« インターポット113日目:期間限定花火と | トップページ | BSフジLIVE「PRIME NEWS」20日(水)安藤忠雄氏出演 »

2011年4月20日 (水)

今朝の神奈川西部地震に気付かなかった・・・&原発

今朝の5:44。まさに秦野が震源地だったようですが・・・
父は気付いたようです。
私は全く知らなかった^^;
ひょっとしたら誰かが二階でドスンと音を立てた、ぐらいに夢うつつに感じてたのかもしれませんが。
目がはっきり覚めたのはそれから20分ほど後のことでした。

気象庁の地震速報を遡って見てみたら、4年前の神奈川西部地震と緯度・経度が全く同じですね(当時、記事をアップしてました)。
要するにそこに観測点があるということ。
Geocodingで緯度・軽度を久しぶりに入力検索して、「あれ?」とやっと気付きました(苦笑)

個人的には静岡・山梨方面の微震が気になっています。
17日・18日と連続して観測されています。
先月の富士宮震源のような大きな余震がまた到来しやしないかと嫌な感じが。

それもそうですが、気がかりは静岡の浜岡原発。
普段の生活でも、空を見れば風の流れは静岡方面から。
何かがあった時のラインが見えるかのよう。
そのラインはそのまま首都圏へ向かって伸びて行く。
(風向きとは別ですが、首都圏に近い柏崎・福島・浜岡の原発からの距離を知るガイドラインとなる地図が広宣社のブログに掲載されています。)

今朝フジテレビで、福島第一原発事故の翌日に新潟の柏崎に避難した中学生たちの意外な声、という取材を見ました。
皆、原発の町から原発の町へと避難してきた子たち。柏崎原発から6キロ離れた場所で避難生活する子も。
そしてその子たちはそろって「それでも原発は必要」と信じている。
なぜなら、この子たちの生活は原発産業に直結しているから・・・父親が今も福島第一原発で必死の作業に携わっているから。
「父を尊敬しています。必死に仕事する父を誇りに思います。」

私たちも、今第一線で働き続ける方々には感謝してもしきれないほどです。
でも、事態が収束した時・・・この子たちにもっと大きい視野で考えてほしいと願うのです。
中には、自分も大人になったら原発で働きたいと言っている子もいました。
そして、そんな中学生たちを見てスタジオのコメンテーターたちも皆同情の目を持ってコメント。
でも、そのような視点は結局、他の地域でも日常的に起きている「天動説」的な視点でしかない。「私の世界」が中心で物事を考えるということです。厳しい言い方かもしれませんが、客観的に見ればそういうことです。

私は問いかけたい。
「あなたが生きるためには原発産業でなければならないのか?それ以外に生きる道は無いというのか?」と。
それは、今必死に命を賭けて戦っている方たちに問いかけているのではない。そうではなく、今「直接的」には関与していない人たちが皆、何を選択しようとしているのかを問いたいということです。

狭い日本で、地盤沈下のみならず国土そのものが汚染されてますます狭くなっていく日本で、私たちは原発産業が無ければ生きていけない、と、それでも言い続けるのでしょうか。
原発産業がなければ雇用も生まれない、生きていけない、と?
それでは、私たちが生きるために必要な食べ物を提供してくれる農業や漁業に携わる皆さんはどうすればいいのでしょう?
私たちは、農地やきれいな海を失っても「輸入すればそれでよし」というでしょうか?

どこからどう見ても文系の頭を持つ私ですが、「全ての物質の中核」である「原子核」を壊し続けることでエネルギーを発生させる、それを人工的に行うと聞くだけで恐怖を感じます。科学者にとっては恐怖でも何でもないのかもしれませんが。

「経済発展」という言葉に行き詰まりを感じ始めていた我々に、先延ばししていた議題をつきつけるかのように起きた今回の大震災。
ここ数年、リストラの嵐も経験してきている日本人。「確実なものなど無い」とわかっているはずの日本人。
それでも根本的な雇用と産業構造の問題、「私たちはどんな選択をして生きて行くのか?」という議論が全く見えてこない。
「雇用ありき」なのか?「雇用ありき」としたら、雇用確保さえできれば全ては解決なのか?
雇用の中身が問題なのではないのか?

全てが根本的におかしいと感じているのは私だけではないと思います。
おそらく今は、全ての人々が「今、自分が携わっている仕事は果たして地球全体と人類のために本当に役に立っているのか?この生き方でよいのか?」を問われているのではないのでしょうか。今一度、胸に手を当ててじっくり考えてみるべきではないのでしょうか。

そして、放射能ばかりが取り沙汰されていますが、私たちの健康に害を与えるのは放射能だけではない。
津波で流されてしまった家屋が瓦礫と化した光景を今の時代に目の当たりにした私たちは、それ自体が何を意味するのかを深く考えないまま元の生活に戻るのでしょうか。

そして、何年も何年もそういったもろもろのことを考え続けてきた自分も、答えは簡単に出せないことは見に沁みて感じています。
ただ、よりよい選択をすることはできるはず。
「思い立てば吉日」、一人一人は小さくてもやがて大きなことを成し遂げることができる力もあることも知っています。

何が大切なのか?
本当に大切なものは何なのか?
全てを失った時、私たちを奮い立たせるものとは一体何なのか。
被災しなかった人間が真っ先に考えることは被災地支援でもありますが、同時に我が身を振り返ることもなおざりにしてはならない、と、切に思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« インターポット113日目:期間限定花火と | トップページ | BSフジLIVE「PRIME NEWS」20日(水)安藤忠雄氏出演 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/51442544

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の神奈川西部地震に気付かなかった・・・&原発:

« インターポット113日目:期間限定花火と | トップページ | BSフジLIVE「PRIME NEWS」20日(水)安藤忠雄氏出演 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード