« H25年大相撲名古屋場所十日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | 十日目終了時点の日馬富士関連ニュース記事 »

2013年7月17日 (水)

「気持ちが切れてる」の意味が今度はわからず

気持ちが切れている、というのとは違う。そうじゃない。
本人自身には、闘う心構え・気概はあったのだ。
気持ちが切れたのではなくて、重い重い綱に心が堪えられなくなっていることに、綱に土が付きそうになっていることに、必死に抗おうとしているだけ。
だから、肝心の取組の時にはバラバラな心技体・・・。

土俵入りもよかった。二度目の四股は少しばかり軽く感じたけれど、一昨日のように手が滑るとか、昨日の土俵入りのような三月場所を彷彿とさせる危うさはなかった。というより純粋にいい土俵入りだった。相変わらず真っ直ぐな心が反映する目ヂカラもあった。五月場所よりも大きくなった日馬富士の姿だった。

ただ、今場所は取組に関しては初日から制限時間一杯の時の表情が異なっていて。
自分なりに場所前の稽古ができていたゆえの静けさかと思っていた。
でも、私は横綱自身ではないから・・・横綱の本当の心の内はわからない。どこからそういう表面的変化が出てきたのかは、実際のところはわからない。
明らかに先場所までとは違っているけれど、ネガティブな意味ではなくて、ポジティブな意味での違い・・・そう感じていた。のだけれど。

高安、千代大龍、妙義龍、豪栄道。
平成25年名古屋場所十日目終了時点での成績・・・高安6勝4敗。千代大龍6勝4敗。妙義龍5勝5敗。豪栄道に至っては3勝7敗。
なぜ、対日馬富士戦に限って勝ってくれたのか・・・。

上を目指す、という目標はあっても、今のところ失うものは何もない地位の強み。かつての安馬がそうだったように。
それら力士たちの燃える気持ちを、決して大きくはない体でまともに受けた日馬富士。

本来なら勝てる相撲がとれたはずの妙義龍戦。豪栄道に対しては連勝が続いていたのに完敗。
そして明日には、1敗を守った琴欧洲との戦い。

師匠は「次の場所へつなげるために」休場させるつもりはない、と。
北の湖理事長も「開き直ってほしい」と。

そうだ、もう開き直ってドカーンと負け越してもいいから!ドカーンといこう。
残り終盤戦も体がデカイ力士ばかり。
横審の言うことなんて気にするな。朝青龍が伊勢ヶ濱親方にクレームをつけているけれど、そんなことは参考にしなくてよい。
「私は私」で良いんだよ、日馬富士関。
前例のない記録をつくったっていいじゃないか。少なくとも横綱場所二場所目で全勝優勝しているのだから。

開き直ることも知らないと、このまま泥沼にハマるだけ。
あなたは力が衰えたのではない。引退するにはまだまだ早い。

某秀平氏が「今日は師匠と相談して横綱というものをもう一回考えなおさなくてはいけませんねえ」とラジオで言っていたようだが(というかラジオ録音を確認)、考えるだけで毎場所全勝やら優勝やらできるものなら、誰だって考えるでしょう。というより頭で考える以前に横綱は毎分毎秒、地位の重みを体の全細胞でひしひしと感じているはずなのに。
横綱をもう一回考え直すって・・・考え直した末に某氏が期待する答えは、「御役御免」?
横綱という地位をもう一回考え直すべき人が違うのでは???そもそも白鵬・朝青龍を基準に横綱を考えてよいものなのか!?今の風潮の不思議さよ。

気持ちが弱くても体や馬力で勝ててしまう力士とは一緒にしないでほしい。

悲劇って・・・
すでに全勝優勝を3度も成し遂げているのだから。
今となっては、現時点以上に満身創痍になることが悲劇なのだ。

結果的には、昨日の妙義龍戦が一番大きかった。勝てる相撲に自分から負けていった。

当たってくだけろ日馬富士。
ファンには応援しかできない。

結局、場所を追うごとに、日を追うごとに「好きな力士は星の数ほどもあれど」日馬富士は唯一無二の存在なのだと自覚する一方。それはそれでいいのかな。

阿夢露が出ていないように見える勇み足で初黒星になったり、丹蔵の取組の時に限って長電話がかかってきて消音で丹蔵が仰向けに裏返されるのを見たり、大砂嵐がよくわからない相撲で栃乃若に勝ったり、ピヨちゃん久々に出場して白星を挙げたり、鶴竜の右目が大丈夫なのかその後何も情報なかったり・・・
色々あったけれども、結びの一番で涙が止まらなくなり、またしても他の取組のことを書く気持ちが吹き飛んでしまいました。

明日からは早くも終盤戦に突入です・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲名古屋場所十日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | 十日目終了時点の日馬富士関連ニュース記事 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/57804299

この記事へのトラックバック一覧です: 「気持ちが切れてる」の意味が今度はわからず:

« H25年大相撲名古屋場所十日目:取組結果(幕内~序ノ口) | トップページ | 十日目終了時点の日馬富士関連ニュース記事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード