« H23年大相撲五月技量審査場所・10日目 | トップページ | H23年大相撲五月技量審査場所・13日目~横綱に土!!! »

2011年5月18日 (水)

H23年大相撲五月技量審査場所・11日目

ついに終盤戦、11日目です。
幕内解説は元横綱大乃国の芝田山親方。
すでに発表になっていましたが、今日から琴欧洲が休場・・・やはり、膝を痛めていたようです。9日目の隠岐の海戦から悪くしていた様子。
これで稀勢の里は不戦勝です。

〈前半戦〉

木村山○明瀬山●引き落とし~立ち合いからいなし、押しを絶妙に繰り出す木村山が優勢。のど輪が効いて明瀬山を土俵際に追い込んだ直後に引きで明瀬山、前にバッタリ。

宝富士●時天空○寄り切り~合わない両者。二度目の立ち合い、時天空の張り手から両者組み合うが、時天空が寄りに出る。宝富士、引き落とそうとするが間に合わず。というか出てから引きは間に合わない(汗)。

武州山●栃乃若○突き落と
し~立ち合い当たってすぐ右に動いた栃乃若に油断した武州山・・・武州山、応援してるけどいつも足がついていかないのだ・・・。

栃乃洋●若荒雄○押し出し~今日もひときわすごい金切り声(?)で、若荒雄へ女性の声援(笑)立ち合いもろ手突きの若荒雄が今日はひときわ気迫ある突き押し。栃乃洋は上体が浮き上がってしまい腕を使えないまま土俵を割ってしまった。

雅山●朝赤龍○上手出し投げ~芝田山親方の現役時代の話。錚々たるメンバーの双子山部屋。鬼の親方のしぐさで空気がマイナス30℃に凍るような稽古・・・壮絶だったのでしょうね・・・。昭和の見ごたえある相撲はそうやって鍛え上げられてこそだったのでしょう。立ち合いもろ手突きの雅山だが、朝赤龍も突き押しして上手を取り、出し投げ。雅山前に倒れる。

高見盛●翔天狼○押し出し~翔天狼、合い口がいいのだろう。今日は一気に押して終わり。高見盛4勝7敗、後がない・・・。

旭天鵬○臥牙丸●寄り倒し~がっぷり、ちょっと前のめり気味で苦しそうな臥牙丸。旭天鵬が先に出て臥牙丸を持ちあげながら寄って寄り倒し。体重があっても脚力がなければ当たりは強くない、と芝田山親方のコメント。

魁聖○嘉風●突き出し~魁聖への子供の声援が大きい!立ち合い突き離してそのまま前に出て嘉風、吹っ飛ばされるように土俵を割ってしまった。会心の相撲だ・・・芝田山親方も「新入幕と思えない」と絶賛。明日は豪栄道!?生で見られる、楽しみだ!

豊響●栃ノ心○下手投げ~危ない相撲だ~。栃ノ心、土俵際で投げを打ちながらも吹っ飛んでしまったが豊響の背中が先に付いたという判断か。物言いは無し。栃ノ心、明日は鶴竜!うおお~。明日は面白い取組盛りだくさん!うれしや!

土佐豊○若の里●寄り切り~勝ち越しかかる土佐豊。見逃しちゃった^^;気付いたらもう土佐豊が寄り切って若の里が土俵の外で尻餅をついていた。若の里が引いた隙に二本差したらしい。

〈後半戦〉

被災地入りした芝田山親方、現地がテレビでは伝えきれないほど凄まじい状態であると語る。相撲は五穀豊穣を願うものでもあり、四股を踏むのは地の神様を鎮める意味もあるので、早く被災地でお相撲さんに四股を踏んでもらって地の神様に早く鎮まってもらい、一日でも早く復興しますようにというお話でした。

玉鷲●豪風○送り出し~豪風左入るが玉鷲も動きまわる。しかし豪風のいなしで玉鷲お尻を向けてしまい、玉鷲を抱え込んだ豪風が土俵外に送り出してしまった。親方、玉鷲が摺り足になっていないので安定感がないとコメント。上手をとって足を踏み出すと攻めの姿勢、下手をとって足を出すのは攻めて下さいと言う姿勢・・・なるほど・・・。

阿覧●安美錦○押し出し~安美様への声援大きい。やはり子供たち。立ち合い押しと引きを交える安美錦、阿覧に廻しを取られないように見ながら素早く下から押しで攻め切る。荒削りな相撲と決めの細かい相撲、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い、と親方(笑)

豪栄道○豊真将●首投げ~立ち合い張る豪栄道、また微妙な投げ方をするもんだから物言い。動態ではないかという物言いだったが軍配通り豪栄道の勝ち。

北太樹●豊ノ島○寄り切り~幕内では初顔合わせとのこと。当たって引きに入ろうとする北太樹だが両差しにいった豊ノ島が土俵際まで北太樹を追い込む。しかし北太樹が腕を抱え込んでいるため動き止まる。とはいえすでに北太樹も苦しい体勢で豊ノ島、待ってから一気に押し切る。豊ノ島は相手の懐に入るのがうまい、と親方。

鶴竜○栃煌山●押し出し~立ち合い互角?しかし栃煌山が出てくる鶴竜を引いてしまい、それからは鶴竜が一方的な突きの攻め。親方、栃煌山の顔が優しすぎるとのこと。豪栄道がやる気満々の顔だと皆言うのだけど私にはよくわからない・・・。行司の「のこった、のこった」は土俵上に残っていることなのだから踏ん張れ、と親方。そうか~。

琴欧洲●稀勢の里○不戦勝~稀勢の里の取組が見られないのは淋しいねえ・・・。琴欧洲、来場所カド番だけどしっかり膝を治してがんばってほしい。

日馬富士●魁皇○引っ掛け~両者ここまで6勝4敗。立ち合い突いていく日馬富士が土俵際まで魁皇を押し込むが、魁皇が回り込んで勢いで出て行ってしまった日馬富士・・・「魁皇、つま先でバレリーナをやりましたね」(爆)いやはや、見事な残り方をした魁皇がまさかの逆転勝ち!親方曰く魁皇は「長老」。

把瑠都○隠岐の海●掬い投げ~八角部屋といえば元海鵬・谷川親方に北勝力。首の故障で稽古の相手もしてはならないという北勝力が、場所前も胸を出してくれたという隠岐の海。海鵬にもこれまで多くの稽古をつけてきてもらっていた。今場所では恩返しをしたい、と強く思ったらしい。それが今場所の気迫に出てるのね。さて立ち合い、組み合う二人の激しい攻防、しかし把瑠都が左で掬い投げ。とはいえはじめ把瑠都を差させなかった隠岐の海に対し、親方はこの失敗を分析することで次へつなげることが大事、とコメント。隠岐の海、頑張れば化ける、と確信しつつある私です。

白鵬○琴奨菊●寄り切り~さて琴奨菊、どういくか!?攻防を期待。さて立ち合い。琴奨菊が先に立ってしまう。二度目。横綱が少し動いた時についまた出てしまう琴奨菊。三度目。琴奨菊、左四つになろうとするが横綱、すぐに切って琴奨菊を厳しく攻める。再び下手をとった琴奨菊だが、間髪いれず白鵬動きしっかり腰を落としてぐいぐい寄っていった。琴奨菊が軽く見えた…はああ~。

これで全勝は白鵬、10勝1敗が魁聖と栃ノ心、9勝2敗が把瑠都。8勝3敗が土佐豊、鶴竜、琴奨菊。

明日は白鵬を追う関取たちが全員後半戦で戦います。豪栄道×魁聖、鶴竜×栃ノ心、隠岐の海×稀勢の里、琴奨菊×日馬富士は特に見もの。
明日は生観戦、楽しんできます!!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H23年大相撲五月技量審査場所・10日目 | トップページ | H23年大相撲五月技量審査場所・13日目~横綱に土!!! »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/51705268

この記事へのトラックバック一覧です: H23年大相撲五月技量審査場所・11日目:

« H23年大相撲五月技量審査場所・10日目 | トップページ | H23年大相撲五月技量審査場所・13日目~横綱に土!!! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード