« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

サマソニ2012のティアーズ・フォー・フィアーズ

相撲漬けの日々からそろそろ足を洗わねば(笑)
でもまだ無理かcoldsweats01

ひとまず違う話題をたまには。

幸い、WOWOWが見られる環境の友人が今年のSummer Sonic総集編番組のダビングをしてくれまして・・・ブルーレイが到着したので、早速見てみました!

総集編8時間分を早送りでチェックし・・・2日目に出てました、Tears For Fearssign03(≧∇≦)

・Everybody Wants to Rule The World
・Head Over Heels
・Shout

の3曲。もっと(というか全部)見たかったのはやまやまですが、諦めていたソースが見られただけでも嬉しいやっぱりcrying

さすがに20年以上の月日は嘘をつけません・・・こと容姿に関してはcoldsweats01
ローランドのアゴのたるみが気になりましたが(笑)、二人とも体型はよく維持してるし、何よりも演奏が変わらず素晴らしい!
ライブのクオリティはさすがです。

Shoutのイントロがかなり工夫されていました。
でも、サビは変わらず。

フィリピン公演はあったのに、なぜ日本公演がなかったのか・・・。
ぜひ単独公演を実現させてほしいなあ・・・近い将来に。

サマソニを機会に、真面目に再来日を考えてもらいたいティアーズ・フォー・フィアーズでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大相撲関連番組(2012年9月30日~10月3日)

・9月30日(日)
TBS(MBS) 8:00~9:54「関口宏のサンデーモーニング
貴乃花親方、「御意見番」コーナーに登場。


・9月30日(日)
TBS(MBS) 23:00~23:30情熱大陸

第70代横綱誕生!日馬富士汗と涙の50日
プロ級絵画の腕前と家族の愛情に包まれた28歳の素顔に迫る。秋場所で2場所連続全勝優勝し、満場一致で今週横綱昇進が決まった日馬富士。「横綱を自覚して、全身全霊で相撲道に精進します」と口上を述べた28才の新横綱に密着する。2000年、安治川親方にスカウトされモンゴルから日本の相撲界に単身入門した日馬富士だが、当時は線が細く絵を描くことが得意な文科系の青年だったという。そんな彼が日本の角界の頂点、横綱に上り詰めた経緯とは?番組では、幕内で2番目の軽量力士がひたむきに練習に取り組む己への厳しさや横綱を目指すプライド、また、稽古となれば人を寄せ付けないオーラを放つが、普段は丁寧で気さくな人柄に密着。さらには母国モンゴルで過ごすオフの姿などもお伝えする。



・10月1日(月)

NHK BS-1 20:00~20:44
NHK総合 10月3日(水) 1:25~2:09(※2日深夜)
アスリートの魂

無心で“前へ” 大相撲 舛ノ山
大相撲・名古屋場所、平幕最多の勝ち星を挙げ、平成生まれ初の三賞受賞を果たした幕内最年少力士の舛ノ山、21歳。180キロの巨体を生かし、相手を一直線に押し出す“速攻相撲”が信条だ。その活躍の陰には、生まれ持っての肉体のハンデと、フィリピン人の母親への強い感謝の思いがあった。西6枚目と番付が上がった秋場所。三役などの格上を相手に、無心で前へ進む、舛ノ山の闘いに密着する。



・10月2日(火)

BS-TBS 22:00~22:54英雄たちの決断
新番組。第一回放送「大相撲/高見盛」

闘争心をむき出しにして戦いに挑むその姿にファンは引き付けられる。相撲界きっての人気力士、高見盛精彦。初土俵を踏んでからの13年間、TBSのカメラは彼を追い続けた。「ロボコップ」と呼ばれるきっかけとなったあのパフォーマンスが生まれる裏には、ある決断があった。高見盛はもう36歳になった。同期生たちは次々と土俵を去り、世代交代の波が押し寄せてきている。去年の9月には十両に陥落。今年の9月場所の結果次第では幕下に落ちる可能性も出てきた。崖っぷちに立たされた高見盛はある決断を自分への手紙に記した。「幕下に落ちれば、引退する」相撲人生をかけた、いわば遺書である。幕内に踏みとどまるのか―、それとも引退か―進退をかけ、運命の9月場所に挑む高見盛に追った。

まだ他にもあるかもしれませんが、ひとまず気付いたのはこれだけ。
「これだけ」というには、あまりにも興味深いランナップばかり。
トモハルくん、問題は肺だけではないというニュースにも愕然としました・・・crying

どうぞお見逃しなく!

Photo

(↑昨日、栃乃洋引退相撲でトモハルくんに写真をお願いしました。君は本当に本当に人として素晴らしい子だよ!crying

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年9月28日 (金)

第70代横綱日馬富士・明治神宮奉納土俵入り

Dscf9484

・・・行ってきてしまいました。
後ほど(後日?)、ヤフーにあらためてもう少し詳しい式次第をアップすることにします。
ちなみに肝心の初土俵入りそのものは、その場にいる自分の目でしっかり見届けたいと思ったので、撮影は全くしていませんcoldsweats01
報道陣もすごかったし、たくさんの方が撮影していたので、そちらをご覧いただいたほうがいい写真がたくさん見られると思いますconfident
そもそも、私が見たのもハルさまたちのお尻のみですしcoldsweats01

Dscf9504

でも、背中が見られたのはよかったかも。
本場所の15日間、土俵入りと取組に見せていたあの闘志剥き出しの背中とは全く異なる背中でした。
今日は緊張もあったとは思いますが・・・(笑)
もっと、大きなゆったりとした広がりを背中に感じたことは確かです。

式のリハーサルのために拝殿にハルさまが入ってきた途端、それまで降っていた雨もやんで日が射してきたことも驚きでしたcoldsweats02
雨でびしょびしょだった石畳も、式が始まる頃には完全に乾ききっていました。
雨が土俵入りのために、石畳を完全に清めてくれたようでもありました。

Dscf9507

Dscf9508_2

Dscf9509

感激の土俵入りでした。文字通り、心が震えました。
白鵬関の不知火型とはまた異なる形。
これからどんな不知火型へ進化・洗練されていくのか。とても楽しみです。

ほんとに・・・いままで生きてきて本当によかった(泣)

横綱・日馬富士!最高にカッコよかったweep
貴方の存在そのものに感謝です。
今夜はいい夢が見られそうですsunfujihorse

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年9月27日 (木)

竜電、新十両に昇進!

Ryuden_smiles

スポニチより:

21歳の新十両 竜電「これからが重要。横綱に上がりたい」

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲九州場所(11月11日初日)の番付編成会議を開いて十両昇進力士5人を決め、竜電(21)=本名渡辺裕樹、山梨県出身、高田川部屋=が、ただ一人の新十両となった。
 山梨県出身では24年ぶりの新十両となった竜電は東京都江東区の高田川部屋で記者会見した。笑顔の中にも緊張感を漂わせ「これからが重要。横綱に上がりたい。まずは幕内に」と話した。
 193センチ、141キロの堂々たる体格で外国勢優勢の角界で活躍が期待される。師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)は部屋継承後、初の関取誕生に「すがすがしいと思ってもらえる相撲を取っていかないと」とハッパを掛けた。

[ 2012年9月26日 18:04 ]


時事ドットコムより:

竜電「早く幕内に」=大相撲

日本相撲協会が26日に開いた九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)の番付編成会議で新十両に昇進した竜電(21)=本名渡辺裕樹、山梨県出身、高田川部屋=が同日午後、東京都江東区の同部屋で記者会見し、「目標は横綱。まずは早く幕内に上がりたい」と抱負を語った。
 秋場所は7戦全勝で幕下優勝し「自信になった」。年齢が同じで、ライバル視している千賀ノ浦部屋の舛ノ山は既に幕内で活躍しており「頑張って抜き返したい」と目標を掲げた。 師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)は「どれだけ自分を追い込んでいけるか。ここからが勝負」と期待した。

(2012/09/26-16:06)

続きを読む "竜電、新十両に昇進!" »

日馬富士、新横綱に向けて!

ハルさまの話は今週いっぱい落ち着きそうもないので、こちらも心落ち着かずcoldsweats01

今日は伊勢ヶ濱部屋で綱打ち式と、横綱土俵入りの稽古が。
映像が楽しみですcrying
ひとまず、相撲協会ツイッターで様子が少しずつ配信されていくようで・・・嬉しい限り!
ネット、ありがたいですね。
綱打ちが始まる前の写真、テンホーさまやマツコさんの姿も見えています!happy02
すごいなあ・・・!
こんな写真を見るだけで感激して涙が出てきそうですcrying(出てる・・・)
日刊スポーツの佐々木記者のツイッターもお忘れなく!happy01
アミさまとハルさまのツーショットもありますよhappy02

それにしても昨日の横綱昇進伝達式のニュースは自民党総裁選で露出度が思ったより少なく、ガックリきましたdown
名古屋場所でも全勝優勝だったのに、「あっちゃん」のお陰でスポーツ紙も一面を飾ってくれなかったし、今回の綱取り場所での全勝優勝でさえも野球に押され・・・weep
ハルさま、マスコミ運悪いdowndowndown
おそらく、同じ立場が日本人力士だったら全く状況は変わっていたのでしょう。
(心が狭い日本・・・一にも二にも島国根性&経済効果優先)
いや、こういう面で運が悪いからこそ、土俵の神様はきちんとハルさまを見てくださっていることと思います。
何よりも努力。そして土俵の神様への感謝の心。
生観戦した千秋楽、力尽きて動けなくなりガクッと倒れたのかと思ったハルさま。
帰宅して映像を見たら、そうではなくて額を土俵に付けて、これまでの感謝の気持ちを土俵の神様に表していたのですねcryingcryingcrying

ファンとしては、やはり張り手多用とダメ押しが、スピード相撲に徹することで自然と消えて行ってくれることを願いたい(笑)
もちろん、稽古場で過渡の「かわいがり」をする姿も見たくありません。
「私は私」、その言葉が過去の日馬富士ではなく、これからさらに進化していくであろう「横綱・日馬富士だけがとれる相撲」に向けた言葉であると信じています。

早速、伊勢ヶ濱親方からは「横綱の心得五カ条」も伝授されました。
24日、横審が推挙を決定した24日にハルさま、師匠の部屋に呼ばれたそうです。
その内容は:

(1)自分の時間はないと思え
(2)世の中のためになる人間になれ
(3)相撲協会を引っ張る人間になれ
(4)日馬富士らしい相撲を貫け
(5)横綱らしい立派な体をつくれ


というもの。
大変なことです。大関も多忙ですが、それどころではない人生が待っている。
でも素晴らしい師匠に恵まれて、本当に良かったと思うcrying
師匠にしっかりとついて行ってほしい!
そして心狭き日本人が言う「求・日本人横綱」という言葉を凌駕し、純粋に「横綱」としての本分を全うしてほしい。
2年前からモンゴルの警察学校の通信教育まで受けて来年には卒業。
絵心から人となりが伝わってくる文武両道のハルさまなら、きっと栄えある「第70代」というキリのいい横綱時代を、歴史に残る一人として築き続けてくれることと信じています。
小兵力士にも大きな夢を与え、相撲界をどんどん盛り上げていってくれることでしょうsign03

感動しっぱなしだなあ・・・新横綱誕生、こんなに心に迫るものだとは想像もしませんでした。
初心者なのでなおさらcoldsweats01白鵬関の新横綱土俵入りさえ見ていない私であります。
でも何より、大相撲を好きになるきっかけとなった力士がここまで登り詰めたことに、感動を覚えます。

Dscf9112_2

↑このお皿、2010年4月の秦野巡業でもらったお土産なんですが。
これから始まる秋巡業では、第七十代が加わるんですねsign03
いいなあ~~・・・heart02
「70」。モンゴルでのバスケットボール試合で選んだハルさまの背番号。
夢は現実となりました。
しかも、師匠の名前から7番目。
横綱・白鵬に付いて回るのが「69」だとしたら、ハルさまに付いて回る数字は「7」でしょうか。(秋場所で白鵬関も、所要69場所で史上最速の勝ち星数を挙げましたね、そういえば。)
奇しくも、気学では白鵬は六白金星。ハルさまは七赤金星。
「七月」場所から綱取りへの足がかりをつかんだ日馬富士。
横審の鶴田委員長は「2輪の花」と表現しましたが、金色に輝く二つの星がこれからの角界を牽引していってくれることになります。
白鵬が動じない星なら、日馬富士は磨き抜かれた技で輝く星。
「白」鵬に「日」馬富士。
西方から朝日が差してきたかのような時代。暗い日本を助けるのは、ここ「白日」にあるような気がしてしまいます。
そしてもちろん、相撲は神事。
神社と相撲が存続する限り、この国は存続できることでしょう。

ニュース内容もすこしずつ変わってきているので、総括(?)はまたいずれ。
綱打ち式のことを思うと、ソワソワしっぱなしですsweat02

(中日スポーツさんから)Pk2012092702100068_size0

(時事通信さんより。緊張する八角親方もナイスwwwwwww)View0013364290

ついでに、趣旨は違いますが今朝の朝日新聞からcoldsweats01

Dscf9113

まあこれはともかく。というか、どうなるんですかねこの国は一体・・・「鳥肌が立ちました」(千秋楽より一部引用)。

何度でも言います。おめでとう日馬富士関sign03sign03sign03

地位が人を作る。信じています。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

続きを読む "日馬富士、新横綱に向けて!" »

2012年9月26日 (水)

H24年大相撲九月場所:各段優勝力士

新横綱伝達式たけなわですが・・・新横綱誕生に関してはまたあらためて。

■幕内優勝
東大関 日馬富士(ダワーニャム・ビャンバドルジ  )  (15勝0敗)
伊勢ヶ濱部屋 昭和59年4月14日生(28歳) モンゴル・ゴビアルタイ出身
平成13年 一月初土俵

■十両優勝
西三枚目 常幸龍(佐久間 貴之)  (11勝4敗)
木瀬部屋 昭和63年8月7日生(24歳) 東京都北区出身
平成23年 五月技量審査初土俵

■幕下優勝
東十二枚目 竜電(渡邊 裕樹)   (7勝0敗)
高田川部屋 平成2年11月10日生(21歳) 山梨県甲府市出身
平成18年 三月初土俵

■三段目優勝
東二十五枚目 (前田 一幸)   (7勝0敗)
井筒部屋 昭和56年8月29日生(31歳) 愛知県刈谷市出身
平成12年 三月初土俵

■序二段優勝
東十一枚目 岩崎(岩崎 拓也)   (7勝0敗)
木瀬部屋 平成元年6月11日生(23歳) 東京都江戸川区出身
平成24年 五月初土俵

■序ノ口優勝
西四枚目 蒼天龍(彦坂 政考)   (7勝0敗) 錣山部屋 平成2年8月27日生(22歳) 愛知県豊橋市出身
平成20年 十一月初土俵

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年9月25日 (火)

H24年大相撲九月場所千秋楽:取組結果

■平成24年 九月場所 千秋楽の取組および結果(幕内) 2012年9月23日 日曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(千秋楽)~幕内:
1位:日馬富士 2位:舛ノ山 3位:千代の国

続きを読む "H24年大相撲九月場所千秋楽:取組結果" »

H24年大相撲九月場所千秋楽。ついに終わってしまった。そして始まり。

Dscf9304

言いたいことがありすぎるので・・・すっかりご無沙汰してしまいました。
どう書くべきかわからないうえ、体も千秋楽生観戦ですっかりボロボロになってしまいcoldsweats01
いや、ボロボロだから頭が働かないのか。
やっといくらか回復してきましたsweat02

でも、とにかく歴史的瞬間を目の前にすることができたこと。
本当に幸せです。

昨夜、BS-TBSで「江戸のススメ」をちょっとだけ見たのですが、そこで流れた3年前の白鵬vs日馬富士戦。ハルさまが初優勝を決めた平成21年五月場所。
銀の締め込みだったハルさまと白鵬のあの攻防、今回の千秋楽ともかぶる部分がありました。もちろん、今回の綱取り最後の一番は、それを凌ぐ意地のぶつかり合い、力を絞り出した「もののふ」たちの激闘がよりいっそうパワーアップしていたわけですが・・・

3年前のハルさまの華奢な姿にもびっくりしたし、二人とも顔があどけなかったことにもビックリ。
20代の3年の月日は大きい。
今の二人。本物の男前になったなあ・・・。
これからがますます楽しみです。

力士としての本分を全うしながら、社会人としての活動にも心を尽くす二人。

泰然自若とした、あるいは信念を強く持った心。
「一日一日」の大切さを噛み締める、緻密な心。
ご先祖様から頂いた命と体を感謝する心。
日々の稽古で鍛え抜かれた技と体。

綱を張れる人間の資質には、さらに「いかに頭を使えるか」もあるように思います。
頭がいい、悪いではなく、「どうやって」頭を使うのか。どんな方向へ頭を使うのか。
綱を張れる人たちというのは、そこもまた他と一線を画すのではないでしょうか。

力士たちよ。心技体のために、賢くあれ。
頂いた命のすみずみまで覚醒させよ。

土俵での一瞬に、見る者はその力士のそれまでの人生を見るのです。
というより、見えてしまうのです。
廻し一本の裸だけを見ているのではない。
その心意気を見ているからこそ、目が離せない。

みんな、ガンバレsign03Dscf9301

あ、ヤフーブログのほうには写真中心でぼちぼち更新しております。
今日、入り待ち記事終了しました(笑)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2012年9月22日 (土)

H24年大相撲九月場所十四日目:取組結果

■平成24年 九月場所 十四日目の取組および結果(幕内) 2012年9月22日 土曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(十四日目)~幕内:
1位:若の里 2位:白鵬&安美錦

続きを読む "H24年大相撲九月場所十四日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所十三日目メモ:賜杯争いは2名に&序ノ口・三段目・幕下優勝力士決定

まずは個人的には何よりも竜電くんの7戦全勝が嬉しいsign03crying
大相撲中継放送終了後、あまりに嬉しかったのでヤフーブログに竜電くん記事を更新しました(笑)
(大したことは書いてませんが・・・最後の取組映像も貼り付けさせていただきました。)
さっそく高田川親方の厳しいお言葉もありましたが、今場所の日馬富士を見てもわかるように「稽古は嘘をつかない」。
これからが真の勝負。己の心技体をどこまで高みに持っていくことができるのか。
応援していますsign03

取組では、表情を見た限りでは千代丸くんが仕切りの時点で完全に竜電くんに呑み込まれてるような印象を受けましたcoldsweats01
立合いが合わないと、押し相撲力士には特に不利になるのかな・・・という気も。
それにしても、今場所の竜電くんの相撲は連日素晴らしい内容だった!
さらに厳しさを出して、観客をうならせる大きな相撲をとれるようになってほしいなあ!

四股名は・・・「竜電」のままがいいなあ~happy01
それとも改名してしまうんでしょうか?

それから、今日驚いたこと。
黒海の引退。
日馬富士の跳躍(あえて「ジャンプ」とは書かない。あれには「跳躍」という言葉がふさわしい!)
天鎧鵬の粘り!
国ちゃんが全然考えてなかったこと!(_≧Д≦)ノ彡
横綱の土俵入りでの四股、左足が数カ月ぶりに高めに上がったこと。

主にこの5つ。

妙義龍関が何事もなかったかのように素晴らしい相撲をとったこと、序ノ口優勝した蒼天龍さんのコメントがテレビ目線だったことなども印象的でした(全然違う話ですがsweat02)。

そんなわけでまたいつかお会いしましょう(笑)

あ、記事タイトルと内容がいま四つ噛み合ってない気が・・・ご了承くださいcoldsweats01

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲九月場所十三日目:取組結果

今場所で初めて三段目の取組結果も追加してみました。
秋場所13日目、BS放送もずいぶんとずれ込んで三段目取組が満載だったので(笑)

表を追加した代わりに、記事の容量が大きすぎて一部文字の色変えができないという不具合が( ̄Д ̄;;

取組メモは後ほど(?)
手短に・・・言いたいことはいろいろあるのですが、今日から千秋楽にかけては取組結果しか更新できない気配が濃厚です。
そしてそのままお蔵入りになりそうな予感coldsweats01
千秋楽だけは生観戦予定なので、後日写真中心のレポートを更新します!
でもココログは写真が多いとダメダメなので、ヤフーブログへ更新予定。

■平成24年 九月場所 十三日目の取組および結果(幕内) 2012年9月21日 金曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
東小結 碧山
3勝10敗
押し出し 豊響
6勝7敗
西前4
東前4 安美錦
8勝5敗
首投げ 豪栄道
7勝6敗
西関脇
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
12勝1敗
押し出し 鶴竜
10勝3敗
西大関

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(十三日目)~幕内:

1位:日馬富士 2位:大道 3位:松鳳山

続きを読む "H24年大相撲九月場所十三日目:取組結果" »

2012年9月21日 (金)

H24年大相撲九月場所十二日目メモ:幕下&十両

【幕下以下】

取組は見てないのですが、伊勢ヶ濱部屋の一富士さん、善富士くんが勝ち越し!
国ちゃんのお兄さん、千代の眞も勝ち越し!
よかったよかったhappy02おめでとう皆さん!

【幕下】

正面解説:清美潟親方(栃栄)。向正面解説:若者頭の花ノ国さん。実況:太田アナ。

・琴恵光vs克乃富士
琴恵光くん、土俵から飛び出しちゃってたな・・・coldsweats01てっきり負け越してしまったかと思ったが、まだ一番チャンスあり!克乃富士、勝ち越し!

・能登櫻vs武玄大
武玄大、激しかったぞ!5勝1敗に。

・天津vs兜岩
兜岩、大きいのにスピーディーなので見ていて気持ちがいいんですよね。負け越した後に1勝!

・舛ノ勝vs相坂
舛ノ山トモハルくんの付け人をしている舛ノ勝、やりました押し出しで3勝3敗!千賀ノ浦部屋の力士って元気溌剌とした相撲をとる子が多くていいなあ。

・千昇vs竜王浪
師匠の式秀親方が九州場所後に引退となる千昇、再び十両返り咲きを目指して頑張ってます。右上手をとって力強く寄り切りで5勝1敗に!
清美潟親方も十両昇進して怪我で途中休場となった苦い経験があるそうで・・・「怪我をしての新十両途中休場は自分のせいですから」とコメント。怪我をしない相撲をとることを考えるって本当に大切・・・。

・笹ノ山vs千代嵐
勝ち越しを決めた力士同士の対戦、千代嵐突き落としで5勝目!

・佐田の海vs藤本
藤本の攻めと守りが一体化している、と解説があったか?藤本がとにかく良くて佐田の海、いいところがなかったcoldsweats02押し出しで藤本が5勝目!

・川成vs琴国
「川成は脇を締めていなかったので、攻めても土俵際で突き落とされるんです」とのことsweat02
川成勝ち越しならず、琴国が下手投げで勝ち越し!

・潮光山vs朝天舞
気持ちが全面に出ていたのは朝天舞。潮光山、苦手なんだろうか?いつもの気迫がなかったような・・・押し倒しで朝天舞2勝4敗。潮光山、1勝5敗・・・crying
朝天舞が取組後に土俵下の審判・井筒親方からニコニコ何か話しかけられていたhappy01朝天舞も笑顔でしゃべってたけど・・・井筒親方、朝天舞が勝つ瞬間を見る顔もVTRでなんだかニッコリしていました(笑)井筒親方の笑顔はなごみますconfident

・錦木vs魁
魁がよかった。寄り切って魁2勝4敗。錦木1勝5敗><

・渡辺vs勝誠
渡辺くん、ぬあああんと勝ち越しちゃったよ!しかも押し出し、勝ち越し決まった時の笑顔がとても印象的だったhappy02おめでとうsign03あと1勝、頑張れ!!!勝誠、3勝3敗。

・青狼vs祥鳳
祥鳳が珍しく押しに徹した相撲をとったsign03勝ち越して気持ちが楽になったのか!?一度だけ引きの動作も入った気もするが、基本力強い突き押しで青狼がガタガタに。
どちらも1敗した相手が竜電くんでした。う~ん・・・予想外の展開。祥鳳、これで5勝1敗。青狼、4勝2敗。

・大雷童vs武州山
負ければ負け越し、の対戦・・・武州山~~~crying引きまくっちゃったなあ・・・cryingあと一番、納得できる相撲で終えてほしいcrying大雷童、最後の一番に勝ち越しを賭けることに。

続きを読む "H24年大相撲九月場所十二日目メモ:幕下&十両" »

H24年大相撲九月場所十二日目メモ:幕内

いろいろと、変なものがいそうな国技館・・・という感じの十二日目でした。

【幕内】

正面解説:勝昭くん。向正面解説:秀ノ山親方(琴錦)。実況佐藤アナ、東西リポ藤井アナ・刈屋アナ

土俵入り。気になる化粧回しナド。

Dscf8812↑ 一昨日?から気になっていた、天鎧鵬関の化粧回し!秋の香りで風流、ステキhappy02

きらきら光るトモハルくんの化粧廻し。体もいつもプリプリツヤツヤなトモハルくんのイメージにぴったりですheart01Dscf8813
ゴータローくんのこの化粧回しもキレイhappy02Dscf8814
今日の目玉はこの二人の境川勢。優勝戦線のキーマンとして。Dscf8815
碧山が赤い化粧回しに変えてきました!Dscf8818

続きを読む "H24年大相撲九月場所十二日目メモ:幕内" »

2012年9月20日 (木)

H24年大相撲九月場所十二日目:取組結果

■平成24年 九月場所 十二日目の取組および結果(幕内) 2012年9月20日 木曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
11勝1敗
突き倒し 妙義龍
8勝4敗
東関脇

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(十二日目)~幕内:

1位:松鳳山 2位:日馬富士・高安・隆の山

続きを読む "H24年大相撲九月場所十二日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所十二日目:大関全勝、横綱1敗守るが・・・。

最後の二番。
なんという二番。
しかし中でも結びは・・・。

高安といい、妙義龍といい、なぜこんなデジャヴのようなシーンが一つの場所に二度も。
今後の土俵が不安になります。今場所というより、もし二横綱時代が到来したらということも含めての話。

日馬富士は高安の張り手以来、張り手は見ていない気がしますが…って、まだ高安の後は二番しかとっていないわけですが。

強い二人が揃ってこういう形で下位を打ちのめすことに、戦慄を覚えてしまいました。

左の張り手から、強烈な右のかち上げ。妙義龍の頭が張り手で横綱の右肩に入ってからのあの一撃は、下手したら命さえ危ないのでは。

横綱と日馬富士の気迫。
恐ろしくなってきました。

土俵の神様、昔話のような相撲だけは勘弁してください。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲九月場所十一日目メモ:幕内

【幕内】

正面解説:舞の海くん、向正面解説:西岩親方(玉乃島)heart04、実況船岡アナ。東西リポ刈屋アナ・白崎アナ。

Dscf8741

玉ちゃん、髪型がツンとして体重も落ちて、目尻がきりっと上がりオトコマエ~lovely
なんだけど・・・後ろの浅草芸人のようなオジサマが気になってしまいました・・・sweat02

幕内土俵入り。

Nec_0008

やっぱりすごい、大関・日馬富士の背中のオーラ。Nec_0009 Nec_0011

Nec_0013

隠岐の海に与太夫さまhappy01奥にはトモハルくんがheart01Nec_0014

がんばってほしいカクリュー!あ、キセもかwNec_0017十日目に気付いたのですが、天鎧鵬のトンボとススキの化粧回しがすごく美しいhappy02
天鎧鵬のドジョウ化粧回しも好きなのですが・・・いい化粧回したくさん持ってるな~天鎧鵬関♪

それから、言い忘れてましたが横綱の土俵入り。
四股の踏み方が、中日頃からでしょうか?変わりましたね。
まず右脚をはずみをつけずに上げて下ろす。せり上がり後の右脚ははずみをつけ、左脚ははずみをつけず足もあまり上げずに下ろす。
五月場所から、左脚の上げ方が少ない横綱ですが、あれはわざとなんでしょうか・・・。
場所毎に土俵入りに工夫を凝らす白鵬も、興味深く見ております。

Nec_0022

Nec_0026
Nec_0028

Nec_0030

続きを読む "H24年大相撲九月場所十一日目メモ:幕内" »

H24年大相撲九月場所十一日目メモ:十両

【十両】

解説:富士ヶ根親方(大善)、実況三瓶アナ、リポ佐藤アナ

・政風vs鬼嵐
政風、十両土俵上での取組。立合いから左おっつけの威力があったのは鬼嵐だったが、鬼嵐の引きにも構わず前に出て体を寄せていった政風が寄り倒す。鬼嵐、2勝9敗><政風、最後に勝ち越しなるか!?
そうそう、政風はいま嘉風の付け人やってるんですね!でも一度関取を経験した力士って風格が備わってオーラがそれまでと違うように思います。見知った顔になったから、というだけではないような。

・里山vs北はり磨
勝ち越しを賭ける里山だったが・・・立合い失敗かな~bearing北はり磨の出足が良くて全く攻められないまま押し出されてしまった><北はり磨、またも踏みとどまり4勝7敗!

・磋牙司vs荒鷲
磋牙司、強引な引きだけを繰り出し荒鷲に出られて土俵下に落ちてしまった。起き上がり辛そうにしてたのでまた左をさらに痛めたのではないかと不安><落ちる時にも打ったのでは!?sad荒鷲の決まり手は寄り倒し。

・大岩戸vs皇風
下から前へ前へと攻める皇風だったが、上体が前へ伸びてる状態で左からいなしたら大岩戸のいなしが決まり、手がついてしまった。引き落としで大岩戸、踏みとどまる。皇風、2勝9敗・・・。

・寶智山vs双大竜
かち上げから突っ張る寶智山、双大竜の右下手が入り攻められ回り込んでいく最中に双大竜の右足が出てしまうのと同時ぐらいに寶智山も押し出されて物言い。時間がかかっての判定は「双大竜の足が先に出ており行司軍配通り」寶智山の突き落とし。寶智山勝ち越しまであと1勝!双大竜、後がない><

・千代鳳vs琴禮
当たりは互角だが低く押していくピヨちゃんをつい引いてしまう琴禮、一方的な相撲にsadピヨちゃん押し出しで5勝6敗、琴禮6勝5敗。

・大喜鵬vs徳勝龍
左四つ右上手の大喜鵬、廻しが切れても体を寄せて攻めきった!富士ヶ根親方も「キップのいい相撲ですね」と絶賛happy01大喜鵬、押し出しで6勝5敗。徳勝龍、5勝6敗。

続きを読む "H24年大相撲九月場所十一日目メモ:十両" »

H24年大相撲九月場所十一日目メモ:幕下・・・というか竜電中心w

【幕下】

解説:甲山親方(大碇)、実況:厚井アナ。

・大波vs千代丸
小柄な大波と、完全なる押し相撲体型の千代丸との全勝対決。でも何より地力が違うという感じで押し倒しsweat02西三段目5枚目の大波、5勝1敗。千代丸、西幕下48枚目での6戦全勝は当然といったところなのかな?

・扇富士vs喜ノ国
変わってこちらは全敗同士^^;
喜ノ国に初日が出た!土俵中央での上手出し投げ。

・玉大輝vs旭大星
「今場所、動きがいいですね。体も少し大きくなり、当たり負けしなくなってきました(旭大星)」といったように褒める解説があると力士が負ける法則始動coldsweats01(そういうことが多い気がしますsweat02
玉大輝、寄り切って勝ち越し!旭大星、一方的ではなかったのでドンマイドンマイ!

・福轟力vs宝香鵬
すでに勝ち越しを決めた両者。星を上積みしたのは福轟力、押し倒し。

・豊乃國vs唐津海
豊乃國、いい相撲で重い唐津海を押し出して勝ち越し!

・寺尾丸vs琴福寿
寺尾丸、いい体してるのに今場所何か咬み合わない?琴福寿、掬い投げで3勝3敗。寺尾丸、負け越し><

・竜電vs武誠山
5戦全勝対決その2!仕切りの時から武誠山は竜電くんに雰囲気呑み込まれてるような気がしたのですが・・・というわけで竜電劇場の幕開けです!(ファンだから許して)

さあ、始まります!Dscf8742

Dscf8744

Dscf8745

武誠山さんは雅山の付け人さん^^

続きを読む "H24年大相撲九月場所十一日目メモ:幕下・・・というか竜電中心w" »

2012年9月19日 (水)

H24年大相撲九月場所十一日目:取組結果

■平成24年 九月場所 十一日目の取組および結果(幕内) 2012年9月19日 水曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
10勝1敗
寄り切り 豪栄道
6勝5敗
西関脇

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(十一日目)~幕内:

1位:嘉風 2位:安美錦 3位:隆の山

続きを読む "H24年大相撲九月場所十一日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所十一日目:物言いつきの大きい白星・日馬富士、稀勢の里2敗目・・・

すっごく疲れましたsweat02
日馬富士の物言いに、稀勢の里の黒星sweat02
五月場所で横綱が連敗した時以来の疲労感かも><

なんと旭天鵬、力強い叩き込みで(笑)1敗を守り!
高安も豊響をものともせず2敗でとどまり!
鶴竜も魁聖を全くよせつけず2敗のまま!

これで全勝日馬富士、1敗が旭天鵬と白鵬。
2敗が高安、鶴竜、稀勢の里。
3敗が隠岐の海・妙義龍・安美錦へと変わりました。

そして中継中の今後の予想対戦。 Dscf8731ハルさま、昨日の予想と違い、栃煌山とは組まれない予想になっていた。
そして今日の栃煌山もダメダメだったsweat01下半身がダメだった(u_u。)

でも今は幕内より、竜電くんが!!!
竜電くんが幕下で6戦全勝に~~~~sign03sign03
今日はそれが一番うれしい出来事でした。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
取組終わり土俵下でニッコリ、そして弟弟子の達は気合入りすぎたのか上半身に力入りすぎで負けたと思われます><
幕下の6戦全勝力士はもう一人、九重部屋の千代丸!西幕下48枚目とはいえ・・・対戦したらどうなるかわかりません!(先場所休場で番付を落としているだけの相手です・・・最高位幕下八枚目sweat02

竜電くん、こんなに内容が素晴らしい場所は初めて見たよsign03
最後も精一杯自分の相撲を取りきってくれればそれでいいsign03結果は必ずついてくるsign03

十両も国ちゃんがまた場内を沸かせてくれたのでヨシsign01
空手も柔道も相撲のためだった国ちゃん、その道のりがしっかり土俵で活かされていますhappy02

丹蔵は仕方がない、返り入幕目指す勢相手ではcoldsweats01切り替えていこう!とにかくあと一勝だ!あ~しかし明日は常幸龍かい!苦しい対戦が続きまくる・・・down
星数よりも内容で番付編成をしてほしいものですbearing
(いやまだ負け越しと決まったわけではない!なぜに私が弱気になるのだ~いかんいかん!)

というわけでまずは取り急ぎ・・・今日はトモハルくんも頑張った!!!本当に頑張った、涙出そうだった!!!それも言っておかねばsign03

詳しくはまた。詳しいというレベルではないけれど(笑)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲九月場所十日目:その他メモ

連日、神奈川も強烈が雨が降ったと思いきや急に晴れてきたり、またしばらくして怒涛の雨が降ってきたり・・・と天候不順が続いております。
庭の水やりをしなくて済むのはいいのですが、ペチュニアが雨にやられてよれよれです><
せっかく切り戻しした牡丹色も咲いてきたというのに><
(軒下に入れる余裕がない&鉢が重くて運ぶの怖い、が言い訳sweat02

さて、昨日の秋場所中盤戦最終日すなわち十日目。
ますます目が離せない状況になってきました。
それではいつものごとく、独断と偏見で振り返ります。

【幕下】

正面解説:秀ノ山親方(琴錦)、向正面解説:若者頭の栃の藤さん。実況沢田石アナ。

・香富士vs琴恵光
攻めは香富士だったが、琴恵光の土俵際での粘り勝ち。琴恵光、幕下に戻ってきて薄氷の白星が続くが3勝2敗までこぎつけた!あと2戦、白星を重ねられるか?happy01

・朝弁慶vs武玄大
十日目は出身地にクローズアップしてました。朝弁慶、神奈川なので頑張ってほしいのですが、武玄大が今場所成績がいいcoldsweats02武玄大が掬い投げで4勝1敗!朝弁慶、勝ち越しならず><

・福轟力vs千代丸
4戦全勝同士の対決を制したのは千代丸。叩き込みで5勝!これは・・・竜電くんと当たる可能性も出てくるか!?むむ・・・。

・越ノ龍vs旭大星
テンホーさまの付け人を務める旭大星、相撲が速かったぞ!?見事な切り返しで土俵の真ん中で勝負がついた。あと1勝で勝ち越しだ!

・千昇vs玉大輝
千昇、寄り切りで勝ち越し!

・松本vs天一
圧倒的な突きが出た松本、なんとなく鶴竜を彷彿とさせる顔立ちなのですが相撲は厳しかったcoldsweats02松本、勝ち越しまであと1勝。天一、後がないsweat02

・笹ノ山vs唐津海
立合い立ち遅れた唐津海、一方的に攻めるのは笹ノ山。土俵際まで持っていかれて唐津海、膝から崩れるsweat02笹ノ山勝ち越し!

・佐田の海vs琴国
関取経験者同士。立合いつっかける琴国。二度目、踏み込みよかったのは佐田の海。四つに組み合い常に攻めていたのも佐田の海。寄り切りで勝ち越し!

・潮光山vs琴福寿
琴福寿の圧力が立合いから最後まで強く、潮光山防戦一方><潮光山、負け越しcrying

・朝天舞vs齊心
体勢低く前に攻めていったのは朝天舞だったが、腰をどっしり割って相手をよく見ていた齊心が機を見て押したら朝天舞、後ろ向きに土俵の外に倒れてしまった><決まり手は押し倒し。朝天舞負け越し><

・川成vs達
期待の若手同士の好取組!低く当たった達、右四つで先に攻めようとするが川成の圧力が強く、右上手をとられるとそこから川成の反撃が。西花道側の土俵際で川成が体を寄せながらの投げ。川成3勝2敗、達2勝3敗。達、勝ち越しなるか今場所!?

・鏡桜vs亀井
腰の低い鏡桜。亀井、吊られたらほぼ何もできずに出されるがまま><もし勝昭くんが解説だったらかつての栃煌山のように「サケ」呼ばわりされちゃうよ!><

・大雷童vs希帆ノ海
途中までは大雷童ペースの突き押し優勢、しかし体を入れ替えられ後ろに回った希帆ノ海がそのまま大雷童を送り出しcoldsweats01大雷童2勝3敗、希帆ノ海3勝2敗。

続きを読む "H24年大相撲九月場所十日目:その他メモ" »

2012年9月18日 (火)

H24年大相撲九月場所十日目:取組結果

■平成24年 九月場所 十日目の取組および結果(幕内) 2012年9月18日 火曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
東関脇 妙義龍
7勝3敗
寄り倒し 栃ノ心
3勝7敗
西小結
東前11 旭天鵬
9勝1敗
吊り出し 鶴竜
8勝2敗
西大関
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(十日目)~幕内:

1位:栃煌山 2位:日馬富士・豊真将

続きを読む "H24年大相撲九月場所十日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所十日目:十両この一番は「二丁投げ」!

ハイ、後半戦に入り記事更新内容もどんどんランダムになってきております(汗)
いろいろ前後していきそうだ・・・sweat01
まあ、基本的には自分用のメモだし、いっか(笑)

ところで今日の春日野勢栃乃若・木村山・栃ノ心・栃煌山関取全員白星だったんですよねsign02
まるで五月場所の境川勢のような、オリンピック団体戦のような今年の不思議な符合。
これは・・・安美錦が日馬富士の援護射撃を繰り出す前兆となるやもしれません。
そうであってほしい・・・!(あくまで希望)

さてこの記事のメインはといいますと。
今日の十両取組、千代の国vs丹蔵戦!
正直、どちらを応援していいかあまりに悩ましすぎる取り合わせだったのでしたo(;△;)o

が!ここはやはり、返り入幕を実現させてほしい国ちゃんに勝ってほしかった。
そして結果は・・・両者、力を出し切っての国ちゃんの「二丁投げ」∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

決まり手「二丁投げ」とは:
四つに組み、右(左)足を相手の、右(左)足のひざの外側に掛けて、払うように投げること。(二丁とは、二本足のことをいう。)


・・・だそうですsweat02

せっかくなので、実際の取組を。↓この通り、好調同士の対戦><

Dscf8679

続きを読む "H24年大相撲九月場所十日目:十両この一番は「二丁投げ」!" »

H24年大相撲九月場所十日目:なんと栃煌山、横綱に初金星!!!

今日は白熱した取組満載でしたが・・・あまりに度肝を抜かれたのでとりあえず結びの一番。

「そろそろ何かやってくれないかな~栃煌山」と口にした直後にまさか・・・
オーザン、本当に金星sign03sign03sign03coldsweats02

土俵下でも仕切りでも、いつも以上に顔に汗をかいていたように思えた白鵬でしたが・・・。
横綱の胸の内はともかく、横綱の右差し封じと立合いの当たりのスピードに集中していたと思われる栃煌山。
白鵬が急ぎ過ぎた、左を抱え込んでしまったことが敗因という解説もあったのですが(確かに上体だけが前に行き過ぎていたような)、もうすでに栃煌山の強さは特に中日の豊真将戦に見えていた、と私は個人的には感じました。

何しろ、低い豊真将に対しては横綱も日馬富士も叩き込みでなんとか白星をとったという今場所の内容。
それに対して栃煌山は豊真将を押し出して勝っている。
下半身は脆いところも出す栃煌山ですが、上下の力のバランスがいい時には圧倒的な威力を出すようになったな、と思ったのが五月場所。攻め込まれても大逆転した取組もあった場所です。
中日の豊真将戦は、その上下のバランスの良さ、特に上体の力強さが際立っていました。豊真将の右に入ってのかいな返しの強烈さ(豊真将が傾いた)に続いての、左ハズからの押し出し。今日の横綱への左からの叩き。全く同じパターンの力に見えました。
咄嗟のことだし、流れでそうなったのだとも言えますが・・・
稽古十分の結果が出てきたか、栃煌山!素晴らしい反応だったhappy02

横綱が土俵に手をつけた瞬間の栃煌山の顔、勝ち名乗りを受ける顔にバシッと当たる座布団に関係なく眉間にしわ寄せる表情、花道を引き揚げていく姿。もらい泣きしそうになりました・・・って、栃煌山涙は流してなかったかなcoldsweats01こらえてましたねcrying

今頃、春日野部屋では大騒ぎかsign02何しろ15度目の正直sign03fuji

千秋楽まで横綱・日馬富士とも全勝で・・・というシナリオを期待していたので、それが残念ですが、明日から終盤戦で5日も残っているし、何が起こるか全く予想がつきませんから、まずは栃煌山に「よくやった~~~sign03」と言いたいsign03crying

横綱とハルさまが並んでVTRを見つめる場面も何かこれからの波乱を感じさせるものが・・・coldsweats01
これからも台風の目となるか、栃煌山!?
日馬富士戦もあることでしょう。対戦成績はこれまで6-6の互角。

さあどうなる終盤戦sign02
日馬富士のみ全勝キープ、旭天鵬・稀勢の里・白鵬が1敗、高安・隠岐の海・鶴竜が2敗。
明日は勝ち越しを賭ける妙義龍vs栃煌山戦が組まれていますsign03今後を占う重要な一番sign03特に栃煌山にとってsign03

ますます見逃せない秋場所ですsign03

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲九月場所中日&九日目:竜電~!!!5戦全勝!!!

おおい!!!!
やっと目覚めたか、竜電くんsign02crying
中日に4戦全勝で勝ち越し、さらに翌九日目に5勝目を挙げてしまったsign03sign03sign03

中日の祥鳳にはあのあからさまな叩きの連続にも全く落ちず(よくぞ長い手が土俵に付かなかった!!!)寄り切り、九日目には絶好調の青狼(こちらも4戦全勝)相手に攻めていったsign03sign03
押しの威力もあるじゃないか~~happy02相手がよく見えている今場所だsign03

師匠からも解説者からも「相撲が遅い」と指摘されている竜電くんですが・・・気持ちひとつでこんなに変わるんだ、と今場所自ら手応えを感じていることでしょう!
7戦全勝となれば、皆が待ちに待った関取昇進!

うん、でも、まだ2番あるので。
勝っても負けても、これまで通りの持ち味を出し切って納得の相撲で今場所を終えてほしい!
ガンバレ~~~sign03sign03sign03



え~・・・
というわけで、七日目の十両以下と中日からの取組メモに関してはまたあらためて・・・coldsweats01

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

H24年大相撲九月場所九日目:取組結果

■平成24年 九月場所 九日目の取組および結果(幕内) 2012年9月17日 月曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:式守勘太夫 呼出:克之
東小結 碧山
1勝8敗
叩き込み 阿覧
1勝8敗
東前2
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(九日目)~幕内:

1位:豊真将 2位:妙義龍・大道

続きを読む "H24年大相撲九月場所九日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所中日:取組結果

■平成24年 九月場所 中日の取組および結果(幕内) 2012年9月16日 日曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(中日)~幕内:

1位:旭天鵬 2位:高安 3位:千代の国

続きを読む "H24年大相撲九月場所中日:取組結果" »

2012年9月15日 (土)

H24年大相撲九月場所七日目メモ(幕内):全勝は平幕含め5名!

横綱快調、綱取り場所の日馬富士・初賜杯を狙う稀勢の里・今場所絶好調の高安・四つ相撲が光る旭天鵬は今日も7戦全勝をキープsign03
1敗で追う力士も4名いるという、なかなか見られない好調力士揃いでこれからの期待も高まります! 地力あってのここまでの成績。どの力士も持ち味を出した土俵を沸かせる内容で、実に面白い!happy02
Dscf8678↑七日目終了時の状況。

今日はとりあえず、幕内メモのみ。いい加減なメモです^^;幕下・十両は時間ができたらsweat02

正面解説:北の富士勝昭氏、向正面:千賀ノ浦親方(舛田山)、実況吉田アナ、東西リポ太田アナ&藤井アナ

中入り「綱の系譜」横綱・千代の富士特集。
入門六年目にして関脇で横綱北の湖を下し初優勝(昭和56年)、その時の視聴率が52%sign03
大関在位はわずか三場所、「寝るたびに強くなる」と本人も語る勢いで横綱昇進。
苦手な相手とは徹底的に出稽古でやり合い(琴風・現尾車親方、北の湖)、楽しい時期だった(※周りも、とは勝昭くん談)と九重親方。
初優勝時、土俵下で審判を務める勝昭くんが思わず目頭をおさえるシーンにうるっときました(笑)
琴風・北の湖・北勝海。そんな時代に君臨した千代の富士。今の時代に見ても(今だからこそ?)映像には釘づけになってしまいます。

前半戦:

・芳東vs天鎧鵬
「国もん」対決(熊本)。両者がっぷりで全く動かず長い相撲に。動いたのは天鎧鵬だった。寄り切ってやっと2勝目。
「芳東は自分の体勢なのに攻められない。腰が高いし、相撲力が無い」と勝昭くんsweat02

・朝赤龍vs隆の山
「アクロバット相撲ですね!」と千賀ノ浦親方。攻めにしぶとい隆の山、最後は朝赤龍の右膝を払いながらの下手投げで大逆転劇。もちろんアンケートも1位(笑)
左目の下を切ったようだが、前からの古傷だとか・・・。

・千代大龍vs富士東
今日も四つ相撲の千代大龍、センスがあるというのか絶妙なタイミングで両廻しをつかんでの鮮やかな上手投げ。決めた時の迫力に(この二人だし)場内どよめく。

向島の牛島神社の大祭に触れた吉田アナ、「向島には北の富士さんもよく足を運んでおられたと思いますが」勝昭くん「うん、(牛島神社ではなく)別のところに通ってたけどね」→沈黙する吉田アナ(爆)

・木村山vs若荒雄
「どちらも上体でべちゃべちゃやるだけの突っ張りですからね」と千賀ノ浦親方catface
木村山のいなしっていうのは絶妙かつ強烈なのね、そうは見えないけど・・・という一番。叩き込みで木村山4勝3敗。

・旭日松vs高安
好調同士。同期生対決を心待ちしていたという宴会部長、気合が入りすぎて自分の頭にも塩が戻ってくる(笑)予想通りの激しい突っ張り合いになったが高安がつかまえての寄り切り。
取組終わって旭日松、「悔しいけど今日は気持ちよかった」そうなw
「腰を決めて攻めようと思った」とは高安の談話。確かにどっしりと突っ張っていった。
高安は今朝の朝日新聞でも「稀勢の里より素質がある」と先代鳴戸親方にも目をかけられていた存在として、特集記事がありましたhappy01
アンケート3位!

・北太樹vs佐田の富士
立合い待ったの北太樹。二回目、北太樹が左四つ右上手投げ(すなわち調子が悪い右を使った)。調子の悪い相手にももろすぎる倒れ方の佐田の富士。足首の痛みはもう無いとのことですが・・・。

佐田の富士が小さい頃、地元の祭りを楽しみにしていた、ただ祭りでの相撲は負けて3位だった、という話に便乗して勝昭くんに話をふる吉田アナ。勝昭くんの故郷では「夜相撲だったかな?」との回答に吉田アナ「その時から夜がお得意で?あ、いやいや」と、やたら突っ込みたがるのでありました(笑)

・若の里vs隠岐の海
若の里の十八番を逆に奪った隠岐の海、もろ差しになってからはガブリながらの寄り切り。

・大道vs旭天鵬
優勝に期待するよ!との周りからの声に「そうやってみんなが楽しんでるところがいいですね」と、余裕のコメント旭天鵬(笑)
左から張って右が入り左上手、あとは一気に攻めた旭天鵬。
「一瞬掬われそうになったけど体の反応がいい」と取組後の談話。
全勝、そしてアンケート2位!

・嘉風vs翔天狼
「嘉風の当たりがいいですね」と千賀ノ浦親方。それが流れをつくった、ということらしく。決まり手は嘉風の引き落とし。

・宝富士vs舛ノ山
取組前。勝昭くん「舛ノ山は一生懸命押してますねえ!」千賀ノ浦親方「いわゆる『家賃が高いかな』というところですね」。
そして取組、立合いから左が入っての一気寄りで舛ノ山に軍配!

肺が小さいというハンデがある代わりに、食べる・寝る以外は相撲のことを考えなさいとトモハルくんに言ったという千賀ノ浦親方が明かしたトモハルくんの生活パターン。なんと、夜の9時からまた土俵に降りて四股を踏んで、それから就寝するとか!coldsweats02名古屋場所では土俵が外で暗かったので、四股を踏む代わりに夜の散歩をしていたそうです。(※勝昭くんの夜さんぽ、とは明らかに違う内容でしょうw)
「いまどきそんな子いないよねえ!」と感心しきりの勝昭くん。私も感動cryingますます応援したくなる舛ノ山~crying

続きを読む "H24年大相撲九月場所七日目メモ(幕内):全勝は平幕含め5名!" »

H24年大相撲九月場所七日目:取組結果

■平成24年 九月場所 七日目の取組および結果(幕内) 2012年9月15日 土曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(七日目)~幕内:

1位:隆の山 2位:旭天鵬 3位:高安

続きを読む "H24年大相撲九月場所七日目:取組結果" »

2012年9月14日 (金)

H24年大相撲九月場所六日目メモ:平幕五連勝潰し合いは旭天鵬に軍配

なんと3大関休場(前回は平成15年ということで、9年ぶりのことらしい)で、残るは日馬富士・稀勢の里・鶴竜。
横綱とともに本日は土付かず。
しかし・・・ああ淋しい・・・
特に菊関がいないのがなんだか淋しい><

【幕下】

解説は正面に若藤親方(皇司)と向正面に福ノ里さん(若者頭)。実況太田アナ
なんとなく「型を持つ」話に関し、太田アナにイラッとしてるように時々聞こえる若藤親方(笑)太田アナ「はあ。それはどういうことですか?」の口調がちょっと・・・それに限りませんが(≧m≦)

・玉大輝vs松本
松本、錣山部屋だが鶴竜を彷彿とさせるような突っ張りcoldsweats02が叩きこみをくらってしまった。

・安芸乃川vs山下
立ち合い合わずに安芸乃川が思い切りぶつかっていき、山下そのままべったり背中に土つけるsweat01立合い二度目の安芸乃川、豪快な小手投げだったcoldsweats02スケールが大きい!

・吐合vs前田
「吐合は調子の良し悪しが体の張りによく出ますね」と若藤親方。攻める重い前田に対し土俵際でまともに引いてしまった。

少し若藤親方のレクチャーあり。「相手の力を出させない技術をつけることが大切です。下手をとられたら絞らなければいけない、など。幕下ではそういう技術がまだできていないんですよね。」

・春日国vs千代嵐
千代嵐ペース。「手を出しながら前に攻めると相手が叩けるスペースがなくなるからいいんです」と若藤親方。それが出来ていたのが千代嵐。千代嵐、押し出しで3連勝!

・笹ノ山vs寺尾丸
「この顔合わせは非常に楽しみだった」と福ノ里さん。注目の二人ということで^^
当たってから低い笹ノ山の首を引こうとする寺尾丸だったが、笹ノ山が前に出てこらえる。寺尾丸の投げに辛抱し、向き合ってもろ差しの笹ノ山が逆転、寄り切り!

・朝天舞vs太田
朝天舞、気合い勝ちの寄り切り(笑)

・川成vs海龍
川成が終始前へ突き押しを繰り出して大迫力だったが、押し切るはずのところで回り込まれ、右足出てしまい悔しい一番に。

・琴福寿vs齊心
「齊心、よく前に落ちるんですよね」と若藤親方coldsweats01

ここで十両土俵入り
幕内上位&十両解説は二十山親方(栃乃花)、実況三瓶アナ。リポ吉田アナ

里山の化粧回しにビックリsign03地がヒョウ柄、その中央に軍配が占める、インパクトありまくりなデザインcoldsweats02
東方の国ちゃん、土俵に上がる前に微笑してたのは気のせいか!?もう一度録画をチェックせねばw

幕下上位の取組:

・魁vs達
達、やっと初日出た!1勝2敗。ちょっとまだ下半身が心もとないけど、初日が出ない相手同士の取組を制したので、これからノッていけるか?

・錦木vs勝誠
勝誠、一方的。いつもの独特のフォームで後頭部を相手の胸に潜り込むように付け前へ!錦木何も出来ず寄り切られる。

・ 大雷童vs鏡桜
威力ある自分の相撲で大雷童が白星。

・華王錦vs武州山
両者ふわっとした立ち合いsweat02武州山、下がらない華王錦を下がりながら土俵際ではたきこみ。かなり危なかったがちゃんと回り込めていたsweat01

・益荒海vs東龍
立合いから低く攻めていく益荒海を引いた拍子に髷に手が入った東龍、その直後に(わかっておらず)右上手出し投げをしたが反則で益荒海に軍配。

続きを読む "H24年大相撲九月場所六日目メモ:平幕五連勝潰し合いは旭天鵬に軍配" »

H24年大相撲九月場所六日目:取組結果

■平成24年 九月場所 六日目の取組および結果(幕内) 2012年9月14日 金曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
東前16 隆の山
2勝4敗
下手投げ 玉鷲
4勝2敗
東十2
東前15 富士東
3勝3敗
首投げ
4勝2敗
東十1
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
東大関 琴欧洲
2勝4敗
不戦 魁聖
3勝3敗
西前1
西前3 豊ノ島
2勝4敗
押し出し 稀勢の里
6勝0敗
西大関
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(六日目)~幕内:

1位:隆の山 2位:稀勢の里 3位:旭天鵬


続きを読む "H24年大相撲九月場所六日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所五日目メモ:大関三人目休場に・・・

参りましたね・・・今場所><
本場所前日の土俵祭りで大関陣、しっかり神様にお祈りしなかったのでは!?と訝るほどに、序盤戦ですでに三人脱落するとは想像だにしませんでしたcoldsweats02
琴欧洲は朝の状態を見て出場するかどうか決めるとのことでしたが・・・
結局、六日目からの休場が決まってしまいました。

これを日馬富士の綱取りにとっての追い風ととるかどうか?
平幕で対戦経験が少ない力士のほうが怖いともいえます。
大関陣が3人脱落したことで、13勝というラインが厳しくなる可能性だってあります。
(皆、途中出場する可能性があったとしても・・・コンディションを考えたらどうなのか?)

つまるところは、何があっても動じない横綱としての資質があるかどうかが問われる、ということになるのでしょう。
神様に試されている日馬富士。これからも土俵上、何が起こるかと目が離せません。

では序盤戦最終日メモを。記憶がうろ覚えなので、きちんとした情報は別のソースからお願いします(笑)


【三段目】

・貴月芳vs魁戦龍
貴月芳、立合いから膝がよく曲がっており腰を落としての一気の攻めで押し出し、初日出る。
双子の幕下の貴斗志とは正直いまだにさっぱり見分けがつかないのですが、貴月芳のほうが謙虚さをもっていそうだ・・・と映像からはそういう印象をもった五日目でした(笑)


【幕下】

解説は大嶽親方(大竜)、実況戸部アナ、リポ角谷アナ

幕下この日のテーマは:

Dscf8656

関取経験者に挑む幕下力士たち。黄色が挑戦者です。
で、結果どうなったかというと・・・
勝った挑戦者は千代丸・祥鳳・渡辺の三名でした!しかし内容はさまざま。


・四ツ車vs琴恵光
琴恵光、いつも稽古後居残って四股400回を自分に課しているそうcoldsweats02エライsign03
だが・・・だが・・・立合い四ツ車の右差し手を嫌い、上体がいきなり起き上がってしまった( ̄Д ̄;;
おっつけも四ツ車には通用せず中に入られ、そのまま寄り切られるgawk
いいのだ、その調子で四股を踏み続ければゼッタイある日突然変わる日が来るのだsign03ガンバレ!

・靍林vs喜ノ国
当たりが弱い立合いsweat02喜ノ国、もろ差しになるが靍林が右上手取り投げる。
喜ノ国、やっぱり厳しいのかなあ~sad

・千昇vs宝香鵬
技で千昇、だったかな~。

・唐津海vs若三勝
若三勝、今日は非常に頼りない下半身だったwobbly唐津海の腰の重さに勝てなかったというようなレベルには見えず><

・藤本vs肥後嵐
どちらが勝ってもおかしくないような、なかなか迫力あった一番!藤本、三連勝!

・佐田の海vs祥鳳
単に左変化しただけの祥鳳。しかし大嶽親方「(佐田の海は)残せないとだめです」。ごもっともです。
祥鳳、全て引きでここまで3連勝。はあ~こりゃ関取に上がったとしても苦労するだけだぞ。稽古場では違うんだろうか???見てみたい。

・亀井vs潮光山
これまた当たってすぐ決着がついてしまった。あ~~~~(怒)亀井、それだけ立派な体をしてるのに!潮光山も足~~~!!!凸(`Д´メ)

・希帆ノ海vs竜電
当たって引いてきた希帆ノ海だが竜電落ちず、左上手をとって相手を引き付けながら東へ寄り切りsign03
安心して見ていられるという腰の落とし方ではなかったけど、前に相手を攻めていたhappy02
弟弟子に抜かれた悔しさをバネにしてここまで三連勝sign03happy02
取組終えて土俵下で高田川親方と並んで座る図・・・レアものだった・・・(笑)
その高田川親方、竜電に関し「下がるともろい。もっと前に激しく攻めなければだめ!」といったようなコメント。
願わくば丹蔵関のような相撲をお手本にしてほしいsign03やっぱり激しさが足りないんだよなきっとbearing

・渡辺vs城ノ龍
いや~~~渡辺くん・・・やるじゃないかっsign03happy02
立合い前褌狙いの城ノ龍だったが、ひるまず前に出てそのまま体を活かして寄り切った渡辺!その調子でガンバレ~~sign03今後も注視(毎日言ってる気がするw)

・朱雀vs千代皇
朱雀、完全に軽かった><

・栃飛龍vs青狼
幕下上位では青狼がずば抜けてセンスが良いように思える(私が見た限りsweat02)。栃飛龍ののど輪に対して前に出たら、栃飛龍後ろに尻もちsweat01

・誉富士vs政風
白熱した取組で幕下というより十両取組レベルの迫力(笑)右おっつけと突き押しを交えつつも、回り込んで右上手で決着させようとする誉富士、一度では決まらず(※矛盾した表現という気が・・・sweat01)。二度目に上手をとると下がりながらの出し投げが決まる。

このあたり、幕下上位ということで解説はすでに田子ノ浦親方(c)にバトンタッチしていましたが、「前に出ればいいというものでもないし、下がるのが悪いともいえない相撲の奥深さ」の話が何度か出てました。

・肥後ノ城vs栃矢鋪
激しい突き押し。攻めていたのは肥後ノ城だったが、土俵際で叩かれ手がついてしまう。栃矢鋪は右足かかとだけかろうじて浮いていた。それがなければ勝負はわからなかった><

・旭秀鵬vs明瀬山
明瀬山、瞬間的に出すスピードがすごいと今場所つくづく思う。なんと三連勝coldsweats02明瀬山が立合いから強く当たり、旭秀鵬を押し込む。引いてしまった旭秀鵬、あっという間に土俵を割ってしまった。明瀬山って・・・ユニークだわ。不思議ちゃん(笑)いや、怪我が治ってきて動けるようになったのでしょうね^^

続きを読む "H24年大相撲九月場所五日目メモ:大関三人目休場に・・・" »

2012年9月13日 (木)

H24年大相撲九月場所五日目:取組結果

■平成24年 九月場所 五日目の取組および結果(幕内) 2012年9月13日 木曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫

東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
5勝0敗
突き落とし 碧山
0勝5敗
東小結

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」(五日目)~幕内:

1位:豊真将 2位:稀勢の里・安美錦

続きを読む "H24年大相撲九月場所五日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所四日目メモ:大関二名休場、鶴竜に土><

痛すぎる四日目の知らせ・・・down
把瑠都は想像していたとはいえ、まさか琴奨菊までもが休場とはsign03。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
どちらも途中出場の可能性はありますが、きつい終盤に出場で結果がついてくるのかどうかがすこぶる不安ですsad

どうかこれ以上何も起きませんように・・・sign03bearing

ではメモを。

【幕下】

解説は正面が若松親方(朝乃若)、向正面は若者頭の白岩さん。実況船岡アナ

BS中継は途中から見てたのですが、琴弥山が勝ち名乗りを受けて土俵を下りるときにズルッとやる場面が目の端に映りましたcoldsweats01
実況席、噛み殺した笑い声で大ウケしてる様子がアリアリ(爆)
VTRでもわざわざその場面をリピート!またしてもウケる解説者たちsign03
「オチをつけてくれましたね」と〆たという珍場面でありましたsweat01
肝心の取組・・・覚えてないわ(笑)
というか、そこまでウケるのもどうかとsweat02気の毒な琴弥山sweat02

潮光山vs齊心。かなり攻められていた潮光山だったが勝機をつかんで初日~。

渡辺vs魁。渡辺、一気に番付上げたけど健闘してるな!!!今後も注視。

千代皇vs城ノ龍。千代皇、気持ちで負けてる気がする。上手い城ノ龍に早々にやられてしまった。

朱雀vs武州山。あ~~~・・・どちらを応援していいかわからない取組bearingでもここは武州山に勝ってほしい~~~!!!!と思ったらしっかり前に出て細身の朱雀に付いていき、力強く寄り切りsign03その調子で頑張って~~><

明瀬山vs誉富士。明瀬山の立合いがハンパなかった。一気に決めてしまった!coldsweats02

肥後ノ城vs益荒海。下から上へとはね飛ばすような益荒海の執拗な突きが次々と繰り出されて防戦するしかない肥後ノ城、最後は益荒海の文句なしの押し出しsign03迫力あった~happy01

続きを読む "H24年大相撲九月場所四日目メモ:大関二名休場、鶴竜に土><" »

2012年9月12日 (水)

H24年大相撲九月場所四日目:取組結果

■平成24年 九月場所 四日目の取組および結果(幕内) 2012年9月12日 水曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
東大関 琴奨菊
2勝2敗
不戦 臥牙丸
2勝2敗
西前2
西小結 栃ノ心
0勝4敗
寄り切り 稀勢の里
4勝0敗
西大関
行司:木村正直 呼出:次郎
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
東大関 琴欧洲
2勝2敗
押し出し 松鳳山
1勝3敗
東前1
東関脇 妙義龍
3勝1敗
不戦 把瑠都
1勝3敗
西大関
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
4勝0敗
寄り切り 阿覧
0勝4敗
東前2

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」四日目~幕内:

1位:豊真将 2位:松鳳山 3位:稀勢の里

続きを読む "H24年大相撲九月場所四日目:取組結果" »

2012年9月11日 (火)

H24年大相撲九月場所三日目:取組結果

■平成24年 九月場所 三日目の取組および結果(幕内) 2012年9月11日 火曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三
行司:木村寿之介 呼出:隆二
行司:木村晃之助 呼出:旭
行司:木村庄太郎 呼出:幸吉
行司:木村恵之助 呼出:吾郎
行司:木村玉治郎 呼出:重夫
東 決まり手 西

行司:式守勘太夫 呼出:志朗
行司:式守錦太夫 呼出:克之
行司:木村正直 呼出:次郎
西小結 栃ノ心
0勝3敗
寄り切り 鶴竜
3勝0敗
西大関
東大関 琴欧洲
2勝1敗
押し出し 豪栄道
1勝2敗
西関脇
行司:木村庄三郎 呼出:拓郎
行司:木村庄之助 呼出:秀男
東横綱 白鵬
3勝0敗
下手投げ 魁聖
1勝2敗
西前1

来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」三日目~幕内:

1位:豊真将 2位:妙義龍 3位:日馬富士、豪栄道

続きを読む "H24年大相撲九月場所三日目:取組結果" »

H24年大相撲九月場所二日目メモ(幕内)

秋場所二日目。さすがに平日で空席が目立ちはしましたが、お客さんの声援がなかなかすごかったように感じましたhappy01
上階のイス席に中学生の団体さんがいたのも大きかったのかな?

さて幕内メモ。すぐ書かないと記憶があいまいになってしまうんですが・・・sweat02

解説は正面に伊勢ヶ濱親方(旭富士)happy02、向正面に不知火親方(青葉城)♪実況は太田アナ。東西リポは白崎・三瓶ペア。

中入りは新三役・碧山へのインタビュー。一生懸命日本語で伝えようとする姿勢がいいですねhappy01時々意味不明だったけど、こういうことがいいたいんだろうなと想像しながら聞いてました(笑)いや~以前全く日本語が聞き取れてなかったことを思えばなんという進歩でしょうか!阿覧、日本語聞き取れてるかい?w
伊勢ヶ濱親方も仰ってましたが、稽古を積んで自分の良さを生かした相撲がとれるようになれば、非常に怖い存在になる素質は十分!
部屋頭になり「稽古中みんなが自分を見てる」という経験にびっくりしているようですが、それって大事なのでしょうね。頑張れ碧山!

富士東vs隆の山。若干隆の山を苦手とするおかわりくんに隆の山w
立合いからすでにおかわりくんの右腕を狙って飛びついた隆の山が終始動き勝ちでおかわりくんバタバタsweat01初っ端からお客さん大喜びsign03な幕内取組の始まりでした(笑)
そして隆の山、アンケートでも2位に!

旭日松vs佐田の富士。あまり印象に残ってないのはなぜ?sweat01宴会部長が塩まきで場内を沸かせたけどそれきりだったな、という記憶しか残ってないcoldsweats01佐田の富士、何気に(失礼sweat02)2連勝。幕内長くなってきたけど前頭一ケタはまだだと初日にも指摘されてましたが・・・今場所もまだなんとも言えないかなsweat02

木村山vs天鎧鵬。天鎧鵬、応援してるんだけど・・・太りすぎで体が動かないのではbearing

千代大龍vs朝赤龍。状態が悪くて初日を出したい気持ちが思い切り出た千代大龍の立合い当たってすぐの引き(笑)
鋼鉄板が入ってるんじゃないかとほれぼれしてた背中の筋肉、今場所はたよりなく感じます。萎んじゃった印象despair師匠、どんな言葉をかけたのだろうか。

宝富士vs若の里。不知火親方も仰ってましたが、まあ~ほんとにどちらが若いんだかわからないような若々しい相撲の若の里sign03四股名も良かったのかしら(笑)
若の里は勝つ相撲のインパクトが素晴らしいので、負け越しても負けてる印象がないんですよね。まだまだ元気に二連勝~~heart04そして通算800勝、おめでとう~~sign03happy02

で、今更初めて気付いたんですが・・・いつから高田川部屋の達くんが若の里の付け人になったんだろう?今場所から!?今まで気付かなかった・・・
あれ、そういえばキセの付け人って変更あったのかな?まだ付け人を見てない気がsweat02

嘉風vs旭天鵬。テンホーさま、上手で捕まえうるさい相手を封じ込め。突っ張りに怖気づかないベテランの技に場内またも大拍手(笑)すでに2連勝だsign03www嘉風もまだ初日が出ないとはいえ、体はよく動かしてますね(笑)

若荒雄vs高安。またしても高安のアヒル顔炸裂sign03この顔を見ると元気が出る私(笑)そして激しい相撲でしたimpactどちらも上突っ張りで意地のぶつかり合いだったが高安が廻しを引くと若荒雄、いつもと違う手を使おうとしたが時すでに遅し。高安、上手投げで2連勝!この取組もアンケート結果に登場してもいい内容だったな~。

大道vs北太樹。胸が合いなかなか白熱した取組となったが大道のほうが見えてたのかな?大道、自己最高位で2連勝~!

隠岐の海vs翔天狼。初日に続き受け身となる隠岐の海だったが、受けてから突然出る力強さが凄い。ホンモノの実力を最初の一秒から発揮したらもっと面白い存在になるのに・・・。受けて立つ相撲を目指してるのか?(笑)

時天空vs雅山。十両は大喜鵬に大ウケしたけど、幕内で大ウケしたのは時天空(笑)
まさか二日目から蹴手繰りが出るとは思わなかった~!雅山、右足に重心かけてなかったので(警戒してのことか?)テンクー様大失敗(爆)左に回り込んだ雅山の叩きで長い手がついてしまった時天空、思いっきり苦笑いwww

舛ノ山vs豪風。立合い前からドキドキ!しかしトモハルくんってばsign03おいおい、三役経験者兼曲者にも全く怖気づかずに豪風を追いかけ最後に迫力の突き出し、いやもう言うことないcrying
そしてアンケートでも堂々の幕内1位~sign03なんと、平成2年生まれが幕内・十両(千代の国)揃って1位の二日目でしたhappy01
大好きな二人が揃ってだなんて、な~んて嬉しい日でありましょうかっcrying

続きを読む "H24年大相撲九月場所二日目メモ(幕内)" »

2012年9月10日 (月)

H24年大相撲九月場所二日目所感:幕下&十両

ある意味平穏に一日が終わった秋場所二日目(笑)

ただし、リアルタイムで見られたのはよかったものの、録画に失敗しました・・・annoy
大相撲中継のチャンネル変更、我が家のディーガは役立たずcrying

気を取り直して・・・


【幕下】

解説は富士ヶ根親方(大善)、実況佐藤アナ

千昇、勝った!よかった><

入江、あっけなく落ちてしまったけど初日だから???><

若三勝、体がかなり柔らかそう。攻められても残して懐の深さで反撃。今後にも注目だ!

佐田の海、関取経験者らしい反応のよさが出た!再十両もどんどん近くなってるぞhappy02

潮光山・・・祥鳳、押して叩くお決まりパターンで実につまらない。潮光山、ついていってほしかった><

・一気に東幕下十三枚目まで駆け上がった渡辺錦木との激しい引きつけ合いsign03思ったより頑張れそうじゃないか~sign03ただ、錦木のほうがやはり技術的に上だった、と富士ヶ根親方。

、初戦は気合負けか?><受けちゃった・・・。

朱雀華王錦の圧力には勝てなかった^^;右上手をとられたらそのまんま^^;
でも、なんと隆の山(96キロ)より5キロ多いんですね!意外だ・・・sign03

96キロといえば、十両土俵入り前に「昭和53年秋場所・思い出の一番」が。これ、さすがにおもしろかったのですが、前頭四枚目時代の千代の富士を見てひっくり返りそうになりましたΣ( ̄ロ ̄lll)
なんと、97キロ・・・!?ほっそsign03
負けはしましたがあの大きな北の湖に真っ向から勝負して、すでにタダ者ではない片鱗が見えていたcoldsweats02あの足腰に体中の筋肉のすごさ・・・はあ~やっぱりすごいlovely

蔵間もよかった。そして高見山・・・小さい頃に見てた時は恐ろしく大きく見えたのに、今見ると・・・普通ですねsweat02
それだけ今の幕内平均体重が異常だということなのでしょう。160キロ超えってどうよsign02

続きを読む "H24年大相撲九月場所二日目所感:幕下&十両" »

H24年大相撲九月場所二日目:取組結果

■平成24年 九月場所 二日目の取組および結果(幕内) 2012年9月10日 月曜日

東 決まり手 西

行司:式守与太夫 呼出:琴三