« またまた「この腕は誰?」なH25年大相撲初場所ポスター&新十両・引退力士 | トップページ | 出光美術館と東京駅界隈を一瞬ぶらり&ちょっと相撲がらみのことw »

2012年12月 7日 (金)

日馬富士ニュース:良きにつけ悪しきにつけ

場所後もいろんなニュース記事が出回っております。
ファンとしては、それをどう解釈するのかスルーするのか、ではありますが、今後のためにもチェックだけはしておこうかなということで。

Photo
(↑先日ネットでこんな素晴らしい背中を見つけてしまったので、思わずデスクトップにいただいちゃいましたlovely美しすぎるsign03wobbly

※以後コピペの嵐なので、興味のない方はスルーをお願いします。記事は順不同。

日馬、張り手解禁?!チャンピオンに極意聞いたらバラされた 

大相撲の横綱・日馬富士(28=伊勢ケ浜部屋)が6日、都内のホテルで行われた報知プロスポーツ大賞の授賞式に出席し、ボクシングのWBC世界バンタム級王者の山中慎介(30=帝拳)から隠密で張り手指導を受けた。横綱審議委員会(横審)の一部から張り手禁止を厳命されているだけに、横綱は山中とのやりとりの内容を明かさなかったが、直後に漏れてしまった。九州場所ではまさかの9勝。年末はとことんツイていない?
 いくら優等生の仮面をかぶっても、正体はバレバレだ。日馬富士は授賞式の壇上で「自覚を持って集中していくだけ」と巻き返しを誓い、帰り際には「一日の努力が大事になる」と真剣な面持ちで答えた。横綱昇進が決まった秋場所後の横審定例会合で品格を重視する委員から「張り手禁止」のお達しが出ていただけに、「山中と何か話したか」との質問には「内緒」と言葉を濁した。しかし、直後に衝撃の事実が発覚した。
 セレモニー中に横綱とひそひそ話をした山中がこう語る。
 「横綱から“パンチはどこが効くの?”“立ち合いの時の張り手だったらどこ?”と聞かれましたよ」  横綱の置かれている状況を把握していない世界王者は、素直に内輪ネタを明かした。さらには日本屈指のKOパンチャーは「顎、テンプル(こめかみ)、みぞおち、レバー(肝臓)」とアドバイスすると、横綱が「今度(本場所で)使ってみようかな」と漏らしたという。
 同席した北の湖理事長(元横綱)は横審の厳しい意見について「真摯(しんし)に受け止めるべき」とした上で、来年初場所について「残り3日間までは優勝争いしないといけない。横綱は最後まで盛り上げることが大事」と厳命。お祝いの席でこそくな手段が発覚しただけに、真っ向勝負の横綱相撲で汚名を返上してもらいたいものだ。
[ 2012年12月7日 06:00 スポーツニッポン ]

日馬富士、初受賞!来年の目標は個展&年間最多勝…報知プロスポーツ大賞

201212060623761l

37回目を迎えた報知新聞社制定「2012報知プロスポーツ大賞」の表彰式が6日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。2年連続2度目の栄冠を手にした有村は、“世界一”への強い決意を示した。2日に来季の米女子ツアー出場権をかけた最終予選会で5位に入り、米本格参戦を決めたばかり。野球のWBC3連覇を狙う巨人・阿部、プロボクシングWBC世界バンタム級王者・山中ら頂点を知る“先輩”から刺激を受け、海の向こうでの活躍を誓った。初受賞の日馬富士は来年の目標に自身初の「年間最多勝」を挙げ、土俵外では特技の絵画で個展を開く夢を語った。
 初受賞の日馬富士はプロアスリート同士の交流を楽しみ、「皆さんとお会いできて光栄」と目を輝かせた。ツーショットに納まった阿部には「格好良かった。ジャイアンツの4番、キャプテンなんでしょ?」と感慨深げ。山中とは舞台そででトークが弾み「刺激になります」と笑顔を見せた。大相撲部門では90年に師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が受賞しているため、初の師弟W受賞だ。
 壇上では来年も「喜びと感動を与える相撲を一生懸命取り続けます」と語ったが、実は初の年間最多勝取りを胸に秘める。今年は名古屋、秋の2場所連続優勝などで69勝21敗と健闘したが、1位の白鵬に7勝及ばず2位。先輩横綱にV6を許した。「来年の目標は年間最多勝。毎年白鵬関が取ってるからね」と意気込む。
 土俵外でも夢がある。特技の絵画で「個展をいつか開きたい」と初めて口にした。16歳で角界に入門する前は母国モンゴルで美術学校に在籍しており、プロ級の腕前。15歳の時には人生で初めて個展を開き、母国の教育振興財団から勲章をもらった。11月の九州場所で富士山を題材に描いた227センチ×189センチの作品は、新年から大分市内の「レンブラントホテル大分」に飾られることが決まった。今後は4枚の絵をつなぎ合わせ、1つの大作を描く構想もある。
 新横綱として臨んだ九州場所は9勝6敗と不名誉な成績。来年初場所(1月13日初日、両国国技館)の巻き返しへは筋力アップを図る。7日から約2週間、モンゴル人トレーナーのムンフ・エルデネ氏を招くことを明かした。「今は相撲に集中したい。(個展は)横綱で優勝してから」。まずは初場所で、横綱として初の賜杯を抱いてみせる。
 ◆日馬富士 公平(はるまふじ・こうへい)本名・ダワーニャム・ビャンバドルジ。1984年4月14日、モンゴル・ゴビアルタイ県生まれ。28歳。伊勢ケ浜部屋。2000年9月に来日。01年初、初土俵。04年春、新十両。同年九州、新入幕。06年夏、新三役。09年初、大関昇進。優勝は09年夏、11年名古屋、12年名古屋、秋の4回。12年秋場所後に第70代横綱昇進。得意は突っ張り、右四つ、寄り。186センチ、133キロ。家族は妻・バトトールさんと2女。

(2012年12月7日06時02分  スポーツ報知) 

 

奮闘する小兵横綱、日馬富士 魅力は精神面の強さ

スポーツの現場で、体重などで階級が分けられる競技なら別だが、体の小ささがアドバンテージになることは少ない。体を直接ぶつける競技ならなおさらだ。サイズを補う特別な武器を持っていない選手はたいていの場合、淘汰(とうた)される。記者自身も体が小さく、野球をしていたころは苦い思いをした。だからこそ小兵の奮闘には心を動かされ、いつの間にか応援していることがある。
 大相撲の日馬富士は、新横綱として臨んだ九州場所で幕内最軽量の133キロだった。瞬発力や相手の動きに対する対応力といったアスリート的な資質に優れ、幕内の平均体重が160キロを超える土俵で大立ち回りする。
 何よりの魅力は闘争心などの精神面の強さだ。稽古熱心は有名で、新弟子時代は何度負けてもかみつかんばかりの表情で「もういっちょ」と兄弟子たちに向かっていった。それが行きすぎ、品格面に疑問符が付く行動が多かったのも否定できない。巡業での若い力士に対する必要以上に厳しい稽古や駄目押しは、敬愛する元横綱朝青龍とのイメージが重なる部分もあった。
 ときに、悪い方向へと出ていた負けん気の強さは、最高位に就くと同時に変わりつつある。昇進直後、母国モンゴルの知人に「日本のマスコミは俺のことを悪者にしようとしているでしょう。見ていてくださいよ」と語ったことがある。軽量のため成績に安定感を欠くこともあり、素行を含めて短命横綱になるのではないかという見方にあらがおうとしているのだ。  実際、新横綱のお披露目の場となった秋巡業では品格が疑われる言動は一切無かった。支度部屋での軽口も消え、公の発言には気を使うようになった。もともと、地位に対しての敬意は人一倍持っている。横綱や大関が芸能人に呼び捨てにされるバラエティー番組に不快感を隠さず、出演依頼も断った。「横綱は神様。少しでもいい横綱に近づけるように努力するしかない」という思いは真摯だ。
 九州場所では終盤に5連敗を喫し、9勝6敗に終わった。新横綱の5連敗は、横綱が番付に登場した1890年5月以降で初めてという屈辱だ。名古屋場所と秋場所を全勝で制して昇進したものの、その前後は1桁勝利。成績のばらつきは昇進への懸念材料として当初から指摘されており、新横綱に厳しい視線が注がれるのも無理はない。
 日馬富士には、それを反骨心の炎を燃やす糧にする気概がある。「今場所は素晴らしい経験になった。悔しい思いもしたけど、それも勉強。まだまだやらないといけないことがたくさんある。おれはこれからだ」。千秋楽の支度部屋で語る表情は喜々としていたようにも見えた。
 「体の小さな力士や子どもに勇気を与える存在になりたい。自分も小さいのが嫌だった。でも今は、小さいからこそもっと感動させられることもあるとはずだと思っている。大きな力士に勝てば、すごい拍手が貰えるんだから」。昇進直後にそう話した小さな横綱から、目が離せない。

 出嶋 剛(でじま・たけし)1980年生まれ、佐賀市出身。スポーツ紙で8年間勤務しサッカーなどを担当。2011年7月に共同通信に入社、大相撲とボクシングを担当。
2012/12/05 11:09   【共同通信】

大相撲:日馬富士 批判を力に「やってやろうと気合が入る」
2012年12月03日
 3年ぶりの開催となる大相撲の冬巡業が2日、福岡県直方市で始まり、九州場所で9勝6敗に終わった横綱・日馬富士(28=伊勢ケ浜部屋)が批判を力に変えることを誓った。  横綱審議委員会(横審)の鶴田卓彦委員長(元日本経済新聞社社長)から「横綱としての資格はない」などと叱責されたが「皆さんに言われるからこそやってやろうと気合が入る。ありがたい」と感謝した。
 九州場所千秋楽翌日の11月26日から同30日までモンゴルに帰国。警察官だった亡き父・ダワーニャムさん(享年50)の影響で通信教育を受けている現地の警察学校にも出向いたそうで「卒業すれば警察官の資格も取れる。卒業は来年夏場所と重なるので論文を書く」と新たな目標も生まれ、心身ともにリフレッシュした様子だ。
 この日の朝稽古(げいこ)は両足首痛が完治していないため休養する予定だったが「ウズウズしてやりたくなった」と豊ノ島を指名して6戦全勝。批判にさらされながらも前を向いている。

(スポニチ)


9勝6敗で「引退です」の声出た日馬富士 中洲に連日繰り出す
2012.12.04 16:00
11月の大相撲九州場所をなんとか9勝6敗、いわゆる「クンロク」で乗り切った新横綱・日馬富士だが、周囲からは早速、矢のような批判を浴びている。前場所終了時には、「一段と強くなった」などとべた褒めしていた鶴田卓彦・横綱審議会委員長は、 「2ケタ勝利に届かないのは横綱の資格がない」と掌を返し、澤村田之助委員もこう斬り捨てた。 「引退ですよ」
 そもそも、場所前から不安はあったという。親方の1人が語る。 「秋巡業では平幕相手に稽古で負けるシーンが見られ、大丈夫かと皆が心配していた。そうしたら、2日目にいきなり平幕・隠岐の海に負けて不安が的中した。9日目、全勝の豪栄道戦は審判の誤審で命拾いしたが、負けていたら、8勝7敗という成績だった」
 しかも、九州場所では素行の悪さも目立った。白鵬が場所中は禁酒しているのに対し、タニマチとの付き合いがあったのかもしれないが、日馬富士は毎日のように中洲に繰り出していたという。前半は何とか朝稽古に出てきたが、後半戦は朝稽古も休みがちになった。 「初日の朝稽古後に、報道陣を稽古場に招き入れて異例の取材に応じたが、カメラがないことをいいことにタバコを吸いながら応対していた。ベテラン記者の間では“負けが込んだときに(こういう悪態が)書かれるのに”と呆れていた」(スポーツ紙記者)
※週刊ポスト2012年12月14日号

日馬富士は悪役?「ガム事件」流すマスコミの思惑
(更新 2012/10/ 5 07:00)
2場所連続全勝優勝という文句なしの成績で第70代横綱への昇進を決め、9月28日に明治神宮で初の土俵入りを披露した日馬富士(28)。だがその裏で、新たな門出に水を差す“事件”が起きていた。
 25日、横綱が土俵入りに使う綱を作るための「麻もみ」を一門の力士たちが行った時のことだ。日馬富士が作業の様子を、ガムをクチャクチャとかみながら見学し、ついには缶ビールで乾杯していた――と一部スポーツ紙が翌日の紙面で批判したのである。
 この“ガム事件”、新横綱の言動を追っていくと、どうも実態は違うようなのだ。 「『午後2時に伊勢ケ浜部屋に上機嫌で登場した』と書いた新聞がありましたが、日馬富士は最初、午後1時にやってきた。そこで(完成は)まだだと言われ、焼き肉屋に行ったのです。焼き肉屋で勘定をすればガムをくれる。それをかみながら部屋に戻ってくると麻もみをやっていたから顔を出したら、テレビカメラがいた。そのスタッフが『日馬富士がクチャクチャやっていた』とスポーツ紙記者に話し、ああいう記事になったようです」(スポーツ紙デスク)
 また、缶ビールは麻もみをしてくれた一門の力士たちへの、日馬富士からのお礼だったという。ベテラン記者は、日馬富士への過度なバッシング報道を懸念する。 「“禁煙”の支度部屋で堂々とたばこを吸ったり、後輩への“かわいがり”を面白がっているように見えるなど、色々と問題はあるんですが(苦笑)、ガムの話のような客観性のない記事はおかしい。安易にヒール(悪者)にし、かつての朝青龍のイメージに重ねようとしている。こんなことが起きるのは、角界にスターがいないからですよ」

※週刊朝日 2012年10月12日号

日馬富士に横綱の資格ある? ない? ブレる横審
(更新 2012/12/ 7 07:00)
新横綱として迎えた九州場所で、9勝6敗という横綱昇進場所としては25年ぶりとなる1ケタ勝利に終わった日馬富士(28・伊勢ケ浜部屋)。
 11月26日には、横綱審議委員会(委員長=鶴田卓彦・元日本経済新聞社社長)から「2ケタの勝ち星がないのは横綱の資格がない」「(昇進が)早すぎたかもしれない」と異例の“お説教”を受ける事態となっていたが、なんと当の日馬富士はその最中、モンゴルへの帰国の途にあったという。 「以前から、横綱昇進場所を終えたら、亡くなったお父さんの墓参りに行くと決めていたようです。確かに、12月2日から福岡県直方市で始まる冬巡業までは休みなんだから、モンゴルに帰るな、とは言いません。ただ、あんな成績しか残せなかったんだから、本来は自重すべきでしょう」(ベテラン相撲記者)  だが、横綱の自覚を促した横審側にも自覚が足りなかったようだ。
 26日の記者会見後、報道陣に囲まれたベテラン委員の沢村田之助氏(歌舞伎俳優)は、もし来場所も1ケタ勝利止まりだったら?と水を向けられると、「引退ですよ、もうそれは。少なくとも10勝はあげてほしい」と答えたと報じられた。
 しかし沢村氏は翌日、その発言の真意を夕刊紙に確認されると、「私もスポーツ紙を見て、びっくりしました。即引退なんて、そんなことは一言も言ってないんですが」と答えたというではないか。 「1ケタしか勝てないということは、場所の10日目ぐらいには優勝争いから脱落しているということ。横綱が2場所続けてそんな体たらくなら、引退勧告されるのは当然。そういう当たり前のことを指摘した本人が、『言ってない』と言ったわけで、責任逃れですよ。任期満了で横審を退いた脚本家の内館牧子さんは毅然(きぜん)としてたなあ(笑い)」(前出のスポーツ紙デスク)  横綱も横審も“いい勝負”ってこと!?

※週刊朝日 2012年12月14日号


並べると記事のクオリティもさまざまですが、「火のないところに煙は立たず」とも言えるわけで・・・
逆に言えば、書き方でどうにでもなってしまうんだなということでもあります。
そもそも週刊朝日の記事同士で矛盾だらけだったり。

結論から言うと・・・なにはともあれ、土俵上の日馬富士
果たして、ボクシングのパンチを張り手に応用するのか否か?
やっても本人のためにならないだけ。今後の自分の相撲のために、何を一番大切にしたいのか・・・
栃錦とは違う意味での決まり手を編み出してくれるのだけは勘弁ですcoldsweats01
そうはならないよう祈るのみです。そうならないとは思いますが・・・。
ハルちゃんにしか出せない相撲の激しさだけはやっぱり見たい。

もうこうやって怪我でじっと土俵を見るだけの稽古の日々が、来年以降無くなればいいなと・・・祈っています。

Dscf6006
(2012年4月29日の稽古総見にて)

Dscf6022

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« またまた「この腕は誰?」なH25年大相撲初場所ポスター&新十両・引退力士 | トップページ | 出光美術館と東京駅界隈を一瞬ぶらり&ちょっと相撲がらみのことw »

ニュース」カテゴリの記事

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/56268630

この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士ニュース:良きにつけ悪しきにつけ:

« またまた「この腕は誰?」なH25年大相撲初場所ポスター&新十両・引退力士 | トップページ | 出光美術館と東京駅界隈を一瞬ぶらり&ちょっと相撲がらみのことw »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード