« H24年大相撲九月場所五日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 »

2012年9月14日 (金)

H24年大相撲九月場所五日目メモ:大関三人目休場に・・・

参りましたね・・・今場所><
本場所前日の土俵祭りで大関陣、しっかり神様にお祈りしなかったのでは!?と訝るほどに、序盤戦ですでに三人脱落するとは想像だにしませんでしたcoldsweats02
琴欧洲は朝の状態を見て出場するかどうか決めるとのことでしたが・・・
結局、六日目からの休場が決まってしまいました。

これを日馬富士の綱取りにとっての追い風ととるかどうか?
平幕で対戦経験が少ない力士のほうが怖いともいえます。
大関陣が3人脱落したことで、13勝というラインが厳しくなる可能性だってあります。
(皆、途中出場する可能性があったとしても・・・コンディションを考えたらどうなのか?)

つまるところは、何があっても動じない横綱としての資質があるかどうかが問われる、ということになるのでしょう。
神様に試されている日馬富士。これからも土俵上、何が起こるかと目が離せません。

では序盤戦最終日メモを。記憶がうろ覚えなので、きちんとした情報は別のソースからお願いします(笑)


【三段目】

・貴月芳vs魁戦龍
貴月芳、立合いから膝がよく曲がっており腰を落としての一気の攻めで押し出し、初日出る。
双子の幕下の貴斗志とは正直いまだにさっぱり見分けがつかないのですが、貴月芳のほうが謙虚さをもっていそうだ・・・と映像からはそういう印象をもった五日目でした(笑)


【幕下】

解説は大嶽親方(大竜)、実況戸部アナ、リポ角谷アナ

幕下この日のテーマは:

Dscf8656

関取経験者に挑む幕下力士たち。黄色が挑戦者です。
で、結果どうなったかというと・・・
勝った挑戦者は千代丸・祥鳳・渡辺の三名でした!しかし内容はさまざま。


・四ツ車vs琴恵光
琴恵光、いつも稽古後居残って四股400回を自分に課しているそうcoldsweats02エライsign03
だが・・・だが・・・立合い四ツ車の右差し手を嫌い、上体がいきなり起き上がってしまった( ̄Д ̄;;
おっつけも四ツ車には通用せず中に入られ、そのまま寄り切られるgawk
いいのだ、その調子で四股を踏み続ければゼッタイある日突然変わる日が来るのだsign03ガンバレ!

・靍林vs喜ノ国
当たりが弱い立合いsweat02喜ノ国、もろ差しになるが靍林が右上手取り投げる。
喜ノ国、やっぱり厳しいのかなあ~sad

・千昇vs宝香鵬
技で千昇、だったかな~。

・唐津海vs若三勝
若三勝、今日は非常に頼りない下半身だったwobbly唐津海の腰の重さに勝てなかったというようなレベルには見えず><

・藤本vs肥後嵐
どちらが勝ってもおかしくないような、なかなか迫力あった一番!藤本、三連勝!

・佐田の海vs祥鳳
単に左変化しただけの祥鳳。しかし大嶽親方「(佐田の海は)残せないとだめです」。ごもっともです。
祥鳳、全て引きでここまで3連勝。はあ~こりゃ関取に上がったとしても苦労するだけだぞ。稽古場では違うんだろうか???見てみたい。

・亀井vs潮光山
これまた当たってすぐ決着がついてしまった。あ~~~~(怒)亀井、それだけ立派な体をしてるのに!潮光山も足~~~!!!凸(`Д´メ)

・希帆ノ海vs竜電
当たって引いてきた希帆ノ海だが竜電落ちず、左上手をとって相手を引き付けながら東へ寄り切りsign03
安心して見ていられるという腰の落とし方ではなかったけど、前に相手を攻めていたhappy02
弟弟子に抜かれた悔しさをバネにしてここまで三連勝sign03happy02
取組終えて土俵下で高田川親方と並んで座る図・・・レアものだった・・・(笑)
その高田川親方、竜電に関し「下がるともろい。もっと前に激しく攻めなければだめ!」といったようなコメント。
願わくば丹蔵関のような相撲をお手本にしてほしいsign03やっぱり激しさが足りないんだよなきっとbearing

・渡辺vs城ノ龍
いや~~~渡辺くん・・・やるじゃないかっsign03happy02
立合い前褌狙いの城ノ龍だったが、ひるまず前に出てそのまま体を活かして寄り切った渡辺!その調子でガンバレ~~sign03今後も注視(毎日言ってる気がするw)

・朱雀vs千代皇
朱雀、完全に軽かった><

・栃飛龍vs青狼
幕下上位では青狼がずば抜けてセンスが良いように思える(私が見た限りsweat02)。栃飛龍ののど輪に対して前に出たら、栃飛龍後ろに尻もちsweat01

・誉富士vs政風
白熱した取組で幕下というより十両取組レベルの迫力(笑)右おっつけと突き押しを交えつつも、回り込んで右上手で決着させようとする誉富士、一度では決まらず(※矛盾した表現という気が・・・sweat01)。二度目に上手をとると下がりながらの出し投げが決まる。

このあたり、幕下上位ということで解説はすでに田子ノ浦親方(c)にバトンタッチしていましたが、「前に出ればいいというものでもないし、下がるのが悪いともいえない相撲の奥深さ」の話が何度か出てました。

・肥後ノ城vs栃矢鋪
激しい突き押し。攻めていたのは肥後ノ城だったが、土俵際で叩かれ手がついてしまう。栃矢鋪は右足かかとだけかろうじて浮いていた。それがなければ勝負はわからなかった><

・旭秀鵬vs明瀬山
明瀬山、瞬間的に出すスピードがすごいと今場所つくづく思う。なんと三連勝coldsweats02明瀬山が立合いから強く当たり、旭秀鵬を押し込む。引いてしまった旭秀鵬、あっという間に土俵を割ってしまった。明瀬山って・・・ユニークだわ。不思議ちゃん(笑)いや、怪我が治ってきて動けるようになったのでしょうね^^

さて昨日は私の友が国技館観戦に行っていたので、写メを拝借(笑)

Akaike_oonokuni

先着百名様の団扇配りはスイーツ親方happy01cake

そして場内を徘徊(?)するひよの山。

Akaike_hiyonoyama

【十両】

解説は田子ノ浦親方(金開山)、実況は太田アナ、リポ藤井アナ

・皇風vs丹蔵
またしてもお客さんにアピールする相撲をとる丹蔵sign03スピードが身上の皇風にもひるまない。ひたすら廻しを狙っての動きだったが、親方が指摘するように廻しにこだわらなくても幕下上位時の押しの一手でもよかったような気もする・・・sweat02結果的には廻しをとっての寄り倒し。顔をしかめてたけど大丈夫だったんだろうか?顔に何かあったのか、取組中に膝に負担がかかったのか・・・bearing
五日目の丹蔵、アンケート2位!

・里山vs琴禮
右おっつけながら相手に頭をつける里山スタイル、貫き通しての4勝目!琴禮、今日はガンバレ><
ってあっ・・・今日の琴禮は丹蔵戦だったsweat02sweat02sweat02ちょっと流れが悪い><

・鬼嵐vs大喜鵬
鬼嵐が勝っても負けても思い切りがよい。その思い切りの良さで大喜鵬が上手投げをくらってしまうのであった。

・荒鷲vs北はり磨
北はり磨、どうしても初日が出ない。しかし両者、激しい突っ張り合いで見応えある取組に。

・高見盛vs徳真鵬
さすがに徳真鵬につかまえられては背筋力の高見盛もこらえきれず。それでも必死にこらえる姿に田子ノ浦親方も心底感動していた。私も泣けたわweep
「そういうひたむきな姿にファンも応援したくなるんだと思います」と親方。そうなんですよね。高見盛、序盤戦を2勝3敗で終える。徳真鵬、4勝1敗と好調!負けたのは丹蔵戦だけか~。

・寶智山vs琴勇輝
前へと突き押しに徹する琴勇輝だったが懐深い寶智山が土俵際で上手をとり、体を入れ替えての送り出し。土俵際まで攻めきるかと思いきや、一瞬で形成逆転してしまったcoldsweats01寶智山、4勝1敗。琴勇輝3勝2敗。

・大岩戸vs貴ノ岩
やっと初日が出た大岩戸!突き押しではなくもろ差しでの一気攻め。貴ノ岩、今場所なんだろう、何か消極的な印象bearing印象に残る取組が無いよ・・・。

・磋牙司vs双大竜
スタミナがないことを自ら認めている双大竜。終盤になると、前半から考えられないくらい星を落としてしまうんですよね・・・。今場所の序盤戦も力の限りを尽くしました。が、昨日は磋牙司のうまさが上だったかな~。両者ともに3勝2敗。

・鳰の湖vs徳勝龍
来客ありあまり集中できてませんでしたsweat01立合いが3度ほど合わなかったと聞こえてきたような?

・千代の国vs玉飛鳥
今場所オーラが少ないと言ってしまった国ちゃん、昨日の立合い前の気合注入はスイッチが入ったように見えた!それまでの四日間とは全く違ったぞ!目が光り輝いてた(笑)
そして相撲も初っ端からひたすら前に出るだけの突っ張りを繰り出し続け、最後の首投げの派手さにうちの父まで「すっごいなあsign01coldsweats02」と感心しきり(笑)
いや~すごかったね、一歩間違えば・・・とひやっとしたけど、前日の突っ張りで手ごたえをつかんだか国ちゃん?このままノッていきそうですsign03
「この相撲でもう2敗してるなんて、なんだか信じられませんね~」と田子ノ浦親方。確かに・・・coldsweats01
肩の調子は全く問題ないように見えましたが・・・どうか無理ありませんよう!
国ちゃん、このド派手な若武者相撲でアンケート堂々の1位!

・玉鷲vs千代鳳
玉鷲の一方的な当たりでピヨちゃん何もできずcoldsweats02
ピヨちゃん、左膝がかなり悪いのでしょうか・・・今後が心配><

・栃乃若vs芳東
四日目辺りから何かをしようとする意志がいくらか見られる栃乃若だが、どうも噛みあわない。芳東の力強さのほうが断然勝って見えた。そして今日も初日が出ない栃乃若であった・・・bearing

・勢vs常幸龍
好取組!常幸龍の足の運びにセンスを何度も感じてしまった。勢の投げの力を逃がすほうへ逃がすほうへと体が反応。どちらの力士も稽古十分なのだろうけど・・・熱戦を制したのは常幸龍。鮮やかでしたcoldsweats02そして常幸龍、アンケート3位に!


【幕内】

正面解説:勝昭くん、向正面解説:武隈親方(黒姫山)。実況白崎アナ、東西リポ大坂アナ刈屋アナ

中入り特集は「新三役紹介」の再放送?碧山再び。新十両紹介がひとつ無くなっちゃったので・・・ですね。

さて取組。

・旭日松vs木村山
先場所に手つき不十分で立合い不成立が何度もあった旭日松、師匠にも厳しく立合いを直すことを言われ片手をしっかり土俵につけて立ち上がるようになったとのこと。チョン付きよりもしっかり手をおろしてからのほうが、相手にぶつかる威力も増します、と武隈親方。旭日松4勝1敗、木村山2勝3敗。木村山の踏み出しということだったが、この決まり手は初めて聞いた(観戦初心者ぶり相変わらずですsweat02

・富士東vs天鎧鵬
なんというか・・・最後にうつ伏せに倒れた天鎧鵬の上におかわりくんがべちゃっと重なってしまったところでつい笑いが止まらなくなってしまった(笑)白崎アナまで「相当な重ね餅ですね」となsweat01
アンコが入ってなくてもアンコ二つですからwww
どちらも可愛いから許すwwww

・朝赤龍vs佐田の富士
技術がやっぱり朝赤龍。朝赤龍、4勝1敗。

・旭天鵬vs隆の山
隆の山、立合いまともに当たりすぎ><テンホーさま、がっちり上手をとって後は土俵際に持っていくだけ。なんと5連勝!「また優勝の可能性だってありますよ。なんてったって優勝経験者だから!」(by勝昭くん)
というわけで38歳の誕生日を迎えたテンホーさま、まっすぐ帰宅して4歳の娘さんがつくった(?)ケーキでお祝いしたのかな?1歳の息子さんが「お父さんはお相撲さん」と認識できる年齢になるまで、いやそれを達成しても頑張ってほしい!
「いろいろなことをいっぺんに経験しすぎた昨年でした」本当にそうですね!

・宝富士vs若荒雄
マツコも頑張ったんだけど・・・頑張ったんだけど、初日が出てない若荒雄も必死だったsweat01なかなか激しいものがありました。あれ、どちらも1勝4敗とはsweat01

・嘉風vs千代大龍
千代大龍、苦笑いの一番sweat02

・大道vs高安
高安好調!5連勝!

・若の里vs翔天狼
翔天狼の圧力からの引きには足がついていかなかった若の里><若の里、3勝2敗。翔天狼、2勝3敗。

・雅山vs北太樹
「ようやく死ぬ気で北太樹」いやいや。やっと押し出せた北太樹、初日~~~sign03

・隠岐の海vs舛ノ山
前半戦の好取組!どんな立合いになるのか興味深々でした!トモハルくん、バッチリ当たって隠岐の海を押し込んだ!が、左入りもろ差しになってから隠岐の海が逆転、土俵際まで一気に持っていかれてしまったトモハルくんcoldsweats01
隠岐の海好調だ。5連勝!隠岐の古典相撲も開催された今年、踏ん張るべき時が来た!
勝昭くんまで珍しくまあまあ褒めてる今場所です(※三日目からw同感w)

後半戦。

・栃煌山vs時天空
オーザンの一方的なもろ差し一気攻め。時天空星が伸びず1勝4敗coldsweats01栃煌山3勝2敗。

・安美錦vs豊響
豊響よ・・・序盤戦、物言いが無かったのは4日目だけだよ!coldsweats01
VTRを見ても微妙でわからないなあと思ったら、納得の「取り直し」。取り直しだとアミさま分が悪いかも・・・と思いきや、当たってすぐの肩すかしが決まってしまった!アミさま4勝1敗!豊響2勝3敗。

・豊真将vs豪風
下半身からの攻めが今場所光る豊真将。力強かった。豊真将4勝1敗、豪風3勝2敗。

・魁聖vs豪栄道
これには驚いた・・・魁聖、前に出ることでつかんだ左上手を全く離さず、ゴータローの下手投げにもこらえてゴータローに倒れ込むように上手投げ!この一勝は非常に大きいsign03

・妙義龍vs松鳳山
昨日一番注目していた取組だったが・・・意外とあっさり決まってしまったbearing裕也くん、何か手が必要だね><妙義龍、東関脇でここまで4勝!!!!!!!不戦勝もあるけれど・・・対戦しても(相手好調でも)勝ってたかもしれないsweat02

・臥牙丸vs稀勢の里
立合い一度合わず。二度目、ガブるガガだったがキセが出足を止め、ガガが巻き替えしようとしてさらに不利になり(あまりキせには関係なさそうだったが)、キセのがぶり寄りでガガ土俵を割る。ここまで5連勝、日馬富士と横綱にこれからもしっかりついていけ~~!!!

・日馬富士vs栃ノ心
はじめから左上手を狙っていたハルさま、当たってすぐ左手を伸ばしてすぐ決まってしまった。「変化ではありませんね」(by勝昭くん)

・阿覧vs鶴竜
立合い左前褌狙ったがとれない鶴竜、差し手を嫌い続ける阿覧に低い体勢で左を入れあとは一気に寄り。阿覧腕を手繰ろうとしたが間に合わず。

・琴欧洲vs豊ノ島
問題の一番。のど輪で押し込んでから捕まえようとする琴欧洲だったが上手をとらせない豊ノ島、投げの打ち合いになり両者あり得ない体勢でこらえ続ける。が、琴欧洲の右肩が豊ノ島の掬い投げで変な方向を向き、琴欧洲が先に倒れてしまった。そしてそのまま動けない琴欧洲bearing
↓友の写メより銀星獲得の豊ノ島。これを機に動きがよくなってくるか?

Akaike_toyonoshima

・白鵬vs碧山
師匠にも「負けてもいいからとにかく前に出ろ!!」という言葉に「とにかく前!」と心で唱え続けていたことであろう碧山だったがそれさえ全くさせてくれない白鵬sweat01sweat01右からの張り手から前に出る横綱、左からちょっといなそうとしただけでバッタリ倒れてしまった碧山bearing
気持ち切り替えてほしいsign03できる相撲に集中するだけだsign03

五日目は「北の富士語録」ができそうなほど、勝昭くんの迷言が炸裂してた気がするんですが・・・武隈親方との掛け合いも楽しかったんですが、断片的にしか覚えてませんsweat01
「ところで親方、歩いてますか?」と急にふる勝昭くんとか、今場所の丹蔵関の相撲に注目しているという勝昭くんの「(四股名が)居酒屋みたいだねえ」と、さもありなんの言葉とか(白崎アナ、説明不足!私が勝昭くんに解説してあげたかった!)、それに限らずいろいろいろいろ・・・www

武隈親方も他の方とは違う方向から解説してくださるので興味深い♪このペア、楽しめます(笑)

で勝昭くん、「丹蔵」も言えてませんでしたよね?丹波?丹下?なんて言ってたかしら・・・
時天空のことも「ときてんおう」とか言ってませんでした???(笑)

さあ中盤戦。どんな五日間になるかsign02


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H24年大相撲九月場所五日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

昨日は見られなかったので、こちらで観戦させていただいた気分です(o^-^o)

あ!幕下はばっちり見ました!うれしい情報いっぱいでした(◎´∀`)ノ

3大関休場で、日馬富士関の綱取りは風当たりが強くなりそう・・・
今まで以上の気迫で乗り越えていってほしいなあ。

お邪魔してま~す♪┗(^o^ )┓
相変わらずアニキはスゴイですね!
これだけの記事upするのにどんだけ時間かかるんだろう…!?
小冊子ができちゃうくらいのこの熱意と情報量に毎度感服です!!!☆
&国ちゃんのとこは格別に温度が上がっててオモロ~!!w
朝赤龍vs佐田の富士との温度差ときたら!www
←あ、独り言です、うしし(笑)

まーがりんろーるさん、いつもありがとうございます!
幕下フィーチャーでしたね~♪

大関もこれからが正念場・・・でも花道から土俵へ向かう背中を見てると横綱のようなオーラを放ち始めてる気がします!
「全身全霊で」最後までやり切ってほしいと願ってます!bearing

ナオりゅうさん、こんばんはw
こんなことやってるから皆さんのブログにお邪魔する時間がなくなる本場所・・・sweat01

いやあ~・・・
あっさりしすぎると書く気もなくすというより、ほんとに記憶に残らなくてcoldsweats01
サッカーでも選手全員の動きを90分全て記憶してる人とかいますが、うらやましい能力ですわ!w

今場所は十両が特に目が離せません!里山・丹蔵・国ちゃん・常幸龍と見応えあるので、最初から最後まで幕内より釘付けかも(笑)ま、九州場所は幕内重視かな~(国ちゃん再入幕確実と見たw)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/55646782

この記事へのトラックバック一覧です: H24年大相撲九月場所五日目メモ:大関三人目休場に・・・:

« H24年大相撲九月場所五日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード