« H24年大相撲名古屋場所十三日目:取組メモ(十両まで) | トップページ | H24年大相撲名古屋場所一四日目取組結果:千秋楽は全勝対決 »

2012年7月21日 (土)

H24年大相撲名古屋場所十四日目:取り急ぎ結びに関し・・・

もう、何と言っていいのか・・・
日馬富士も省エネ相撲だったかもしれませんが、それに輪をかけた結びの一番に・・・。

千秋楽が見られない可能性濃厚な私としては、なおさら今日の結びは最悪の幕引きでした。

仕切りで懸命に「手を土俵に付けて立合いしよう」という姿勢が顕著に出ていた稀勢の里。
あのように右腕を大きく前に出して、ともすれば「これ見よがしに」手を下ろす仕切りは見たことがないような?

そして立合い。いつもなら見合ってすぐ立つ白鵬もなかなか手をつけず、稀勢の里つっかけてしまう。それも、二度続けて。
一度目のつっかけで稀勢の里の体を突き飛ばす(というと強すぎるので、突き戻す、というべきか)白鵬に驚きました。
集中していたとはいえ、横綱にあるまじき(というより力士にあるまじき)行為が出てしまった。
稀勢の里の二度目のつっかけで、白鵬は完全にどこかがキレたように見えました。
今度は仕切り線を越えて稀勢の里に近づき、威圧する横綱が。

結果。「三度目の正直」の立合い、上体だけで突進した稀勢の里を左からいなしての変化・叩き込みの白鵬。

談話で「危なかった」とひやりとしたのは白鵬だったらしい。
これは、横綱の弱さも出た一番だったのでしょう。

ああ・・・どっちもどっちだ・・・・ガックリ。
自分の相撲に集中することと、立合いに集中することは、どちらも相撲の流れの一環として徹底してほしい・・・。
なんのために結びは長く仕切り時間があるのだろう。

明日はおそらく結び、見合った瞬間に二人とも電光石火の立合いを見せることでしょう。
この十四日目で、精神的有利に立ったのは日馬富士かもしれない。
でも勝負は最後までわからないので・・・

あ~どこかでなんとか観戦できるかしら、千秋楽bearing
それにしても夕飯つくる気も失せそうdown

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H24年大相撲名古屋場所十三日目:取組メモ(十両まで) | トップページ | H24年大相撲名古屋場所一四日目取組結果:千秋楽は全勝対決 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/55246771

この記事へのトラックバック一覧です: H24年大相撲名古屋場所十四日目:取り急ぎ結びに関し・・・:

« H24年大相撲名古屋場所十三日目:取組メモ(十両まで) | トップページ | H24年大相撲名古屋場所一四日目取組結果:千秋楽は全勝対決 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード