« 一息さんぽ | トップページ | H26年大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2014年7月10日 (木)

高級チョコレート

昨日、六本木に行ったついでに話に聞くジャン=ポール・エヴァンをおそるおそる試してみようと…
7月14日のフランス建国記念日にちなんだ限定販売のQuatorze Juillet(キャトルズ・ジュイエ=7月14日)から「グラス エ ソルベ ア ラ パリジェンヌ」というチョコレートグラス(グラス オ ショコラ、というべきか?)をテイクアウトして、ミッドタウン内でいただいてみました(^_^;)
なぜって…

このお店の割にはお手頃だったから(苦笑)

Img_2845

(選んだのはビターチョコレート。税込み648円。
もらった時からかなり溶けていた・・・。

クラッシュが美味しいな、と思いました。マカロンをクラッシュしたものらしい。シャンティイ(要はホイップクリーム)もとても上品なさっぱり味。
グラスもビターチョコの香りがよく濃厚。
でも私のような庶民には、そこまで値段が張る意味がわからない(T▽T;)
ただ、食べた後、いつまでもグラスの甘みが舌に残るのが気になりました。
それに、高級チョコレートを冷やしてしまうのって実はどうなのかな?と(チョコレートのことをそんな風に考えたのは初めてだ。値段とは恐ろしきかな)。だからかなり溶かしてサーブしてくれたのか?(ぇ)

これは・・・
やはり、グラスよりもきちんと「ル・ショコラ」を試すべきではないのか?と思い至り(思うつぼでしょw)。
カカオ76%のビターチョコ、いわゆる「板チョコ」を一枚購入。
今日、家族にも分けつつお試し。

Img_2844

写真が・・・割った後なのでカスがついてしまってます(^_^;)すみませんm(_ _)m

父いわく「甘みがない!」
確かに、甘みは抑えめ。でも、そのほうがカカオの風味がきいてよろしいかと。
そして、さすがに100円台の板チョコビターとは雲泥の差です。カカオが古代の南米で神聖な食べ物だった、という有り難みを感じます。
でも、値段設定が・・・(T▽T;)
genuineな素材にはお金がかかる、ということなのでしょうか。
保冷袋も丁寧に専用のチョコレート色の袋に包んでシールまで貼ってある。
うーん。
次、試すとしたら手の込んだ粒チョコかな・・・(買う日は来るのだろうか)。

それよりやはり気になるのが、グラスに限らずこの「まんま」チョコレートも甘みがいつまでも口の中に残る点。
ちょっと、個人的には「?」な高いお買物。となってしまった。

ふと、ベルギーチョコのピエール・マルコリーニを思い出した。
こちらは自分で買い求めたことはなく、いただいたのみですが。
ビスキュイPalet Fins(パレ・ファン、薄いプラリーヌチョコ)、プラリーヌなど色々いただいて、どれも美味しかった。
甘みはあっても何かが違う。と思ったのでした。後味も変なふうに舌に残らず、意外とすっきりしていたような記憶があり。
パレ・ファンを写真に撮った記憶があったのですが・・・見つからないので、ラズベリー風味のプラリーヌ、「クール フランボワーズ」を。

Img_0641retached

↑可愛らしい缶に入った、キャンディーのようにつやつやしたプラリネチョコ!
(雑な背景加工で失礼をば…)

Img_0578

目福でもあるこの美しさ。
裏返すと

Img_0580

ホワイトチョコレート。
ラズベリーの甘酸っぱさがたまらない逸品でした。プレゼントしてくれたお友達に感謝!

Img_0642

最後の一粒になってしまった様子(笑)

頂き物か自分で買った物かで気持ちが違うのかどうかはわかりませんが、ピエール・マルコリーニはどれも幸せな気分にしてくれたように思うのでした。
いえ、だからジャン=ポール・エヴァンがいかん!というのではないのです(そんなこと口が裂けても言えません!)。
ただ、私がたまたま昨日巡り会った二品が、自分の感性にはいまひとつ合わなかっただけなのかな、と。

チョコレート菓子も本当に奥深いというか・・・
何でもものは試し、ですね。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

« 一息さんぽ | トップページ | H26年大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

夏の時、冷たい物を食べるのは、、、

いいだよね

チョコ、昔はよく食べたなぁ…。
(一番食べてた頃は、製菓用クーベルチュールをキロ単位のブロックで購入)

新宿伊勢丹のチョコレートフェアも前はよく行ってて、ピエール・マルコリーニのチョコとかも買って食べたことあります。
結局、ピエール・エルメのチョコクッキーが、コストパフォーマンスもあって、一番気に入ってしまいましたが。
(エルメのマカロンは、今でも度々お使い物にしてます)

ジャン=ポール・エヴァンは新宿伊勢丹にもありますが、怖くて入ったことがありません…。
(あー、だいぶ前に板チョコ買ったことあったかも)

一昔前は、美味しい洋菓子のお店が限られていたので、選ぶのが簡単でしたが、今はいろんなお店があって、どこに行けばよいのか、難しいですね。
(今、がんばっていくお店と言えば、新百合のリリエンベルぐくらい)

チョコも、今ではいろんな産地のがあるので選ぶのが大変ですが、コーヒーみたいに食べ比べができるのはちょっと良いのかもです。

とはいえ酒飲みになってから、甘いものはほとんど口にしなくなってしまいましたが…。(汗)


しあさってからは、名古屋場所ですね。( ̄▽ ̄)

幸奈さん、コメントありがとうございます。
夏にちょうど許容範囲のデザートが出て何より、でした(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/59959089

この記事へのトラックバック一覧です: 高級チョコレート:

« 一息さんぽ | トップページ | H26年大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード