« H26年秋巡業レポート(大相撲秦野場所)記事もくじUP | トップページ | マスキングテープ使ってみた&九州場所初日は途中かららじる☆らじる »

2014年11月 8日 (土)

H26年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。
※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。

(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成26年(2014年)大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」11月9日(日)
幕下:【解説】枝川親方(蒼樹山) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】岡崎太希
十両:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】三瓶宏志
中入り「白鵬の32回目優勝なるか?」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】白崎義彦  【東西リポート】刈屋富士雄、厚井大樹
ラジオ第一:【解説】芝田山親方(大乃国) 【アナウンサー】藤井康生

「二日目」11月10日(月)
幕下:【解説】大山親方(大飛) 【アナウンサー】岡崎太希 【リポート】白崎義彦
十両:【解説】稲川親方(普天王) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】太田雅英
中入り「新三役紹介 逸ノ城」
幕内:【解説】正面 琴欧洲親方 向正面 雷親方(垣添)
   【アナウンサー】三瓶宏志 【東西リポート】 吉田賢、大阪敏久
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】厚井大樹

「三日目」11月11日(火)
幕下:【解説】正面 大嶽親方(大竜) 向正面 福ノ里 【アナウンサー】髙木優吾
十両:【解説】立田山親方(薩州洋) 【アナウンサー】大坂敏久 【リポート】刈屋富士雄 
中入り「新三役紹介 勢」
幕内:【解説】正面 舞の海秀平  向正面 谷川親方(北勝力) 
   【アナウンサー】太田雅英  【東西リポート】藤井康生、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】玉ノ井親方(栃東) 【アナウンサー】吉田賢

「四日目」11月12日(水)
幕下:【解説】正面 田子ノ浦親方(隆の鶴) 向正面 伯龍(若者頭) 【アナウンサー】岡崎太希
十両:【解説】放駒親方(玉乃島) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】吉田賢
中入り「新十両紹介 英乃海 注目の一番 豪栄道 対 逸ノ城
幕内:【解説】正面 芝田山親方(大乃国) 向正面 関ノ戸親方(岩木山)
   【アナウンサー】刈屋富士雄 【東西リポート】厚井大樹、大坂敏久
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】白崎義彦、三瓶宏志

「五日目」11月13日(木)
幕下:【解説】式秀親方(北桜) 【アナウンサー】髙木優吾 【リポート】三瓶宏志
十両:【解説】伊勢ノ海親方(北勝鬨) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】白崎義彦
中入り「新十両紹介 琴恵光」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 竹縄親方(栃乃洋)
   【アナウンサー】吉田賢 【東西リポート】太田雅英、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北陣親方(麒麟児) 【アナウンサー】厚井大樹

「六日目」11月14日(金)
幕下:【解説】正面 岩友親方(木村山) 向正面 白岩(若者頭) 【アナウンサー】三瓶宏志
十両:【解説】二十山親方(栃乃花) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】吉田賢
中入り「新十両紹介 出羽疾風 輝」
幕内:【解説】正面 二子山親方(雅山)  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】白崎義彦  【東西リポート】船岡久嗣、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】音羽山親方(貴ノ浪) 【アナウンサー】藤井康生

「七日目」11月15日(土)
幕下:【解説】富士ヶ根親方(大善) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】太田雅英
十両:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】藤井康生
中入り「▽新十両紹介 輝 ▽お疲れ様 不知火親方(元若荒雄)新十両紹介 出羽疾風」
幕内:【解説】正面 八角親方(北勝海) 向正面 不知火親方(若荒雄)
   【アナウンサー】大阪敏久 【リポート】戸部眞輔、吉田賢
ラジオ第一:【解説】九重親方(千代の富士) 【アナウンサー】沢田石和樹

「中日」11月16日(日)
幕下:【解説】若藤親方(皇司) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】厚井大樹
十両:【解説】振分親方(高見盛)  【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】大阪敏久
中入り「関取訪問 豊響
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 千賀ノ浦親方(舛田山)
   【アナウンサー】藤井康生   【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平  【アナウンサー】刈屋富士雄

「九日目」11月17日(月)
幕下:【解説】正面 若松親方(朝乃若) 向正面  花ノ国(若者頭) 【アナウンサー】大坂敏久
十両:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】藤井康生
中入り「新十両紹介 英乃海」
幕内:【解説】正面 音羽山親方(貴ノ浪) 向正面 中村親方(琴錦)
   【アナウンサー】正面 沢田石和樹  【東西リポート】太田雅英、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】中立親方(小城錦) 【アナウンサー】小林陽広、三瓶宏志

「十日目」11月18日(火)
幕下:【解説】正面 濱風親方(五城楼) 向正面 栃乃藤(若者頭) 【リポート】角谷直也
十両:【解説】雷親方(垣添) 【アナウンサー】佐藤洋之 【リポート】酒井良彦
中入り「全勝鶴竜 混戦の優勝争い」
幕内:【解説】正面 玉ノ井親方(栃東)  向正面 放駒親方(玉乃島)
   【アナウンサー】船岡久嗣   【東西リポート】沢田石和樹、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】戸部眞輔

「十一日目」11月19日(水)
幕下:【解説】正面 高崎親方(金開山) 向正面 伊予櫻(若者頭) 【アナウンサー】沢田石和樹
十両:【解説】谷川親方(北勝力) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】戸部眞輔
中入り「終盤戦展望」
幕内:【解説】正面 舞の海秀平  向正面 北陣親方(麒麟児) 
   【アナウンサー】正面 太田雅英  【東西リポート】藤井康生、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】二子山親方(雅山) 【アナウンサー】小林陽広、大阪敏久

「十二日目」11月20日(木
幕下:【解説】正面 伊勢ノ海親方(北勝鬨) 向正面 琴千歳【アナウンサー】白崎義彦
十両:【解説】竹縄親方(栃乃洋) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】藤井康生
中入り「混とんの優勝争い 鶴竜は豪栄道 白鵬は稀勢の里と対決」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 中立親方(小城錦)
   【アナウンサー】佐藤洋之  【東西リポート】刈屋富士雄、小林陽広
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】船岡久嗣

「十三日目」11月21日(金)
幕下:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】酒井良彦
十両:【解説】大山親方(大飛) 【アナウンサー】大坂敏久 【リポート】刈屋富士雄
中入り「各段優勝力士 喜びのインタビュー」
幕内:【解説】正面 尾車親方(琴風) 向正面 振分親方(高見盛)
   【アナウンサー】藤井康生 【東西リポート】船岡久嗣、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】八角親方(北勝海)  【アナウンサー】太田雅英

「十四日目」11月22日(土)

幕下:【解説】小野川親方(武州山) 【アナウンサー】角谷直也 【リポート】
十両:【解説】田子ノ浦親方(隆の鶴) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】
中入り「白熱する優勝争い 白鵬 対 日馬富士、鶴竜 対 琴奨菊」
幕内:【解説】正面 九重親方(千代の富士)  向正面 稲川親方(普天王)
   【アナウンサー】刈屋富士雄  【東西リポート】太田雅英、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】佐藤洋之

「千秋楽」11月23日(日
幕下:【解説】二子山親方(雅山) 【アナウンサー】小林陽広 【リポート】
十両:【解説】富士ヶ根親方(大善) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】船岡久嗣
中入り「優勝力士・三賞力士インタビュー」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭   向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】三瓶宏志  【東西リポート】佐藤洋之、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】中村親方(琴錦) 【アナウンサー】大坂敏久

なんとか明日に間に合いました。
また訂正、お気付きの点等ございましたら是非コメントいただきたく…

今場所も終盤戦から録画相撲さえできない状況になるかもしれません(T_T)
リポート欄が空欄のままとなる可能性も大いにありますので、ご了承くださいませ。

なんと、今場所は北の富士&麒麟児ではなく。舞の海&麒麟児!。(´д`lll)
そして耳がついていけない貴ノ浪&琴錦デーまである_| ̄|○
個人的には若荒雄を楽しみにしています。そして新十両紹介も(≧∇≦)

初日…
日馬富士関の土俵入りまではなんとか邪魔も入らずに見られますように!!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H26年秋巡業レポート(大相撲秦野場所)記事もくじUP | トップページ | マスキングテープ使ってみた&九州場所初日は途中かららじる☆らじる »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

明日から始まる大相撲九州場所の主役も横綱白鵬の一人舞台になるのか?また、逸ノ城旋風が吹き荒れるのかそれにしろ若手日本人関取にも頑張って終盤まで優勝争いを面白くして欲しい。特に遠藤関には期待?また、今場所は三輪、田所、酒井良彦アナウンサーの名前が見当たりませんが外されてしまったのでしょうか?

大相撲九州場所初日全取り組み終了。豪栄道は黒星発進、白鵬に対抗出来る若手力士、両横綱、両大関五人が最終盤まで賜杯争いをし大相撲ファンを楽しませてくれ

坂信…さん、今場所もいよいよ始まりましたね。

初日の逸ノ城は見るからに顔がこわばっていましたね。関取衆との稽古ができなかった点が気がかりです。
先場所の滑り出しと違い、メディアの注目度が場所前からヒートアップしすぎているのでそれも重圧になっていやしないかと…。
でもサンデースポーツで尾車親方も仰っていた通り、日馬富士の当たりも受け止めていたのでこれからですね。

個人的にはやはり栃ノ心がかなりいい線まで行くのではないかと。
和製力士は今が旬の(笑)隠岐の海に期待したいところです…途中まででも優勝戦線に絡むような相撲を(^_^;)
でも、土俵入りでも顔つきが今までと全く違う雰囲気を持っていたので、ここはちょっと注目したいところです!

遠藤は未だに体ができていない自覚があるから出稽古に行かないのでしょうか?
稀勢の里が「(部屋で)何十番、何百番とやるより(日馬富士との17番のほうが)効く」とコメントしていたことと遠藤をつい重ね合わせてしまいます。
高安も「他の関取と稽古したい」とコメントしていたようですね。先代のポリシーを頑なに守るのはなぜなのか…。
九州場所前のことを言っていても仕方ないのですが、来場所にはこういった気がかりな点が少しでも変わってくるといいな…と思います。

豪栄道はバタバタしてしまいましたが、切り替えてくれると信じて見守りましょう!
まずはその他横綱大関安泰でホッとしました。特に横綱たちはさすがの貫禄と動きでしたね。
白鵬のソフト駄目押しと懸賞金分捕る光景はやはり気持ちいいものではありませんでしたが(苦笑)
(大鵬さんが白鵬関の夢の中に出てきて、たしなめてはくださらないだろうか…)

あとは休場者が出ないように祈るばかりです。
それにしてもスキが無い白鵬を誰が止められるのか、止められないのか…
スリリングな場所であってほしいですね!!!

栃ノ心に期待しているところはNACK5スポナウサンデーの大相撲リポートでお馴染みの下角さと言う人で同じ見解ですね

訂正させて下さい。栃ノ心に期待しているところはNACK5スポナウサンデーの大相撲リポートでお馴染みの下角さんと言う人と同じ見解ですね

下角さん、同じように仰っていたのですね。
でも今日の相撲(佐田の海戦)は最初ドキッとしました(^_^;)
結果的にはよく集中していたし、腰の重さがあり左上手をしっかり取っていたので二連勝決めましたね。
相撲(勝負)は最後までわからないものなので、見る側も集中力を切らさず出来る限りしっかり見届けたいと思います…これからも(笑)

遂に幕内でも全勝力士なしに?また、蒔右絵門とNACK5スポナウサンデーの大相撲リポートでお馴染みの下角さんが注目している栃ノ心も優勝争いに加わっていて一敗の両横綱と稀勢の里次第ではありますが旭天鵬関が以来の平幕優勝も夢ではないし,初場所は両小結が負け越したから番付編成会議で再小結も間違いなしですね

坂信…さん、終盤に入った途端に動き始めましたね。
本日12日目の白鵬vs稀勢の里戦が大きな山場となりそうですが、栃ノ心の三役復帰への階段も見守りたいと思います。
(とはいえ最後の二日間は見られない可能性大なのですが(T_T))

いろんな角度からの見所が多いし、いつものような中だるみもなく、ここまでは珍しく充実した納めの場所となっています。
このまま残り四日をみなさん怪我なく突き進んで欲しいですね!

今年一年の大相撲六場所を見ても五場所は第一人者の白鵬関の優勝でしたね?また、来年の初場所は白鵬以外の両横綱,稀勢の里,若手力士の(逸ノ城,栃煌山,遠藤,高安,九重部屋の兄弟力士,貴乃花部屋の若手力士)に期待?そして秀男さん46年間の呼び出し生活お疲れ様でした。もう聞けないと思うと寂しいですが

結果的にはやはり白鵬で占められた場所そして一年となりました。
負けた横綱たちの奮起はもちろんですが、来場所は春日野部屋によるさらなる撹乱を期待したいと思います。特に栃煌山には頑張ってほしい!
そして、田子ノ浦部屋総力を挙げての出稽古も願う!
宝富士も「型がある強み」にさらに磨きをかけてほしいですし、モンゴルの巨体力士2名が相撲を洗練させることができるのか?にも注目ですね。
もちろん、遠藤には来年「強さ」で魅せる相撲への進化を期待です。
来場所の番付はまた面白いことになりそうですね。

長い目で見たとき、日本人は高田川部屋の輝と白鷹山(まだ幕下ですが)に期待です。
もう、文字通りの叩き上げをくぐり抜けてきた人間にしか頂上は目指せないかもしれません…。
あまりに精神力で日本人が負けすぎです。いや、体力的にも。

せめてみんな、白鵬を見習って和式トイレを使え!洋式で甘えている場合じゃないぞ!
(これ、だんだん冗談にもならなくなってきているのでは)

秀男さんへのコール、そして秀男さんの表情。とても印象的でしたね。
あの戦場で癒しとなっていた存在がこれで見納めとは・・・本当に寂しく思います(T_T)
秀男さん、本当に長いことお疲れ様でした!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/60617413

この記事へのトラックバック一覧です: H26年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧:

« H26年秋巡業レポート(大相撲秦野場所)記事もくじUP | トップページ | マスキングテープ使ってみた&九州場所初日は途中かららじる☆らじる »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード