« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)まとめ:横綱&大関星取表と感想など

これまで星取表を記録することはなかったのですが。
今場所はここ数年で一番内容と番付の兼ね合いが面白かったので、今後のことも考え、番付を含めてメモしておくことにしました。
せめて東西横綱が誕生するまで今後は記録していきたいと思っているのですが^^;

大相撲観戦歴の浅い私が偉そうに批評できる立場などではありませんが、一ファンとしての自分の見方の歴史も刻んでいくつもりで^^

というわけで、平成二十四年三月場所。
角界の存亡危機ともいえる事件が多発したために昨年本場所が中止となった大阪での、2年ぶりの開催でした。

当初は
①把瑠都の綱取り ②白鵬、貴乃花に並ぶ22回目の優勝なるか?
が話題だった春場所も、把瑠都が敗れ、白鵬にまで土が付き、一挙に鶴竜が躍り出て大関とりか?白鵬と優勝争いか?という話題にシフト。

しかし横綱が2敗したことで、3人目の優勝候補として急浮上したのが日馬富士。ところがこの大関も、急浮上の翌日に黒星を喫してしまいました。

結局この場所を盛り上げたのは鶴竜であり、最後に一番美味しいところをかっさらって(笑)いったのが豪栄道でした。

そんな中でも賜杯を手にしたのはやはり横綱。どんなに波乱があろうが最後にまとめたのが横綱・白鵬でした。
横綱という地位がいかに難しい、困難な高みであるかをあらためて見せつけられたのが、今年の春場所だった、そういえるのかもしれません。

そして、勝ち星と内容は必ずしも比例するものではない、ということも、たくさん見届けることになった三月でした。

では番付順に星取表とコメントを。本当は十両も・・・と思いましたが、そこまではやりきれないので割愛して幕内のみです。とりあえず今回は大関まで。
ただ、今場所が面白かったのは、幕内のみならず、十両も幕下も面白かったことにあるのです><
非常に個性的な力士が活躍しつつあり、今後の相撲界を背負って立つと思われる人材がどんどん育っていることを目の当たりにすることが多い15日間でした^^

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)まとめ:横綱&大関星取表と感想など" »

2012年3月30日 (金)

千代の国もがんばってます

入幕してから二場所続けて肩の脱臼で途中休場してしまった千代の国。
元気いっぱいの相撲と垣添のようなアヒル唇が大好きなので(笑)応援してるのですが、なんと場所後に故障している肩をかかえながら地元・三重のPRに頑張っているようです!

伊賀タウン情報ユーより(ローカルw):

”伊賀市の顔”として期待 千代の国関に観光大使の委嘱状

                                                                                                                                         

                                        120328_6.jpg
  伊賀市観光大使の委嘱式が3月28日、同市上野丸之内のハイトピア伊賀であり、就任した地元出身で大相撲の千代の国関(21=本名・澤田憲輝さん)に内保 博仁市長が委嘱状とたすきを手渡した。【伊賀市観光大使に就任した千代の国関と握手する内保市長(左ら)ら=ハイトピア伊賀の1階エントランスで】
                                    
                                                                            
 同市の観光大使は、千代の国関が第1号。初場所と春場所の二場所続けて古傷の肩を痛めて途中休場し、本来なら治療に専念するところだが、今場所の前に決まっていた行事出席のため帰郷。市は知名度とイメージアップのため、地元後援会を通じて就任を打診していた。

 委嘱式で、内保市長は「大阪場所では、その前の場所でのけがで出場できるか大変心配していた。そのなかで少し無理をして、郷土の期待を背負って出場を踏み切ったと思う」と気遣い、「来場所の好成績を市民の皆さんとともに応援しながら願っている」とエールを送った。

 千代の国関は「先場所に引き続き、今場所も肩の脱きゅうで休場し、皆さんにご迷惑ご心配を掛けた。観光大使として地方を回ることになるが、どんどん伊賀市の良いところをPRし、伊賀市の名前を少しでも広めるよう頑張りたい」とあいさつした。

続きを読む "千代の国もがんばってます" »

「相撲って、やっぱ面白い」浅香山親方

先日の朝日新聞夕刊に出ていた記事がデジタル版でも掲載されていました(o^-^o)
コーナーが「スポーツ人物館 旅立ち編」(笑)

相撲って、やっぱ面白い 浅香山博之(大相撲)

 
2カ月後に迫った断髪式を前に、新米親方として土俵の外で春場所を支えた。

 元大関魁皇。昨夏に引退し、年寄浅香山を襲名した。最初の仕事は会場警備だった。花道で力士の入退場を整理しながら、土俵を見守る。現役時代には気付き にくかった取組前の力士の緊張感や、観客の反応が新鮮に映った。「相撲って、やっぱ面白いな」。いまは記者クラブ担当として、勝敗を記録するなどの事務作 業と格闘している。

 引退直後に買ったワイシャツが、すぐにきつくなった。確かに体は動かさなくなったし、酒の付き合いも増えた。それ以上に「ちゃんこじゃない昼飯がうまくて、うまくて」。治療以外に、ほとんど外出しなかった現役時代にはなかった楽しみだ。

 マゲを初めて結ったのは23年前、地元九州場所だった。「思いっきり髪を引っ張るから、目が痛くてさ」。でも、16歳の少年がお相撲さんになれた、と誇らしかったのを覚えている。

 その「相棒」との別れ。もちろん寂しさはあるが、悩んでいるのは髪形だ。「この毛の量でさ、どうすりゃいい? オールバックは、厳しいよなぁ」。断髪式の日まで、鏡と妻と相談を続けるそうだ。(鈴木健輔)

(2012年3月30日)

引退したらダイエットすることを見越してスーツも新調したはずの浅香山親方・・・結局(*≧m≦*)
一生懸命字を書いた親方作のボードを急に思い出しました→相撲記者・佐々木一郎氏のツイッター

5月27日(日)の魁皇引退相撲、行ってきます!
引退相撲は初体験♪楽しみだなあ・・・!( ^ω^ )

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

新大関鶴竜・伝達式関連記事まとめ~その2

昨日思い切って布団を干したせいか、朝いつもより鼻が詰まってます…鼻炎用スプレーもあまり効かない…ああ花粉~~(´;ω;`)ウウ・・・

それはともかく、鶴竜関係記事もまだ見ていないものがあったので記録^^
口上に「お客さま」を入れたことが異色だとして、ずいぶん取り上げられてる様子ですが・・・
口上は親方頼みではなく、ほとんど自分で考えたというところに感服しました。

しかし外せないのがやはりかわいらしい顔の写真(笑)デイリースポーツオンラインの記事をお借りします:
 大関昇進の伝達式を終え、両親から祝福を受ける鶴竜

【拡大写真はコチラ】
 大関昇進の伝達式を終え、両親から祝福を受ける鶴竜 

鶴竜、異色口上「お客さま喜ばせる相撲を」

日本相撲協会は28日、大阪府立体育会館で夏場所(5月6日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、満場一致で関脇鶴竜(26)= モンゴル出身、井筒=の大関昇進を正式に決定した。夏場所は史上初の6大関となる。大阪市天王寺区の法岩寺で大関昇進伝達式が行われ、モンゴルから来日し た両親が見守る前で使者を出迎えた鶴竜は、「お客さま」という異例の文言を用いた口上で決意を述べた。

 大関鶴竜が異色の口上とともに誕生した。兄弟子だった錣山親方(元関脇寺尾)、雷親方(元幕内春日富士)の使者2人を前にした昇進伝達式。「謹んでお受けします。これからも稽古に精進し、 お客さまに喜んでもらえるような相撲が取れるよう努力します。本日はありがとうございました」と、滞りなく言いきった。

 定番の四字熟語は用いず、「お客さま」という前例のない文言が特徴的。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)に助言を受けながら、「お客さま」は自らが考案した。「お客さまがいないと相撲は成り立たない。関取になってからいろいろあって、親方からもそう教えられた。『お客さん』より丁寧ですから」と説明した。

 朝青龍問題、大麻問題、弟子暴行死問題、野球賭博問題、八百長問題と不祥事に揺れ続けた大相撲。人気低迷とともに、入場者の減少、日本相撲協会の財政面悪化も表面化してきた。そんな環境下で生まれた口上だ。

 「喜ばせる相撲」を「精一杯やって、よく頑張ったなと思われる相撲」と説明した鶴竜。ファンからサインを求められれば最大限応じてきた大関だからこそ、説得力が出てくる。

  母国モンゴルでは血筋を重視する。前日に母オユントグスさん(51)、めいのアンガルちゃん(10)とともに来日した父マンガラジャラブさん(54)は国立大学の学部長。モンゴル相撲の名選手だった白鵬や朝青龍、日馬富士の父とは異なるが「人は自分で目標を立てて一生懸命やればできるんだ」と感慨深げに話 した。

 鶴竜は「身が引き締まる思い。最初は優勝を目指して頑張りたい」と決意を述べた。目標へ向けて謙虚に努力し、周囲への感謝を忘れない男。人々を喜ばせる先には、新たな栄誉が待っているはずだ。

(2012年3月29日)

続きを読む "新大関鶴竜・伝達式関連記事まとめ~その2" »

イタリア首相・モンティ氏来日

「スーパー・マリオ」と称されるマリオ・モンティ伊首相が来日してのテレビインタビューを先日NHKで見ました。
今、USTREAMでも、日経新聞社と駐日イタリア大使館が主催した講演会の様子が視聴できるようになっています。今度ゆっくり聞きたいと思います^^
ちなみに配信映像は英語(通訳なし)なので、その意味では門戸が広いですね。イタリア語で通訳なしではどうにもならないでしょうから^^;

これぞザ・イタリア!というベルルスコーニ首相から打って変わって「ザ・欧州!」とでも言いたくなるモンティ氏。
英語を流暢に話される時点で、これまでのイタリア政府と隔絶された感がありますが、やはりインタビューへの受け答えも慎重かつシンプル。
その雰囲気は「イタリア」というよりも、共通理解を第一の目的とする「欧州(あるいは国際)」言語を操る方、という印象を受けました。

欧州きっての経済学者の一人でもあり、欧州連合の委員を10年間つとめた氏。弁護士や銀行家、外交官などの専門家のみの政治家ゼロ閣僚集団をつくりあげたことでも、その異色の人事で話題を呼びました。

「票を失うことを恐れている政治家たちがいないほうが、改革が進みます。私たちにそういう恐れはありませんから」
「国民に痛みをともなう改革だからこそ、辛抱強く説明を続けていくことが大切だと思っています」

しがらみを感じず、反撃に対してはとことんまで誠意をもって説明を繰り返す。
イタリアのすごいところは、最悪の危機に面したらそこで鮮やかに体制を刷新できるところですね。そして、実行できるブレーンがいるということ。そういう人材をいざとなれば使えること。

イタリア国内ではまだまだ賛否両論あるようですが、それでも支持率60%(今週55%に下がったというニュースも入ってますが^^;)。
説得力のある実行を続けていくモンティ氏。氏が見ているのはイタリア財政の健全化だけではなく、欧州全体の健全化と、欧州全体の競争力をつけていくこと。

イタリアから再び、歴史に残る人物が台頭してきたという感があります。
日本は・・・いったいどこに向かっているのだろうか・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年3月29日 (木)

インターポット463日目:またバグでマイドさんが^^;

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

休憩キラリして自分の庭に戻ったら、なぜか気まぐれなマイドマイド星人さんが踊ってらっしゃいます。当然、ゲージはバランスがとれていない^^;
ついでにがーちゃんと雀も来たので一緒にパチリ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2012年3月28日 (水)

インターポット461日目:収穫デー

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

インターポット


インターポット

二日間にまたがっての収穫が最近のパターン。
写真は遊ぶがーちゃんが右から攻める図&左から攻める図、です(笑)
もう、これだけ見たらいいかな・・・アヒルが消えたら後はがーちゃんに全部おいしいお食事を献上します^^(でももったいないと思うアイテムは実は置いてないwww)

収穫の途中でゴンスくじのレベルが6にアップしてしまいました。
合計収穫数が6000個を超えたから?(レベルアップの理由を調べてません^^;)
ある程度収穫するたびにゴンスくじを引いてたので、初めは15個で1回引いていたのが突然30個で1回となり><
でもレベルアップすると、その分いいものももらえるようですね。実際、レベルアップ後は1回しか弾けなかったのですがおいしいブッシュボールをゲット。

ひとまず戦果:

収穫した実:215個+11個=226個

ゴンスくじ:
ビンゴ券×36枚
くさったエサ×2
おいしいコツブ草×1
おいしいブッシュボール×1
ふつうの引換券

ビンゴ~6枚セット×5回、4枚セット×1回、2枚セット×2回(計8回)で:

ゴンスくじ:ビンゴ券×2
ビンゴ:ジュエル石青×1、おいしいユキワリソウ黄×1、プリムラ白×1、おいしいちびバラ青×1
死神:4回(うち1回はビンゴ一発目^^;)

地味・・・と思うのは、気のせい?
まだふつうの引換券は換えてません。やはり地味に敷石をそろえていくべきか?

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

ミヤネ屋の鶴竜特集を見てしまった

そんな場合じゃないんですが・・・今という瞬間は今しかない!と思わずミヤネ屋にかじりついてしまった^^;

結構長く時間を割いてのコーナーでした。手紙までばっちり紹介してましたね。
当時手紙を受け取ったという日本相撲振興会の時田一弘会長が、入門からしばらくして「きついからもう相撲やめたいでしょう?」と鶴竜に聞いたら、普段おとなしい顔をしている鶴竜の表情がにわかに険しくなり「どうしてそんなことを言うんですか?自分は好きで相撲をやっているんです」と答えたそうです。

モンゴル人の中では異色の存在(白鵬のお父様はモンゴル相撲の大横綱、朝青龍と日馬富士のお父様はモンゴル相撲の関脇だが鶴竜のお父様は大学教授)であること、「入門してから10年間、ほとんど稽古を休んだことがない」「角界一日本語が堪能で日本の新聞も普通に読める」「英語もできて、玉鷲関が一緒に映画を見に行った時『今のセリフなんて言ったの?』と聞くと鶴竜関はすぐ答えてくれる」等々、いろんなエピソードが紹介されていました。

スポーツジムでのトレーニング方法も興味深かった。廻しを取って攻める時の脇が甘くならないように、脇を締めながら力をつけられるような特別なマシーンで鍛えてきたんですね。なるほど~~。聞いてるか?脇の甘い諸君!(君もだ一躍スターとなった豪栄道!)

今日、鯛を持って乾杯する時にも初めはポーカーフェイスだった鶴竜(笑)「笑ってください」と何度も報道陣に言われてだんだん笑顔が出てきたようです。

「私もいっぺんにファンになってしまいました」という大田リポーターに同調するスタジオのゲストたち(笑)鶴竜、来場所まできちんと稽古ができますように・・・!!!新大関はイベントが色々あるから大変^^;

ところでコーナーで映し出された春場所9日目の結びの一番(白鵬vs鶴竜)を見て今更あらためて気付いたんですが、私の大好きな立行司・第36代木村庄之助さんは、井筒部屋の行司さんでいらっしゃるんですよね。
あの大阪場所を盛り上げた白鵬vs鶴竜戦を2度も捌いたのが井筒部屋の行司さん・・・!!!
これはある意味、運命的な一番だったように思います(笑)

考えてみれば、昨年引退した第35代・木村庄之助さんが最後に捌いた昨年の九月場所で白鵬が優勝してからのち、一気に土俵上の様相が変わり始めたように思います。
もちろんそこに至るまで色んなことが積み重なってきたわけですが・・・

第38代・式守伊之助から第36代・木村庄之助を襲名されて、初めて結びの一番を捌く立行司となられた昨年の九州場所では、新大関・琴奨菊が誕生して初めての土俵を務めました。そして今年の初場所で新大関・稀勢の里が土俵に上がり、把瑠都が優勝。そしてこの春場所で鶴竜が大関への道を現実のものにさせました。

白鵬時代を捌き続けた第35代目。その第35代目は、白鵬と同じく立浪一門(一門の名はいずれ変わる予定ですが)。時津風一門の第36代目・木村庄之助は、一体どんな土俵上でこれから捌きをしていくのだろう・・・?

ひょっとしたら?時津風一門がこれから角界に旋風を巻き起こし始めるかも?
ということは、鶴竜に続いて豊ノ島豊真将が・・・???そして・・・???

な~~んて。
でも、土俵の神様は本当にいらっしゃるような気がしてきてしまいました。
時代は確実に変わり始めています。事実、豊ノ島・豊真将・勢は要注目かも・・・!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

新大関鶴竜・伝達式関連記事まとめ

今ならFNNで伝達式の動画が見られます^^井筒親方、嬉しそう・・・^^
ほかテレビ朝日NHKもニュース動画を公開中♪

日本相撲協会公式サイトでは「新大関 鶴竜誕生」のニュースも掲載中。

記事はそれぞれの表現の仕方を比較するのも面白いので、重複する部分も多々ありますが転載してみました。違う切り口の記事もあります。それでは:

大関・鶴竜「お客さんに来てもらえるように」

大関昇進の伝達式で口上を述べる鶴竜(中央)。右は井筒親方=大阪市天王寺区夕陽丘町の法岩寺で2012年3月28日午前9時4分、竹内紀臣撮影

 大相撲に新たな大関が誕生した。昇進が正式決定した鶴竜は28日、大阪市天王寺区の寺院で、昇進を伝える使者を迎えた。

 鶴竜が師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)とともに伝達式の会場に現れたのは午前8時56分。6分後に日本相撲協会の雷理事(元前頭・春日富士)と井筒親方の弟の錣山親方(元関脇・寺尾)が到着すると、深々と頭を下げて受け入れた。

 雷理事から「満場一致で大関に推挙されました」と伝えられた鶴竜。終了後の記者会見では、シンプルな口上に込めた決意を「相撲はお客さんのおか げ。1人でも多くのお客さんに来てもらえるよう、いい相撲を取りたいといつも思っている」と説明した。実直な性格そのままに「稽古(けいこ)に精進し、今 のまんまでこれからも続けていきたい」と繰り返し、「横綱に次ぐ責任のある地位。次は優勝を目標に頑張る」と決意を述べた。

 井筒親方は「自分に縁のある使者が来てくれて一生の思い出になる」と感慨深げ。錣山親方も「初心に帰って、今度は優勝を目指して頑張ってほしい」と話した。

 会場にはモンゴルから両親も駆けつけた。大学教授を務める父のマンガラジャラブさん(54)は「人というのは、自分で目標を立てて一生懸命やれば出来るんだと思った」と、息子の晴れ姿に目を細めた。【野村和史、堤浩一郎】

毎日新聞 2012328日 1121分(最終更新 328日 1145分)

続きを読む "新大関鶴竜・伝達式関連記事まとめ" »

新大関鶴竜誕生・おめでとう~~!!!

午後は不安定な空になるとのことですが、午前中は待望のぽかぽか陽気で久しぶりにポインセチアを日光浴させてあげてます。・・・と書いてからすでに怪しい雲行きになりつつありますが^^;

ことのほか寒くて長い今年の冬を耐え抜いてきた遅咲きの花は、いつもよりいっそう輝いて見える。
同じように、外国人力士の中ではこれまでで最も遅い昇進を果たしたという鶴竜は、誰よりも希望の光を内側からいぶし銀のように輝かせているように見えました。

鶴竜関、大関昇進おめでとう!!!

貴乃花春場所担当部長の言葉がありました。

「体は大きいわけじゃないけど、今場所のような粘りを持ち味に大関陣を引っ張ってもらいたい。あまり気負わず、自分の相撲に磨きをかけてくれれば(※読売新聞)」と。

北の湖理事長は「今場所のようにまわしを取る相撲を」と強調しています。大関に上がったことで、お客さんの見方も厳しくなることは鶴竜も重々承知していることでしょう。それがシンプルな口上に表れていました。

「謹んでお受けします。これからも稽古に精進し、お客様に喜んでもらえるような相撲が取れるよう努力します。本日は、ありがとうございました」

はにかんだような笑顔で鯛を掲げる姿も、ニュースでしっかり見届けました(笑)
めでたいめでたい!
気負わず、質の高い稽古の数を重ねて来場所登場する大関・鶴竜の雄姿を、首を長くして待っております♪
頭と心と技・体の大切さをよく知っている貴方なら、前進こそすれ現状維持や後退は考えられない!

これできっと他の大関陣も、琴奨菊や稀勢の里が大関昇進を遂げた時以上に発奮してくることでしょう。あ、この書き方だと語弊があるか。琴奨菊も稀勢の里も含めての発奮ね(笑)

関係ないかもしれませんが関係ありそうなこと。今年は六白金星の年。戦いの年です。世界の政治もそうですが、大相撲界の戦いもこれからますます熱くなるはずです。下剋上も待っているかもしれません。

年内には誰かがさらなる高みへと抜きん出ていく気がします。そうであってほしい(急に弱気w)。でも、これまでの大関陣の成績は全く参考にならないかも。
五月場所から九州場所までの4場所でどんな内容を見せられるのか。これ以上大関が増えないという状況になって初めて本物が勝ち抜く体制になったともいえます。

その戦いを制すのは一にも二にもまず心。そして稽古。6人6様に潜在能力がある大関たちなのだから、最高のパフォーマンスを引き出した土俵を見せてほしい。勝ち負けはもちろん大切ですが、そこに内容のある相撲を心より期待しています。

マルちゃんこと第67代横綱武蔵丸ブログにありますが、「横綱というのは甘いもんじゃないぞ~」ということは、さんざんファンも見てきて実感してきました(新参者の私でさえ)。元横綱の言葉は深い。上に立つということは甘くない、その一言に尽きるのだ。

武蔵丸が第67代で白鵬が第69代・・・この事実だけでも、道を究めることの厳しさが伝わります。

それにしても横綱となった方たちの言葉は含蓄が多い。経験に裏付けられた言葉ですから。政治家やお金を転がすだけの人々はどうにかならないものでしょうか。みんな、毎日四股百回でも踏んでみたらどうでしょう?

まあそれはともかく。マルちゃんのブログはおすすめです^^含蓄があるうえ、笑えます(笑)

祝・昇進!で、今夜はお肉でパーティーしようかな(笑)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年3月27日 (火)

鶴竜関連記事まとめ

26日の記者会見での鶴竜の言葉:

「まだ実感はない。今までやってきたことを場所で出せたし、いいところばかりが出た」

「最後に悔しい思いをしたのでそれをバネにしたい。今まで以上に責任を感じるし、より一層、稽古に励み、喜ばれる相撲を取りたい」

以下はまとめというか、たまたま目に入っていい記事だなと思ったものを抜粋。個人的に注目した部分はテキストを赤に。日付が新しい記事順。

産経新聞 3月27日(火)7時55分配信

鶴竜、熱意実った 入門志願し手紙・・・苦労乗り越え大関へ 大相撲

 
            鶴竜、熱意実った 入門志願し手紙…苦労乗り越え大関へ 大相撲        
拡大写真
大関昇進を確実にした春場所の千秋楽から一夜明け、鶴竜は会見で穏やかな笑顔を見せた=大阪市天王寺区(山田喜貴撮影)(写真:産経新聞)

 春場所で13勝を挙げ、大関に昇進する関脇鶴竜が千秋楽から一夜明けた26日、「部屋の関係者とか、みんなに喜んでもらいたかったので良かった。稽古に励み、お客さんに喜んでもらえる相撲を取りたい」と、喜びと抱負を語った。

 モンゴル出身の朴訥(ぼくとつ)な男は、秘めた熱意で道を切り開いてきた。白鵬や日馬富士の父がモンゴル相撲の名力士だったのと違い、鶴竜の父は理系の 大学教授という異色さ。「スポーツしているのが好きだったし、親も喜んでいた」。バスケットボールに励む少年は旭鷲山らの活躍をテレビで見て大相撲に憧れ た。


 現地で行われた相撲部屋の入門テストを受けたが不合格。諦めきれず、思いを父の同僚に日本語に訳してもらい手紙にした。「受け入れてくれる部屋がありま したら、その方々の気持ちにこたえるべく、一生懸命がんばりたい」。相撲雑誌の広告の住所に出したところ、人づてに井筒親方(元関脇逆鉾)に話が届き入門 が決まった。


 16歳の秋。初めて少年を見た親方は「床山さんが入門してきた」と思った。体重は70キロに満たなかった。それでも
兄弟子の元十両鶴ノ富士、福薗洋一郎 さんは「運動神経も頭も良く、強くなると感じた」。まわしの切り方は1回で覚え、日本語も1年ほどで会話できるまでに上達した。 

 
苦労したのは2年目。三段目で結果が出ず、帰国してしまうのではと親方は心配したが、魚を食べられるようになって体重が増え、番付も上がった。「勝負に 対するプライドは高い」と親方。稽古相手が多い部屋ではないが、課題を整理し休まず鍛錬を重ねた。土俵外でも、初代若乃花などの映像を見て研究し、他競技 のトレーニングや栄養補給法からも向上のヒントを得ようとしている。 

 鶴竜は「覚悟して来たから、きついとは思わなかった」と言う。11年前に手紙に込めた気持ちのまま、26歳はストイックに大関の座をつかんだ。

スポニチ

鶴竜師匠の井筒親方 目指せ逆鉾+寺尾!
 
大相撲春場所で13勝を挙げ、大関に昇進する関脇・鶴竜(26)が千秋楽から一夜明けた26日、大阪市内で会見し「言動に気を付け、稽古に精進し、お客さまに喜んでもらえるような相撲を取りたい」と自覚たっぷりに話した。
 
 昇進は28日に正式決定し、伝達式に臨む。師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は口上について「シンプルでいきたい」と説明し、四字熟語についても「使う気 はない」と明言。最近では稀勢の里が「精進します」というシンプルな口上を述べたが、鶴竜も「(稀勢の里と)そんなに変わらない」と話した。

 
   
今後は初優勝と横綱を目指すが、師匠が掲げる愛弟子の力士像は“寺鉾”だ。「オレと弟を足して2で割った力士」。突っ張りで揺さぶった実弟・寺尾(現錣山 親方)と懐に潜って動いた自分をミックスした力士。体は大きくなくても技術で圧倒するという井筒の伝統を新大関が守っていく。 

[2012年3月27日 06:00]

続きを読む "鶴竜関連記事まとめ" »

3月25日のサンデースポーツ:白鵬&鶴竜【完全版】

日曜日はブログ更新自体するつもりはなかったのですが、期待せずに「とりあえず見ようか・・・白鵬でも」と思ってチャンネルを片岡仁左衛門特集からNHKサンデースポーツに切り替えた途端、鶴竜が目に飛び込んできて「えええええ~~~!?!?」
あまりにも狂喜したので、つい早々に記事アップしてしまいました^^;

一日経って覚えていることだけでももう一度整理しようかなと。
それにしても短い時間で中身の濃い(私にとっては)コーナーだったので、仁左衛門だけ録画していて「しまったなあ・・・」と後から思いました・・・。だってまさか鶴竜が出演するなんて思わなくて><

・・・がしか~~し!Youtubeってさすがですね^^;
もう出てたので、せっかくだから自分のために全部タイピング記録します(笑)

続きを読む "3月25日のサンデースポーツ:白鵬&鶴竜【完全版】" »

2012年3月26日 (月)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)千秋楽取組メモその他

一夜明けてもまだ脱力感・・・でしょうか^^;
どこまで覚えているのか怪しいのですが、平成24年大相撲春場所千秋楽の取組メモです。
何しろ万年大相撲観戦初心者なのでそのあたりはご容赦を^^;

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)千秋楽取組メモその他" »

2012年3月25日 (日)

鶴竜がポーカーフェイスなわけ

取組メモをする気力が萎えてしまったのですが、とりあえずNHKサンデースポーツを見て鶴竜がしゃべるのを見ることができたのでいい夢が見られそうです(笑)

松尾アナ「鶴竜関と言えば、勝っても負けても表情が変わらない、ポーカーフェイスということになりますが・・・それはなぜなんでしょう?」
鶴竜「勝っても負けても感情を表に出さないようにしてます。それが相撲の伝統なので。勝って嬉しい顔をしたら相手に失礼だと教えられてきました。」

言葉通りではありませんが、そういう内容の受け答えがありました。その答えを聞いた、隣に座っていた白鵬が「すごいですね。この人は立派な大関になりますよ」と^^;「大関」といったのか「力士」といったのか、なんだかうろ覚えで記事にしてしまういい加減な自分><もはや「立派」と言ったのかどうかも・・・疲れてます@@

日本人の我々よりずっとずっと努力して相撲を深く理解しようとしている外国人力士たち。
外国人とか日本人とかいう括りもどうなのかな・・・という気もしますが、やはり上へと昇り続ける人たちはいろんな努力をしているからこそなのだ、とあらためて感じ入りました。

その点で不甲斐無いなあと思う日本人力士もいるし・・・何年経っても相撲が理解できてない力士もいるし・・・(※自分のことを棚に上げて言ってるだけです)
いろんな思いが去来しますが、とにかく鶴竜!大関昇進おめでとう!!!
ご両親は大関昇進の伝達式に合わせて来日されるんですね。
28日のニュースが楽しみです!!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)千秋楽:幕内最高優勝は白鵬

終わってしまいました・・・今年の大相撲春場所。
最後の最後まで目が離せない展開となり賜杯を最終的に手にしたのは、横綱でした。

本割・優勝決定戦と二度も張り手をくらった鶴竜・・・
きっと、大関からさらに上へ昇り詰めると信じます。
それにしても見応えのある優勝決定戦でしたよ。あのがけっぷちの土俵際を残しただけでも鶴竜に拍手を送りたい。もう後は来場所以降ですね。

ところで優勝インタビューで白鵬が、後半から古傷が痛んで・・・と漏らしてました。
それが気になったので確認して見たら、デイリースポーツにひとつ記事がありました。以下拝借:

白鵬連勝ストップ 2場所ぶり優勝へ暗雲

「大相撲春場所9日目」(19日、大阪府立体育会館)

 白鵬の連勝が止まった。初顔合わせから20連勝していた鶴竜に、先場所に続いて黒星を喫した。「今日は鶴竜を褒めるべき。力がついているというより、いいところで頑張ってますから」。大関昇進を目指す相手の気迫に寄り切られた。

 立ち合いでいなされると防戦一方。まともに、まわしを取ることもできなかった。「そこが敗因で勝負があった。バランスを崩して不利な体勢になった」と完敗を認めるしかなかった。

 この日も、前日に続いて朝稽古を休んだ。「2日連続は珍しい。左足首のテーピングは古傷じゃないかな。中日から12日目ぐらいまでは疲れが出てくる」と宮城野親方。体調に不安を抱え始めると同時に、相撲内容も悪化。2場所ぶりの優勝へ暗雲が立ち込め始めた。

(2012年3月20日)

ケガは言い訳にできないのが横綱という地位の厳しいところではあります。
左足首が踏ん張れなくて下半身の軽さを感じた後半戦だったのか・・・
しかしそれでも優勝決定するまでは不調を漏らさず、ついに横綱貴乃花の優勝22回に並んだ白鵬。

とりあえず、終わって私も気が抜けてしまいました^^;
千秋楽はさすがに気合いの入った取組が多かった。そうでないのもありましたが(笑)
またあらためてメモすることにします。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年3月24日 (土)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)14日目:取組メモ

今日は解説の親方陣がゴールデンメンバー?(笑)

幕下大山親方(元大飛)幕下上位と十両立川親方(元土佐ノ海)幕内では正面解説が秀ノ山親方(元琴錦)向正面が久々の音羽山親方(元貴ノ浪)!
しかし幕内のお二人は饒舌すぎて私は時々頭が空っぽになりました^^;まあ疲れてたせいもありますが・・・

ひとまずざざっと:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)14日目:取組メモ" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)14日目:優勝は千秋楽まで持ち越し

3月24日(土)14日目。満員御礼8回目の大阪場所は期待通りの展開となりました。
結び前の一番での鶴竜・琴欧洲戦は、支度部屋でさまざまなパターンの動きを確認していた鶴竜が、厳しい体勢になっても冷静に最後を決めて1敗を死守。
結びの一番・白鵬vs日馬富士戦は、日馬富士の無防備な部分を見逃さなかった横綱がいなしからすかさず大関を叩き込み早々に決着がつきました。

これで1敗鶴竜・2敗白鵬の二人で千秋楽を争うことに。

明日、鶴竜は豪栄道戦、白鵬は把瑠都戦。
今日、会心の相撲をとった豪栄道はご当所でもあり、果たしてお客さんはどちらを応援するのだろう?と考えてしまいますが・・・
面白さを求めるなら鶴竜が豪栄道に負けて2敗になり白鵬が把瑠都に勝って優勝決定戦、です。けれども。
私としては、素晴らしい内容の鶴竜がさらに素晴らしい内容で千秋楽を飾ることを願っております!

あ~しかし、久しぶりに相撲で涙が出てしまいました^^;
鶴竜が勝った瞬間に自分が泣くとは><
100歳を超えるおばあちゃんのためにも、急遽モンゴルから駆けつけるご両親のためにも、勝っても負けてもいい相撲で千秋楽を飾ってほしい鶴竜なのであります。
何より、関脇から一歩前進する成績を今日ついに打ち立てた鶴竜に乾杯~~~!!!

そうそう、稀勢の里もほれなおした14日目でした(笑)
とりあえずまたあらためて色々メモしよう^^;

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)5日目:日馬富士にも土が付き橋下市長登場の日

またまた書きそびれた取組メモシリーズ・3月15日(木)5日目^^;
さらにぞんざいなメモ(笑)

【幕下】

佐久間山初黒星、山口2勝1敗

【十両】

里山○下手投げ●千昇

北勝国、飛天龍を寄り切りで2勝目

千代鳳、力強い相撲で徳真鵬を寄り切り2連敗後3連勝

高見盛、北はり磨を引き落とし4勝1敗

武州山、旭秀鵬を送り出し3連敗後2連勝。旭秀鵬、2日続けて送り出しで敗れる

舛ノ山、皇風を押し倒し2連敗後3連勝

玉飛鳥5連勝!芳東を押し出し

磋牙司、双大竜を押し出し3勝2敗。双大竜は初日の白星以降4連敗

千代大龍、思い切り土佐豊を叩き込みで初日黒星以降4連勝

十両5日目の
来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」:
1位:千代鳳 2位:高見盛 3位:里山

 

4日目に続き、二人目の新十両紹介は千昇
式秀部屋初の関取誕生で、定年退職を間近に控えた式秀親方(元大潮)も感無量。親方を超え「千勝以上の勝ち星を!」という願いを込めてつけた四股名だそうです。
同期の横綱・白鵬にも稽古をつけてもらっている千昇。
しかし残念ながら10日目から休場となってしまいました・・・。
早く怪我を治してもう一度頑張ってほしい!

【幕内】

幕内後半戦の頃だったか?また4日目の朝青龍に引き続き関係のないところでざわつき拍手が湧く館内。
なんと橋下徹・大阪市長がプライベートで大相撲観戦!かつて大阪場所をつぶそうとしたお方がご家族で・・・(笑)

常々、日本で国を引っ張って行く立場にある人々は経済最優先で文化的素養や美的感覚に欠けることを危惧する私ですが・・・この日、橋下市長が腹の底で何を感じたのか。ちょっと気になるところであります。

翔天狼○寄り切り●寶智山
この時点で翔天狼4勝1敗。

隆の山○河津掛け●勢
5連敗の勢><

宝富士○上手出し投げ●若の里

玉鷲○突き落とし●富士東
玉鷲も好調、4勝1敗。

大道●押し出し○北太樹
北太樹も好調、4勝1敗。

天鎧鵬○寄り倒し●碧山
天鎧鵬、初白星の日!

佐田の富士●寄り切り○朝赤龍

雅山●送り出し○豪風

隠岐の海●押し出し○豊響

千代の国●引き落とし○豪栄道

松鳳山●突き出し○高安
高安5連勝!

豊真将●叩き込み○阿覧

豊ノ島○肩透かし●若荒雄

妙義龍○寄り切り●旭天鵬
旭天鵬5連敗><

鶴竜○送り出し●安美錦
連勝止まらない鶴竜、というかまだまだこれからという時期。

栃ノ心●寄り切り○琴欧洲

稀勢の里●蹴手繰り○時天空
ここですでに3敗の稀勢の里^^;

嘉風○叩き込み●日馬富士
うまくあしらわれてしまった大関、痛恨の1敗><

把瑠都○突き出し●栃乃若

栃煌山●寄り切り○琴奨菊

白鵬○掬い投げ●臥牙丸
5連勝・5連敗の両者^^;

幕内5日目の
来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」:
1位:隆の山 2位:高安 3位:天鎧鵬

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

インターポット458日目:遊ぶがーちゃん発見!

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

おお!ついに遊んでくれました!(笑)
かなり激しい遊び方でした~~^^;ピンクのアヒルを何度も突きまくるがーちゃん、これじゃお腹空きそうだけど・・・?

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)4日目:把瑠都に土&朝青龍登場の日

ちょっと取組日の更新が前後しちゃいましたが・・・^^;
この日は把瑠都がどうというよりも鶴竜を誉めるべきなのでしょう。3月14日(水)・4日目の取組記事でございます。

スポニチからの引用:

痛恨の1敗を喫した把瑠都は左膝から崩れ落ちると天を仰いだ。「3日目までが大事」と話していたが、そこを乗り切った先に待っていた大きな大きな落とし穴――。顔をしかめながら花道を引き揚げ、支度部屋の風呂場に直行すると「あー!」と叫んで悔しさをあらわにした。

  「組みにいったらよかった」と振り返った立ち合いに迷いがあった。相手は3場所前に“変化”で敗れた鶴竜。本当は一気に「突き放したかった」が「足が前に 出てない」。まんまと懐に入られ、相手得意のもろ差しの形にされると土俵上をグルリグルリと2回転。一度は体が離れたが再び2本差されて、そのまま寄り倒 された。


3敗を喫した今、あらためて振り返るとまた示唆に富んでいるというべきか・・・。
今日・明日の二日、ある意味では把瑠都もまだ優勝にからんでいます。鶴竜がつぶれるのを待つしかないわけですが^^;

この日、中入りで新十両インタビューがありました。九重部屋の千代鳳
一番印象に残っていたのが、あのこわ~~~~い横綱千代の富士・九重親方がベタ誉めだったこと!
文字通り手放しの誉めようだったので、ものすごくビックリしました。
もっと早く十両に上がってもよかったぐらいだし、期待もしているとのこと。
何しろ今、九重部屋の勢いが止まらない状態!
関取の半分が九重部屋、なんてことになったりして・・・?それは言い過ぎかもしれませんが、それぐらいメキメキと頭角を現しつつあるので千代鳳、これは要注目です^^
24日(土)現在もまだ勝ち越しのチャンスがあるので、今日もしっかり見届けます(笑)

ではもう過去のことでいまいちよく覚えてないので(私の記憶力なんてそんなもの^^;)結果だけでも:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)4日目:把瑠都に土&朝青龍登場の日" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)13日目:幕内後半戦からのメモ

昨日は時間切れで書き切れなかったので:

若荒雄●押し倒し○碧山
実は今場所、急逝した田子ノ浦親方の弟子がものすごく頑張っている!幕下優勝は海龍、三段目では碧の正が全勝中で優勝決定戦に進出、そして序二段では碧己真が全勝優勝。部屋頭だった碧山としては頑張るしかない。
若荒雄、今場所で最も面憎い表情をしていたが碧山は全てをぶつけていった。迫力ありました@@若荒雄6勝7敗、碧山7勝6敗。

豊ノ島○肩透かし●豊響
豊ノ島の身体能力の高さがまたしても発揮された一番。勝昭くんの「お肉ちゃんが・・・」発言が耳に入ったせいかどうかはわからないが体を搾ったという豊ノ島、勝昭くんが言うとおりにしたら本当に巧さが際立ってきた^^両差しになって肩透かし、これで豊ノ島9勝4敗。豊響7勝6敗。

千代の国●不戦○栃ノ心
千代の国・・・また休場に(T_T)勢戦で右肩の症状が悪化したようです・・・亜脱臼><仕方ない、しっかり治して万全の状態でまた本場所に臨んでほしい。千代の国、3勝10敗で今場所を終え位置から出直しとなりそうです。栃ノ心、拾って3勝10敗^^;

旭天鵬○上手投げ●栃乃若
栃乃若がどうも棒立ちになっちゃうんだなあ今場所稀勢の里を制した後がふるいません><背の高い力士同士で経験面でも旭天鵬が強かった。両者ともに4勝9敗。
吉田アナ、思わず取組中に「たかのわか」と言いましたが訂正無し(笑)

嘉風●不戦○栃煌山
やはり右足をひきずっていた嘉風、右すねの筋肉挫傷とのことで休場に><
今気付いたのですが、不戦勝となったのは二人そろって春日野勢。しかも取組が3人続いてる^^;嘉風、千代の国と同様3勝10敗で場所を終える。とはいえ西前頭2枚目ですが・・・(千代の国は東前頭8枚目)栃煌山、5勝8敗。

臥牙丸●寄り切り○妙義龍
妙義龍がうまかった~~!!!場内騒然、何しろ押し込まれた後にあの大きな臥牙丸を捕まえて力強く寄り切ったものだから私も口を開けていたかも(゚0゚)

後で知ったのですが、宮本から四股名が妙義龍に代わって平成22年初場所新十両デビューしたこの関取、2日目に臥牙丸と対戦したんですね。私も見たのかもしれないけど、休場になってしまってショックを受けたのは覚えています。何しろ幕下付け出しで相撲をとってる頃から他の力士と全く違う相撲内容で活躍を期待してたので・・・その臥牙丸戦で左膝靱帯断裂の大けがを負ったんですね。そこから這い上がって来てついに今場所前頭筆頭まで昇り詰めての因縁対決。臥牙丸は小結に。妙義龍は足踏みはしたけれども後一気に躍進しそうです。産経ニュースに出てましたが「支度部屋に引き揚げてくると、左膝をさすりながら目頭を押さえた。『けがをした左足が残してくれた。勝って声援を聞いたら思い出した』。大きな白星だった。」と・・・妙義龍にとっては相撲人生に残る1ページとなる一番だったかもしれません。詳しいニュース記事は「妙義龍、因縁対決制し涙」をどうぞ。
両者ともに5勝8敗、臥牙丸負け越しとなりましたが二人ともこれからも注目していきたいですね^^

時天空●押し出し○安美錦
安美錦、連日激しい相撲で負けても見ていてわくわくする内容!しかし負け越し後に白星。時天空3勝10敗、安美錦5勝8敗。

把瑠都○突き出し●日馬富士
勝昭くんの名言集がまたひとつ・・・^^;「日馬富士、待ったじゃなくて『まった』だねえ~」((・(ェ)・;))
確かにハル様は珍しいタイミングで立ち合いを嫌ったけど、その前に把瑠都も変なタイミングで変な構え方をしたんですよね・・・「おや?」と思ったらすかさずハル様もズレた感じでした。
案の定な立ち合い、突きささるいつもの威力がないまま把瑠都に一気に突き出される日馬富士><把瑠都に完敗!
吉田アナがあまりにハル様のことを「不気味な存在」と連発するからだ~~!!!
まあ、把瑠都も次につなげなければいけないので・・・これで二人仲良く10勝3敗^^;

鶴竜○上手出し投げ●琴奨菊
今場所内容があまりに光り過ぎな鶴竜、私には高尚過ぎてコメント割愛^^;
下半身の安定感・状態の力強さ・スピード・勘の良さ。そして頭もおそらくずば抜けて良い鶴竜は心さえ今のようにコントロールでできればずっと上を目指せる存在。期待は膨らむばかり!
鶴竜、文句なしの12勝1敗で3場所通算勝ち星32勝までこぎつけた。大関昇進は「当選」じゃないにしても「当確」までいったという話が!今日と明日も当然ながら目が離せません!

阿覧●寄り切り○琴欧洲
左上手が出ると強さが見える琴欧洲、全く阿覧を相手にせずに寄り切って勝ち越し。そして今日は鶴竜と対決だよ琴欧洲!鶴竜は腕の長い相手に突っ張っていくか、どう対処するのか・・・注目したい!阿覧8勝5敗。しかし内容はというと8勝中7勝が叩き込みだよおっかさん・・・。

白鵬●押し出し○稀勢の里
とりあえず簡単に前の記事で触れましたので・・・
立ち合い前の稀勢の里の談話「日を追うごとに体が動いてきている」。確かに中日の鶴竜戦は秀逸だったし、その後もちょっと「ん?」と思いつつ前半よりは動いてる感じ。そして横綱には強いという・・・土俵下もなんだか顔つきが落ち着いていた。しかし白鵬の気合いが入ってたのでこれは難しいな、と思ったら!
白鵬、左足を後ろに残し過ぎたのも敗因だったか?ともいえないか・・・何しろ稀勢の里の左おっつけの威力が炸裂した取組でした。

今場所、勝昭くんが「白鵬は場所直前までみっちり稽古を詰め過ぎという気がするんですよねえ。だから後半息切れしてくるんじゃないかな、って思うんですよ。」と言ってましたが、ここ一年の横綱は本当に後半の下半身がちょっと違う気がする・・・
心労も大きいと思います。

さて、稀勢の里・鶴竜と強敵ができつつある横綱に今日立ち向かうのは・・・元祖強敵・日馬富士。立ち合い失敗した翌日のハル様がどう集中力をもっていくか?

花粉症だし家にこもって大相撲観戦の週末ですわ!(笑)
それにしても今場所は優勝争いもそうですが内容が本当に面白いのであります!

幕内13日目の来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」:
1位:鶴竜 2位:稀勢の里 3位:妙義龍

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

インターポット458日目:撮影しようとしたら^^;

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

咲く前にがーちゃんにやられてしまいました><
早くゴンスを開けなければ!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2012年3月23日 (金)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)13日目:鶴竜独走・1勝をキープ!

大荒れです、満員御礼7日目の大阪場所13日目!
いや、本当の大荒れは平幕力士が優勝!とかいうシナリオかもしれませんが、まあともかく。

「急に浮上し不気味な存在」と何度も吉田アナに言われた日馬富士は綱取り絶望となった把瑠都に何もできぬまま突き出しで敗れ、鶴竜は対戦成績がわずかに劣勢(といっても1敗程度)の琴奨菊に対し確かな相撲で1敗を守り、結びの一番はなんと稀勢の里!低く当たってきた白鵬の右肩にあの左手おっつけが白鵬の体勢をぐらつかせた!
白鵬、向き直る暇もないまま最後の一発で稀勢の里が押し出し、これで白鵬はついに2敗に後退。稀勢の里はこの勝利で勝ち越し!

明日・14日目は運命の分かれ道が待っています( Д) ゚ ゚
結び前の鶴竜vs琴欧洲、結びの一番白鵬vs日馬富士。パターンとして:

1)鶴竜が勝って(13勝1敗)白鵬が負ければ(11勝3敗)、千秋楽を待たずに鶴竜の優勝が決まる。

2)鶴竜・白鵬とも勝った場合(それぞれ13勝1敗・12勝2敗)、千秋楽まで優勝決定は持ち越しとなり、どちらかが賜杯を抱くことになる。鶴竜が千秋楽本割で勝てばそこで優勝決定、もし負ければ白鵬の勝敗如何で二人での優勝決定戦もあり得る!

3)鶴竜が負けて白鵬が勝つと(二人とも12勝2敗)千秋楽で優勝が決まるが、今日の時点での3敗力士(豪栄道・把瑠都)ももし明日勝てば、優勝争いに加わる可能性も出てくる。千秋楽で鶴竜・白鵬が2敗をキープするのか星を落とすのかがカギとなる。

3)鶴竜・白鵬ともに負けても(それぞれ12勝2敗、11勝3敗)やはり豪栄道・日馬富士・把瑠都の明日の結果如何で千秋楽の争いが面白くなる?ただしその場合は鶴竜が千秋楽で勝ちさえすればもう優勝は鶴竜に決まる。

う~~ん・・・やはり明日が決め手ですね。一番もつれ込むパターンを期待したいところですが・・・1)か2)の可能性が大きいかな~という気もしつつ、やってみければわからないところが大相撲なので・・・

とりあえず幕下で個人的に注目している力士の取組から13日目のメモ書きです:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)13日目:鶴竜独走・1勝をキープ!" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)12日目:取組メモ

【幕下】

幕下上位と十両解説は元北勝力・谷川親方♪谷川親方は自分の言葉と見解で解説してくれるのでやはり楽しい!^^実況は白崎アナ

達●寄り切り○武蔵海
腰の軽さ・高さが気になる・・・「元気がない」との解説あり。今場所は自己最高位で勉強の場所となりました。達1勝5敗、武蔵海2勝4敗。

千代丸●寄り切り○竜電
達に続いて同・高田川部屋の竜電!
千代丸・竜電ともにすでに勝ち越しを決めているのであとは勝ち星を積み重ねていけるかどうか。しかし竜電くん、解説どおり「腰が重くなった」!安定感が出て力強い。真っ向からの四つ相撲、関取に昇進したら本当に楽しみな人材です。千代丸4勝2敗、竜電5勝1敗!

明瀬山●押し出し○栃矢鋪
全然関係ないけどこの取組での行司が旭日松に見えて仕方がなかった^^;明瀬山3勝3敗、栃矢鋪4勝2敗で勝ち越し!

琴国●押し出し○山口
琴国も攻めてましたが反応が早かった山口。琴国3勝3敗、山口勝ち越し4勝2敗!

隠岐の富士●寄り切り○琴禮
谷川親方、一度「隠岐の海」と言ってしまいすぐ言いなおす(笑)琴禮が経験豊富で巧かった。隠岐の富士2勝4敗で負け越し><琴禮3勝3敗。

藤本○突き落とし●栃翼
藤本3勝3敗、栃翼負け越し2勝4敗><

大雷童○叩き込み●潮光山
潮光山もかなり頑張ってたが・・・やはり年季の差か?大雷童3勝3敗、潮光山2勝4敗で負け越し><

寺下○上手出し投げ●肥後嵐
寺下2勝4敗、肥後嵐1勝5敗><

東龍●寄り切り○勝誠
東龍2勝4敗で負け越し、勝誠3勝3敗。

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)12日目:取組メモ" »

2012年3月22日 (木)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)12日目:把瑠都、綱取り絶望的に・・・

今場所6日目の満員御礼となった大阪場所。
昨日で2敗と後退した把瑠都、なんと連敗を喫してしまいました。
琴奨菊がうまく中に入ってのがぶり寄り、苦し紛れに深めにつかんだ右上手はなすすべもなく土俵下にくの字になって落ちる把瑠都・・・頭を打ったのかどうか定かではありませんが、しばらく精神的ショックも手伝ってなのか立ち上がるまでに時間がかかった把瑠都><
「おとといから体が動かない。ガッチガチ」とは本人の談話。
一昨日ということは10日目の栃煌山戦から。

私個人はその前の日の9日目、対豊ノ島戦を終えた後の把瑠都の顔つきが妙に気になっていました。それまでにない表情をしてたので・・・そのあたりから何か底しれぬ重圧がのしかかってきていたのでは、という気がしてしまいます。

結びの一番、白鵬は琴欧洲を相手に時間は少々かかりましたが最後キレのいい出し投げで1敗をキープ。
鶴竜も初顔合わせの翔天狼戦、ぶちかましに来た相手に対し落ち着いて左前褌をさっと取り安定した腰で相手の上体を揺さぶらせながら技能派の寄り切りを見せやはり1敗で白鵬に並走。
そして日馬富士も栃煌山の両差しを許さず、自分が両差しになってからはあっという間に寄り切り。
二ケタは白鵬・鶴竜・日馬富士の3人のみ。9勝3敗は翔天狼・豪栄道・把瑠都の3人。

ますます厳しい戦いになってきました!
把瑠都、明日は日馬富士戦・・・かなり心配です><

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

インターポット456日目:ゴンス君をどかすのが忍びなく^^;

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

ほんとうは「おいしいシリーズ」に目もくれずピンクのアヒルと遊ぶがーちゃんを見たくてゴンス君にお届け物をしてもらったんですが・・・
あまりに絶妙な位置にゴンス君が届け物をしてくれたので、まだ開けられない(笑)
まだおいしい花も咲いてないので、咲いてから開けようと思います^^

レイアウトは・・・ゴンス君が来てからこうしたんじゃないんですよ。
恐るべしゴンス!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)11日目:取組結果メモ

11日目、大相撲もいよいよ終盤戦に入っての取組は、明暗が分かれる日の始まりともなりました。しかし物言いも特に幕内では連発、白熱する取組が多かった!

【幕下】

鬼嵐○叩き込み●佐田の海
全勝対決。先日も竜電を叩きこんだ鬼嵐がまたしても思い切り叩き込み。佐田の海は足が出なかった><6連勝となった鬼嵐、佐田の海5勝1敗。

栃飛龍●押し出し○貴ノ岩
上手をつかむと見ていても安心感がある貴ノ岩に分あり。貴ノ岩1敗をキープ。

齊心●掬い投げ○城ノ龍
もつれた取組となったが小柄ながら関取経験者の城ノ龍はやはりうまかった!最新3勝3敗、城ノ龍4勝2敗。

慶○引き落とし●肥後ノ城
一瞬で決着が付いてしまった><う~~ん・・・慶4勝2敗、肥後ノ城3勝3敗。

飛天龍●押し出し○誉富士
両者負け越しがかかる一番><土俵際、ヒヤヒヤしたが何とか誉富士押しきった!飛天龍負け越し><誉富士3勝3敗!

華王錦●寄り切り○若乃島
負け越ししてから白星を2つもぎとった若乃島。筆頭なので来場所に少しでも番付を下げないよう頑張ってほしいですね。華王錦1勝5敗><若乃島2勝4敗。

北園○掬い投げ●徳勝龍
土俵際で渾身の掬い投げが決まった北園!東幕下筆頭で勝ち越し!勝ち越しを決めた後の表情が印象的でした。本人も足踏み状態のうちに先に同部屋の皇風に抜かれ、辛い日々を過ごした末に勝ち取りました><「ああ~あの気持ち、よくわかりますねえ~。」と解説の元金開山・千田川親方。心から感慨深そうでした。「スッキリした」と本人。そういう清々しさとホッとした感じが伝わってきましたよ。千田川親方も長崎出身なのでそれもまた嬉しかったようです^^おめでとう!!!

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)11日目:取組結果メモ" »

2012年3月21日 (水)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)11日目:琴欧洲は今場所もやってしまった

初場所に白鵬を制し、把瑠都の優勝を決定づけたのは琴欧洲。
今場所は・・・綱取りの把瑠都に土をつけたのも琴欧洲!
前褌が早かった!
取組後の土俵下で全く顔を上げない把瑠都が痛々しかった・・・。
白鵬はそれまでの取組を見て、スイッチがカチッと入ったように感じました。チーム佐渡ヶ嶽がひょっとしてキーメンズになるかと期待しましたが、琴奨菊は白鵬に上手を許してしまいました。

終盤戦に入り、本格的な星のつぶし合いが始まった11日目。
これで1敗は白鵬・鶴竜に。
平幕で1敗だった翔天狼は今場所初めての引きを見せ、豊響に星を献上><
というわけで2敗に後退。
日馬富士は稀勢の里戦を制し2敗をキープ。そして把瑠都も今日で2敗に。

今日のことはまたあらためてメモしよう・・・。
花粉症と急な仕事での寝不足がたたってるのでもう休みます^^;

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年3月20日 (火)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)10日目:白鵬、なんとか?白星

大阪場所も中盤の締めの日。
ヒヤヒヤの結びの一番でした。土俵入りではいつも通りに見えた横綱でしたが・・・
一気に勝負がつかない時に何かが起こる白鵬、という図式が目立ち始めました。
明日からの終盤戦、一体誰が集中力を切らさず賜杯に近づくか?
中盤戦までで1勝を守ったのは昨日と同じく白鵬・把瑠都・鶴竜・翔天狼。

そういえば関係ないと言えば関係ないのですが、今朝「カーネーション」を見てニュースの後いきなりおじいさんたちのお相撲シーンが!ドラマ「港町相撲ボーイズ」でした(笑)林隆三の股割にびっくりしました@@そしてわさわさ家事等しながらも結局最後まで見てしまった^^;

では本日のメモ:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)10日目:白鵬、なんとか?白星" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)9日目:見応えある取組多し

平日にもかかわらず満員御礼が出た9日目。
学校が春休みに入ったこともあるのでしょうか^^
お彼岸で連休をとった方もいるのかもしれませんね。
何よりも結びの一番が白鵬対鶴竜!これが大きかったのでしょう。
しかし、座布団が凶器のごとく舞う大一番以外にも、気合いの入った取組が多い9日目でした!

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)9日目:見応えある取組多し" »

2012年3月19日 (月)

インターポット453日目&454日目:収穫結果

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

インターポット

2日に分けての収穫でした。

収穫した実の合計:98+115=213個

ゴンスくじ:
ビンゴ券×57枚
おいしいコツブ草×1
おいしいテーブルブッシュ×1
しょっぱいエサ×1
ふつうの引換券×1

ビンゴ戦績:
6枚セット×10回、2枚セット×1回挑戦。
ゴンス~ビンゴ券×6枚、しょっぱいエサ×2、おいしいイロゴケ×1、おいしいニコニコ草×1
ビンゴ~おいしいちびバラ青×1、柵白×1
最後まで引いてビンゴ無しが1回、死神8回

・・・なんという地味な結果^^;
前の週にふつうの引換券でしょっぱいエサに引き換えた途端にしょっぱいエサが3つも手に入るとは。
ふつうの引換券で2個目の茶色い敷石をいただきました。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)9日目:鶴竜、白鵬を制す!!!

ぎゃ~~とりあえずそれだけ言いたくて記事アップ!!!
白鵬、右上手とれずに終わってしまった!!!横綱、仕切り線から下がり過ぎも失敗のひとつか?鶴竜、素晴らしかったよ集中力が!
座布団が舞う満員御礼の平日、大阪場所は荒れ始めたか!?

これで白鵬・把瑠都・鶴竜・翔天狼が8勝1敗。
う~~~ん面白くなってきました!!!

ということで今日の記事はまたあらためて^^;今日はすごい取組が満載でした!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲三月場所(大阪場所)8日目:大一番は稀勢の里vs鶴竜!

18日(日)。大阪場所もついに中日。

そしてついに・・・ついに鶴竜に初黒星><
立ち合い前の鶴竜の顔が一瞬微笑んだように見えたのはいったい何だったのかしら?自分の気のせい?^^;鶴竜、リラックスしようとしてたのかななんて思ったんですが・・・
でも稀勢の里、今場所やっと稀勢の里らしいどっしりとした突き押しが出ました!
すごくホッとした^^;
番組の中でも先場所の対鶴竜戦VTRが出てきましたが、それを見て「やっぱり違うよなあ今場所とは・・・」と思っていたら。思っていたら。
これで今日から勢いに乗ってくるかも稀勢の里!後半の内容に期待大です♪
鶴竜はまだ稀勢の里を苦手としてるのかもしれませんが・・・今日はなんと結びの一番で横綱と対決><
いつも絶妙のタイミングで取組が組まれるんですよね。
激しい相撲になるか?横綱の意地が炸裂するか?
う~ん、緊張!!!

それではメモ:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)8日目:大一番は稀勢の里vs鶴竜!" »

2012年3月18日 (日)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)7日目:鶴竜7連勝!

鶴竜、強し!!!
それにしても日馬富士戦は今場所これまでで一番見応えのある取組でした。
いつも鶴竜に敵対心むき出しの大関ですが・・・またまた立ち合い前の顔が真っ赤っ赤^^;
気合いを入れるのはいいけど冷静にいけるかなあ~と心配しつつ・・・
しかし両者の集中力が最高に引き出された息をのむ展開。軽量でも大関を張れるだけのことはある日馬富士でしたが・・・鶴竜の動き勝ち・気迫勝ちでした。

4日目・5日目は取組結果だけメモして下書きはあるんですが・・・万年観戦初心者で記憶力も悪いので、相撲内容は全くうろ覚え^^;
相撲解説者の皆さん、何日も前の取組内容も完璧に覚えてていつもすごいなあとお見それするばかりです。

とりあえず順不同になるけどまた日をあらためて4日目・5日目の分もアップしよう・・・

ということで今は昨日(7日目)の結果を。幕下からすでに面白い取組が多かった一日でした。初日に続き2日目の満員御礼。

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)7日目:鶴竜7連勝!" »

2012年3月17日 (土)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)6日目:勢に初日!

16日(金)は中盤戦、6日目。

いや~~やっとでしたね、
死んでも左手を廻しから離すもんか!という執念が見えた取組でした!
序盤戦5連敗で辛かったことでしょうけれど、この新入幕初白星でインタビューもあり「楽になりました」と心から言ってたし、7日目からまたガンガン動いてほしいですね。
ご当所ということで取組後も延々と記者インタビューに答えてたようで、しかし「まだ固さがありましたね」とはNHKアナウンサー(笑)

それではメモ書きを:

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)6日目:勢に初日!" »

2012年3月16日 (金)

インターポット450日目:レイアウト変更しました

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

春で新しい小川つきシートがリリースされたばかりですが、再び冬に逆戻りの我が庭(笑)
今回は初めての試み・・・というのは「がーちゃんが食べる花でつくった庭」にしたから。
ニコニコ草とマバラギク(もちろん「おいしい」シリーズ)だけ蒔いてみました。
あ、食べられないハート草だけ1つ蒔きましたが^^;

どれくらい食べるのかながーちゃん?
そういえば、氷の上を滑りながら食べるのかも検証したいので・・・氷の上にも何か蒔くべきですね。せっかくなので端っこではなく氷の真ん中ぐらいに。
あまり惜しくないイロゴケあたりを蒔いてみるか・・・(笑)

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

インターポット449日目:しょっぱいエサをもらうと雨が降る&今朝の地震

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

・・・という気がする今日この頃^^;
レイアウト替えをしようと思いつつ、まだ面倒でできてません。
せっかくなのでつぼみが増えたセレヌッチャを撮影。

追加写真は450日目になってました。夜の庭です^^
インターポット


ところで今朝4時20分の地震、結構長く揺れたので焦りつつ揺れがおさまるまで布団から出られませんでした。寒いし。
起きてテレビをつけてみたら埼玉県南部が震源。深さ100km。「関東・甲信越で地震」ということで震度3が茨城・栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川・山梨・静岡と広い範囲に。ただし場所により、ですが・・・ここ秦野は震度2でした。
父は気付かなかったらしい^^;そういえば隣家の犬も吠えなかった。

これからは地震が起きたらメモのため、出来る限り記事アップするようにしておこうかな・・。
なのでカテゴリ「地震」もつくりました。
過去記事はまだ整理してませんが、ここにも入れておかねば。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

2012年3月15日 (木)

インターポット449日目:レイアウト替え前に

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

季節外れのオーロラシートでおいしいシリーズ庭を作ろうかなと考えてまして。
ユキワリソウが咲いてるし、セツブンソウも光ってるので冬のセレヌッチャと一緒に記念撮影。
がーちゃんにしばらくエサをやってないので、食べさせてあげないと(笑)
でも惜しい花はどうすべきか悩むところです^^;
思い切って蒔いちゃおうかなあ・・・?

ついでに昼間の写真。もうつぼみが!
インターポット


にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村

2012年3月14日 (水)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)3日目:稀勢の里に初日

稀勢の里嘉風戦。しかしいつもの稀勢の里の突き押しが出ない・・・
ハラハラしながら見てましたが何とか突き切りました><
本人が一番ホッとしていることでしょうが・・・応援している側もホッとしましたよ><
これで少し威力が出始めるかな・・・?今日は臥牙丸戦。臥牙丸も上位対戦で初日が出てないので、お互い精神力がどちらに転ぶかを注目したいところです。

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)3日目:稀勢の里に初日" »

インターポット448日目:やっとゴンスくじ引きました

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

すでに収穫済みでしたが何もしてなかったので何となくやってみました。

収穫した実:
2日間で214個(※記録更新)

ゴンスくじ:
ふつうの引換券×2
ビンゴ券×55
おいしいユキワリソウ黄×1
おいしいマバラギク×1
おいしい笹×1
おいしいちびバラ青×1
おいしいテーブルブッシュ×1

ビンゴ:
6枚セットを10回、うち・・・
ビンゴ=柵白×1、ちび土管みどり×1
死神=6回(※うち1回は1発目^^;)
ゴンス=ビンゴ券×5、おいしいトールブッシュ×1、おいしいテーブルブッシュ×1、おいしいスノードロップ×1

死神率はまあ、こんなものでしょう。普段通り(笑)
それにしても前の週は気味が悪いくらい良過ぎでしたからね。
なんとなく逆にホッとしてたりして。

おいしいシリーズだらけになったので、そろそろがーちゃん用に庭を作ろうかな?

ついでに・・・
光るセツブンソウが咲いたのでパチリ。
インターポット

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2012年3月12日 (月)

H24年大相撲三月場所(大阪場所)2日目:稀勢の里がまたしても・・・黒星!?

今日は取組を飛び飛びにしか見てないので・・・
が!
稀勢の里!!!
2連敗!?!?!?><
昨日横綱をひやっとさせた栃煌山の動きがいい!!!
稀勢の里はまるで先場所の琴奨菊状態になってるのか・・・まあ、まだ二日目なのでこれからですが、何かバタバタした感じが不安。
調子が戻りますように・・・でも栃煌山、よかったよ!!!
(結局、だいたいどの力士も好きだから誰が勝っても良かったりする^^;)

臥牙丸日馬富士戦。鋭く当たる大関、当たりで巨体のバランスを崩してうまく回り込み上手出し投げ。臥牙丸二連敗^^;これからですから!!!透析中の故郷のお母さんもすっかり相撲が詳しくなって、臥牙丸にアドバイスまでするようになったとか(笑)把瑠都を弾き飛ばした場所の威力を今場所も見たいものです。

栃乃若琴欧洲は、琴欧洲の腕っ節が一枚上でした。しかも琴欧洲、立ち合いすぐの上手がほんとに早かった。「上手をとられても仕方ないので」と場所前コメントをしていた栃乃若ですが、とられたら何もできない状態。勉強の場所ですね。

今日は露払いが宝富士。でもアナウンサー「今場所の露払いは宝富士」って・・・今日だけでは?^^;
それはすなわち安美錦旭天鵬。安美錦、今日も土俵をうまく使って旭天鵬を寄り切り、でも取組後に膝を痛めたような様子が・・・ゆっくり休んでください><

松鳳山、初日!阿覧が馬力を出す前に気迫の突っ張りで押し出してしまった、というところ?小さくても思い切りのいい相撲で実に気持ちいいですね、この人♪

いつもやる気満々で見ていて気持ちのいい千代の国碧山戦。しかしやはりまだ肩に不安があるのか?当たってすく左に若干変化気味に動き、碧山を送り出し。
まだこれから本領発揮、かな。

雅山は今日も元気!しかし引かれても落ちない天鎧鵬も見ていてこの巨体で大したものだ、と思いました。体が動いてる。がやはりベテラン、雅山節が炸裂・・・でした(笑)結果は引き落としで雅山に軍配。

富士東がここ数場所四つに組んでしまったり、中途半端で元気がなかったのですが・・・初日・今日と力が戻ってきたようです。今日はまた声援乱れ飛ぶと対戦でしたが勢、またしても黒星^^;取組後の談話「固い!」だそうです><仕切りを見てても体がコチコチ、な感じです確かに^^;新入幕って全然違うものなのね・・・。
ところで富士東は体を絞ったそうですね。気付かなかったけど、それで動きがよくなったという解説がありました。そうか・・・自分なりに一番いい体重を見つけると言うのもプロの仕事だよなあ~。
そうそう、一文字四股名の関取は昭和以降、勢がやっと4人目だそうです。轟、嵐、曙、勢だけ。

今日は隠岐の海も四つ相撲が出ました。しっかり朝赤龍に寄りながら慎重に寄り切り。

宝富士、寄り切りで2勝目!対戦相手は大道

若の里は得意の掬い投げで寶智山の大きな体をひっくり返す。相撲界20年を経験しても「まだまだ」という若の里。四股名もいいのかなあ~。体も気持ちも相撲も若々しいので隆の山が言ったように「30年後も見てみたい」ものです^^

その隆の山玉鷲に体を起こされてまた一瞬で土俵の外に・・・あれ?と思った時には取組が終わってました><

以上、見た範囲で幕内。

続きを読む " H24年大相撲三月場所(大阪場所)2日目:稀勢の里がまたしても・・・黒星!?" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)初日:その他の取組メモ

自分なりの「初日の3番」は簡単に前の記事に書いたので、他の取組に関してのメモ書き。

【幕下】

解説は鳴戸親方。大阪場所入りする前日、2月13日に急逝した田子ノ浦親方(元久嶋)の話をふられた時には他人事ではない心持でいたのではないかと思います・・・。話しぶりは淡々としていましたが…。
田子ノ浦部屋の力士たちも皆それぞれ別の部屋に移って迎えた今場所。大変だと思いますが亡き親方の言葉を胸にこれからもがんばってほしいですね。

大翔岩○押し出し●大和富士
四股名を覚えてないので間違ってたらすみません…幕下でただ一人、相手を弾き飛ばした力士がいたのです。その迫力に息を呑みました@@「押し出し」が少ない中、初日の取組結果を確認したらたぶんこのあたりの取組かな?という記憶を辿って書いてます^^;

山口●押し倒し○肥後嵐
幕下付け出し格、堂々とした体格の山口は宮城野部屋。白鵬に新弟子ができたのですね。白鵬、嬉しいことでしょう。
しかし叩き上げでここまで上がってきた肥後嵐、闘争心が剥きだし(笑)プロとしての初土俵という緊張もあったかもしれない山口、完璧なる気迫負けで初日黒星スタートです><

佐久間山○上手投げ●誉富士
常に注目が集まる佐久間山、私としては誉富士が先場所の終盤からやっといい相撲が見え始めてたので今場所も早く勝ち越してまた十両に戻ってほしい・・・と期待しながら見てました。が・・・土俵際まで押し込むまではよかった!廻しをつかまれ体を入れ替えられ・・・気付けばひっくり返ってた><
でもこの調子で元気よく戦ってほしいですね^^

吐合○送り出し●若乃島
出島以来の色白もち肌対浅黒力士対決(笑)吐合、伸びのあるいい動きしてますねえ・・・ちょっと今場所は楽しみだわ。来場所の新十両、期待できそうな予感?

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)初日:その他の取組メモ" »

H24年大相撲三月場所(大阪場所)初日:やはりやってきた前頭筆頭二人!

いよいよ始まりました大相撲三月場所。「荒れる大阪」。
初日からして荒れそうな雰囲気を出してきたか?(笑)今日も何かが起こるかも知れません。

初日の主役はなんといっても西前頭筆頭:栃乃若でしょう。いよいよ結果に表れるようになってきました!
稀勢の里、腕に頼り過ぎて下半身がおろそかになってた感が・・・><
栃乃若の柔らかさと「前へ!」を信条に数場所頑張ってきた姿が結集された銀星でした。

もうひとりの東前頭筆頭・妙義龍。立ち合いで日馬富士を押し込み大関にはやばい展開、しかし大関そこは心得て土俵際で妙義龍の廻しをとって上手投げ、でしたが・・・
大関が勝ちはしたけれど、この若手もまだまだ何をするかわかりません。

それから栃煌山!初日で結びの一番(笑)
今場所こそ一瞬で終わる結びにならなければいいんだけど~~、と思ったら・・・
まあ短い相撲でしたがなんと!横綱をこれまた押し込んだ!!!
よくぞ横綱の下に潜り込めた!!
でも詰めが・・・><
突き落とされたけど、この調子でいけば今場所何かやってくれそうな気がします。ガンバレ!!!

続きを読む "H24年大相撲三月場所(大阪場所)初日:やはりやってきた前頭筆頭二人!" »

インターポット445日目:収穫中

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

昨日の夜から実を付け始めましたが、そう何度もIPにお付き合いするわけにもいかず^^;
今朝もう一度覗いてみて、収穫したところでは二日合わせて102個となりました。
それでもまだこんなに実が付いてる!
さてどうなるかな?

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年3月11日 (日)

インターポット445日目で実がたくさん&丸一年&大相撲大阪場所

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

収穫まであと一日。
先週までとの大きな違いは、枝の端にまで実がついてること!
どれだけ収穫できるのかちょっと期待してしまいます。
先週は見た目が少ない割に収穫記録を更新したので・・・さらに更新なるか?
意外と同じだったらガックリかも^^;

今日は3月11日。
毎日忘れることなどできないまま、丸一年が過ぎてしまいました。
「3・11」という言い方、事件じゃないのに、と思って実は好きではありません。
もう少ししたらあらためて黙とうしたいと思います・・・。

そして「荒れる」大阪場所も初日。
3月11日生まれの白鵬にとってはことのほか強い思いで臨む場所となるのではないでしょうか。
今場所は若手があれよあれよという間に番付を上げてきて、元気のいい力士が盛りだくさん。
ベテランも負けてないし、色んな意味で注目していきたい場所ですね。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

2012年3月 6日 (火)

インターポット440日目:久しぶりに赤キノコ

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

庭を開けてみたらなんと、久しぶりの赤キノコ。
でもおいしいシリーズの影になって見えない状態^^;
なので、赤キノコのためにいったん花を移動させようと思います。
その前に記念撮影です。
夜なのでスノードロップが咲いてないのは残念。
カトレアと水仙だけ植え替えよう^^

・・・と書いてもう一度お庭を見たら、朝?になってました(笑)
インターポット


にほんブログ村 ゲームブログへ

にほんブログ村

2012年3月 5日 (月)

インターポット437日目&439日目:収穫デーと翌日

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

庭、様変わりしました(笑)
急に緑が恋しくなり、オーロラも大好きではあるのですが白がまぶしすぎて撤去^^;
スノードロップがオーロラシートだと実に厳しい・・・ということもあります。というかそれが大きい。
一度緑の上で見てみたかったので、蒔き直しです。

そして4日(日)は一日収穫デーでした。ここのところ2日にまたがって、が多かったので変な感じ(笑)
さて結果。なんという、あまりに(自分としては)良過ぎる戦果に来週以降が本当に心配・・・。

収穫した実:193個(自己新!)

ゴンスくじ:

金の引換券×2、おいしいイロゴケ×2、アバターおでかけの笛×1、ビンゴ券×47

ビンゴ:6枚セット×8回、4枚セット×1回、2枚セット×1回トライ
→おいしいワイヤープランツ×1、ハート草カップル×1、マカロン緑×2、ジュエル石ハート水色×2、光るセツブンソウ×1

ビンゴのゴンス:
ビンゴ券×7、おいしいコツブ草×1、くさったエサ×1

・・・驚異的です。
10回ビンゴゲームをやって死神がたったの2回!?
最後までいったけどビンゴ無しは1回。
全部、ビンゴですよ!!!ビンゴ7回、ですよ!?
そしてゴンスくじで金の引換券がまさか2枚も当たるとは・・・。
収穫量が一気に30個以上更新したのもかなり驚きましたがなんというかラッキーすぎて怖かった。
しかもビンゴ2度はがーちゃんが最後の穴を空けてくれたおかげ!
やっぱりがーちゃんは魅力的(笑)
最後のビンゴで死神が出たのだけはいただけなかったかも^^;

ちなみに、今回の収穫は数え違い出なければ19回?こまめに収穫することでお世話ボーナスとキラリボーナスが小分けにもらえるので、結果トータル収穫数がアップするようです。
熟し出すと数分置きに「収穫まで0日」とメッセージが出るのですが、一番最後の収穫は何故かすごく時間がかかりました。なので、しばらくPCから遠ざかってから庭を覗いてみました^^;

下の写真は金の引換券で手にした品々を届けてくれたゴンス君たち。ジュエル石も早速置いちゃいました♪
インターポット

来週の戦果は期待しないでおこう・・・(^-^;

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2012年3月 3日 (土)

ココログアバター:イケメンパティシエとツーショット(笑)

2012.3.3に撮影した【蒔右絵門】さんの【チョコレート教室】での写真です。

3月1日にチョコがやっと当たったのでチョコレート教室に^^
できればこのパティシエが台詞を言った時に撮りたかったんですが・・・時間ないのでひとまずツーショット^^;
この部屋に入ると何故か左上の壁に貼り付いたまま固まってしまうことが多いんですが・・・バグ?それともイケメンの嫌がらせ!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年3月 2日 (金)

インターポット今日も435日目:ほぼ満開→満開

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

庭をぐるぐる回すと、花が全くついていない枝も。全体的に木が成長してきて、場所により間延びしてきた感じがあります。
葉が茂る夏の姿がせめてバランスよければいいなと思うんですが・・・今年(IP歴)はどうかな?
あと2日で再び収穫です。
今週のキラリはほとんどキラリ返しのみでしたが、それでも今日までで970キラリほどいただきました。ということは、今日あたり1000キラリ達成なので収穫時のボーナスはなんとかなりそうです^^
「キラリプリンス」「キラリレジェンド」はきっと一生無理(笑)

そうこうするうちに満開になりました。
インターポット
天気が悪くて残念ですけどね。
そしてキラリも1000を超えました。

くわえて「キャラクター名シーン」に続き、今度は「雪と氷の世界」コンテスト。
憚りながらもエントリーしたところ、一次選考を通過したようです(笑)
ひとまずは参加することに意義がある、という感じで気軽に応募してますが、皆さんのお庭を見られる機会づくりとしていい企画だなあと思います^^

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2012年3月 1日 (木)

インターポット435日目:春の雪&今日は暖かい

インターポット
蒔右絵門さんの庭を見に行く

よくあることですが、水やりと肥料を見間違えて水をやりすぎてしまいました^^;
途端に雪・・・これもよくあることです(苦笑)。
枝もずいぶん張ってきたので、今度はもう少し実をつけてくれるといいなあ~と思うのですが。
ひとまず今回も何事もなければ毎日お世話はできるかな?

昨日関東は雪、こちらは雨・・・でしたが、今日は日差しが完全に春!です。
洗濯物を干していても暑い!
よく乾きそうなのでまとめ洗いも実行。
今朝もまた茨城(東海村)で震度5弱の強震。ちょうどガスを使おうとした矢先に身の回りのものがカタカタ。こちらは震度1。
3月11日以来、弱震でも揺れやすくなったような気がするこの家、震度4でも耐えられないのじゃないかと不安です・・・。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード