« H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 | トップページ | 今頃になって秋場所中日の九重親方解説などを聞いてみた »

2013年9月30日 (月)

H25年大相撲九月場所:十四日目&千秋楽〜白鵬27回目の優勝、千秋楽もきっちりと締める

13日目に豪栄道が稀勢の里を下し、明けて14日目は一縷の望みをかけての白鵬vs稀勢の里戦。

キセが左四つになり「おお!」と希望を持ったのも束の間、白鵬の掬い投げで両者体が離れると、キセは横綱から繰り出される叩きに泳いでついに土俵に転がり・・・3敗力士消滅で白鵬、27回目の優勝。しかも今年は三月場所から四連覇。
今場所も白鵬以下で潰し合っただけの結果となった2013年秋場所でした。

左眉の中央でタテにパックリ割れた傷は、勝ち残り結びの一番で土俵下に控えている間にもみるみる腫れ上がる様子が見えました(((( ;°Д°))))「勲章」と称した横綱。

またしても厳密に18時で白鵬の優勝インタビューがバッサリNHKに切られて憤慨しましたが、いやはや・・・

この14日目、遠藤は休場になるわ妙義龍は魁聖に負けるわ豪栄道は二桁に乗せるわでドラマも多かったのですが・・・いかんせん優勝決定には脱力するしかないという。

そして千秋楽、わたくし国技館に乗り込みました。

 乗り込んで幕内土俵入りの時間・・・んんん???

時天空横綱土俵入り用の化粧回し???
え?誰か対戦相手・・・関係ないよね!?!?と、思わず取組表を確認(そもそも全員伊勢ヶ濱部屋なのに対戦するわけがないw)。
(ツイッターも協会公式ウェブも何も確認していなかった自分)
もしや・・・もしや・・・
安美錦が見当たらない!!!(T▽T;)
土俵入りにアミ様がいない!!!
遠藤に引き続き、土俵の山椒の実・業師がまさか・・・
白鵬の土俵入りを終えて花道奥に見える笑顔(思わず双眼鏡で確認)。

Dscf1702_2

いや写真にはすでに笑顔はないんですが・・・とても嬉しそうなテンクー兄さんでした。
これはこれでレアなものを見た!と喜ぶ反面、アミ様の対戦相手を見てこれまた愕然(T▽T;)
隠岐の海、不戦勝!!!
隠岐の海の相撲さえも見られないとは!!!
丹蔵も幕下陥落覚悟か?首の皮一枚でつながるのか?な痛い9敗目を喫した十両取組などを見た後でもあり(誉富士の奇跡の?勝ち越し、ピヨちゃん@千代鳳の気迫の二桁勝利には喜んだ)、どんどんテンションダダ下がりでしたが、とにかく結びの一番に懸けるのみ。

Dscf1706tenku

※「はるまふじ、はるまふじ、はるまふじ日本一!」と叫んでいたのは私ではありませんwうらやましすぎるほど通る声をお持ちのご婦人がおられました。

アミ様休場の知らせにテンション急降下でしたが、豊真将の逆襲二桁目、若の里も渾身の寄り切り、場所入りの歩き方を見てどう考えても相撲をとれるとは思えない状態だったトモハルくん@舛ノ山がなんと怒濤の押し出しで勝ち越し(泣けた・・・(T ^ T))、琴勇輝が巨体・碧山を真っ向から押し出し(二日目どうして負けたんだよハルちゃんほんとにもう!(T ^ T))、裕也くん変化したけど絶体絶命もよく残り執念の勝ち越しを挙げて敢闘賞、マツコ@宝富士が高安の叩きにしっかり付いて行きなんと寄り切り・・・と、相撲そのものは要所要所で楽しめたのでした。

でも。

やはり昨年秋場所千秋楽の幕内後半戦の時とは熱気の度合いが違った国技館。満員御礼は出ても、後半戦だというのに肌寒くてカーディガンを途中で羽織りたくなるほど涼しい館内。

昨年は文字通り「人の熱気でムンムン」でした。頭がボーッとしてくるほど、空調のせいだけではない何かが充満していた国技館でした。お客さんの土俵への集中度が違ったというか。

ぼんやりしたざわめきの中、なんと私たちのマス席の隣では「これより三役」が始まってから事件が起こり( ̄_ ̄ i)

おじさん同士が頭突きをしてしまい、一方がどうやらその次に枡席のバーにガツンと頭を打ったらしく、周囲は騒然となってしまったのですshock

結びの一番に集中したいのに!

しかしおじちゃん、頭を両手で抱えたまま悶え始めるし・・・警備員さんたちに引き続き、館内に観戦に来ていたと思われるお医者さんまでかけつけ、挙げ句の果てには最強元力士団による担架持ちが登場。振り向けば竹縄親方@栃乃洋、雷親方@垣添ちゃん(!!!心臓止まるかと)、岩友親方@金開山、放駒親方@玉乃島、関ノ戸親方@岩木山・・・って、おっちゃんこの担架で運ばれたくないなら我々が運ばれたい!!!なんで断るんだ!!!な騒然とした一角になっていたという。渋い顔をした栃乃洋なんて久しぶりに見たような(現役時代以来ご無沙汰のような( ̄_ ̄ i))。垣添ちゃんも眉間に何重も皺が・・・

結局、長いことすったもんだしながらお医者さんも担架も断って優勝式の頃にそろそろと立ち上がったおじさんたち。でも、「大丈夫大丈夫」って・・・正直、後のことを考えると心配です。CTスキャンをしてもらったほうがいいのではないのかしら、と(゚_゚i)

心配ではありますが、我々の枡席もその事件前からかなり迷惑を被っておりました。私は直接被害はなかったのですが、かなり酔っぱらっていて何度もガツンガツンと別のおじさんは友人の背中に当たりまくり、その友人が席を外している時にはもう一人の友人にビールがバッシャーッと降り掛かってきたり、頭突きしたけど元気なほうのおじさんは「弱い横綱、弱い横綱」と連発していたし(言いようのない殺意を催したbomb)、宴会をやるなら別の隔離された場所でお願いしたいほどでした。

かくいう私もバッグを二度、手前の枡席に落としてしまったりで・・・お姉ちゃん、ごめんなさいsweat01でも正直、手前の枡席も4人が揃って高々とデジカメ・iphoneをかざして撮影の嵐だったので、こちらは視界が遮られて撮影チャンス逃しまくりでした(°∀°)bまあ、カメラもかなり調子悪くなっているのでどこにいても撮影条件は一緒かなw

よって、写真も千秋楽は惨憺たる状態でありましてwそういえばまだ六日目の生観戦記も更新してませんが、いずれヤフーにということで(^_^;)

そんな人騒がせな事件もありましたが、とにかく結びの一番に集中!

しかし・・・あっけなく裏返された日馬富士( ´;ω;`)ブワッ

友人からは「でも今日の取組の中で一番きれいな相撲だったわよ」と、どう捉えていいのかわからない慰めの言葉をもらい(苦笑)、帰宅して一夜明けた本日、録画相撲を見てあらためて思った。

白鵬、先場所のリベンジか?

名古屋場所の千秋楽で、白鵬の痛めた脇腹を突きながら押し出した日馬富士。

今回は、両足首・腰・右肘と満身創痍の日馬富士に対し、日馬富士の右腕を抱えての小手投げを打った白鵬。よりによって・・・

今場所、右肘の状態が一番悪いという話があったので、心配です(iДi)

なんにせよ・・・「これより三役」で四股を踏んだあとの「くるり」も元気なかったよなあ。一番の相撲通の友人も「お尻が痩せたんじゃない?」と言ってたし。確かに昨年秋場所の日馬富士は小兵なのに異様なほど大きく見えたからなあ・・・オーラが違ったよなあ・・・

結果、稀勢の里の11勝にも届かず横綱なのに10勝どまりとなった日馬富士。

今日の横綱審議委員会で何と言われるのかわかりませんが、今場所に話題になったことがありました。

場所連続二桁勝利記録。11日目に白鵬が北の湖とついに並んだのでした。

歴代トップ5が白鵬(大関時代から数えると40場所、横綱昇進後37場所連続)・北の湖(37場所)・大鵬(前頭から数えると25場所、横綱昇進後16場所)・二代目若乃花・初代若乃花。

以後、貴乃花(17場所)、柏戸(16場所)、輪島(15場所)、旭富士(14場所)、隆の里(13場所)・・・となっているようです。きちんと調べたわけではないので間違えていたらすみません。

要するに、横綱でも場所連続で二桁勝利を更新していくことがいかに難しいか、ということでもあります。

で、日馬富士。

なんと、大関昇進後に連続3場所以上二桁勝利としたのは、今回が初めて(@_@)(稀勢の里は8場所連続二桁勝利)

大関獲りの東関脇時代以来の3場所連続・・・そう、そうなんだよなあ・・・(u_u。)

ファンの欲目からすれば、これだけのプレッシャーと怪我を抱えながら、小さな体で頂点の地位で二桁記録を更新できたことは、すごいことなんです。もう全く「横綱」に求めるレベルの話ではないのだけれど。

だからこそ、日馬富士についてはもう少し長い目で横審さんにも見ていただきたいと切実に思うのです・・・。もがきながらも少しずつ、何かをつかみ取りつつある横綱なのです。大横綱と比べたら足元にも及ばない成績だけれど、今場所は何番も気迫が勝ちに結びついた相撲があったし、稀勢の里戦も頑張った。

って、書けば書くほど墓穴かなこりゃ。(´д`lll)

それにしても千秋楽は残念だった・・・気持ちはあっても体が反応してくれない不調を物語っていました。

で、優勝パレードはスルーしてしまったんですが・・・照ノ富士が旗手をつとめたと今日知って愕然(((( ;°Д°))))

十両の優勝争いはものすごかった。鏡桜も照ノ富士もすべてを出し切った本割りに優勝決定戦。素晴らしく見応えがありました。

その照ノ富士が、まさかの白鵬の旗手。同じ一門とはいえ、ショック。

「今はどうのこうのよりゆっくり休みたい」という白鵬のインタビュー最後の言葉に興ざめし(最初は用意してきたかのような言葉をちりばめにちりばめ、いきなりぞんざいになるのは一体・・・)、さっさとささやかな打ち上げ会場に向かってしまいましたが、照ノ富士が見られなかったのは残念すぎる( ´;ω;`)ブワッ

十両優勝効果を自分の目で見たのはこれだけ:

Dscf1785

休場のアミ様のお店でって(苦笑)

相変わらず恨み節たらたらで気分悪くなってしまった方がいらしたら申し訳ありません。ウソがつけない性格なもので。

サンデースポーツも、妹が二重予約録画していて最初が全然入ってないし( ̄_ ̄ i)仏壇返しあたりから急に始まったよ(-_-メ

テレビの解説等を聞いての感想等もありますが、またあらためて。

写真付き記事は数日後からぼちぼち更新できたらいいな・・・とは思っております。

今日(千秋楽の翌日)に記事を書く気力が残っている自分は、やっぱり終盤の終盤から脱力していて感情移入を一定地点で断ち切ったせいかも?という気がしてますwいつもは(特に日馬富士横綱昇進後)翌日に記事を書ける状態じゃなかったからな〜。

いや。おそらく、日馬富士が12勝か9勝か、ということよりも、負けても少なくともハル様が死刑台に上がるような顔をしていた15日間ではなかったことが、何よりの救いであり安堵であったのかもしれません。恐怖に縮こまった横綱を目にすることなく15日間過ごせただけでも大きな進歩なのです。本当に。

まずは皆様、15日間お疲れさまでした。やはり今場所もなかなかブログ訪問できずじまいで申し訳ありません(T▽T;)

そうそう、書き忘れた。阿夢露、5勝目おめでとう!(≧∇≦)来場所楽しみ!!!(阿武松部屋、関取衆が不振の中、幕下以下力士が追い上げております・・・)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 | トップページ | 今頃になって秋場所中日の九重親方解説などを聞いてみた »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

観戦、お疲れ様でした!!
千秋楽、仕事で結局行けず・・・代わりに両親が乗り込みましたよw

遠藤くんにアミ様まで休場とは(>__<)
長い独り言お許しくださいw

わー!!途中がごっそり抜けてる!!
失礼しましたm(__)m

何はともあれ15日間お疲れ様でした♪
いつかゆっくりお話できるのを楽しみにしております(*^-^)

独り言は・・・
玉飛鳥関、来場所幕内厳しいかな・・・
勢関、上位陣に跳ね返されちゃったな・・・
勝負の世界は厳しいな

という内容でした。すみません(;;;´Д`)ゝ

横審の委員長が何かコメントしてましたね!!
ちょっとしか聞けなかったけど、「見守る」というようなことを言ってましたね!
ニュース要チェックですね☆

つどつどチェックはしておりましたが、自分もいっぱいいっぱいなところがあって、なかなかコメントせずじまいで、申し訳ありません…。

わたくしはというと、一番の贔屓力士がまだまだ三段目なうえ、不安だった今場所は気がつけば6勝をあげ。
いやはや、気楽なところが申し訳ないところではあります。

千秋楽はことのほか別の事柄に浮気をしてしまい、「ああ、今日は現場なのだよなぁ…」なんて、いくぶん申し訳ないような気持ちにさいなまれながらも。
観戦レポートを読んで、すっかり現場に居合わせたような気持ちにさせていただくことができました!
(ありがとうございました!!)

次の初場所くらいには、いろいろと落ち着いているはずなので、自分も国技館に足をのばすことができるはずですが、だいぶ相撲人気が盛り返しはじめたところですので、いきなり当日というのは、だんだん難しくなってくるのでしょうか。
(初めて観戦に行った去年の初場所は、席がガラガラだったのもあって、前日にネットで席をとりましたよ。いやあ、居ても立ってもいられなくなって…)

個人的には今場所は、時間に余裕もあったので、注目する力士を増やしてみたところ、やっぱりことのほか大変…。
来場所以降はまた、工夫して観戦しなければです。
(でもほんと、幕下以下が、なんやかんや、楽しいのですよね…)

なんか横審が、日馬富士を来年いっぱい温かく見守る云々言うてますが、
この間まで「前半で3敗したら休場勧告」とかヌカして、いや、おっしゃっておられたのに、この変わりようは?なんかウラがあるのかと邪推してしまいます。

白鵬強い。
11日目、妙義龍のもろ差しを小手投げで裏返した相撲見て、ちょっと強過ぎると思ったぐらいです。
現時点で白鵬の最大の敵は、白鵬自身の慢心とケガでしょう。

うららさん、お忙しかったようですね。
私は今ヒーヒーです・・・ツケが(^o^;)

最近、ココログのコメント入力にバグでもあるんでしょうか?二人目の犠牲者になっているような!?
(私は今のところ大丈夫なのですが)

玉飛鳥関、7勝8敗なら残れると思いますよ!これまでと違う驚きの強さを見た相撲が何番かあったように記憶しています。片男波部屋(玉鷲含め)が元気になってきたのでしょうか?( ^ω^ )
勢は勝ちたい気持ちが強すぎたのか、引きまくる秋場所でしたね(^o^;)リベンジしてまた上がってきてほしいですね。

横審、もう私には言うことが読めません。ホッとしましたが脱力もあり・・・でした( ̄_ ̄ i)

まるひげさん、お疲れさまでした!コメントなんてぜんぜんお気になさらず!
書きなぐっているので読むのも大変かと思いますし(^_^;)
ご訪問いただいていたようで・・・ありがとうございます。

私も幕下以下の相撲(BS以前の)が見られなかったので、まるひげさんのところでお勉強したかったのですが・・・場所中って厳しいですね(^_^;)
千秋楽で国技館に到着後、いったん席で休憩して相撲博物館へ行こうと思ったのですが、三段目の取組を見ていたら面白くて面白くて、結局博物館はスルーしちゃいましたw

ご贔屓さん6勝はすごい!おめでとうございます!

初場所も平日なら問題なし、かと思いますよ〜。いくらなんでもいきなり15日間満員御礼とはならないのではとw(なったらどうしよう)
でも、前半戦の金曜日でもかなり埋まっていた印象があるので(6日目は枡席がほぼ埋まっているように見えました)、徐々に人気回復しているのは間違いないですね。

贔屓力士が増えると大変ですよね〜。でもそれが楽しいんですよねw
工夫の仕方、究極の方法が編み出せたら私にもこっそりお知らせください(・ω・)b

shin2さん、ちょっと(かなり)驚くような発言でしたね。
医師から左足首の現状を聞いてのことだったようですが、委員の皆様のコメント自体が限定されすぎていてどういう経緯でそうなったのかいまひとつピンと来ていません・・・
が、とにかく徐々に新興勢力も力を追い上げてきている中、日馬富士関にとっては厳しい相撲人生が続くことには変わりないだろうな、それでまた今場所みたいなことになったら1年以内と言わず来場所なんと言うんだろうな皆さん・・・と、「1年」が限りなく遠い日に感じる次第であります。
怪我を治す特効薬が世界のどこかに転がっていればいいのに・・・半年以内に画期的な治療法が見つからないものでしょうかね?。(´д`lll)

白鵬の集中力と反応の良さは群を抜いていましたね。
今場所で一番私の中で印象に残ったのは、稀勢の里との立合いの駆け引きでした。
場所後の(先場所の朝青龍へのコメントに引き続き)日馬富士関に対するコメントには驚きましたが、先場所後に朝青龍が言葉を受けて回答した通りの言葉を私も白鵬関には手向けたい。
怪我はこれから徐々に増えてくるのでは・・・という気がしてしまいます。これから一年、要注意かもしれません。

千秋楽観戦お疲れ様でした。
私もテレビに首っ引きの一日でした。

14日目に観戦に行けたので、とりあえず優勝は見てまいりましたが、それほどの盛り上がりはなく・・・。
やはり日本人、稀勢の里の健闘を讃えつつの拍手喝さいでした。

友人を連れていっての観戦に遠藤が出なかったのは残念ですが、前回も連れていった友人なので、かなり興味をもってくれたようで何よりです。

そのうちの一人は初めの観戦後、なぜか会社を八角部屋との付き合いがあるようになり、なんと隠岐の海のサインをゲットしてくれたようです。(ガッツ!!)

日馬富士はいろいろ言われてしまっていますが、大丈夫です。前のようにファンを楽しませる相撲が時々戻ってきていると私は思っています。

いつも情報ありがとうございます。


蒔絵右門さん‼‼

今場所も大変おつかれさまでした‼‼‼

体を壊しながらも観戦記録を書き、

表現豊かな文章にいつもすごいな〜と尊敬するばかりです(;´д`)

今場所一番感動したのは

日馬富士ー稀勢の里戦です‼‼‼☆★


それに、蒔絵右門さんと同じ空間にいれたこと( ´ ▽ ` )☆

あとは、こんなもんか〜という感じでしたwww
↑それなりに楽しんでますけどね⁉笑

相撲内容を楽しむより、力士の体の調子を心配するほうが多かった気がします☆★

ファンも大変ですよねぇ‼‼‼(笑)


蒔絵右門さんもお体大事にお過ごしください(*^^*)

そしてまた遊びにきま〜すっ\(^o^)/

ほいささん、こんばんはhappy01

そうでした、14日目の観戦でしたね!
盛り上がりという意味では、白鵬vs稀勢の里戦は秋場所一番の盛り上がりでしたよね(勝負が決まるまでは(^◇^;))。
遠藤は残念でしたが、まだまだこれからですから!チャンスはいくらでもあり、ということで。
三度目、四度目と観戦するうちにそのご友人、百歩先を行きそうな勢いですね(@_@)
(ちなみに私は八角親方のサインのほうが欲しい!w)

西の横綱、一年以内・・・いや、来場所か来来場所には東横綱の地位獲得権をゲットしてほしいと願っています。
しかしそうこうするうちにもう一年納めとなってしまうんですね。
早すぎて寂しいなあ〜。

15日間、お疲れさまでした!

つっちんさん、こんばんは!

つっちんさんも大変お疲れさまでした(^O^)/
こんなまとまりのない文章を読んでいただき恐縮至極であります・・・

私にとっても稀勢の里vs日馬富士戦は感動ものでした。
というか、死にそうな思いで見守ることから解放されたことに感動したというべきか?
純粋に取組を楽しんだのはいつぶりだったことか!
少しずつ何かがまた変わり始めた日馬富士を見られて、今場所は本当に良かった(T ^ T)
10勝であろうと、これまでの二桁勝利とは全く違う意味を感じています(T ^ T)

つっちんさんに会えなかったのはマジショックです_| ̄|○
残念すぎる!次回はぜひ!

力士の体を心配する・・・ほんと、そうなんですよね。
我々の年齢になると、(全員とは言わないが)自分の子供でも見る目になってきちゃうんですよ。
しんどいですよ・・・(^o^;)
女将さんさちは本当に大変だな、とつくづく考えてしまいます。
つっちんさんの場合は同年代なんだよね。それはそれで辛いよね。でもうらやましいなw

体力が急低下してるので、明日から無理無く体力作りに励もうかとw
写真つき観戦記、そろそろぼちぼちアップしていけたらな〜と思っております!
つっちんさんのブログにもお邪魔させてもらいますね!(≧∇≦)

今場所もお疲れ様でした! やっと来れた( ̄▽ ̄)

千秋楽、大変でしたねヾ(;´Д`A  迷惑なオッサンたちですね~。お相撲観戦の良いところ=悪いところでもあるのですね・・・。
私の数少ない観戦歴でも、まわりの方たちの雰囲気に気分が左右される・・・というのは大いに経験済み。 弁当食べてお酒飲むためだけに来ているような人たちがいることも否めないですものね・・・。

お相撲のほうは、自分、だんだんと幕内よりも十両、十両よりも幕下に興味がうつっていっております。 ただ幕内も、「下剋上」の流れが生まれてきていることに今後の期待はできる場所だったな、とは思います。

どうぞしっかりお疲れをとり、また体力回復しておきましょう!

ろーるさん、15日間お疲れさまでした!
来ていただき恐縮です!

周囲の雰囲気には大いに左右されますね(^◇^;)そしてそこが良いところでも悪いところでもあり。マスは基本的に席がくっついてるというかバーだけで隔てているので、そこに落とし穴がいろいろと(^_^;)
6日目のイス席でもかなり近くのおじさんが「隠岐の海〜、やっつけちまえ〜!」(※日馬富士戦)と叫んだ時にはやはりはらわた煮えくり返りましたw
(他の言い方があるでしょがヽ(`Д´)ノ)

なんと、ろーるさんの興味が今幕下に一番!?ですって!?
幕下、かなり個性的な力士が徐々に頭角を現し始めて見逃せませんよね!!!
これまで以上に「ちょっとトイレ」ができない取組の連続が今場所は目立ちました(^_^;)

疲れもとれないうちにまたドツボにはまりつつありますが、睡眠は確保しつつ頑張ります〜!
ろーるさんも楽しい巡業までに体力温存を!(≧∇≦)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/58294219

この記事へのトラックバック一覧です: H25年大相撲九月場所:十四日目&千秋楽〜白鵬27回目の優勝、千秋楽もきっちりと締める:

« H25年大相撲九月場所十三日目:稀勢の里3敗に後退 | トップページ | 今頃になって秋場所中日の九重親方解説などを聞いてみた »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード