« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

H23年大相撲九州場所が終わって

最近は大相撲記事もサボりまくりです(^-^;
というより、ろくにブログ更新してないとも言えますが・・・。

九州場所は見所満載でした。
13日目に優勝が決まってしまったのは残念でしたし、稀勢の里の大関昇進ほぼ確定とのニュースが千秋楽最後の取組を待たずに出てきたことにも正直びっくりな場所ではありましたが、琴奨菊の大関昇進を受けて周囲が闘志を燃やしはじめた様子が随所に見てとれる興味深い15日間だったと思います。

そして稀勢の里。ついに今日、満場一致で大関昇進決定!
これからは迷わず、文字通り精進を続けてさらに上を目指してほしい!
口上も稀勢の里らしくシンプルでした(笑)でも、そこが好感持てますね。
初場所の国技館、盛り上がりそうです!(≧∇≦)
初日の白星で涙ぐむ姿から、終盤で何やら独り言をつぶやく姿まで、今場所の稀勢の里の姿には印象深いものがありました。目安の33勝というのはあくまでも目安、だと思います。
親方亡き後の大関昇進・・・これから大変でしょうが、辛さを経験するほど強くなれると信じています。

それから続いて本日、新十両も発表となりました。
北はり磨、阿夢露、明月院あらため千代大龍、誉富士そして再十両の徳真鵬。北はり磨に阿夢露、ソップ型がだんだん増えてきてうれしい。阿夢露は阿覧よりよほど相撲らしい相撲をとっているので、期待したいと思います(笑)
明月院はなぜそんな四股名だったのか・・・未だに気になっております^^;

白鵬はやはり強かった。三度目の正直とはいきませんでした稀勢の里と琴奨菊。
最後の把瑠都戦に関し、「気がゆるんで申し訳ありません」と弁明したのはちょっと・・・と思いましたがね。取組そのものよりも(いやあの脚が出ずバッタリ倒れる姿は正直ショックでしたが)、言い訳をしたのが残念でした。
その言葉の中に、もう横綱も相当疲れているのだろうな、とも感じましたが・・・。
自分の誕生日が3月11日。横綱にとっても生涯忘れられない一年になったことと思います。
負ければ引退、という地位を一人で背負い続ける横綱に並ぶ関取がひと場所でも早く誕生することを祈っています。土俵を盛り上げるためにも!

ところで、横綱はずいぶん立ち合いで後ろに下がるようになったような?
後半戦で、急にそれに気づいた私^^;
来場所以降、土俵がかなり活気づきそうな予感がしてるので、横綱がどう対処していくのか非常に楽しみであります。

続きを読む "H23年大相撲九州場所が終わって" »

2011年11月12日 (土)

インターポット:ガーガーちゃんが2匹って・・・

こ、こんなことは初めてで朝からショック!

出現したガーガーちゃんを避けようと庭を回転させたら、もう一匹のがーちゃんが!?

ああっ!と思ったその瞬間に、はじめのガーちゃんがすでにコツブソウをガリガリと(T_T)

ありえません・・・

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード