« H25年大相撲九月場所十日目:テレビ欄予言(!?)通り白鵬に土つけた豪栄道 | トップページ | H25年大相撲九月場所十二日目:稀勢の里2敗を堅持、白鵬も1敗を守る »

2013年9月26日 (木)

H25年大相撲九月場所十一日目:横綱大関陣安泰、俄然緊張感を増してきた終盤戦

横綱大関陣安泰=横綱大関直接対決が皆無だった十一日目。

ということでもありますが・・・
ちょっと、今場所はヤバいね!!!

こんなに興奮する場所はいつ以来かも記憶に無いほど、ヤバい面白さが!!!

そもそもラジオの北の富士さんが興奮しまくっているという(笑)
「相撲が熱を帯びてきましたね!(声が「目を輝かせている」状態の勝昭くん)
力道山効果も相まってか、いろんなことが相乗効果になって「下克上か?(否か?)」の言霊場所が生まれつつあります。

今日の取組、稀勢の里vs日馬富士、白鵬vs琴奨菊戦は、一世一代の名勝負となるや否か?

特に個人的には琴奨菊に期待したい!
琴奨菊が勝ったら、さらに熾烈な戦いが展開されること間違いなし!
(やはり琴欧州休場は結果オーライだったのかも(^_^;))

十一日目の白眉もやはり、豪栄道vs日馬富士戦と白鵬vs妙義龍戦でした。

横綱土俵入りで右目がお岩さんのように膨れ上がったハルちゃんの顔を見て仰天しましたが、やはりあれは九日目の妙義龍戦が原因だったようで・・・
実際の結び前の一番では少し腫れが引いているように見えたのは、カメラワークのせいだったのか(真正面から捉えることはなかったし)?でも土俵入り後、目を冷やしてたかもしれませんね。

そして、相撲内容。

仕切りで徐々に豪栄道が横綱に飲み込まれていくさまが感じ取れたので、今場所これまでの日馬富士戦で初めて「日馬富士は勝つ」と妙な確信が芽生えてしまったのでした。
緊張することには変わりなかったけれど、「仕切りで勝った」と思わせる、ついに「悲壮感が消失した」横綱を見て「日馬富士は成長した・・・」と、新たな感動が( ´;ω;`)ブワッ

そして右まぶたでワイルドな顔つきになった横綱、相撲はさらにワイルドに厳しく、集中力の塊が土俵を席巻。

やはり私の読み通り、横綱は真っ向から空気を切り裂くような立合いで緊張する面持ちの豪栄道を圧倒(※舞の海くんの予言は無視していた私であります)。
相変わらず張り手じゃなくて普通に相手の手を殺す突っ張りでもいいのに・・・とは思いましたが、どうにも止められない状態に入りましたですね(^_^;)
ガッチリと右四つ左上手になってからは、しっかり相手を引き付けて腰を落とした日馬富士の執念が豪栄道を根負けさせることに。
すごい、この集中力!嬉しいなんてもんじゃない(T ^ T)
今年の三月場所の千秋楽には震えるリスのようだった横綱が、横綱になった(T ^ T)

今日の相手、稀勢の里は、立合いが全くしっくり来ないでここまで来たのに悪い体勢でも盛り返す馬力だけは健在。

日馬富士に勝機があるとすれば、立合いで相手を突き起こしてから素早く視界から消えるワープ作戦が功を奏するか否かじゃないかな、と勝手に思っていますが、今日は負けてもともとのつもりで場内を興奮のるつぼに巻き込む両者の相撲が見られればそれでよし、という気持ちでおります。

だからこそ、だからこそ!!!

菊!!!
頼む!!!今日は本当に頼む!!!
白鵬を11勝4敗にさせるつもりで、頼む〜〜〜〜!!!
白鵬のためにも!!!
(この横綱、「心」を入れ替えてもらわにゃなりません!よしんば勝っても私はおそらく横綱自身に納得出来ん!)

白鵬vs妙義龍戦ではもろ差しになった妙義龍を見て勝昭翁は「よしっ!」とラジオで叫ぶ事態にw

しかし左が浅かったのが災いして、白鵬が強烈にキメてからの豪快な小手投げ。
これまた手に汗握る大一番でしたが、この妙義龍さえも料理してしまう白鵬はさすがであります。

十一日目に国技館入りしたお客さん、ものすごくいいものを見られましたね!

今日の国技館も場合によっては満員御礼となってしまうかも?
そんな十一日目終了時点で、1敗は白鵬。9勝2敗が日馬富士、稀勢の里、8勝3敗が鶴竜、安美錦、遠藤、豊真将
このメンツを見るだけで興奮ものですな!

もうひとつ取組を挙げるとすれば、隠岐の海。

隠岐の海、立合い前の顔つきが今場所で一番引き締まっていた。
全く栃煌山に相撲をとらせず完勝。
オーザン、甘かったね(^_^;)
後から隠岐の海の談話を聞いたら、「前日の負け(高安戦)がものすごく悔しかった」そうです。
オーザンに対抗心を燃やしてるのか?と思ったら、そういうことだったのか・・・(笑)
出稽古も場所前は2〜3回行ったようで。「負けてるけど内容は悪くないんですよ、今場所はね」という勝昭くんの言葉は彼の大いなる進歩を示しているようです。

しかしまあ、疲れが出る頃の終盤戦で、今場所はひと味もふた味も違いますね。

力士の集中力が違うような。
これは、遠藤の爆発的人気もかなり影響しているのでは?と思わせるフシありありです。

その遠藤の上手投げも見事すぎて笑っちゃいました。

テンホー兄さん、魁皇には史上最多白星記録を献上し、彗星のごとく現れた新人との初戦でぶん投げられ・・・しかも新入幕勝ち越しを決められ・・・
ある意味、そちらの面でも記録に残る力士となりつつあるのか(笑)
凄いよ、テンホー兄さん!w

琴勇輝、首が場所前から調子悪かったようですが・・・脳震盪だけならいいのですが、1時間以上診療所にいたと聞いて心配です。

今日、元気な姿が見られればいいのですが、ちょっと取組はハラハラしながら見ることになりそう(´Д` )

常幸龍も悪気はないのに、嘉風・琴勇輝と二日続けて相方(&行司さん)が偉い目に遭って、本人も気が気ではないのでは・・・(^_^;)

鶴竜が思いのほか宝富士戦で時間をかけてたので、大丈夫かなあとこちらも心配に。宝富士が善戦した、とも言えるのかもしれませんが、残り4日間自信持っていってほしい!

アミ様、きわどい裕也くん@松鳳山との相撲で勝ち越し!あんなに釈然としないままインタビュールームで受け答えするアミ様は、というか力士は初めて見たような(笑)刈屋アナはアミ様の言葉を全部聞き取れたのでしょうか?

栃乃若・・・あのふわっとした立合いは何だったんだろう!?幕内であり得ない立合いにちょっとびっくり・・・すでに負け越しているおかわりくん@富士東に白星を献上。

場内を沸かせた豪風&豊真将戦。

豪風の動き勝ちでしたが、豪風。もうコンタクトレンズやめたら?ほんとに。今場所だけで角膜すでに傷ついてるんじゃ?

十両は千代鳳vs北はり磨戦!北はり磨もあの細身で真っ向から力強かったし、全く落ちないピヨちゃん!こ〜れ〜は〜見応えありました!

しかし十両の取組が他にも面白すぎたせいで、敢闘精神アンケート3位以内には入らず。

そう、照ノ富士のあの相撲は強烈でした!!!

白玉親方の予言通り「これまでとは違う大砂嵐戦」になった照ノ富士!仕切りの時の顔つきも大砂嵐に負けず劣らずの恐ろしさ、実にイイ!
攻防の末の土俵際での巻き落としは豪快そのものでした!
いや〜、進化の速度が速すぎる照ノ富士・・・さあ、どこまでいくのか?新十両、9勝2敗です!

鏡桜もしっかり自分の相撲で10勝1敗!十両も目が離せない今場所です!

しかし今場所はこれまで以上に幕下以下があまりちゃんと見られず・・・(T ^ T)

昨日はBS102だけは途中から観戦。

で、BS102で見てないけど大原くん、いつの間に黒星先行から3勝まで盛り返してたの!?

負けた相撲しか見てないよヽ(;´Д`)ノ

達が石浦くんとの対戦で、どんな取組になるんだろう?と思いきや・・・石浦、潜った!いきなり足取りというフツーじゃない素材にあっけにとられました。石浦くん、勝ち越し!

三段目優勝した能登櫻さんは1勝5敗に・・・(^_^;)

そして水戸豊くん!!!自己最高位で勝ち越しだよ〜〜〜!!!(≧∇≦)しかも上手出し投げとは!!!頭を宝香鵬の体につけながらの出し投げ、珍しいものを見た!

さあ、あと1勝なるか!?楽しみな子が上がってきます!

東幕下十枚目の荒鷲が6連勝!なんと蹴返しwかがんだ時に右肩のほうが盛り上がってるな〜と思ったのですが、荒鷲って右四つだったんだっけ・・・?(^_^;)

出羽疾風がまさかの1勝5敗でショックです・・・

琴弥山さん、押し出して勝ち越し!あと1勝をぜひ!!!

剛士、残念ながら自己最高位で負け越し・・・対する魁は西幕下筆頭で3連敗から持ち直して3連勝!さああと1戦はいかに!?

今場所、全くいつもの気合いを出す余地のない朝天舞・・・やっと、初日が( ´;ω;`)ブワッ渡し込みで北海龍を下して勝ち名乗りを受ける姿も元気なし。ちょっと寂しいのですが、負けが込んでるだけが理由じゃなかったりするんでしょうか・・・?

幕下も見たい取組が満載な今場所なのであります。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲九月場所十日目:テレビ欄予言(!?)通り白鵬に土つけた豪栄道 | トップページ | H25年大相撲九月場所十二日目:稀勢の里2敗を堅持、白鵬も1敗を守る »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

なかなか読みにこれなくて、すみませんcoldsweats02

ひとこと。 私も千代大龍の負け越しをのぞんでます

ろーるさん、私こそ引きこもり状態で(;;;´Д`)ゝ
あの、ろーるさん。
昨日、菊ちゃんが負け越しを決めてくれましたよ!w
次はさしずめ二桁黒星!ですにゃ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/58268698

この記事へのトラックバック一覧です: H25年大相撲九月場所十一日目:横綱大関陣安泰、俄然緊張感を増してきた終盤戦:

« H25年大相撲九月場所十日目:テレビ欄予言(!?)通り白鵬に土つけた豪栄道 | トップページ | H25年大相撲九月場所十二日目:稀勢の里2敗を堅持、白鵬も1敗を守る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード