« H25年大相撲名古屋場所十三日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | H25年大相撲名古屋場所十四日目:取組結果(幕内~序ノ口) »

2013年7月20日 (土)

H25年大相撲名古屋場所十四日目:稀勢の里、両横綱撃破~白鵬、連勝43でストップ

結び前の一番。

白鵬も先場所までは制限時間一杯の時に走ってタオルを取りに行くのを抑えていたようだったが、今場所もまたいつの間にか小走りが復活。
今日も走り寄りながら顔を拭き体を拭き・・・迎えた立合い。
珍しく「早く勝負をつけたい」気持ちが表出しての、横綱のつっかけ。
二度目も嫌い、三度目の正直。
稀勢の里、今日はちょん突きでの立合いだった。
その立合いはともかくとして・・・私は稀勢の里の相撲を見て涙を流したことはなかったけれど、この一番ばかりは訳が違った。いや流すとまではいかないまでも、キセの本気と「今、ここ」どころか「その先」をも同時に見据えているキセの覚悟を見て、本当に「化けた」姿に心底感動を覚えてしまった。涙がすぐそこまで出かかった。

顔つきが全く違った。先場所とも違った。
今場所中に「二度も」チャンスを与えられた力士は、前半戦でのプレッシャーを完全に克服して後半戦、一気に底力を見せ始めた。そして今日の表情。

先日までは「ケガをした白鵬に勝っても・・・」と思っていたけれど。
今日の相撲はそういうレベルのものではなかった。万全の白鵬だったとしてもおそらく慌てさせた(少なくとも守りに入る相撲にさせた)、完璧な「稀勢の里ならではの相撲」だった。63連勝を止めた一戦よりもはるかに重い、全く意味合いの異なる一勝。
心がそのまま顔に表れ、勝っていた。そして相撲でももちろん、勝った。張り手にひるまず強烈な叩きにも落ちず、あの体でひたすら前に出続けて横綱を完全に追い詰めた。

昨日は昨日で日馬富士戦を見届けて、「ひょっとしたらこの日を境に、日馬富士は稀勢の里に勝てなくなるかもしれない」とさえ感じた今場所。

あとは明日、千秋楽の相撲だけだ。明日も今日の心がそのまま響き続ければ、必ず次につながって行く。明日はきっとやれるだろう。そうであってほしい。(その反面、やはりガブ関には先場所のような意地を見せてほしい。いい勝負になりますように!)

白鵬はなんと、立合い張り手。その張り手ひとつで、全てが暗転した。見事なほど無様な14日目となってしまった。

ラジオの出羽海親方@鷲羽山は、奇しくも平成22年九州場所の「白鵬63連勝ストップ」の日にもラジオ解説をしていたらしく。
またしても2度目の40勝以上の連勝を「43」でストップさせた稀勢の里を見届けたのは、出羽海親方だった。なんという因縁。
そして江戸時代から、40連勝以上を二回以上経験した力士は全て、二度目以降の連勝は「43」でストップしたらしい。
今回も「43」。
歴史とは奇なるもの・・・。

来場所どうなるかはわからない。まずは明日、千秋楽。
底知れない悔しさを乗り越えて一段階上がった日本人が、やっと万人の目の前に本物の姿を現した。うつろいが日本人の十八番かもしれないけれど、岩のようにどっしり、年月を超えて君臨する姿が見られますように。

座布団が舞いまくり、興奮冷めやらぬ中で残っていた場内結びの一番は、琴奨菊vs日馬富士戦。
日馬富士、今日の土俵入りも柏手が力強く、心が隅々までいきたわっていた。

ジンクスがつくられつつあるのか?
今日も伊勢ヶ濱部屋軍団は勝ちまくった。誉富士は不戦勝(千代嵐、残念なことに・・・・)、マツコは千代大龍を撃破すること四回目(一度も負けたことが無い)。安美錦はテンクー兄さんを厳しく攻め立てる。
そして、幕内前半戦の審判部長は伊勢ヶ濱親方。今日は飛んできた嘉風に激突されそうになるも、右膝をかする程度で済んだ。が、かすった時点で「日馬富士は勝つ」となぜかまた確信、な私。

結び前の一番の余韻が残り続ける中で、淋しくも粛々と進んでいたであろう仕切り。
そして気付けば制限時間一杯。
立合い・・・白鵬に引き続き、日馬富士まで張り差し!出た瞬間「アホ!」と心の中で叫ぶが、案の定圧力をかけられてしまい少し後退。そこから左上手をつかんでからは・・・いいタイミングで大関を転がした。

テレビで九重親方も言ってたけど・・・張り差しの失敗率高過ぎるから、もうやめてもいいよハルちゃん・・・。

明日は渾身の大一番となりますように。
リアルタイムで見られないけど、応援してるよハルちゃん!!!


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

にほんブログ村

« H25年大相撲名古屋場所十三日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | H25年大相撲名古屋場所十四日目:取組結果(幕内~序ノ口) »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/57831213

この記事へのトラックバック一覧です: H25年大相撲名古屋場所十四日目:稀勢の里、両横綱撃破~白鵬、連勝43でストップ:

« H25年大相撲名古屋場所十三日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | H25年大相撲名古屋場所十四日目:取組結果(幕内~序ノ口) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード