« H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所七日目:取組結果 »

2012年9月14日 (金)

H24年大相撲九月場所六日目メモ:平幕五連勝潰し合いは旭天鵬に軍配

なんと3大関休場(前回は平成15年ということで、9年ぶりのことらしい)で、残るは日馬富士・稀勢の里・鶴竜。
横綱とともに本日は土付かず。
しかし・・・ああ淋しい・・・
特に菊関がいないのがなんだか淋しい><

【幕下】

解説は正面に若藤親方(皇司)と向正面に福ノ里さん(若者頭)。実況太田アナ
なんとなく「型を持つ」話に関し、太田アナにイラッとしてるように時々聞こえる若藤親方(笑)太田アナ「はあ。それはどういうことですか?」の口調がちょっと・・・それに限りませんが(≧m≦)

・玉大輝vs松本
松本、錣山部屋だが鶴竜を彷彿とさせるような突っ張りcoldsweats02が叩きこみをくらってしまった。

・安芸乃川vs山下
立ち合い合わずに安芸乃川が思い切りぶつかっていき、山下そのままべったり背中に土つけるsweat01立合い二度目の安芸乃川、豪快な小手投げだったcoldsweats02スケールが大きい!

・吐合vs前田
「吐合は調子の良し悪しが体の張りによく出ますね」と若藤親方。攻める重い前田に対し土俵際でまともに引いてしまった。

少し若藤親方のレクチャーあり。「相手の力を出させない技術をつけることが大切です。下手をとられたら絞らなければいけない、など。幕下ではそういう技術がまだできていないんですよね。」

・春日国vs千代嵐
千代嵐ペース。「手を出しながら前に攻めると相手が叩けるスペースがなくなるからいいんです」と若藤親方。それが出来ていたのが千代嵐。千代嵐、押し出しで3連勝!

・笹ノ山vs寺尾丸
「この顔合わせは非常に楽しみだった」と福ノ里さん。注目の二人ということで^^
当たってから低い笹ノ山の首を引こうとする寺尾丸だったが、笹ノ山が前に出てこらえる。寺尾丸の投げに辛抱し、向き合ってもろ差しの笹ノ山が逆転、寄り切り!

・朝天舞vs太田
朝天舞、気合い勝ちの寄り切り(笑)

・川成vs海龍
川成が終始前へ突き押しを繰り出して大迫力だったが、押し切るはずのところで回り込まれ、右足出てしまい悔しい一番に。

・琴福寿vs齊心
「齊心、よく前に落ちるんですよね」と若藤親方coldsweats01

ここで十両土俵入り
幕内上位&十両解説は二十山親方(栃乃花)、実況三瓶アナ。リポ吉田アナ

里山の化粧回しにビックリsign03地がヒョウ柄、その中央に軍配が占める、インパクトありまくりなデザインcoldsweats02
東方の国ちゃん、土俵に上がる前に微笑してたのは気のせいか!?もう一度録画をチェックせねばw

幕下上位の取組:

・魁vs達
達、やっと初日出た!1勝2敗。ちょっとまだ下半身が心もとないけど、初日が出ない相手同士の取組を制したので、これからノッていけるか?

・錦木vs勝誠
勝誠、一方的。いつもの独特のフォームで後頭部を相手の胸に潜り込むように付け前へ!錦木何も出来ず寄り切られる。

・ 大雷童vs鏡桜
威力ある自分の相撲で大雷童が白星。

・華王錦vs武州山
両者ふわっとした立ち合いsweat02武州山、下がらない華王錦を下がりながら土俵際ではたきこみ。かなり危なかったがちゃんと回り込めていたsweat01

・益荒海vs東龍
立合いから低く攻めていく益荒海を引いた拍子に髷に手が入った東龍、その直後に(わかっておらず)右上手出し投げをしたが反則で益荒海に軍配。

【十両】

・荒鷲vs政風
中盤戦から幕下上位と十両との対戦開始。
右四つ同士の対戦、政風の右からのすくい投げ気味の体勢に荒鷲が土俵を出て手を付けるが、軍配は荒鷲に。物言いの結果政風に軍配。決まり手は寄り倒し。

・肥後ノ城vs鬼嵐
鬼嵐、立合いしっかり当たっていったが、肥後ノ城の回転ある最後の突っ張りが激しく、決まり手は突き出しで肥後ノ城、十両の土俵で初日が出る。

・丹蔵vs琴禮
丹蔵、即左前褌狙い、続いて浅い右前回しをおっつけながら取り、そのまま寄り切り。やや強引な前回し狙い。が相変わらず力強い迫力ある一番をアピール!またしてもアンケート1位に!慶天海の分まで本当に頑張って5勝1敗!

・寶智山vs里山
里山、5kg増しでよく動けているし、圧力が出たと自分自身についてコメント。「なにかひとつ自分はやったんだ」という自信が、何より力になっているとのこと(吉田アナのリポ)。
下から寶智山の突っ張りをあてがい我慢し、前褌狙いはだめだったが左が入って肩透かし。里山、5勝1敗!!!アンケート3位!!!

・徳真鵬vs大喜鵬
かち上げから一気に攻める大喜鵬だが、組み止め圧力かける徳真鵬、左上手と右ハズ→右のど輪→右でかいな返しながら大喜鵬を土俵下に吹っ飛ばす。
土俵に戻る新十両だったが、ちゃんと礼をしなさいと審判に礼をやり直させられる(^_^;)
徳真鵬も体を活かす相撲で5勝1敗coldsweats02

・皇風vs北はり磨
皇風、左足首を場所中にもまた痛めたらしい( ̄Д ̄;;
久々の立合い即右変化で北はり磨を突き落とし、場内ブーイング。相変わらず初日が出ない北はり磨><

・貴ノ岩vs鳰の湖
「突っ張りが出るときはいい相撲がとれるが、今場所はなかなか出ない」と貴ノ岩。
「確かに胸を出しての立ち合いはよくない」と二十山親方。
立ち合い合わず、貴ノ岩を突き飛ばし辛うじて土俵から後ろ向きで落ちそうになるのを手で支える鳰の湖coldsweats01
立合い二度目、突っ張りがやっと出た貴ノ岩だが、いなされそのまま前に突き落とされてしまったdown
「突っ張りに回転がありませんね。鳰の湖が右手で貴ノ岩の手を押さえて突っ張りが出ないようにして引っ張り込んでいました。」

・高見盛vs双大竜
高見盛、左入ったが双大竜が巻き替え懐に入って寄り切りを決める。これで4敗目を喫した高見盛、いつもと同じだがいつも以上にガックリ感が強いように思ってしまう花道・・・><
双大竜4勝2敗。

・磋牙司vs徳勝龍
徳勝龍、スピードある突っ張りで攻める。応戦しようにも見るからに左が使えない磋牙司sad徳勝龍、横に回り込み押し出し。

・千代の国vs琴勇輝
放送席近くで、とある女子の国ちゃんへの叫び声が(笑)「ちよのくにいい~~~~sign03(_≧Д≦)ノ彡」って、すごかったわ(笑)
伸びのある突っ張りで、国ちゃん圧勝。しかし琴勇輝が繰り出した左手が口に当たったか?取組後、しきりに左手の甲を口に持っていく国ちゃん。よく見ると左手のテーピングが血で染まってるwobbly
国ちゃん、アンケート2位で4勝2敗!

・千代鳳vs常幸龍
ピヨちゃん、蹲踞ですでに左膝が普通に曲げられない状態になってる・・・前からってことはありませんよね!?o(;△;)o
頭をつけるピヨちゃんだったが常幸龍、左四つでピヨちゃんの体をガブガブと起こしていきながらの寄り><
これで常幸龍1敗キープ!ピヨちゃん、今後が心配です・・・down

・大岩戸vs栃乃若
大岩戸が右のど輪→左おっつけ→右ハズ押しでの押し出し。またしても初日が出ない栃乃若shock逆に大岩戸は徐々に噛み合い始めたか?
栃乃若、せめて気持ちをリセットしてくれ~~~sign03sign03何がしたいのかさっぱりわからないよ・・・crying

・玉飛鳥vs芳東
左手が入っての攻めは芳東。玉飛鳥の左おっつけを考えての形か?(芳東、本来は右四つ)。送り出しで芳東、星を五分に戻す。



幕内土俵入り。気のせいですかね・・・ハルさま、大きく見えてテンホーさまかと(笑) テンホーさまの土俵入りを見たはずなのにsweat02
それだけハルさま、気力が充実しているように見えました。

幕内正面解説八角親方(北勝海)、向正面が関ノ戸親方(岩木山)heart04。実況は藤井アナ。東西リポは船岡・白崎ペア

中入りは好調力士について。
八角親方、序盤に関し「横綱は足に力が入ってますねえ。稀勢の里の五連勝は大関として当たり前です。立ち合いの踏み込み、回しをとるまでの過程が問題です。」
さらに弟子には厳しい:「(隠岐の海は)五連勝してますが五連敗する可能性がある五日間の取組です。まだまだ全然ダメですねannoy

幕内前半戦

・隆の山vs玉鷲
押し込む玉鷲だが、隆の山に手を手繰られ両回しをとられて右から強烈な投げを食らう。鮮やかな逆転勝ちでお客さん大喜び!隆の山、2勝4敗でアンケート1位!返り入幕目指す玉鷲、4勝2敗。

・富士東vs勢
境川部屋に積極的に出稽古に行ったというおかわりくん。関ノ戸親方「いい時と悪い時の差が激しいんですよね。」のパターンが出たのか、突き押しで前に出たのはいいが押し込まれた勢にいなされ、勢左が入るとそのまま首投げでやられてしまった。
おかわりくん3勝3敗、玉鷲と同じく返り入幕を目指す勢は4勝2敗。

・佐田の富士vs木村山
場所前、両足首の内視鏡手術をしたという佐田の富士。関ノ戸親方は手術云々よりも「自分がぶつかり稽古で胸を出さなくなってから脆くなった気がする」そうですdespair
立合いもろ手から相手を見ながら突く佐田の富士だが、結局木村山の右からのいなしを何度も食らい「(お産に備えて実家に帰っている奥様についての医師の言葉は)赤ちゃんまだまだです」という木村山に飛ばされるsad

・千代大龍vs天鎧鵬
立合い左に動き上手をとりにいった千代大龍、がっぷり引き付ける天鎧鵬を右へねじっての豪快な投げ。
千代大龍には強烈なぶちかましを期待する八角親方でしたが、今のコンディションではやむを得ないのかな~という取り口でした。でも上手いよ千代大龍!見応えありましたhappy01

・旭日松vs若の里
張り差しの若の里、旭日松の右手で左を封じられ、左を差しこまれての押しに引いてしまうdown
旭日松好調の5勝1敗!若の里3勝3敗。

胸を出す話、再び。
胸を出すことのきつさについて。岩木山も「胸は痛いし足は何度も穴があくし、本当にきついんですが、そうやって胸を出すことで若手も伸びてくるんです。」と、淡々と語る。「胸を出す上がいる部屋は伸びる。」と八角親方も力説。若の里もそうやって胸を出して、皆育ってきたわけですね。
「(隠岐の海は)本人がのんびりだから周りは大変ですよ。教えるって難しいですね」と親方、いつもの苦言sweat01

・北太樹vs若荒雄
「横綱大関戦だと燃える若荒雄」と八角親方(笑)「こういうタイプの力士は上位と当たると火がつくんですね。私も気持ちはわかります。」久々に若荒雄の突き叩きが如実に出た一番。北太樹、どこから星を戻していけるか!?bearing

・朝赤龍vs高安
立合い当たってから左のど輪で一気に出た高安。「引き手を速くしないと手繰られますが、高安は速く引いてるので手繰られないんですよね。」という、朝赤龍に何もさせなかった高安の一番!高安6連勝~~~sign03

・旭天鵬vs隠岐の海
注目の五連勝対決!娘さん「先にバースデーケーキの火を消しちゃった」というテンホー様のコメントに情景が浮かんでしまう(笑)
隠岐の海、先に右上手を取り自分優位で出たところをテンホーさまが右おっつけながら左に回して隠岐の海を豪快に出しちゃったcoldsweats01またしても師匠の前で・・・><
「左下手が引けたので安心した」とテンホーさま。本当に優勝してしまうんではないか?という勢いで6連勝!!!そしてアンケート3位!!!

・雅山vs大道
「雅山には差しにいったらダメ」と関ノ戸親方coldsweats01。左からの突き落としをくらった大道であった。まだまだ場内を沸かせ続ける雅山!

・時天空vs翔天狼
張り差し、左から出し投げで時天空があっけなく決める。両者ともに2勝4敗。

後半戦

・栃煌山vs舛ノ山
トモハルくん、今場所初めての後半戦だ!当たりは完全に勝ったトモハルくん、栃煌山を押し込むが右上手をとられ左からすくい投げを狙う。そこで左に回った栃煌山が左から引きながら突き落とし。うーん、でも当たりは良かったよsign03栃煌山何気に(失礼)4勝2敗、舛ノ山2勝4敗。

・安美錦vs豪風
立ち合いの当たりは豪風に押し込まれ、右へいなす安美錦。さらに豪風が前に突進したところで土俵際突き落とす。土俵際、相当きわどく物言いがついたが、いつも粘り勝ちのアミさま。足が残ってた。やっぱり土俵際といえばアミさま&豊ノ島(笑)アミさま、5勝1敗!!!

・松鳳山vs豊響
立合い土俵際まで松鳳山を押し込んだ豊響だったが、松鳳山右上手投げの逆転勝ち。
「背中を丸めるべきところでお腹を突きだした豊響に敗因」と関ノ戸親方。両者ともに2勝4敗。

・妙義龍vs阿覧
まずは両者、距離をとっての応戦。妙義龍がフェイントをかけるようなレスリング風の引きを・・・(笑)レスラーにはレスラー魂を?みたいな珍しい光景coldsweats01相当警戒していた模様。妙義龍、押し出し。
最後に阿覧、髷に手が入ってるぞと思ったら藤井アナ指摘。妙義龍、堂々の5勝1敗!!阿覧、初日出ずsweat02

・栃ノ心vs豪栄道
左おっつけ頭をつけながら右下手、左にひねり下手投げのゴータロー。栃ノ心あっけなく・・・で初日出ず><豪栄道3勝3敗。

・琴欧洲vs魁聖
琴欧洲、右肩甲下筋挫傷で全治二週間。魁聖、明日は妙義龍戦だ!sweat02

・豊ノ島vs稀勢の里
圧力勝ちのキセの迫力(笑)右前廻しの豊ノ島だったが左はキセがグッと抱え込むように使わせず、体を使って押し出される。
幕下解説で若藤親方が言っていた「相手に力を出させない」という技、稀勢の里が非常にわかりやすい良いお手本だった。確かに幕下ではこういう技術が見られないなあ。なるほど。
稀勢の里、アンケート2位で6連勝!

・日馬富士vs豊真将
今場所は右が使えてると自己分析する豊真将。八角親方、日馬富士に「足を使っての勝ち」を求める。事実、これまでの対豊真将戦は叩き込みばかり。
そして今日も・・・攻めても押し込みきれない日馬富士、土俵を存分に残して思い切り豊真将はたきこみ。
はたから見ていても、あれだけ体勢が低いうえに座高がある豊真将じゃ(え、違う?)いくら腕が長い日馬富士であっても左も差せないかも(-_-;)でも立合いはすごく良かったハルさま、6連勝!三日間、速い相撲が続くな~sweat02

・碧山vs鶴竜
右入りもろ差しになってからが早い鶴竜。碧山が窮地に陥り巻き替えようとしたら、横に揺さぶりながら出ていった。鶴竜相撲で5勝1敗!碧山、初日が出ない・・・sweat02

・白鵬vs臥牙丸
絶好調の横綱、立合い踏み込み鋭く右かいな返して即すくい投げ。6連勝!


ここまで6連勝は平幕の旭天鵬・高安稀勢の里・日馬富士・白鵬の5名。
5勝1敗旭日松・隠岐の海・安美錦・妙義龍・鶴竜の5名。
い~んでないの?happy01

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所七日目:取組結果 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/55656127

この記事へのトラックバック一覧です: H24年大相撲九月場所六日目メモ:平幕五連勝潰し合いは旭天鵬に軍配:

« H24年大相撲九月場所六日目:取組結果 | トップページ | H24年大相撲九月場所七日目:取組結果 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード