« H25年大相撲夏場所(五月場所):星取表~十両 | トップページ | ここで会ったが百年目、なおせんべい »

2013年5月28日 (火)

「激励」の意味がわからない

千秋楽記事を書こうとウダウダしているうちにこういう記事を見てしまうと、ますます書く気が失せる・・・どうすればいいんだ。

日馬富士、来場所12勝以下で最後通告…横審委員長が明言
大相撲の横綱審議委員会(横審)が27日、両国国技館で開かれた。夏場所13勝2敗で優勝争いをした大関・稀勢の里(26)=鳴戸=について、協会内では評価が分かれたが、横審では名古屋場所(7月7日初日、愛知県体育館)の綱取りを断言。高いレベルでの優勝を昇進条件に掲げた。一方、11勝4敗に終わった横綱・日馬富士(29)=伊勢ケ浜=へ名古屋での13勝以上を厳命。達成できない場合は内規にある「激励」などの最後通告を示唆した。
 横綱として不振の11勝に終わった日馬富士に、またも進退問題が浮上した。内山委員長は「激励の可能性はある。少なくとも13勝はしてほしい」。名古屋で12勝以下だった場合、横審の内規にある「激励」などの最後通告を行うことを示唆した。
 同委員長はさらに「成績次第では本人が判断を迫られる可能性もある」と不振が続く場合には、本人に進退を迫る可能性も言及した。横審には成績不振などの横綱に激励、注意、引退勧告ができる内規がある。3代目・若乃花が99年秋で負け越し、場所後の横審に本人を呼び出し休場勧告したことはあるが、数例しかない。
 昨年九州の新横綱場所以降は9勝、全勝V、9勝、11勝と安定度を欠く。今年初場所前の総見でも「激励」が話題に上がった。岡本昭委員は「9~11勝が続くなら、九州にでも引退の話が出るのでは。横綱は3敗が限度。成績次第では名古屋でも(進退の話が)出てくる」と厳しい。昭和以降で最も短命の横綱は39代・前田山の6場所。それを下回る短命横綱となってしまうのか。日馬富士の名古屋は過酷な土俵となる。
(2013年5月28日06時02分  スポーツ報知)

「激励」の定義がわからない。
「激励」が「最後通告」。
「激励」も「最後通告」も、横審やらマスコミやらの定義がさっぱりわかりません。

そもそも、横綱審議委員会って・・・何?
相撲協会HPによると"協会外の有識者の委員によって構成され、主に横綱の推薦を行う機関"
外部委員が最も権威を持つかのような・・・

土俵のすぐ下で毎日目を皿のようにして取組を見ている審判部を一体何だと考えているのか!?

日馬富士の師匠だからとか、そういうことは関係なく、伊勢ヶ濱審判部長の見解が私は一番まともに思えます。
そもそも、稀勢の里が化けたのは今場所だけ。
それに、優勝しているかしていないかは紙一重の差のようでも、大きな大きな違いです。
肝心のところで自分の相撲を忘れてしまった五月場所から奮起して、名古屋場所で文句なしの優勝をすれば別かもしれませんが・・・いや、それでもこの二場所だけで決められるほどの「決断」は私だったらできません。

幕下上位にとっての最後の一勝と、幕内にとっての優勝を決める一番は、どちらも一世一代の大一番。
これを乗り越えられない力士に、推挙状を渡したいとは思いません。もしも私が横綱審議委員会委員であれば。

そして、横審委員になるのであれば、過去68人の横綱の実績も踏まえたうえで意見してほしい。
「実績」といっても、上っ面の実績だけで判断しないでほしい。この方たちは過去の横綱たちのことをどこまでご存じなのでしょうか?
それに、白鵬も日馬富士も、それぞれが違う横綱です。過去の横綱の誰とも違う。周囲の状況も違う。もっと複合的に、多角的に判断できないのか?

そもそも金星配給しまくりで協会に迷惑かけてるとか、最近は三賞も辛い出し方だったりとか(私は夏場所の妙義龍関の相撲内容は敢闘賞・技能賞のダブル受賞に値すると思っていた・・・もう、これにもガッカリ)、ここへきてみみっちいことに経費削減をもくろむのであれば、もともとよくわからないお金にまつわる制度を変えるべきなのでは?と思うのですが。
現行で「頂いている年配の方々」ばかりが得をしているように思えてなりません。
今の日本の税制改革とかぶるとも言えるのか。

横審より必要なのは、稲盛和夫氏のような方ですきっと。相撲協会にとって。

・・・なんだか言いたいことが全く言えてません・・・
千秋楽と夏場所全般に関してはいずれ。

今日は雨の中、島根の出雲大社で日馬富士が奉納土俵入りを行ったそうです。
太刀持ち隠岐の海、露払い安美錦。
場所直後にも休む間がない横綱。
6月6日には富岡八幡宮での刻名式。
逃げずに土俵に上がり続ける第70代横綱に幸あれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲夏場所(五月場所):星取表~十両 | トップページ | ここで会ったが百年目、なおせんべい »

ニュース」カテゴリの記事

大相撲」カテゴリの記事

コメント

お待ちしていました(笑)。

今朝、寝起きのラジオニュースで横審の見解を聞いて、せっかく5月場所の15日間もった心臓が、狂い打ちしそうでした。
横審、前のめりではしゃいでますね。もともと自分の任期中に“日本人横綱”を作りたいと言っていた新委員長ですから。来場所、お揃いのオレンジのはっぴを着て名古屋に乗り込むのでしょうか?

14日目、土俵に大の字に寝転んだ稀勢の里を2階席から見ながら思ったのは、こりゃ明日はないな、でした。で、そうなりました。まだ優勝もしていない力士に、この甘い見解はあり得ないし、2場所前に全勝優勝した横綱に、この見解もあり得ない。

スポーツ報知はスポーツ紙の中でも、ずっと日馬富士に厳しい(意地の悪いとさえ言える)記事を書き続けている新聞ですから、一応、話半分と受け取って、私たちも少し落ち着きましょう。刺激的に書くのがそもそも彼らの役目ですし。
「激励」の定義は全くわからないし、なんで負け越した若乃花と同列に並べるのかも、もっとわかりません。いや本当に、1番わからないのは横審のレベルですが。
伊勢ヶ濱親方が冷静、公平な意見を明確に述べられていることに救われます。ともかく、しばらくこのことは忘れましょう。

14日目、大の字の稀勢の里を見ながら、1番最初に思ったのは、「デカッ!」でした。土俵の半分を占めてるんじゃないかと思うくらい、トドのように巨大でした。
去年9月場所の千秋楽、同じくらいの距離から見た、白鵬を投げて倒れこんだ日馬富士は、まるで1本の棒のようだったのに…

5月場所の日馬富士への私の願いは、15日間出場して9勝を下回らない成績で勝ち越すこと、でした。優勝争いにからむのは、かなり厳しいと推測できたのと、千秋楽2日後の出雲大社奉納土俵入りをなんとしてでもしてほしかったから。彼はこういう務めを人一倍光栄に思う人だから、もし途中休場でもして白鵬に代行してもらうことにでもなったら、どんなに落ち込むだろうと思うと、ともかく何でもいいから、この遷宮の年に巡り合った奉納土俵入りをできますように、と願いました。
無事にできて、よかった。雨の中、沢山の人が集ってくれてよかった!(モンゴルでは、人の集る時の雨は吉、だそうなので、雨OK!)

正之助さん、あんな大拍手で送られる行司さんを見たのは初めてです。その正之助さんが最後の記者会見で、行司生涯最高の一番に、あの綱取りを決めた一番をあげてくださり、あの一番を裁けたのは誇りだとおっしゃってくださって、ほんとにもう、泣けるほど嬉しいです。このことこそ、日馬富士ファンの誇りです。

横審なぞ関係なく、日馬富士自身は「優勝かそうじゃないかの2つだけ」の気持ちで毎場所臨んでいます。来場所も、同じです。私の愛も、同じです。
さぁーーー!ぜったい11回投票するぞッ!!!

ブログ拝見しました。色々勉強になりましたm(__)m
「激励」ですか・・・なんだかよく分からない内規ですよね。
「横審」・・・昔から、失礼ながら不透明な印象を持っています。よく分からない機関(>_<)

私、長年書道をやっていますが、書道界も上層部は「墨より黒い」と言われています・・・そんなことをブログを呼んで、ふと思い出しました。
そんなんじゃないと思いたいですが(大好きなお相撲だけに・・・)

名古屋場所、激励のげの字も出させないほどの戦いをしてくれることを祈っています!!
そして、蒔右絵門さんが最高のテンションで稽古見学に行けることを、ご一緒できることを願っています!!

投票、早速してますよ(゚▽゚*)すでに3力士入れました。

千秋楽の白鵬戦の日馬富士、もう左足首限界で、見てるのがツラかったんですが、まあ横審のお偉い方々は、日馬富士の相撲なんて見てないんでしょうね。

5月場所の日馬富士、悪いときに出る無駄な張り手とかがなくなって、ケガの功名ではないんでしょうが、洗練された相撲だったと思うんですが、横審のお偉い(以下略

稀勢の里は嫌いな力士ではないんですが、こんな露骨な身贔屓見せつけられると、ムカムカしますな。

いくさん、土俵上にトドと一本の棒・・・
もう、涙腺完全に崩壊しましたcrying

スポーツ報知ってそういえばそうなのでしたっけ。そもそも現時点で私が目にした「激励」記事がこれだけだったので、それはそれで腑に落ちなかったのではありますが。忘れます。すぐに怒りは収まりそうにありませんが、忘れます。

遷宮の年に横綱という地位にいること、雨が降ったこと、どれも必然のことのように思えます。
そういえば横綱昇進を決めた千秋楽の日も、雨でしたね。
そしてその大一番を36代庄之助さんが裁いてくださったこと、思い出の一番に挙げてくださったこと。
日馬富士ファンにとってはこのうえもない幸せなめぐりあわせです。

私にとっては、終盤戦になって力強くなり始めた土俵入りが救いでした。
明らかに先場所までの日馬富士とは違う何かが宿り始めていましたね。
それなのに千秋楽に張り差しで来る東の横綱にはあっけにとられました。
満身創痍の西横綱に張り手をしてまで、全勝したかった白鵬。江戸での優勝に傷がつくことへの恐れの裏返しではあるのでしょうが、張り手をしなくても全勝できただろうに。二日続けて張り差しですよ。最後の最後に、ですよ。品格もへったくれもあったもんじゃありません。
でも、それほどに横綱とは過酷な地位なのだということを、白鵬自身が今場所証明している。それを踏まえて言いたい。11勝で軽量&ケガだらけの横綱に、「乙女心と秋の空」みたいな意見はほんとにほんとに勘弁です。

まあとにかく、あんなに痛そうに(かショック症状だったのかはわからないけれども)転がってる相手を抱き起こすこともせず1人だけ颯爽と土俵に上がり、お人よしの日本人たちから拍手喝さいを受ける東の横綱に、私は1人しらけるばかりでした(笑)日馬富士も手を貸してほしいとは思わなかったかもしれませんがw

36代への拍手はこれまでにないような大拍手だったのですね。やはり、偉大な方でした・・・本当に悲しくて淋しくて仕方がありません。

とにかく、愛四つでありがた迷惑なほど日馬富士を応援することには変わりありません(笑)
おそらく彼は変貌することでしょう!


うららさん、人間界のことですのでどんな社会にも黒白グレーとあって当たり前、かとは思います^^;
思いますが・・・
あまりにあからさまな今回の話には、どこに何をぶつけていいやら?です。

また名古屋場所まで、頼りないニュース記事を頼りに(w)日馬富士関のことをあれこれ気に病む自分が見えてきそうですが、でも!
大阪場所と五月場所の日馬富士は明らかに違いましたから!
稽古さえこなせれば、来場所は必ずいい相撲で土俵を沸かせてくれるはず!
そう信じて過ごします。

投票、早速三名に!(笑)今年の総選挙は投票数がウナギ登りになりそうですねw

shin2さん、あの土俵際の最後の日馬富士はまるで春場所のリフレインでしたね・・・。
中立親方でしたか、夏場所の日馬富士の相撲スタイルの変化をさらりと一言で表現してくださっていました。
横審の(以下略

私も稀勢の里は嫌いではないどころか応援したい力士ではあるのですが、だからこそ稀勢の里には「まっとうな」道を歩んでほしいのです。
お願いだから誰も彼も力士たちをつまらないことで潰さないでほしい!もう、たくさんです。
皆、教育者として失格です。

日馬富士の11勝は批判されるような成績ではないと思います。

貴乃花、朝青龍、白鵬と屈指の横綱が短期間に続いたために

世間の目が厳しくなり過ぎていると思います。

Haitoさん、コメントありがとうございます。
全勝優勝していても9勝6敗が2度あったことで、11勝の成績までもが過小評価されている感がありますね。
中盤戦以降持ち直したことをもう少し評価してほしかったのですが・・・
日馬富士本人が名古屋場所で結果を出すしかありませんね(u_u。)

それにしても今回に限らず、日馬富士の実績が不当に評価されているのが気になります。
白鵬が星を落とした時期に「もう全盛期は終わった」と軽々しく言う世間にも「本気でそう思ってるのか?」と呆気にとられましたが、今後は誰が何と言おうと自分の目と直感を信じることにします(-ε-)
ただ、不当な評価で引退させられるのだけは御免です。

初めまして。
私は、相撲ファン歴は現理事長の最盛期から、と長いのですが、ハル関ファン歴はわずか8カ月の新人です。
どうぞよろしくお願いします。
ハル関のニュースを探すうち、蒔右絵門さんと出会い、毎日楽しく、必ず読ませていただいております。
世間一般の、ハル関に関するニュース記事が、あまりに少なく、かつ、悪意のある書き方をされているような気がしてなりません。
一方で、蒔右絵門さんの書かれていることが、ものすごく納得できること、自分が言いたかったことばかりで、「ああよかった、こんなふうに感じていたのは私だけではなかった!」と、何度安心したことか。
も~今回の横審の記事を読んで、気持ちが悪くなりました。
新聞もテレビも、二言目には「日本人横綱」って繰り返すのには、不気味ささえ感じます。
なぜ異国の地で人一倍努力して、小さな身体で戦っている人に対して、ここまでひどいこと、失礼なことが言えるのでしょうか???
4場所中に3回全勝優勝する力士をなんだと思っているのでしょう???
ハル関の11勝を責めたてる前に、勝った後に土俵外で負けた力士をさらに押し倒す東横綱の行為こそ、注意すべきではないでしょうか?
(そのことに触れていたのは、北の富士さんだけです。)
・・・初投稿なのにいきなりいろいろ書いてしまってすみません。
本当に今回の横審のことには、どうしても一言いいたく、思わず書き込んでしまいました。
これからも、蒔右絵門さんのページ、楽しみに読ませていただきます。
あ、「総選挙」の件も、情報ありがとうございました。
ひたすら毎日、ハル関を投票しつづけております。

わいちゃんさん、初めまして!コメントありがとうございますhappy01
このような主観的ブログをお読みいただき恐縮しております。
長年の大相撲ファンである方ほど、日馬富士が好きという現象が起きているような気がする今日この頃・・・私にはそれがとても嬉しくて涙が出る思いですつД`)

日馬富士に関するニュース記事については私も全く同じことを感じています。
でも、4年前に実際にお会いしたご本人は、世間一般(というかマスコミ)が伝える人物像とは全く裏腹の、とても素晴らしい人でした。
握手にも心がこもっていて、必ずしっかりジーッと相手の目を見て、1人1人に「ありがとうございます」とはっきりお礼を言う人でした。私は大関で初優勝直後のその日馬関の姿と、なんとも温かくて大地のような大きな雰囲気がどうしても忘れられません。正真正銘の男前がここにいる、と心の芯からしびれました(笑)
そして、マスコミが伝える日馬富士と、世間一般の皆さんが直接出会った日馬富士について書いている記事には、雲泥の差があります。世間一般の方が伝える横綱は、やはり私が肌で感じた通りの横綱です。

子供が大好き&絵を描くのが得意な横綱。
おそらく、力士の中でもとりわけ繊細な方だと思います。
三段目で優勝した頃は自分の体が貧弱すぎて、恥ずかしくて支度部屋のトイレでコソコソ廻しをつけていたような人です。
だから、なんとなくマスコミに対応している日馬富士の姿も想像できるような気がするのです。特に本場所の成績が芳しくない時の様子が。おそらく、記者は横綱の本当の姿を引き出しきれないのだと想像しています。横綱も大人の対応がしきれないのだろうなあ、とか。想像でしかないのではありますが。

そんな中でも、何人かの記者さんはフェアな目できちんと横綱を捉えて伝えてくださっているようには感じます。
結局、我々は記事はエッセンスのみを心眼で抽出していくしかないようです。
それと横審の話は別ではあるのですが。そしてそれが大問題なのでもありますが。
そして悪意ある記事をうのみにしてしまう世間一般の日本人が多いのも大問題です。

「日本人横綱」は誰もが切望することではありますが、過剰な騒ぎ立て方は本当に不気味ですね。日本人力士たちが誰にも文句を言わせない実績を出しているのかどうか、自分の目で見てシッカリ確かめてから口に出してほしいものです。
正直、技術的にも精神的にも、両横綱とそれ以下の力士たちにはやはり差があります。日馬富士は白鵬には体がない分劣るかもしれませんが、やっぱり横綱になるべくしてなった人です。私は、万一稀勢の里が来場所本当に14勝以上で優勝したとしても、その後平幕にも全く星を落とさずコンスタントに13勝以上を挙げられる姿というのはどうしても想像できません。勝昭さんが言われたように「じっくり」力をつけてから上がっても遅くはないはずです。というよりその方が絶対本人のためにもいいはずです。
そして、騒げば騒ぐほど、今場所負け越した三役陣は必ず名古屋で這い上がってくるでしょう。名古屋は「荒れる名古屋」になる可能性も十分ありますよね。(そしてそれは日馬富士にとっても脅威になるはずです・・・ああいやだなあ・・・正直怖いです(ノ_≦。))

白鵬関の土俵態度については、不思議なほど書きたてられません。これも不気味です。今日やっと、産経ニュースが14日目の白鵬の張り差しについて書いていましたが。でも、結局これも「稀勢の里に対して」という話で、千秋楽の日馬富士に対する張り差しについては一言も触れていません。でも張り差しより問題なのは、ダメ押しですよね。本当に見苦しい。気持ちがノッているから、というだけではないと思いますよ。頂点に立つ人間としての白鵬に関しては、他にも言いたいことが山ほどあります。ただ、残念ながら世の中にとっては白鵬が神様ということらしいです。なんにせよ今の角界は白鵬だけが頼りですから。なんといっても実績がケタ違いですし。
でも少なくとも私は、記録はともかく真の意味で今の白鵬関を大鵬さんや双葉山と並ぶ「大横綱」と呼ぶ気にはなれません。土俵の外の白鵬は本当に立派だと思います。でも彼がもっと土俵上全てにおいて気を付けないと、角界はあらぬ方向に行ってしまうのでは?と私は危惧します。

・・・と、私こそアツくなってしまいました^^;

日本人ってつくづく短絡的だなあ、と感じます。
でも、横審以上に角界を支えているのは1人1人のファンです。
誰も大相撲を見なくなったら、横審の存在も意味がなくなりますからね。
ファンは大いに声を出すべきだと思います。ひとまず私は長いものに巻かれるつもりは毛頭ありません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/57475417

この記事へのトラックバック一覧です: 「激励」の意味がわからない:

« H25年大相撲夏場所(五月場所):星取表~十両 | トップページ | ここで会ったが百年目、なおせんべい »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

おすすめリンク

最近のコメント

おすもうファン

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード