« 日馬、お疲れ様 | トップページ | 11月19日に遭遇したネコ »

2014年11月24日 (月)

H26年大相撲九州場所千秋楽:白鵬、大鵬の記録に並ぶ32回目の優勝

(※以下、タイトルと内容は噛み合っていない「物言い」の記事となっております。興味のない方はスルーをお願いいたします。)

一夜明けても、見ても読んでも聴いてもモヤモヤ感が抜けない。

(父が「やってるよ」というので朝にTBSラジオの杉山さんの解説を途中から聴いた。結局、シンパシーを感じないままコーナーは終了。)

モヤモヤを少しでも解明できる鍵はなんだろうか?と思うとき、「これ以上強くなることはない。今の状態を維持していくだけ」という白鵬の言葉に全てが集約されているのだろうという気はする。

今のところ、それが最も説得力のある言葉だと感じている。だからといって、それで全てがストンと腑に落ちた、というところまでは行っていない。
維持することに「必死」だから、いま目にする全ての言動がある、と言えるのかどうか?
おそらく、あの体の反応がある限りは来年以降も、勝つためにはどんな戦法も厭わない姿を見ることになるのだろう。それほどに「勝ち続ける」とは過酷なことではある。ではあるが…

そんなわけで、大横綱礼賛の声ばかりが聞こえて来る中でどうにも煮え切らない人間がここに一人(苦笑)。
先場所の逸ノ城来襲もそうだったが、白鵬のことは未だに全く掴みきれない。あの力士の立合いを全て吸収してしまう白鵬の柔らかい体と同じで、暖簾に腕押しの状態が何年も続いており、イライラは募るばかり(爆笑)←朝様風味
嫉妬とか、そういうちまちました話ではなく。ひたすら妄信する「白鵬教」の方々の姿にも薄ら寒さを感じるのは私だけなのだろうか。手放しの礼賛。
おめでたい日なのかもしれないけれど、私は手放しでは喜べない(もともと喜んでいない)。

結局、周囲の力士があまりに情けなさすぎる。見せ場さえも作れなかった。特に今場所は。

白鵬が今やるべきことは、「後進を育てる」ことだ。
でも、いったいどんな相撲を教えて育てるというのだろうか。どんな相撲道を伝授しようとしているのか。
(すでに幕下の石浦も張り差し多用しているし…入門以前からなのかもしれないが)
そして、育てるために稽古をつけているのだろうか?(見ていないからわからない)

朝青龍以外には互角に争える相手不在のまま、あっという間に記録達成。
食事情も医療環境もあらゆるものが今とは異なる中での大鵬さんの32回優勝の記録に、数字上は「並んだ」。
本人も並んだことは「怖い」とコメントしていたが、本当に並んだつもりでいるのだろうか。あの14日目、千秋楽の二番の相撲をもって?

そして所作と取組後のダメ押し。種族的な「血」ゆえ、土俵上でいろいろやってしまって後で反省している、と師匠は言っているが…
日馬富士は取組が終われば我に帰るのに、それほどまでに大横綱は集中しきっているということか?懸賞金を分捕るところまで我に返らないということなのか?パイオニアの旭天鵬はどうなのだ?「同じ血」で片付けられる話なのか?
しかも前人未到の大記録に数字上並んでしまったことで、これまで立場上口にしてこなかったことを次々と発言するつもりなのだろうか。

私は来年以降が恐ろしい。
手遅れになる前に、白鵬以外の力士たちが総力を挙げて稽古に邁進してほしい。もう一刻の猶予も許されない。
(なんでもいいから勝て!と言っているのではない。断じて。むしろ、厳しくも美しい相撲で戦いののろしをあげてほしい。)

白鵬だって、たった一人でこの記録を打ち立てたわけではない。
白鵬を支える多くの人たちの存在があってこその記録だ。
本人の努力はもちろんのことだ。頭と心と体を総動員して、全てを相撲のために捧げてきた本人のたゆまない努力あっての優勝ではある。それは本当に本当によくわかる。

でも、そうやって積み上げられてきた遺産をなぜ自ら打ち砕くのだ。

周囲で支えてきてくれた人たちに対して、あの態度は冒涜以上の何物でもない。
周囲の人たちは、「それはささいなこと」と言って気にも留めないのだろうか?それは「些細」なことなのだろうか?
私はそうは思わない。「一事が万事」だ。
「悪貨は良貨を駆逐する」とも言う。いくら美徳が百万とあっても、ひとつ悪が混じれば美徳は全て悪へと転じてしまう。
NHKで放送されるのは、横綱が土俵外で何をしているか?ではない。「土俵上で何をしているのか?どう振る舞っているのか?」ということだ。我々にとって一番大切なのは「大相撲」そのものだ。

日本には「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」という言葉がある。おそらく白鵬も聞き知っていることだろう。
双葉山と大鵬は、土俵上でも必ずその言葉が似合う佇まいをしていた。このうえもなく美しかった。思わず拝んでしまいたくなるような美しさがあった。
今の土俵上の白鵬を拝みたいという気持ちにはどうあってもなれない。ありえない。
今の白鵬を、小さな子供たちも見ている。テレビを通じて、あるいは会場で直接。白鵬はその子たちに何を植え付けようとしているのか?その影響力への自覚はあるのか?

身体的に恵まれないながらも美しい相撲をとり、美しい所作を守り続ける若い子たちはたくさんいる。しかしその子たちがいくら努力をしても、「頂点」に届くということは夢のまた夢だ。道のりは長く遠く、そしてたどり着けるという保証はどこにもない。
それがひたすら悔しい。悔しいけれど、せめて大横綱を苦しめる存在になっていってほしい。一刻も早く幕へ上がって。
どうか、今の白鵬を若い子たちは真似しないでほしい。見習わないでほしい。
見習うべき所は、自らの心が頷く所限定にしてほしい。

申し訳ないが、なんら当事者ではない「いち大相撲ファン」は、貴方の32回目の優勝を残念ながらどうあっても喜べない。
喜べないが、これが一体何を意味するのか?をしっかり受け止めた力士たちが頭と心と体を総動員して、プロとしていかに生きるべきかを真剣に考え、生き抜いて行ってくれるよう願うばかりだ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 日馬、お疲れ様 | トップページ | 11月19日に遭遇したネコ »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

初めまして♪

いつも記事、拝見させて頂いています。
私も相撲記事を書いているのですが
偶然にも、同じような内容の記事を読んで
思わず、コメントさせていただく次第です。

みしゅらんさんと同じく
何だかモヤモヤするんですよね・・・
私は白鵬を全面的に嫌い、というワケではありません。
強いし、さすが!と思うこともあります。

でも、私にとって白鵬はヒール役です。

今日私が書いた記事
「白鵬について思うコト」
もしも良かったら↓こちらです。

http://ameblo.jp/rudonomori/entry-11956387544.html

ルードさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

記事、拝見いたしました。
自分の記事の方がよほど辛辣過ぎて何というか(^_^;)
というか、ルードさんのお言葉には愛がありますね。
私はというと、積もり積もったものがついに爆発したという感じで…(すでに何度も辛辣な記事は登場してるのですけどねw)
100%白鵬を拒否しているわけではないのですが、非の打ち所がない素晴らしい相撲も見ているからこそ、憤りも倍増しているようにも思います。

ヒール役。そうですね。
本質的にヒールだったのが、たまたま朝青龍がいたことでなんとなく影を潜め、その後再び姿を現した、ということではあるのでしょう。
困るのは、ヒール役に対抗しうる実力をともなった真逆の存在がいない、ということです。

私が伊勢ヶ濱部屋の稽古見学に行ったとき、日馬富士関は朝からずっと若い子たちの相撲を見て、言葉だけではなく気になる子を呼んで自分の体を使いながらアドバイスをしたりなど、骨身を惜しまず後進指導をしていました。
(ほとんど第二の師匠でした笑)
幕下の照強にも、ぶつかり稽古での胸の出し方も(自分がぶつかっていきながら)細かく指示していましたし、巡業でも率先して他の部屋の関取衆に助言する姿もよく見られます。稽古総見でもそうです。
彼は「自分が日本人だったら、もっと応援してくれる人もいるのだろう」ということを自覚しています。でもそれはどうにもならないこと。だから角界を盛り上げる強い日本人力士が絶対必要だ、と彼は大関に上がる前からずっと考えており、そのために自分ができることをやろうとしている。
(日馬富士関の言葉は、いろいろ知れば知るほど切なくなります)

白鵬はどうなのでしょうか。日常を見られるわけではないのでわかりませんが、少なくとも巡業先の様子を見た限りでは、そういう姿勢を感じません。
本当に、なぜ部屋の力士たちが育ってこないのでしょうか?いつかブレイクする時が来るのでしょうか。
(一方の伊勢ヶ濱部屋は自前で横綱土俵入りができるほど。しかも余剰が出るほどの盛況ぶりです。白鵬に二人貸し出せるぐらいに)

これからも、暖簾に腕押しは続きそうです。
昨日のスピーチ(インタビューに答えるというよりも「スピーチ」)も自画自賛で、毎度のことながら聞けば聞くほど「・・・・・・・」でしたw

コメント返信のつもりでも、また頭の中がぐるぐるです(苦笑)
やはり、相撲に限らず全てにおいて一筋縄にはいかない最強横綱ですね…(^_^;)
逸ノ城をモンスターと呼ぶのであれば、正真正銘の元祖モンスターは白鵬だと思います。

いいね、有難うございました(^^ゞ

私は相撲が好きなので力士のみんなを大切な存在だと思っています。
白鵬にしてもその存在を拒否するわけではありませんが
やはり見ていて冷たい人間だな、と感じるコトがしばしばあります。

一番それを感じるのが、負けた力士の身体を起こすときなど
視線が必ずヨソを向いているときです。

時々昔の相撲の映像が出てくるとき、大鵬さんがいつも相手の体を起こしているのを見ました。
ちゃんと相手の方を見て、ちゃんと起こしてあげていました。

白鵬が、単に周りの人に対してのアピール?のように
相手の背中に手をやったりするのを見ると
却って冷たく感じます。
何もしない方がまだマシなのではないか?と思います。

出稽古に行くときも
何だか他の力士に、恐怖心を植え付けに行くような
そんな白鵬の戦術のような・・・

闘争心や気の強さは必要だけど
人間的な優しさ、というものが私には見えません。


ルードさん>

そうですね。相撲が好きな気持ちは私も一緒です。
でも白鵬のことが好きか?といえば、正直もともと好きなタイプの力士ではありません。
ただ、好き嫌いに関係なく、角界にとって無くてはならぬ人だという気持ちはあります。九州場所にしても、相撲そのものに惚れ惚れすることも多々でした。

こと相撲に関して言えば、ゆくゆくは白鵬のようなすさまじいキレとどっしり感のある、(最近時々見せる取り口はともかくとして)最高レベルの相撲が見られなくなることは正直、怖くもあります。

白鵬不在の大相撲は今のところ、想像することもできません。
たぶんその時がきたら、土俵にポッカリと大きな穴が開いてしまうでしょうね。
他の力士たちのレベルがそれまでに追いつかない限りは…

私はあいにく相撲観戦歴も長くないので、白鵬が朝青龍と対等に争っていた時代からしか知りませんが、
当初の白鵬は負けん気の強さは見えていてもそれほど気にはならなかったのに、
目に見えて「何か勘違いしてないだろうか」と思うようになり始めたのが、日馬富士が横綱昇進を決める頃からでした。数々の発言も、言われた相手方のことを思うと関係のないこちらまで傷つきました。
発言が「自分ありき」の上から目線で、思いやりがないのです。悔しければ追いついてみろ、と言わんばかりで。
頭が良いのにそういうデリカシーの無さが端々に出るのは、もう「性格」の一言で片付けるしかないのでしょうか。
だから数字で大鵬さんに追いついてしまった今、来年からの白鵬がまたさらに変わってしまうのかどうか、考えるだけで恐ろしい。

行動にしても同じ。おっしゃるように手を添えても、その手が「ドヤ顔」と同等の表情をしていて、朝青龍のような愛嬌さえもなく。
(朝青龍を引き合いに出すと話が複雑になるのでここまでにしておきますがw)

お父様が国でも大変尊敬されている方ですし、ある意味恵まれた生まれならではの気質なのかもしれません。
しかし少なくとも、誰に対しても敬う心を持って接する人ではないという時点で、私の中ではうーん…です。
(なんだかんだ言っても20代ですし…世の20代の日本人と比べたらその成熟度たるや、ではありますが…いずれ自分がしていることに気づくのかどうか?)

帝王にもいろいろなタイプがいますが、次に帝王になる人には同じようになってほしくはありません(笑)
でも、今回ばかりは私も直接横綱に手紙を書こうと思います。いつもそう思いつつ出せずにいましたが。
すでに沢山の抗議の手紙が届いてはいるようですが、どれだけ届いても実際には直っていないようなので、無駄ではあるかもしれません。
でも自分の気持ちをスッキリさせるためにも直訴します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/60704087

この記事へのトラックバック一覧です: H26年大相撲九州場所千秋楽:白鵬、大鵬の記録に並ぶ32回目の優勝:

« 日馬、お疲れ様 | トップページ | 11月19日に遭遇したネコ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード