« インターポット368日目:収穫前にワンショット | トップページ | インターポット:先日の収穫覚書 »

2011年12月25日 (日)

クリスマス・イブの食事とデザート

いつもケーキはスポンジケーキ&生クリーム&いちごの取り合わせが多いのですが、今年は紅玉りんごでタルト・タタンに挑戦してみたいな~!と思いまして。
しかし、結局手元にある本にはりんごのアップサイドダウン・ケーキパイナップル&ピーカンナッツのアップサイドダウン・ケーキレシピのみ・・・。
りんごのレシピは生地部分が気に入らなかったので、勝手に二つのレシピをミックスして独自に作ってしまいました^^;
でも味は大丈夫でした♪しかも目分量という(苦笑)
しかもしかも、ケーキ型がスポンジ用の底が抜ける型しかない我が家・・・代わりにオール・ステンレス製の両手鍋をオーブンに投入^^;
それでもちゃんとできたからいいか!
出来上がりはこんな感じです。

Dscf4787

生地は比較的薄めです。

Dscf4788

これだけだと淋しいので、飾りもつけたりして。

Dscf4790

去年製菓グッズを売っているお店で新しいヒイラギとトナカイさん兄弟を買い足したので、お初です(笑)

Dscf4791

サンタさんもトナカイさんも楽しそうです♪

Dscf4792

食べるときは、砂糖ごく抑えめのホイップクリームとイチゴをお皿に添えてみました。写真・・・撮ってません^^;

そういえばディナー(と呼んでいいのかも憚られるが)の写真も、一部しかない・・・
大したメニューじゃないので、いいかな^^;

とりあえずオードブル:

Dscf4794

スモークサーモンのクリームチーズ巻きと、かまぼこオードブル。ハム風味とカニ風味の二種類で、チーズ入り。飾り付けに我が家のパセリをぱらぱらっと(笑)
何も考えずにお皿に並べたので、あまりバランスがよろしくありません^^;

あとはトマト・アボカド・ルッコラ・クレソンのサラダと、セロリの葉・ベーコン・トマト・人参のスープ。写真が・・・ありません^^;

そしてチキンのオーブン焼き。

Dscf4795

チキンが想定通りに焼けなくて時間がかかってしまいました=電気代も!?><
焼けてるか確認しようと、一番目立つ部分にナイフを入れてしまったので、皮の一部が割れております(T_T)

とりあえず自分の覚書用(笑)にケーキとチキンのレシピを掲載するとしましょう。

【りんごのアップサイドダウン・ケーキ】(直径18cm)

材料:

(りんごの甘煮)
りんご・・・・・・・・・・・・4個 (※紅玉を使用)
ブラウンシュガー・・・70g (※レシピ本ではグラニュー糖)
レモン・・・・・・・・・・・・大さじ2
無塩バター・・・・・・・・・・・・大さじ2

(生地)
無塩バター・・・・・・・・・45g
ブラウンシュガー・・・・35g (※レシピ本ではグラニュー糖)
卵・・・・・・・・・・・・・・・・1個
サワークリーム・・・・・・50g (※実はサワークリームが無く水切りしたヨーグルト&生クリームで代用)
牛乳・・・・・・・・・・・・・・大さじ5
薄力粉・・・・・・・・・・・・75g
ベーキングパウダー・・小さじ1

(その他)
バター・・・・・・・・・・・・・適量

1.まずはりんごの甘煮をつくる。皮をむき芯をのぞいて8つ切りにする。

2.厚手の鍋に無塩バターとブラウンシュガーを入れ、強火にかけて薄いキツネ色に焦がし、①のりんごとレモン汁を加える。

3.りんごがしんなりするまで煮る。水分が足りない時は少し水を足すこと。煮えたらりんごをバットに広げて冷ます。(※本人は冷まさずそのまま次の工程に^^;)

4.バター適量を湯せんで溶かして(※電子レンジでもOK。時間に気をつけて)型に塗り、③のりんごをきれいに並べて敷き詰める。

5.無塩バターを泡立て器でやわらかく練り、ブラウンシュガー35gを加え白っぽくなるまですり混ぜる。

6.⑤に軽く溶きほぐした卵を少しずつ加え、サワークリームを加えてよく混ぜる。

7.牛乳、ふるった薄力粉とベーキングパウダーを交互に数回に分けて⑥に加える。

8.型に⑦の生地を平らに入れ、180℃のオーブンで30~35分焼く。

9.粗熱がとれたらお皿に型を逆さにしてケーキを取り出す。

私自身はあまり白砂糖を普段からあまり使いたくないので、レシピ本のグラニュー糖をブラウンシュガーに代えました。

またサワークリームが手元になかったので、我が家にあった低脂肪ヨーグルトと植物性生クリーム(これはクリスマス用にホイップしようと買ったもの)を5:1ぐらいの割合?で混ぜ、コーヒーフィルターで水気を濾しつつ1時間ほど暖かい場所に放置したものを使用。
この程度じゃおそらく発酵もしていないし、本来は生クリーム主体でちょこっとヨーグルトを入れて発酵させるのではないかと思います(自家製サワークリームを作りたい場合、ですね)。
ひょっとしたらそのままヨーグルトの水気を切ったものを使ってもよかったかも?今度それでやってみようかな?

りんごは4個あったので4個とも甘煮に使いましたが、実際に直径18cmに敷き詰めてみると少々りんごがあまりました。でもその分はぜいたくにさらに二重に重ねてしまいました(笑)。
使ったりんごは中サイズかと思います。3個でもだいたい足りていたかもしれませんが、りんごが多い方が美味しいかも^^まあそのあたりは臨機応変にやっていただいたほうがよいでしょう。

で、分量は表記してますが正直、目分量ですべてやっております^^;

そして底が抜けるタイプの焼き型はりんごの煮汁が不安だったので(実際には煮汁はほとんど無かったのですが)、ステンレス鍋で焼きましたが問題ありませんでした。
ただ、電気オーブンレンジだったのでガスレンジのような空間がなく、持ち手部分が少々邪魔><
レンジの内壁ギリギリのところで鍋が回る度にカツンカツンとはじめのうちは音がしていて、微調整しながらなんとか普通に回るように^^;
ちょっと深めの鍋だったので、ひっくり返すのもかなり不安が・・・でも何とかなりました。あ~よかった。
写真を撮った後、ちょっとテカリがほしい・・・と思い、マーマレードをブランデーで伸ばして表面に塗りました。ブランデーはアルコールですぐ赤くなる人間がいるので一応火で飛ばしました(笑)

今度はタルトタタンに挑戦してみたいな~。フランス人シェフのタルトタタンの作り方をyoutubeで見つけたのでリンクを貼り付けておこう(笑)
もうひとつきちんと書かれたレシピもこちら(※フランス語です)。


【チキンのオーブン焼き(ローストチキン)】

こちらはクックパッドのレシピを参考に少しだけ自己流に。

材料(2本分)

骨付き鶏もも肉・・・・・2本
にんにく・・・・・・・・・・・2個
はちみつ・・・・・・・・・・大さじ1
じゃがいも・・・・・・・・・2個
たまねぎ・・・・・・・・・・1個
塩・胡椒・オリーブオイル・ローズマリー・・・適量

1.にんにくをスライスする(レシピでは包丁の腹でつぶす)。鶏肉の皮目に穴を開ける(竹串、フォークなど適宜使用)。

2.ポリ袋に鶏肉とにんにく、はちみつ、塩、胡椒、ローズマリーを加えてもみこむ。最低2~3時間おく。塩、胡椒は強めに(※ローズマリーは我が家風。クックパッドレシピではにんにくはこの時点では入れない)。

3.じゃがいもを洗って少し大きめの一口大に切る(※クックパッドレシピでは皮ごと8つ割り)。たまねぎは大きめに切る(※お好みで)。

4.天板にオーブンシートを敷き、鶏肉とにんにくを漬け汁ごとと、③の野菜を並べる。オリーブオイルを回しかける(※クックパッドレシピではバター)。

5.200℃のオーブンで40分ほどこんがり焼く。途中で何度かスプーンで汁をまわしかける。

6.こんがり焼けたら、出来上がり。

にんにくの風味が好きなので、私はスライスしたものを鶏肉と一緒に漬け込みました。さらに、ここには書いてないのですがお酒も少しだけ加えました。

また、天板の代わりにパイレックス(要は耐熱)の丸皿(深さ3cmほど?)に直接材料を並べました。本来は鶏肉と野菜が重ならないように置くのがコツなのでしょうが、例によってオーブンレンジが小さい=容器の大きさも限定される、という難点があるためやむなく鶏肉の下やら上やらに玉ねぎ・ジャガイモを置くはめに^^;
そしてオーブンに入れる前にオリーブオイルを回しかけるつもりが、何もかけずに入れてしまい><
何かがおかしい、と気付いた頃には30分ぐらい経過@@
慌ててパイレックスを取り出し、オリーブオイルを回しかけて再びオーブンへ^^;
まあ、時すでに遅しで上にのせたジャガイモ・玉ねぎはなんだか表面がカッピカピに乾いた状態に><
でも食べてみると、中はホクホクでおいしい焼きポテトになっていました^^

Dscf4796


やってみて色々思ったことなど。

自分の家のオーブンレンジでは200℃/40分では無理。40分経過してもグツグツ煮えたぎる音もせず心もとない状態だったので、210℃に上げてさらに15分、それでも足りなくてさらに15分焼くことになってしまいました。もっと早く、何かが違うと気付くべきだった・・・。オリーブオイルをかけずに前半焼いてしまったのもおそらく敗因です。

だとすれば、漬け込む時点でオリーブオイルも加えてしまうのもありだったかな?とか。その場合、漬け汁は最後に野菜を含め全体に回しかけるのがいいかも。

そして全部を重ならないように並べる余裕がないのであれば、鶏肉の下に玉ねぎ・ニンニク・ジャガイモを敷いてしまってもよかったかも。
とはいえ、ジャガイモはゴロゴロしすぎなので下に敷くには厚めのスライスにしたほうが安定がよいかも?

それから鶏肉は、余分な脂肪を取り除いてから漬け込みました。が、いわゆる「皮下脂肪」を取るのが面倒このうえなく、しかも皮が身から剥がれると見た目も良くないのでパス。
しかしこれが・・・食後、ほんの少しだけ残った鶏肉・野菜を容器に入れて冷蔵庫に入れ、翌日(つまり今朝)確認して見ると。
上部にかなりの厚みの脂が固まっているではありませんか@@
できる限りスプーンで掻き出してから温めなおしました><

料理は試行錯誤して練り上げていかないといいレシピになっていかないんだろうな~。
でも、味はよかった(笑)
そして玉ねぎが美味しくて、ニンニクもジャガイモのようにホクホクした感じになっていてついつい食べてしまいました。
玉ねぎ、容器に余裕があればもっと入れてもよかったかも。

イタリアでも、鶏肉とジャガイモのオーブン焼きをよく食べている子がいました。
簡単(材料を切る→天板に並べて塩コショウ・ハーブ・にんにくで風味をつける→焼く)、おいしい。そして安いと三拍子そろってるから(笑)
やはりそこでの定番ハーブはローズマリー、ですね。
そしてオリーブオイルをこれでもかというぐらいたっぷりかけるという。
鶏肉もジャガイモも素材が日本よりしっかりした味わいがあるので、ほんとに美味しいんですよね。
そういえば鶏肉、日本の鶏肉みたいに脂肪がびっしりついてた記憶がないような・・・気のせい?

本当はイタリアだったら今日がクリスマス本番。
でももうエネルギー切れで何もやる気が起きません><
そもそも、毎日洋食をとる元気がないというか、体が受け付けなくなっているというか^^;
去年も書いてましたが、ガッツリ食べた翌日の夕食はねぎ・春菊たっぷりの湯どうふぐらいでちょうどいいかな~って感じです。
食べるより寝たいかも(笑)
そういえば、昨夜はついついインディ・ジョーンズ「最後の聖杯」をBSプレミアムで観てしまったので・・・だからもう眠いのか!?

それにしても今年のクリスマスは寒い!
午前中はきれいに晴れてたのでこれまた洗濯ラッシュ&布団干しをしていましたが・・・浴室掃除で引きこもってる間にどうやら雲がだんだん増えてきたようで日が陰り、しかもうっすらと煙のような雲・・・あれはもしや、雪雲!?そう、雪雲!が見える。あ~せっかく干した布団が・・・とぶうぶういいながら取り込むのでありました><
しかもしばらくしたらまた雲が切れて青空が・・・風がけっこうあったようですね。

そういえば昨日の朝も雨戸を開けたら雪がチラチラと。こんな時期に降るのはものすごく珍しい気がします。その後、ずっといい晴天だったので洗濯機は妹に全てとられてしまった^^;

なんにせよ、あっという間ですね三連休。そしていよいよ年末に突入・・・1週間切った、というのがなんとも切ない今の家の中です><

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« インターポット368日目:収穫前にワンショット | トップページ | インターポット:先日の収穫覚書 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/53567122

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・イブの食事とデザート:

« インターポット368日目:収穫前にワンショット | トップページ | インターポット:先日の収穫覚書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード