« H25年大相撲九月場所十一日目:横綱大関陣安泰、俄然緊張感を増してきた終盤戦 | トップページ | H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 »

2013年9月27日 (金)

H25年大相撲九月場所十二日目:稀勢の里2敗を堅持、白鵬も1敗を守る

今場所一番の死力を尽くした結びの一番、秋場所12日目。

2敗同士の対決、稀勢の里vs日馬富士

日馬富士、敗れました。

やはり、不利な体勢になっても残り腰がある落ち着いたキセでした。

でも、あれだけ押し込まれて膝を折り曲げても土俵に残った横綱の意地には感激。
両者とも、互いに押し込まれた場所がピッタリと西と東の徳俵。
そこをこらえてからの長い相撲となった50秒弱、土俵の神様は確かに存在したと思わせるものが・・・。
長くなってしまうとやはり日馬富士には不利つД`)

あの裏返され方、いつぞやの白鵬戦を思い出してしまったなあ。あの時は上手投げだったかな。下手投げか?でも全く同じようなシーンだった。

立合いキセの踏み込みのほうが勝って、そこが全てを決めてしまった。

でも他の力士なら西へ押し込まれた時点でお陀仏だったことでしょう。

そこからああいう相撲を見せられる横綱はやっぱり違う!
だから横審さん、もし今場所の日馬富士の成績が振るわなくても激励しないでほしい!

返す返すも碧山戦が悔やまれてなりませんが、今場所の日馬富士は横綱に昇進して以来、最も日馬富士らしい相撲を繰り出しているだけでも自分を取り戻している証なのだし・・・簡単に小兵横綱を潰さないで!!!

あの相撲は日馬富士にしかとれないのだから!!!

でも取組後に支度部屋で付け人さんの肩を貸してもらいながら立ち上がるほど体の状態が悪いとは・・・

それ以上に右肘が悪いとは、とても思えないような全身全霊の土俵の日々(u_u。)
稀勢の里戦ですべてを使い果たした感がありますが、残り三日間も希望が消えたわけではないし!
一番一番、見守って行きたいと思います。

昨日はどちらが勝っても負けてもいいやという気持ちだったので、横綱昇進後に一番落ち着いて見られました(笑)

本人は立合い突き刺されず心底悔しそうですが(裏返されながらすでに悔しい顔をしている日馬富士も初めて見た気がする)、悲壮感はないので大丈夫でしょう。

琴奨菊がデジャブのような転がされ方をして心底残念でしたが、私は諦めていない!

最後まで!

しかしキセの顔・・・

日馬富士戦の時いつも思うけど、どの力士との対戦の時よりもふてぶてしい顔をしますな(苦笑)
不思議な表情も満載でしたが、対するハル様も実に珍しい顔つきをしていました。
キセと対極的なシュールレアリスム的な顔が(ってわかりませんよね笑)逆に怖かったよ横綱w

そんなわけで仕切りも楽しませていただきました。

「お客さんが喜ぶ相撲」になったのは確かです。座布団、すごかったね・・・花道を引き揚げるキセにまで直撃して(^_^;)

そのくせ二人とも「敢闘精神」アンケートにはエントリーせずという。

1位遠藤・2位舛ノ山・3位勢。

勢3位なんだ・・・相撲をとってるようには見えなかったけど(すみません・・・だってバッタバタ慌ててるだけに見えて)、敢闘精神は確かに・・・ってことなのかな(^_^;)

阿覧vs天鎧鵬という、「応援番付」上位同士の大一番(!)もありましたw

ぺーぺーくん、絶対相撲が良くなってきてるよね!ひょっとして勝ち越せるか!?(私はぺーぺーくんの隠れファンです)

隠岐の海が11日目から急に顔色変わってきましたね(笑)

遅い!(´Д` )
でも来場所はエンジンかかるの早いかもしれないな。ちょっと期待してみたいな。

裕也くんののど輪攻めも素晴らしかった!

遠藤も取り直しで徳勝龍に完勝、今日はなんと栃煌山戦!オーザンのほうがやりにくいだろうな・・・硬くなりませんように(もちろんオーザンに)!!!

豊真将の右肩にテーピング・・・右が使えていないようで4敗目(T ^ T)

ところで吉田アナのはしゃぎっぷりに、勝昭くんが若干引き気味だったように感じたのは私だけでしょうか?ちょっと心配になってしまった。

十両では変わらず鏡桜が1敗を守り、照ノ富士も驚きの相撲で2敗を守る!

ちょっと大砂嵐の腰が心配・・・どんどん怪我が増えて、それでも痛がらない姿勢は大喜鵬や旭日松には見習ってほしいところであります。

ピヨちゃん@千代鳳もよく頑張った!勝ち越しおめでとう!!!(≧∇≦)

丹蔵も勝ち越しまであと2勝と迫りました。またしても千秋楽に賭けることになるのか・・・?私の声、結びの一番まで保つだろうか(;´д`)トホホ…

青狼が千代丸くん相手に素晴らしい寄り切りを見せました。やっと2勝・・・そうは思えないほど目の覚めるような相撲でした。

幕下は、なんといっても魁が十両土俵で北はり磨についに負けて負け越してしまい、新十両昇進ならずの一番が切なかった(T▽T;)

ガッチガチでした。届きそうで届かない番付の遠さには胸が締め付けられそうでしたが、これも経験だと割り切って来場所諦めずに頑張ってほしいですね。

さあ・・・

今日は稀勢の里vs豪栄道戦。
今場所のキセならいけそうな感じですが、ゴータローくんの意地も並大抵のものではないだろうと踏んでいるので、息をのむような一番になることを期待します。
キセにとっては琴奨菊戦と昨日の一番は大きな自信になっているだろうなあ〜という気はしますが、勝負はやってみないとわかりません。
これを乗り越えられたら、キセのジンクスも払拭されそうな予感です。

そして、鶴竜にはぜひともあの大阪場所の一番を超える大相撲を!

(鶴竜、どこか痛めていたりするのでしょうかね?ちょっとここまで相撲に覇気がないので心配だけど・・・)

【H25年秋場所12日目終了時点の優勝争い】

1敗 白鵬

2敗 稀勢の里

3敗 日馬富士、鶴竜、遠藤

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲九月場所十一日目:横綱大関陣安泰、俄然緊張感を増してきた終盤戦 | トップページ | H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/58274547

この記事へのトラックバック一覧です: H25年大相撲九月場所十二日目:稀勢の里2敗を堅持、白鵬も1敗を守る:

« H25年大相撲九月場所十一日目:横綱大関陣安泰、俄然緊張感を増してきた終盤戦 | トップページ | H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード