・・・誰かなあ~?琴奨菊?豪栄道?
なんて縁起でもないこと考えちゃいかんですねcatface

とまあ、順不同で勝手なことを長々と書いてしまいましたが、盛り上がる大相撲を見たい、と切に願っております。

あ、そうそう。
私の好きな行司、木村和一郎さんが(私の聞き違いでなければ)おそらく勝ち名乗りを間違えておりましたcatface
やはり私の好きな垣添関が勝ったのに、「た・け・か・ぜぇ~」としか聞こえなかったような・・・dog

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード