« H26年大相撲初場所(一月場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 早くも終盤戦 »

2014年1月13日 (月)

H26年大相撲初場所(一月場所)初日&二日目:上位陣土付かずは白鵬・豪栄道

いよいよ今年も始まりました、大相撲!

昨日は書けずに一日が終わってしまいました。ブログ放浪も皆無のまま…sweat02
衝撃の(でも正直なところ、豊ノ島が初戦と聞いた時から「容易くはないよな…」という気がしてたんですが)デジャヴ的稀勢の里、という感じの初日黒星を経て、本日二日目もわたくし・・・稀勢の里戦は途中から呼吸するのを忘れてました・・・。
あれ以上取組が長引いてたら、自分の命がもたなかったかもしれない。
は(かなり)言い過ぎですが、良く言えば「落ち着いてさえいれば後の先いける」稀勢の里なんだな、と本日の妙義龍戦を見て思ったのでありました。後の先、の「先」は今のところ正しく無い気もしますが(^_^;)

あの稀勢の里戦の時の仕切り中の豊ノ島の顔。昨年、ハルちゃんから金星を奪ったあの一番の時と、酷似してました。あの顔を見て日馬富士戦を思い出し、キセの動きを見てうーん、と・・・やっぱりここ一番、で弱さが出てしまったキセ。

えーと。明日三日目のキセは千代大龍戦。千代大龍、まだ相撲をとらせてもらってない今場所。先場所の千代大龍戦を思えば、明日のキセは問題ないでしょう。秒殺を期待したい。なんとも言えないけど。

というわけで。

二日間のざっくりとした感想は、
「昨日より今日の取組のほうが断然面白かった!」
その一方で、
「日馬富士関不在がこんなにも気持ちの持ちようを変えてしまうとは・・・」
という、静かなる安馬ロス状態のやるせなさ。

それこそ全身全霊で心臓をバクバクさせながら、取組前の花道奥に登場した時から、いや横綱土俵入りの時から一挙手一投足を見守る、神聖な時間。それが今場所には無い・・・
山椒を忘れたうなぎの蒲焼き、ガスが抜けきった炭酸水。お砂糖だけが入って塩を足し忘れたぜんざいの味。

なんとも物足りない。旨味と刺激が置き去りになってしまったような。
こんなに違う気分になってしまうとは、自分でも想像してなかった。
どんなに一つ一つの取組が面白くても、久しぶりに栄光の土俵に上がる力士を見てじーんときても・・・物足りない。

その分、「純粋に」大相撲というものを楽しむ自分がいるので・・・それはそれでいいのかなあ。
そういう気楽な気持ちで見ることって最近なかったから。

というわけで、二日間いろいろなドラマがありましたが・・・
この二日間で一番興奮したのが、照強が十両土俵入りの後に相撲をとったこと!
しかも、最初の相撲が石浦戦!!!
この2人の相撲を見られたのが一番嬉しかった!!!(≧∇≦)
結果的には石浦くんの反応のよさに敗れてしまったけど・・・照強、今年はこの調子で関取の座をつかみ取ってほしい!

一方で、丹蔵の姿を毎日見られないことに、言いようのない寂しさを覚え。
初日は十両土俵で相撲をとったので、「やっぱり丹蔵には大銀杏がよく似合う!」とよく目に焼き付けておいたのでした。負けちゃったなあ・・・
阿夢露が再十両を狙える場所で、初日白星!!!でも相手が琴弥山だったのでちょっと気持ちは複雑でした(>_<)

まあでもなんというか・・・幕下の番付がジェットコースターになってるので、BS放送が始まった時から目が離せない状態。
「どうしてこの力士がこの時間に!?」と、何度思ったことか!熾烈です・・・。

ひとまず、幕内の状況を整理。順不同。

【初日】
白鵬、再三のとったり→突き押しでオーザンを下し安泰。
稀勢の里、豊ノ島に転がされる。
鶴竜が隠岐の海に寄り切られる。
休場明けの琴琴ペア、会心の相撲で初日白星。
妙義龍が碧山に恐ろしい突き押しをくらい最後に叩き込まれる(衝撃の一番だった・・・)。
旭秀鵬が今まで見たことのないような眉間からの大量出血で執念の寄り切り、ピヨちゃん@千代鳳の返り血ハンパなし。
勝昭&秀平ペアのしゃべりが全然自分の頭の中に入ってこなかった。特に舞の海くん。

【二日目】
白鵬、勢いに乗った豊ノ島に押し込まれる場面もあったが、体を開き全く余裕の引き落としで二連勝。
稀勢の里、妙義龍に頭をつけられるもじっくり我慢しての掬い投げで初日。
鶴竜、伝家の宝刀上手出し投げが速く千代大龍を地に這わせる。
琴欧州、左上手を狙って変化したため墓穴、勢の掬い投げが決まり早くも黒星。
琴奨菊、必死だったが隠岐の海がジリジリと体勢をつくり小手捻り。琴琴、仲良く同じ日に黒星。
碧山、豪栄道戦で右足首が「パキッ」と音がしたらしい・・・ゴータローくん、二連勝。
オーザンが二連敗(T ^ T)(豊響戦)ひざの調子がテーピングの様子からしてかなりおもわしく無い様子。
遠藤に初日(嘉風戦)。遠藤の初日が出たことよりも、また晃之助さんが因縁の嘉風戦でとばっちりを食いやしないかとハラハラ。一瞬ぶつかりそうになってまたハラハラ。
トモハルくん@舛ノ山、貴ノ岩戦で初日。心臓問題無し、と言ってもハラハラの長い相撲に(>_<)
照ノ富士、里山、佐田の富士が2連勝!松鳳山も!
今場所注目したいのが裕也くん@松鳳山、歩くん@隠岐の海、佐田の富士、照ノ富士・・・かな?鏡桜も!
特に隠岐の海がこれからどうなっていくのか、今場所こそは失速無しで今年の抱負(関脇)を成就できるのか、期待したいと思います!

書きたいことは色々あり過ぎるんですが・・・この辺りにしておこう(^_^;)
今夜は早く寝ます(^_^;)
眠くて何書いてるのかわからなくなってますσ(^_^;)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H26年大相撲初場所(一月場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 早くも終盤戦 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/58941259

この記事へのトラックバック一覧です: H26年大相撲初場所(一月場所)初日&二日目:上位陣土付かずは白鵬・豪栄道:

« H26年大相撲初場所(一月場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 早くも終盤戦 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

おすすめリンク

最近のコメント

おすもうファン

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード