« 年末年始にお相撲さんがテレビ番組に出演して・・・そして番組ラッシュは続く | トップページ | 稀勢の里は「たけのこの里」 »

2013年1月11日 (金)

日馬富士、本場所でどんな意地を見せるのか・・・?

日馬、発熱で巻き返しへ暗雲!師匠「厳重注意」…13日初場所初日
 横綱・日馬富士(28)=伊勢ケ浜=が10日、発熱のため東京・江東区の部屋で行われた稽古を欠席した。9勝6敗に終わった昨年九州からの巻き返しを狙う初場所(13日初日・両国国技館)へ大ピンチに陥った。
 前日(9日)の出稽古では大関・稀勢の里に6連敗を喫する屈辱を味わった。そんな状況下での発熱に、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「横綱が自分の体調を管理できないなんて情けない。恥ずかしい。厳重注意だ」と切り捨てた。
調整不足も心配だ。11日には墨田区の野見宿禰(のみのすくね)神社で土俵入り、12日には国技館の土俵祭で、本格的な稽古はこの日が最後だった。師匠は「全体的に見て稽古が足りない。不安はある」と嘆いた。
 今場所も1ケタ勝利に終われば、横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長(85)から横審の内規にある「激励」などの勧告を行う可能性を示唆されている。正念場を迎える弟子に、師匠は「先場所みたいな成績じゃ厳しい。私から注意もするし、自分自身でも注意するだろう。実力はあるんだから」と期待を込めたが、初日を目前に不安は募る。
    (2013年1月11日06時03分  スポーツ報知)

日馬富士、不安ムード 稀勢の里に1勝6敗「クソッ」…13日初場所初日
大相撲初場所(13日初日・両国国技館)で、不振を極めた昨年九州場所からの巻き返しを狙う横綱・日馬富士(28)=伊勢ケ浜=が不安を露呈した。9日、東京・江東区の高田川部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に2日連続で参加したが、大関・稀勢の里(26)=鳴戸=に6連敗を喫するなど1勝6敗と圧倒された。トータルでは7勝6敗だった。横綱・白鵬(27)=宮城野=も同一門の連合稽古に参加し、18戦全勝と貫禄を見せつけた。
 横綱の強さは鳴りをひそめた。日馬富士はライバルと認める稀勢の里に立ち合いで当たり負け、相手得意の左おっつけで体を横に向かされると一気に持っていかれ、力なく土俵を割った。
 すると負の連鎖は止まらない。「やりたいことはやれた」との言葉とは裏腹に、自身より40キロ重い173キロの相手に、低く鋭く当たっていく自分の相撲が取れない。一気に寄られ、勢い余って上がり座敷まで突っ込むと、「クソッ!」と悔しがった。あおむけに押し倒され、背中にベットリと砂がつく場面もあった。
 前日(8日)には5戦全勝だった相手に6連敗。最後は送り出して意地を見せ、風邪をひいている琴奨菊には6戦全勝で計7勝6敗と何とか勝ち越した。「稽古だから勝ち負けは関係ない。関係があったら(稽古量では)俺が勝っている。悪くないと思います」との言葉がむなしく響いた。
 この日、同じく一門の枠を越えて連合稽古に参加した白鵬は新小結の松鳳山のほか、平幕陣らと取って18戦全勝。日馬富士の相手は大関陣だけと力の差があるとはいえ、あまりに対照的な内容だった。視察した元小結でNHK相撲解説の舞の海秀平さん(44)は「日馬富士関は心配です。(白鵬とは)余裕も違うし、懐の深さが違います」と不安の声を上げた。
 昨年九州は、11日目から5連敗と新横綱としてワーストの連敗記録を作るなど9勝6敗に終わった。7日の横綱審議委員会稽古総見の際には、鶴田卓彦委員長(85)からは11勝のノルマを課された上、白星が1ケタに終わった場合は横審の内規にある「激励」などの勧告を行う可能性を示唆されている。こうした雑音を封じるには優勝しかないが、初日まで時間がない中で暗雲たれ込める出稽古となってしまった。    
(2013年1月10日06時02分  スポーツ報知)

松ケ根親方、日馬にカミナリ「横綱いかん」
勝負はついていた。日馬富士が稀勢の里を寄り切り、土俵の外へ。その直後、力が抜けた顔面をつかみ、ひじを伸ばす。首の自由を奪われた稀勢の里の体は大きくのけ反った。三番稽古の1番目から空気がざわついた。
 日馬富士と稀勢の里は大関時代から互いにライバル心が強く、横綱昇進レースを展開したとはいえ、5番目ではもろ差しの横綱が脇腹につき、稀勢の里は無抵抗状態に。審判部副部長を務める松ケ根親方が静寂を破り「勝負あった」「勝負あった!」と日馬富士に自制を求める声を発した。ところが、さらに攻めを仕掛けようとして寄り切った直後、同親方は「横綱、そういうことをしちゃいかん」ときつくたしなめた。異様な雰囲気が広がり、三番稽古はそこで打ち切られた。見学に訪れていた相撲解説者・北の富士勝昭氏(元横綱北の富士、71)も「横綱は力入れすぎだよ」と表現した。
 日馬富士は「(稀勢の里とは)いつも燃えるような稽古をしている。自分から当たって、受ける相撲は取らなかった」と言い切ったが、稀勢の里との少ない番数には「まぁね…」と口ごもった。
 新横綱場所となった九州場所では9勝止まり。横綱審議委員会からは初場所も1桁白星なら「引退勧告」の可能性も示唆されていた。7日の稽古総見後に鶴田卓彦委員長(元日本経済新聞社社長)が「その時は(1桁白星なら)『激励』だな」と、トーンを下げたとはいえ、横綱の威厳が問われる2場所目。その焦りが、けいこでの“暴走”につながったのかもしれない。
(サンスポ紙面から)2013.1.9 05:00



入ってくるのはこんなニュースばかり。横審稽古総見までは希望も持てたのに。
本人の言葉と行動が乖離している・・・。
キセへのダメ押しのひどさにも口あんぐりでしたが(横綱の地位をわかってない!)、その後もまるで九州場所中のニュースを読むかのよう( ̄Д ̄;;

このままでは勝っても負けても、不安です。
勝ち続ければ「オレはこんな状態でも勝てるんだ」→稽古不足とやりたい放題に拍車がつく
万一再び一ケタで終われば、三場所目はさらにきつくなる。

師匠が怒るのも当然。

日馬富士、しっかりせえ~~~~!!!


本人の不安や恐れが体調不良につながっているという気がしてますが・・・
乗り越えられなければ、横綱は務められない!

頼むから、昨夜北の富士氏が仰っていたように、とにかく「精神力」と「強気」で乗り切ってくださいsign03

そして。
お客様が喜ぶのは相撲そのものだけじゃないということも自覚してくださいsign03
(もちろん「相撲ありき」ですが!)

横綱、勉強がまだまだまだまだ足りないよ・・・sign03

(ファンだからこそ怒り倍増)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 年末年始にお相撲さんがテレビ番組に出演して・・・そして番組ラッシュは続く | トップページ | 稀勢の里は「たけのこの里」 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

横綱と言う地位の厳しさが、痛いほどわかるお話ですね。 押しつぶされるな!ハルマン!!! これを乗り越えないと「真の横綱」にはなれないのですね。
精神的に強くないと務まらない世界だなー。

ろーるさん、野見宿禰神社の石碑に刻まれた四股名を見たり九月場所の優勝掛額を目の前にしたりと行事が本場所直前に続いたことで、横綱も気持ちをあらたにしていることでしょうね。
我々には計りきれぬほどの重圧、はねのけて行ってほしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/56514683

この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士、本場所でどんな意地を見せるのか・・・?:

« 年末年始にお相撲さんがテレビ番組に出演して・・・そして番組ラッシュは続く | トップページ | 稀勢の里は「たけのこの里」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード