« H25年大相撲九月場所六日目:生観戦してしまったの巻 | トップページ | H25年大相撲九月場所中日:稀勢の里一敗守り鶴竜二敗・琴奨菊三敗目 »

2013年9月22日 (日)

H25年大相撲秋場所七日目:琴欧州休場、琴奨菊二敗目

昨夜は寝不足だったため爆睡。記事更新できず(^_^;)

2013年秋場所七日目。

今場所二回目の満員御礼にもかかわらず、結び前&結びの一番は瞬き二回すれば終わっていた・・・という状態でした。
でも、個人的にはどちらも非常に見応えのある取組でした。それについては後ほど。

まずは・・・
六日目の生観戦では気付きませんでしたが、琴欧州はすでに右膝にも左腿にも肌色のテーピングを厳重に施していたのですね。
そして、七日目ついに休場。
合わせる必要もないのに、琴奨菊も黒星つД`)
琴琴ダブル黒星の因縁は断ち切ってほしい〜!

先ほど、朝の作業やら買い出しついでに昨日のラジオ録音を聞いていました。
ペラ山秀ノ山親方@琴錦が解説。実況沢田石アナ。
やはり、F1琴錦&貴ノ浪はラジオが最適!ラジオだと視覚情報が入ってこないので、あのF1解説も頭に入りやすい!
テレビでは力道山の素晴らしいカラー映像で完全にはしゃぎ切った勝昭くんが新鮮でしたが(力道山映像特集、NHKスペシャルでお願いしたい、マジで!!!)、七日目の解説はやはり秀ノ山親方が秀逸でした。

というわけで部屋の師匠でもあるF1親方の話:

琴欧州「(途中出場もあり得る怪我ではあるが)ここはしっかり治したほうがいいですね」→カド番推奨

琴奨菊:

取組前〜「まず(立会いの)角度が悪い。ここまで勝ってはいますが私は琴奨菊の以前の悪いクセがまた出てきてしまってると思うんですよ。先場所は思い切り当たったらまんまと引かれてバッタリ倒れた経験をして、今場所は思い切り当たっていくのを怖がっている。だからわざと右脇を開けて相手を呼び込んで、体さえ密着させれば出て行けると本人は思っているようですが、下位にはその戦法が通じても上位には通じませんよ。ましてや栃煌山は差すのがうまいわけですから。」

取組前の本人の談話「相手は右差しだけではなく左差しも上手い。相手の相撲をとらせないことが大切。差されても密着して前に出たい」(みたいな内容だったかと)
それを聞いて親方「甘い!だから甘いんです。差されちゃだめなんです!今場所は上背のある力士のように相手の上に覆い被さるように呼び込んでいる、それじゃあだめです!体を丸く小さくして、差されないようにしっかり脇を締めてまず当たることです、それからです」
取組。あまりにあっけないもろ差しで完敗したガブ関ヽ(;´Д`)ノ
「ほらだから言ったでしょう。もう30なんだから自分の頭で考えなきゃだめですよ。こんなんじゃ優勝なんてできません!」
・・・師匠だから厳しい&的確であります(^_^;)
頑張れ菊〜〜〜〜〜〜!!!
(いやオーザンもすごく応援してるんだけどね・・・)

もうひとつ、七日目のこの一番では待ったがありました。F1親方によると、仕掛けたのはオーザン。待ったをすることで、ガブ関に迷いを生じさせ「栃煌山は変化にいくのではないか?」と思わせて思い切り当たらせないようにする。そうして上体が高くなった琴奨菊にスパッと入っていくという段取り。そのように親方には感じたようであります。「相撲は駆け引きですからね」・・・この親方に言われると説得力ありますね(^_^;)

さて、私の中での大一番はもちろん豊響vs日馬富士戦。
日馬富士に関するF1親方のコメント:
「この横綱に関してはねえ〜軽量ですから、下がってでもいいからまずは勝つことが大事だと思うんです、ええ。全勝優勝して横綱昇進を決めた場所だって、必ずしもいい内容で勝っているわけではないんです。でもそれでいいんです。この軽量で横綱を張るというのは本当に大変だと思いますよ(※しみじみとした声で)」
沢田石アナ「さあ体重185kgの豊響、135kgの横綱日馬富士。体重差50kgの対戦です」
「え?横綱135kgあるんですか?135kgは・・・軽量とはいえませんねえ。千代の富士だって130kgでしたから。若乃花だってそうです。決して軽くはありませんよ」
(※自分の心の声:そうかもしれないけど今の幕内平均体重が当時より重くなってるんだから!武蔵丸と曙を除いた他の力士で当時の平均体重出してくれ!)
取組終了後「これでいいんです。しかも横綱はちゃんと頭で当たってから変わってるわけですからね。勝つことが大事です!」

しかし昨日の声援はハンパなかったですね。声援のあまりの凄まじさに拍手までわき起こっていました。取組後の騒然とした雰囲気もその分ハンパなかったかもしれませんが、私には他の力士には出来ない変化が見応えありました。
ツイートも昨日したけれど、頭が豊響の右肩に入ったまま左腕が伸びてがばっと回しに手が届く日馬富士。意外と懐が深いハル様なのです。その時点で足も左側に踏み出していない。こんなこと、そうそう簡単にできるものではないと思うのですが・・・どうなんでしょう?

力道山が写した垂涎ものの昭和の取組の数々を見て、当時の体つきに最も近いのが今では日馬富士と松鳳山だ、という話もありました。

そうさそうさ!!!と、激しく二人を挙げてくれた刈屋アナに頷く自分w
6時から稽古場に降りる裕也くん。場所中は負けた相手の気持ちも考えて絶対ツイートはしないと心に決めている裕也くん(この話を聞いてますます裕也くんが好きになったよつД`))。昔ながらの相手への配慮も怠らず、体も鍛え抜かれた裕也くんに、やはりソップ型の横綱。横綱はもはや古傷で普通の四股が踏みづらくなった中でも懸命に土俵をつとめ続けているのだ!!!

問題は、今日の中日千代大龍戦。それについてもF1親方はもちろん言及。

「千代大龍戦は明日一番の好取組だと思いますね。ただ、連敗している相手ですからねえ・・・気をつけないとなりませんね。特にあの千代大龍の無茶苦茶な突っ張り(ここですかさず沢田石アナが笑う)、ええ、ムチャクチャですよあの突っ張りは!あれで出てこられると・・・怖いですねえ」

そんな親方は、日馬富士のここまでの成績を「まだ二敗ですから」と明るい希望を持っている言い方。

それでも、今の白鵬に勝てるのは「申し訳ないけど稀勢の里しかいないでしょう。だからこそ皆白鵬に(星を落とさずに)ついていってほしいんですよ!!!」

これは暗に稀勢の里が白鵬には強いけど・・・ということなのか?
日馬富士だってこのまま残り連勝していき、稀勢の里が白鵬を破れば自ら千秋楽で引き摺り下ろすことだって出来る。
そんな緊張感ある後半戦・・・になって・・・ほしいですね(だんだんトーンダウン)・・・

ところでハル様、仕切り中に珍しく肩へ塩をたっぷりと振りかけました。そこでどよめきが起きました。なかなか見ない本場所での光景に驚き!
そして、立会いでは立つ前に自分の右手首をちらりとよそ見。立会いで相手との目を逸らせて謎の仕草をしたことに、「ン?」と思ったのが実際のところです。その余裕は正面からぶちかますようにはとても見えなかった。
今日の中日はどんな立会いになるのか・・・正直、怖い。

結び前の一番に続き、白鵬はその千代大龍戦でした。
しかし・・・自爆するかのような顛末に。
「(白鵬戦を)楽しみたい」と言っていた千代大龍に勝昭くんは苦言を呈していましたが(「結局楽しんだのは白鵬だよね」@勝昭翁)、F1親方も至極真っ当なコメントをすでに取組前から披露しておりました。
「この横綱には頭から当たらなくちゃダメです。今場所の白鵬は、力で相撲をとっていない。柔らかさと上手さだけでとってるんです。千代大龍の立会いの悪いクセは、胸を出すことがあることです。胸を出したらいけません」
との予言通り、千代大龍・・・起き上がって胸を出したのであった。
取組を終えて「千代大龍、胸を出してしまいましたね」という沢田石アナに、F1親方すかさず「でしょ!?ほらね、だから駄目だって言うんですよ!」

今場所の白鵬。柔らかく相手を受け止め、ちょちょっといなしたりするだけで相手がコロコロ勝手に転がる、という表現もしていたF1親方によると、本当に白鵬は全く力を出していない、とのことですwww

親方の名言というか、興味深いコメントが満載だったのでどこまで書けるかわかりませんが・・・以下、印象に残ったものをいくつか。

・翔天狼「昨日、私のところに『阿覧に全く勝てないんです。どうすれば勝てますか?』なんて相談に来たんですよ。「よけいなこと考えずにまず当たったらどう?まずしっかり当たって、それで前に出て差して掬い投げなりなんなりすればいいんじゃない?」って答えたんです」と言ったら、全くその通りの取り組みになってついに「下克上の秋」を成し遂げた翔天狼!取組後「なぜそういうアドバイスをしたかというと、今年は翔天狼の差し身がよくなってきたからなんです。私はね、30歳というのは実は力士にとっていい年齢だと思ってるんです。経験も積み重ねて、最も脂がのってくる年齢なんですよ。だから翔天狼もこれからが楽しみですよ、ええ」

翔天狼、聞いた!?藤島部屋の部屋頭として円熟の味をこれからどんどん見せようではないか!
にしてもなぜわざわざF1親方にアドバイスを求めに行ったんだろうか翔天狼?(*^m^)

「力士は30歳からが本領発揮の面白い時期」

これは、どの力士にとっても希望の言葉。確かに、アミ様といい若の里といいテンホー様といい、(今場所は嘉風も!)、30代の味はえも言われぬものがあります。期待しましょう♪

・魁聖「先場所から相撲が変わってきましたね!以前は相撲が遅かったんですが、今は前に出ながらすぐ次へ次へと手が出る。自分の体を生かした相撲が出来てきましたよ」

・鶴竜「上手さだけで相撲をとっているのがねえ・・・大関昇進を決めた場所は差し身も素晴らしかったんですが、大関になってからはそれが無くなってしまいましたね」

・遠藤「(沢田石アナの『組んで良し、離れて良しの遠藤ですが、どちらの相撲を目指したいのか本人に聞いたところ、幕内でもどちらも手応えを感じてるので両方やっていきたいとのことです』とのコメントに対し)うーん、遠藤はね。組むにせよ突っ張るにせよ、相撲はまず何より前に出ること、当たっていくことが基本です。立会いにしっかり当たって、そこからすぐ差すなり突っ張って差すなりが出てくるわけです。まずはそこからです」

方々でまだ立会いの当たりが弱い、と言われている遠藤くんですが、その進化が見られてくると面白くなってくるのでしょうね!

・他、相撲に関して一般的なこと。

今の外国人力士はね、四股を踏まない!スポーツは野球であれサッカーであれ、まあ相撲はスポーツだとは言いたくありませんけどね、何でも下半身からです。突っ張るにしても腰から、下から行かなくては全く相手に通じない。だから(三代目)若乃花の威力は凄まじかったですよ。あの大きな曙が突き起こされてしまうわけですから。トレーニングがいろいろ増えているようですが、相撲の基礎はやはり四股鉄砲です。臥牙丸なんかもそうですね、体は大きいのにお尻もそうですが下半身がやせ細ってる。あれじゃあだめですよ。それに引き換え若の里。今場所星数こそ伸びていませんが、あの体つきは昔ながらの基礎をこなすからこそ出来上がったものです。コツコツやり続けたからこそ。力士の鑑ですよ」

図らずもテレビと同じく、「相撲の基礎は四股鉄砲」(特にF1親方は四股を強調)を力説するラジオ実況席でありました。

・舛ノ山「(沢田石アナが『今場所は速い攻めが目立つ舛ノ山です』とコメントしF1親方)「舛ノ山はもともと速いんです(※私の心の声:そうだそうだ!ヽ(`Д´)ノと沢田石アナに抗議)。速いんですが、今場所何が良いかというと、立会いの当たりの強さです。思い切り当たっていけてるので、その勢いでスパッと差せれば強力な掬い投げも決まる。立会いに勢いがあるから流れもよく、今場所は荒い息づかいもありませんね」

・稀勢の里「(1敗ではあるがあまり内容には納得していない様子で)これから調子を上げていくと思いますよ」

・・・という感じの七日目でした。

十両ではイタイ取組、千代鳳vs丹蔵が「きっと丹蔵は負ける・・・・・」とその目で見てましたが、なんとなんと、丹蔵は今場所一番の気迫を見せた!ヽ((◎д◎ ))ゝ

ピヨちゃん、六日目に負けてたから(蒼国来戦)2連敗となりましたが・・・連敗グセがつきませんように!
丹蔵、その勢いで今場所は後半戦に白星をずららっと並べるつもりで行ってくれ〜!

国ちゃんはちびっこ相撲の時のように里山の頭をベシベシ叩きまくってました・・・一生懸命下から突き起こそうにも限度がある里山相撲(^_^;)

こうなると叩いて決めるしかありませんでしたね。きわどかったな。

しかしここまで、期待していた照ノ富士が期待以上の成績で6勝1敗。

後半戦、どうなるのか!?楽しみにしたいと思います!

前半戦の幕内は7戦全勝が白鵬。6勝1敗が稀勢の里、鶴竜、嘉風(!)。5勝2敗が日馬富士、琴奨菊、安美錦、旭天鵬(!)、豪風、豊真将、舛ノ山、遠藤。

今日からが真の戦いの始まりであります!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲九月場所六日目:生観戦してしまったの巻 | トップページ | H25年大相撲九月場所中日:稀勢の里一敗守り鶴竜二敗・琴奨菊三敗目 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

ペラ山親方、そのような的確な解説を! ラジオ向きなのかあ!

30代の関取たち、頑張ってほしいですよね!

ろーるさん、的確すぎて怖いぐらいでしたw
ほとんど予言してましたよ!ヽ((◎д◎ ))ゝ

いろんな世代のお相撲さんがいないと、やっぱり会社と同じで面白くない!
30代の関取たち、そして40代関取を目指せそうな方々、まだまだ頑張ってほしいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/58242343

この記事へのトラックバック一覧です: H25年大相撲秋場所七日目:琴欧州休場、琴奨菊二敗目:

« H25年大相撲九月場所六日目:生観戦してしまったの巻 | トップページ | H25年大相撲九月場所中日:稀勢の里一敗守り鶴竜二敗・琴奨菊三敗目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード