« もう月末・・・ | トップページ | H25年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2013年9月 1日 (日)

防災訓練に参加

昨日が合唱団との合同演奏会。

終電帰りだし、今日は夕方から夜中まで集中力を要する仕事があるので朝はもっとゆっくり寝ていようと思ったけれども、起きてしまったついでに自治会の防災訓練に参加しました。今回は妹も。
一家の安否確認の印に自治会で配られた反射プレートを戸口にかけ、初めて災害伝言ダイヤル171を使ってみたり(いざというときに冷静に操作方法の自動案内を聞き取れるのか不安になった。試してみておくべしと今更自覚・・・)、と一通りのことを確認して集合場所の公園へ。
ニュージーランドに地震が起きると、日本の岩盤もつながっているので日本にも連動して地震が起きる可能性は十分あること、東海地震が起きると言われてからすでに10年が経過しており(80年周期が90年目となり遅れている)いつ起きてもおかしくないこと、等々、あらためて聞きながら身が引き締まる思いでした。

公園では参加確認のあとペットボトル飲料を各自1本ずつもらい、話を伺ってから水消化器訓練、自治会館に置いてある非常時用の機材道具のチェックをして使い方など質問し、公園から自治会館へみんなでそれら道具類を運んで今度は会館内でビデオ視聴。

主に過去百年間で起きた大地震をまとめたもの(写真・ビデオ資料が残っているもの中心)と、東日本大震災のビデオのさわりの二本を見ました。
大戦時に立て続けに大地震が起きていること、関東大震災では実は相模湾でも10メートルの津波が来たことなど、恥ずかしながら今更知ったことも多かった。
そういうビデオを見ながら炊き出し訓練をしたじゃこのおにぎりやらお湯を注いですぐできるアルファ米の試食をしたりして・・・正直食欲はあまり進まなかった(苦笑)そもそも全部で300グラム以上のご飯が出たようなw
朝ほぼ抜きで参加したのでおむすびだけはその場で食べました。あとはアルファ米は味見をして、帰宅して昼食にいただきました。
子供たちはモノクロ映像までは実感がわかず落ち着きのない様子でしたが、カラー映像資料になり仙台放送局での3分近く続いた2011年3月11日の揺れの現実の映像が始まった時点から集中力が増してきていました(完全に席を離れてしまった子たち以外は)。
やはり実感が湧くか湧かないか、なのでしょうね。
でもあの映像を見て、あんなに長く強く揺れ続けたんだったか・・・と、あらためて恐ろしくなりました。映像で30秒を過ぎても大きい揺れが全くおさまらない。それを見ていると「まだ続くの?」と気が遠くなりそうに。自分が経験した揺れも蘇ってきました。そういえば長く揺れ続けてそれがだんだん強くなってきたんだ、と思い出しました。
2時間の訓練でしたが、やはり参加して良かったと思います。
内陸なので津波はない代わりに山崩れが起きる可能性、ゲリラ豪雨が降った場合に最近の川への排水経路が変更になった関係で道路からの高さ1.2メートルまでは氾濫に気をつけた方がいいという話など(川が必ずしも勾配が一定ではなく途中で溜まってしまう場所もあること、市に浚渫する予算があるかどうか、やる予定かどうかわからないのでなおさらとか。地震と豪雨が一緒にやってくるケースもなきにしもあらずであります。関東大震災は大雨?集中豪雨?から嘘のように晴れ上がった数時間後の真昼に発生したらしい)、やはり地域によって災害の種類は違ってくるので、そういった情報を仕入れておくのは大切ですね。
結局は国の政策よりも、一番身近にいる人たちだけが頼りになるのが現実。
そして、自分の命はまず自分で守るしかない。
8月、この地域にも直下型地震が小規模とはいえ起きているので、「いつ起きても」という自覚はできる限り忘れないようにしたいものです。

« もう月末・・・ | トップページ | H25年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練に参加:

« もう月末・・・ | トップページ | H25年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード