« H24年大相撲九月場所十四日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所千秋楽:取組結果 »

2012年9月25日 (火)

H24年大相撲九月場所千秋楽。ついに終わってしまった。そして始まり。

Dscf9304

言いたいことがありすぎるので・・・すっかりご無沙汰してしまいました。
どう書くべきかわからないうえ、体も千秋楽生観戦ですっかりボロボロになってしまいcoldsweats01
いや、ボロボロだから頭が働かないのか。
やっといくらか回復してきましたsweat02

でも、とにかく歴史的瞬間を目の前にすることができたこと。
本当に幸せです。

昨夜、BS-TBSで「江戸のススメ」をちょっとだけ見たのですが、そこで流れた3年前の白鵬vs日馬富士戦。ハルさまが初優勝を決めた平成21年五月場所。
銀の締め込みだったハルさまと白鵬のあの攻防、今回の千秋楽ともかぶる部分がありました。もちろん、今回の綱取り最後の一番は、それを凌ぐ意地のぶつかり合い、力を絞り出した「もののふ」たちの激闘がよりいっそうパワーアップしていたわけですが・・・

3年前のハルさまの華奢な姿にもびっくりしたし、二人とも顔があどけなかったことにもビックリ。
20代の3年の月日は大きい。
今の二人。本物の男前になったなあ・・・。
これからがますます楽しみです。

力士としての本分を全うしながら、社会人としての活動にも心を尽くす二人。

泰然自若とした、あるいは信念を強く持った心。
「一日一日」の大切さを噛み締める、緻密な心。
ご先祖様から頂いた命と体を感謝する心。
日々の稽古で鍛え抜かれた技と体。

綱を張れる人間の資質には、さらに「いかに頭を使えるか」もあるように思います。
頭がいい、悪いではなく、「どうやって」頭を使うのか。どんな方向へ頭を使うのか。
綱を張れる人たちというのは、そこもまた他と一線を画すのではないでしょうか。

力士たちよ。心技体のために、賢くあれ。
頂いた命のすみずみまで覚醒させよ。

土俵での一瞬に、見る者はその力士のそれまでの人生を見るのです。
というより、見えてしまうのです。
廻し一本の裸だけを見ているのではない。
その心意気を見ているからこそ、目が離せない。

みんな、ガンバレsign03Dscf9301

あ、ヤフーブログのほうには写真中心でぼちぼち更新しております。
今日、入り待ち記事終了しました(笑)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H24年大相撲九月場所十四日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所千秋楽:取組結果 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/55742089

この記事へのトラックバック一覧です: H24年大相撲九月場所千秋楽。ついに終わってしまった。そして始まり。:

« H24年大相撲九月場所十四日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所千秋楽:取組結果 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード