« 紅葉狩り | トップページ | 第61回全日本相撲選手権&神社参り »

2012年12月 2日 (日)

あさりのトマトソーススパゲッティ

昨日、母に三河産のあさりをもらいました。
酒蒸しもいいのですが・・・トマトがだんだん生で食べるには辛くなってきてるし(※寒いから)!と、お昼にボンゴレスパゲッティ(Spaghetti alle vongole in rosso)をつくりました。
日本へ帰国前に分厚いパスタのレシピ本を買っていったので、一応それにのっとってトライ(笑)とりあえず暗記してからとりかかったので、結局どこかは我流かも、みたいな

材料のにんにくが・・・いつの間にか髭生やしておった

Dscf9366_2
パセリもなんとか庭で生き延びてるのがあったので、少ないけど収穫。

Dscf9367_2
あさりは殻を良く洗って水の中に5分ほど放置・・・とレシピ本にはありました。私は(この期に及んでという感がなくもないが)塩水に放しました。でもそのおかげか、キュウキュウ言いだす子がいたぞ。(ごめんねその後のことは・・・人間って残酷・・・)
このアサリの量だと2人前強ぐらいか?パスタとしては3人前を目安につくってみました。

Dscf9369_2

トマトは皮を剥きます。今年のマイブームとなったのがこのピーラー。

Dscf9370_2
面白いほど剥け過ぎるので、誤って自分の指の皮を剥かないように注意が必要。

トマトはざく切り、にんにく・パセリはみじん切り。

Dscf9371_2

さてまずはアサリから。オリーブオイル大さじ2杯をフライパンで熱し、アサリを投入。さらに白ワイン大さじ2杯を入れて、アサリの蓋が開くまで熱します。
我が家はSAKEしかないのでSAKEにて。そして、油ではねまくるので、蓋をしてフライパンを揺すりながら開くのを待ちました。

開きましたぜ開きましたぜ。

Dscf9374_2
殻が開いたら即、別の器に移しておきます。蒸し汁もしかり。

Dscf9377
↑わかりにくいですがざるの下にパイレックスの器が。これで蒸し汁を受けております。

空になったフライパンに新しくオリーブオイル大さじ1~2杯を熱し、ニンニクを炒めます。

Dscf9375
余熱であっという間に色が付いてきてしまうので、火は落としたほうがいいかも。
それでもあっという間に色付いてくる。
香りがよく立ってきたら、トマトを投入。

Dscf9378
アサリの蒸し汁も投入。

Dscf9380
蓋はせず、水気を飛ばしながら中火~弱火で煮詰めていきます。
Dscf9381
火を通しながらトマトをくずしていきます。

Dscf9382
だんだん煮詰まってきました。

Dscf9383

ソースの調理に入った段階で、並行して茹で作業に入っているスパゲッティ。

Dscf9384
パスタが茹であがる2分前ぐらいに、ソースに再びアサリを投入。パセリも入れます。

Dscf9385
よくソースとからめながら、そのまま2分ほど火を通します。

Dscf9386
仕上げに塩・コショウで味をととのえ、茹であがったスパゲッティをフライパンに投入してよく混ぜます。

Dscf9387
あとは食べるだけ~♪すぐ食べること

Buon appetito

Dscf9388_2
盛り付けがいい加減で・・・すみませんです

でもオイルだけの「ビアンコ」と違い(それも大好きなんですが)、トマトの酸味とアサリの出汁がしっかりきいて思ったより美味しくできました

Dscf9389
パセリをもっと育てねば・・・(苦笑)

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

« 紅葉狩り | トップページ | 第61回全日本相撲選手権&神社参り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あさりのトマトソーススパゲッティ:

« 紅葉狩り | トップページ | 第61回全日本相撲選手権&神社参り »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード