« グレートトラバースを見ていて | トップページ | 安馬時代の日馬富士の言葉 »

2015年1月31日 (土)

千秋楽後のわだかまり

未だに大相撲のことではモヤモヤしたまま。他のことをしていてもどこか頭の隅に引っかかっているので、せめて、と今年の大相撲カレンダー1・2月分も申し訳ないのですが2014年カレンダーから切り取った日馬富士関の写真を上からかぶせている状態…

こんなに後味の悪い気持ちになったことはない。
いつかは起きてもおかしくないことが起きてしまったからなのか?(正直、タイミングを考えたらそれを超える出来事でもあったけれど)
切り替えようにも切り替えられないのは、自分の中で全てが決着していないからだろうか。

そしてなんと、ついに大鵬夫人の納屋芳子さんまでもが苦言を。
「自分のことだけでなく、ただ勝つだけでなく、横綱として相撲界のことを考えて精進してほしい」
おそらく、これは白鵬にとって決定的な言葉だったと思います。
同時に、これは私を含めて(おそらく)大勢の大相撲ファンが望んでいることであり。
大鵬夫人だからこそ白鵬に直接言える言葉であり。
ニュース記事により表現は違いますが、もうひとつスポニチの記事にあった大鵬夫人の

「なんとなく残念だった。そういう気持ちが心のどこかにあったからパッと言っちゃったのかな。ああいうことは言っちゃいけないことだし、私も(品格については)何回も言っていたのになと思いました」

という言葉の中の「何回も言っていたのに」が引っかかりました。
引っかかった、というよりも「そうだったのか」という気持ちと、「それでもなお」という気持ちがないまぜ。
(※補足すると、上記発言のカッコの中は報知新聞では「言動に関し」となっている)
ついに大鵬夫人にまで、今回のことでこのような発言をさせてしまった白鵬は、どうするつもりなのでしょう。
これでもなお頑なな態度をとるのであれば、自分の身にはならない今後が待ち構えているとしか…

ツイッターをあまり覗く気にもならないのですが、渦中(過ぎた?)の横綱の全面的擁護論を朝日新聞の記者が自論をツイッター上で公表するとのことなので、なんとなく待っています。それとも、知らないうちに時間限定でツイートされて削除されたとか?あるいは大鵬夫人の言葉を受けて、ツイートできなくなったのか?「自分が所属する新聞社とはなんら関係はない、自己責任の持論を出す」と宣言した時点で、朝日からストップがかかったのか?
普通に考えれば、会社に所属している身でありながら、世界中の誰もが見られるSNSで持論を展開すること自体、いくら断りを入れたとしても会社にリスクを負わせることにならないのか?と思うのですが。

すでに言いましたが、軽はずみな言葉よりも、私は本場所での取組前の遅刻のことのほうが、現実的には大問題だと思っています。もう二度とこんなことは無いようにしていただきたい。
横綱本人が数年来押し殺してきた不満の蓄積を、よりによって千秋楽明けに皆をがっかりさせるような言葉として発してしまい、それが大事件に発展してしまった。
そのことに関しては、白鵬にそういう発言をさせることになった数々の出来事を無視するわけにもいかない。
(ただ、一方で白鵬は、ひょっとして日本人全員あるいは大半に、ファンあるいは味方になってほしいと思っているのか?という疑問も。横綱は強すぎればアンチも多くなるのは、外国出身であれ日本人横綱であれ同じこと。北の湖はどうなのだ。もともとファンが好む力士タイプというものもあるし。そしてある意味、今の白鵬であれば今回のような事態が起きてもおかしくない、と私はここ数年の白鵬のことあるごとに発してきた妙な言葉を聞いてきて、思う部分もあった。それは日本語のあや、といった話ではなく。そして今回の大鵬夫人の言葉を知って疑問がおおよそ氷解した。)

宮城野親方との1時間にわたる会話が本当にお互いが納得のいく会話であったことを祈りつつ…
自らを陥れるようなことにはならないよう、願うばかりです。

ひょっとして大鵬さんが言っていた「白鵬と私は似ている部分がある」というのは、外国人の血が流れているという面での苦労のことだったのだろうか。
頑固、という意味ではどちらも頑固な性格なのではないか、とは思うけれど…。

白鵬の「人種差別発言」に隠れた思いを想像し、私は思う。

同じモンゴル出身でも、日馬富士は「自分は日本人ではない」のであり、もし自分が日本人だったら軽量力士としての自分を応援してくれる日本人ももっと多かっただろう、と、すでに昔からそう納得したうえで相撲をとっている。
それでも、自分を熱烈に応援してくれる人たちも多くいることもわかっている。
相撲さえ面白ければ、日本人・外国人の区別など関係ない、と考えている人たちが多くいることもわかっている。
(私も、日本の大相撲の伝統的なしきたりや精神性を守ってくれさえすれば、相撲が面白くて真剣勝負であれば、力士の出身がどこであろうと気にしない)

日馬富士関のように「足ることを知る」では駄目なのだろうか?白鵬関。
なぜありもしない被害者意識を持っているのだろうか。
被害者意識を持っているとすれば、逆にあなたが角界に要求する物事があまりに利己的なためではないだろうか。無理難題を突きつけていやしないか?
角界に独裁者は必要ないのだ。
大鵬さんは32回優勝を重ねたからといって、傍若無人に振舞っていただろうか?
もちろん、私は白鵬本人ではないし、日常的に細々起きる角界の出来事も知っているわけではない。
大記録を打ち立てたし、一度も休場がなく健康管理も怠らない、窮地も乗り越えた大横綱として、角界への貢献度は計り知れない(記録の面では日馬富士とは比較にならないほどに)。
計り知れないが、あなたは何を望んでいるのだろうか?

以前、私は「白鵬の野性化」という記事を書いた。
そしてあれから2年以上経った今のあなたは、まさに野生化した相撲を増幅させている。野生化に加え、姑息さをも身につけ始めている。
勝つことが大事、という人は多いが、数の上での偉業を達成した今のあなたには、勝つことよりも大事なことがある。
もう一度記す。
「自分のことだけでなく、ただ勝つだけでなく、横綱として相撲界のことを考えて精進してほしい」
神社のように綱を締めているその意味を、今一度考えて欲しい。
綱を締めているからといって、あなたが神様なのではない。あなたは人間だ。
綱を張っている人間にしかできない精進を一層続けて欲しい。
今の土俵上のあなたの姿には、精神的成長どころか相手への礼を欠く野蛮人の姿ばかりが映ってしまうのだ。
自分で自分を貶める愚かさを捨てて、これから真の意味で尊敬される横綱になってほしい。

初場所の感想を書きたいのに、こんなことですでに週末突入。
疲れた…

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« グレートトラバースを見ていて | トップページ | 安馬時代の日馬富士の言葉 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
モヤモヤ、消えませんよね。何でこんなことになっちゃったんだろ。

今週の火曜、例の会見の翌日、民放の夕方のニュースで取り上げて、会見の映像をかなり長く流していました。文字で見ていただけでも怒りでいっぱいになっていたのに、それより遥かに不快で、その不快感を表すピッタリした言葉を探したら、『下品』でした。
記者たちが自分と同じ考えだと勝手に思い込み、審判への嘲笑を浮かべた顔、話し方...相撲デスクが珍しく感情を露わにしたツイートをしたのも頷けます。
しかしその番組のコメンテーターは、
「悪いのは白鵬ではなく、バンザイをするような、レベルが低下したファンだ!」
ですと!

千秋楽、私も国技館で見ていましたが、座布団を運ぶ若い衆もとっくに戻り、土俵上では最後の仕切りになる頃、ようやく花道奥に出てきて取組中に悠然と腰を下ろす白鵬が邪魔で、私は土俵に集中できませんでした。もうこれからはこの人のやりたい放題になるのかと思うとV33を祝う気にもなれず、もちろん言葉のアヤをたっぷり駆使した演説を聞く気にもなれず、弓取り式が終わったとたんに逃げるように国技館を後にしました。
それでも、まさか翌日こんな不愉快なことが待っているとは!

大鵬夫人、よく言ってくださいました。白鵬は何か感じてくれたでしょうか。
初場所2日目、伊勢ヶ濱部屋の関取5人が大活躍した日、日馬富士関が「おかみさんが喜んでくれる!」と言っていたのが印象的ですが、思えば白鵬から「おかみさん」との心の繋がりを聞いた覚えがないような...今回、宮城野親方が1時間諭したということですが、逆に言えば、もうどんな騒ぎになっているか白鵬はわかっていたはずなのに、1時間も話さなければ納得させられなかったということでしょうか。もしくは、いまだ沈黙を守っていることから察して、1時間かけてもだめだったと。
今晩生放送に出るそうですが、ちょっと私としては、今は顔も見たくない感じです。

長くなりましたが、最後に今回のことで思い出したこと2つ。どちらも手元に資料がないので記憶を頼りに趣旨だけ書きますが、まず旭天鵬。
優勝して、日本中どこに行っても大勢の人にお祝いの言葉をかけられて、「日本人は素晴らしい。モンゴルだったら、外国人の優勝をこんなに喜んでくれるなんて考えられない。」
もうひとつは大鵬。引退の時の言葉。
「自分は確かに相撲界では頂点にたったが、外の世界では中学生の常識しか持っていない。これから一つ一つ学んでいきたい。」
 

本当に何とも嫌な後味がずっと残っています。
相撲ファンもきっとみんな悲しい思いでいっぱいでいると思います。

千秋楽の出遅れに関しては、伊勢ヶ濱親方が激怒していたとか。
「前代未聞だ!」と。
テレビで解説していた北の富士さんは
「これはいけませんね~!注意しなくちゃ!」といっていましたし
舞の海さんも「取組み中に力士が入ってくるところを初めて見ました」と
控えめながら皮肉っていました。

ちょうどその時、隠岐の海と誰だったか忘れたのですが
物言いがついても良いはずの取組みだったのに、物言いがつかず。
VTRを見て北の富士さんが「これは物言いつけなきゃ!」と言っていましたが
舞の海さんが「白鵬の方に気を取られたのかもしれませんね」と又皮肉っていました。

今回の騒動で、ネットを読んでいると、真偽のほどは分かりませんが
白鵬と宮城野親方は仲が悪く、ここ数年は口もきいてないとか・・・
白鵬は平幕で終わった親方をかねがね見下していた、とか?
旭天鵬たちが友綱部屋へ吸収されたとき
白鵬は宮城野部屋に来てほしいと親方に言ったそうで
(モンゴルの仲間がいたから)
それを却下されて、一層仲が悪くなったとか・・・

もし、それが本当ならば親方に注意されたところで
何とも感じないような、そんな気もします。

本人が謝罪会見して潔く謝らない限り、このしこりは来場所も残りそうですね。
審判の親方連中はかなり激怒されていたと聞きますし。
「不満があるなら辞めてもらったらいい」とまで言っていたとか。

白鵬は「肌の色がどうとか」と言っていましたが
それならば、逸ノ城があんなに人気になるわけがないし
大砂嵐もかなり人気者ですよね。
ましてやモンゴルの横綱が3人もいるわけがありません。

何か長くなってすみません。
自分のブログに書けないことをつい、ぶちまけてしまいました。
それから、マイページの表示、今は元通りになりましたよ♪


いくさん>

朝青龍の引退の時には、ショックと悲しさばかりで、「朝青龍もどうしてきちんと説明せずに引退宣言だけするんだ」と残念な気持ちでいっぱいでした。でも、今回のようなあとを引くモヤモヤとその後に対する不安感というものはありませんでした。不安感がなくはありませんでしたが、一番引きずっていたのは、「朝青龍のいない悲しさ」、やるせなさでした。
今回はどす黒い何かが未だにどこかに渦巻いているようで、本当に気分が悪いのです。

民放でのその長い映像は見ていないのですが、他にミヤネ屋でも白鵬擁護派のコメントが出ていたようですね。
大して大相撲を見てもいないような方々に、同じく相撲など見たこともないような石原慎太郎が大鵬の相撲を「八百長だ!」と豪語したように(飛躍しすぎですか?)「ファンがいけないんだ!」と言われても…!説得力ないし!
私だったらその場にいてもコールも万歳三唱もしませんが、日本人がいかに国の力士たちを不甲斐なく思い、現在の横綱たちに対して劣等感を持っているのか(やっかみ、とも言い換えられる)、その人たちはわかっていない。その気持ちの裏返しが咄嗟にコールや万歳三唱という形で出てしまった、ということもわかっていない(そして優勝争いを面白くしてほしい、という思いも持っているのが大相撲ファンです。一人の力士ばかりが優勝を重ねて、誰が面白いと思うのだろうか?別にアンチ白鵬だから行為に出たというのが唯一の理由ではない。それに、途中何があったとしても最終的に白鵬が優勝したらしたで、皆温かく大拍手で迎えているではないか!!!!!)。そして、そんなことを仕掛けた人たちは、それこそ昔から相撲を見続けていた中高年ファンではなかろうか?と私は考えるのですが。
レベルが低下したファン、と言われても!それこそ酒盛りしながら相撲を見ることを許しているのが相撲協会ではありませんか。最近では野球場のようにビール配給嬢まで導入して。

千秋楽当日、座っていた席によっては遅刻した横綱たちの様子が気になったかもしれませんね…
私の場所からは花道は全く見えないし、碧山が大きすぎて、伊勢ヶ濱審判長がおデブちゃんに隠れて全然見えないよ〜と思いながら気付いたら取組に入っていたので(しかもきわどい相撲だった)、全く入場に気付きませんでした。

優勝インタビューはいつもと比べたら普通で、ただ発音が聞き取りにくく何を言っているのかあまりわからず、はっきり聞こえてきた話の中でびっくりしたのは「数字的には大鵬さんに並んでも精神的にはまだまだなので」と自覚した一言でした。今までの中では、この私でも何か感じ入る部分があったのに…一夜明けていきなりこの言葉もあの発言で宙に消え、いったい白鵬はどういうつもりであのインタビューをしたんだろう?とガッカリした思いでいっぱいになったのが26日のことです。
あのいつも中立的な相撲デスクが(生前の大鵬さんから相撲について多くを学んだのもデスクですよね)、開いた口が塞がらなかった様子が目に浮かぶようです。

今夜、生放送番組があるのですか。私もリアルタイムで見る気にはなれませんね…

幕下時代から応援している後援会の方々のところも、電話が鳴りっぱなしだと言います。
これだけの方々に迷惑をかけても、だんまりを決め込むつもりなのでしょうか。
とにかく、心の底では何が不満なのかを、きちんとした形で表明してほしい。
謝罪するだけで良し、という紋切り型で済む問題ではないので、世間にも本人にもわだかまりのない形で決着を見せてほしい。
白鵬が自分の本当の気持ちをきっちり言葉にするのは、今しかチャンスはないのではないかと思います。
いっそのこと、すべてをぶちまけてほしいと願っています。
沈黙は白鵬をいっそう危うい方向へと傾けてしまうのでは、と危惧しています。
マグマは溜め込めば溜め込むほど危険な存在となりますから…

モンゴル出身パイオニア力士の言葉に、引退時の大鵬さんの言葉。
おそらく白鵬もこの言葉を知っているはず。
今は白鵬が最も試されている時ですね。
相撲の神様のお告げをどう受け取るのか。どちらへ行きたいのか。
我々は離れた場所から見守ることしかできません。

こちらこそ長々と失礼いたしました。

ルードさん>

もうこの気持ちから解放されたいものですね。一週間経とうというのに…

結局、白鵬を見るのがいやで千秋楽の録画も見られぬまま今に至ります。
舞の海さんも遅刻は初めて見た光景だったのですね…
もしまだ千秋楽に優勝がかかっていたら、白鵬はきっと遅刻しなかったはずです。利己的すぎます。

遅刻したのは隠岐の海と碧山の取組の時ですね。
あれは千秋楽に生観戦していて、私はてっきり隠岐の海が負けたものだと思っていました。
しかしあまりに微妙だったので物言いがつくかと思いきや…
周囲も隠岐の海が負けたのだと信じていたのでしょう、勝ち名乗りが隠岐の海に上がり、皆驚いていましたよ。
舞の海さん、そんなコメントをしていたのですか。
土俵際の決着が(確か)黒房方向だったからよかったものの、もし東側だったら、しかも入場時にちょうど取組中の二人が東側へすっ飛んでいたとしたら、東の審判にとっては大迷惑です。そんなこともわからんのか白鵬は!?
審判に物言いをつけるなら、審判の邪魔をしたあなたはなんなのだ!?という話です。
(それでもし東側で二人がきわどい相撲をとって、白鵬が入場しながら手を上げて物言いをしていたら、それはそれで珍百景ですが)

審判に関してはルードさんも記事にされていましたよね。
コメントをしようと思ったのですが、ルードさんが気持ち切り替えの記事を書かれた後にまた蒸し返すようなコメントを前の記事に残すのも…と思い、結局かけませんでした。
(審判に関しては私もルードさんと同じく言いたいことがあります)

宮城野親方との関係性も以前から取り沙汰されていますね。
私も詳しいことまでは読んでいませんが、そもそも横綱が引退して部屋を持っても、そこから横綱が誕生したという相撲部屋は過去どれだけあったのでしょうか?
師匠としての資質と現役時代の成績は比例するものではない、というのは明らかです。
白鵬は、宮城野親方が拾ってくれなかったら、角界に入ることさえできなかった。
なぜ、師匠を見下すことができるのか。
若さゆえの奢りなのかは知りませんが、そのような天狗の気持ちが今の事態を招いた、とも言えるのだと思います。

「不満があるなら辞めてもらっていい」とまでいう親方の発言もどうかと思いますが(大人気ないな…)、一つ前のコメントにも書いたように、やはり白鵬には膿を出し切ってほしい。私たちには計り知れない苦労も山ほどあると思いますから。
プライドから発言する気持ちになれないのか、それとも時期を見計らって会見を行うのか、その他何かしらの形で公表するのか?
本当なら、白鵬杯の前に決着をつけてほしかった。
参加する子供たちと親御さんたちはどんな思いで明日を迎えるのでしょう。

人種差別発言はなんだかなあ〜、です。
それだったら、過去に物言いがつかず白鵬に軍配が上がった取組にも物言いをつけたい気分です。
栃ノ心の復活だって皆すごく喜んでいたし、いくさんが示してくださった旭天鵬の言葉もあるし…把瑠都だって人気者だった。

全部ぶちまけてくれ!
でなければ、すべてをきちんと理解できる人と有意義な対話をしてくれ!!!
(賢い奥さんとしっかり話し合ってくれ!!!)
そして、謝るべきところは謝ってほしい。
優勝インタビューで「精神面を精進したい」と言ったのだから、言ったことは人間として責任を持ってほしい。
そう願うばかりです。

RSS、戻りましたか?
今、さっそく見てみました。昨夜まではダメだったのに、トップページに表示される記事は全部個別閲覧できるようになっていました!
ただ、次の過去ページへ遡ろうとするといまだにダメみたいです…_| ̄|○

そうそう、隠岐の海と碧山でしたね。
私も軍配が隠岐の海に上がったので「え~?」と思いました。
VTRで見ても、碧山の勝ちだったと思います。
恐らく審判の親方たちも日馬富士と白鵬がなかなか入って来ないので
おかしいと思っていただろうし、取り組みの真っ最中に入場するのも目障りだったと思います。

日馬富士は花道の奥で後ろを何度も振り返って気にしていました。
一人で出ようかどうしようか、と焦っているように見えました。
大事な千秋楽なのに、ホントそれこそ勝ったから良かったけど。

私も気持ちの切り替えはまだ全然出来ていません。
ただ、みしゅらんさんと違って
私が書くと、どうしても感情に走りすぎてしまう気がして。
今、私の楽しみといえば相撲だけなので、そのせっかくの楽しみな気持ちを
白鵬にぶち壊されたような気持ちです。
バラエティ番組を見ていっとき笑っても、やっぱりダメです。

白鵬は早くに結婚しているので、余計に親方にお世話になっているという
感謝の気持ちが薄れているのではないかと思います。
でも、宮城野親方が拾ってくれたからこそ今があるのに
毎回毎回、何かと言うと大鵬さんのことばっかり言うのもおかしいな・・・とずっと思っていました。

「辞めてもらってもいい」というのは、今回は本人に直接は指導はしないけど
今度何かあったら、みたいな話の流れから出た言葉のようです。

私が良く見ているブログで、母娘三代で相撲ファンの方がいらして
娘さんはまだ小学3年くらいだと思うのですが
その女の子が今回の騒動で、ずっとふさぎ込んでいるようです。
きっと全国のちびっ子たちも傷ついているんじゃないかと思うと心が痛いです。

本当に白鵬にはちゃんと説明して欲しいと思います。
みんなが心を痛めているのに、だんまりでは酷いと思います。
賢い奥さんと話し合って、どうするか決めて欲しいです。
白鵬自身、これ以上追い詰められるとキツイと思います。
プライドが高いからとか言っている場合じゃないですよね。

誰にでも間違いはあります。
でも、肝心なのはその後です。
その後にどうするかで、その人の真価が問われます。
今、その真価が問われようとしています。
対応は早ければ早い方が良いに決まっています。
今夜テレビに出演するとか聞きましたが
そんな場で言うようなことではありませんしね。

又、長々とすみません。
何だか、みしゅらんさんにしか言えなくて・・・
お会いしたこともないのに失礼しました

ルードさん>

バラエティ番組の笑いって、一過性なので効きませんよね。
私には今日(日付が変わってしまいましたが)放送された「男はつらいよ」のほうが根本的な効き目があったように思います。

大相撲関連ツイートが先ほどにやにわ流れが早くなったのですが、どうやら白鵬は目をキョロキョロさせながら謝罪らしき言葉を発したそうですね(驚)。
生で見る気にならなかったので、明日以降録画を確認することにしようかと。
様子をいろいろツイッターで読んでいて、緊張した白鵬の様子を想像し、なんだかこちらまで辛くなってきました。
生出演した途端にニュース記事まで次々と出始め、なんだかなあ…。
バラエティ番組だとわかっていても、生放送で出演する限りは今の気持ちを少しでも伝えておきたい、という苦しい思いから、謝罪の言葉が出たのでしょうか。
いずれにしても、早くきちんとした形を取ってほしいのですが…私の中では、これは謝罪とは受け止めかねます。テレビを見ていないのでわかりませんが、反省の色が見えていたとしても、ちゃんとけじめはつけてほしい。

確かに、結婚が早かったことも、感謝の気持ちが親方に対して薄れていった要因のひとつかもしれませんね。
「辞めてもらってもいい」のコメントの補足もありがとうございます。

強い白鵬には、いつもちびっこファンの声援もたくさん飛んでいますよね。そのお子さん、辛いでしょうね…
私も、やはり全国の子供たちのことを思うと胸が痛い。
白鵬自身のお子さんたちも、今回のことで大きなショックを受けているのではないかと…
白鵬にとっては、地位の重みと自らの浅はかな言動をあらためて認識した一件だったと思います。
大鵬超えを成し遂げた直後で、かえって良かったのかもしれません。
もしも誰もこれを問題視せず、そのまま春場所を迎え、また優勝し、またやりたい放題になっていたとしたら…
それこそ、何かを契機に引退騒ぎにまで発展してしまう可能性だってありますから。

とにかくルードさんのおっしゃる通り、間違いを犯した後にどうするか、ですね。
もう一度新しい気持ちで、初心に帰って仕切り直しできるだけの潜在力がある横綱だと信じています。
次の動きを待っていましょう。私からすれば対応が遅すぎる、と思っていますが。そしておそらく多くの人もそう思っていることでしょうね。

アメブロはココログよりもコミュニティブログの様相があるので、かえって思ったことをそのまま書きづらい点もあるのでは、とお察しします。
貴重なコメントに感謝です。
いつでも駆け込み寺へどうぞ(笑)
というか、もう二度とこういうことが起きないよう願うばかりですけれどね。
まずは明日の白鵬杯が楽しいイベントになるよう、成功裏に終わるよう祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61058687

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽後のわだかまり:

« グレートトラバースを見ていて | トップページ | 安馬時代の日馬富士の言葉 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめリンク

最近のコメント

おすもうファン

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード