« H27(2015)年大相撲三月場所新番付(十両以下所感) | トップページ | ねこあつめ »

2015年2月26日 (木)

H27年大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。

※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。
(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成27年(2015年)大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」3月8日(日)
幕下:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】田所拓也
十両:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】三瓶宏志
中入り「▽最多優勝・白鵬を止めるのは?▽なにわ名勝負」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】大坂敏久  【東西リポート】白崎義彦、船岡久嗣
ラジオ第一:【解説】芝田山親方(大乃国) 【アナウンサー】藤井康生

「二日目」3月9日(月)
幕下:【解説】正面 大嶽親方(大竜) 【アナウンサー】酒井良彦 【リポート】厚井大樹
十両:【解説】雷親方(垣添) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】白崎義彦
中入り「▽新三役紹介 照ノ富士 ▽なにわ名勝負
幕内:【解説】正面 尾車親方(琴風)  向正面 谷川親方(北勝力)
   【アナウンサー】白崎義彦三瓶宏志 【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】吉田賢

「三日目」3月10日(火)
幕下:【解説】正面 君ヶ濱親方(寶千山) 向正面 花ノ国(若者頭) 【アナウンサー】大坂敏久
十両:【解説】大山親方(大飛) 【アナウンサー】田所拓也 【リポート】吉田賢 
中入り「▽新三役紹介 玉鷲 ▽なにわ名勝負
幕内:【解説】正面 二子山親方(雅山)  向正面 舞の海秀平 
   【アナウンサー】三瓶宏志白崎義彦  【東西リポート】三瓶宏志、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】厚井大樹

「四日目」3月11日(水)
幕下:【解説】正面 若藤親方(皇司) 向正面 伊予櫻(若者頭) 【アナウンサー】角谷直也
十両:【解説】立田山親方(薩州洋) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】白崎義彦
中入り「▽新十両紹介 阿炎(元堀切) ▽なにわ名勝負
幕内:【解説】正面 芝田山親方(大乃国) 向正面 振分親方(高見盛)
   【アナウンサー】吉田賢 【東西リポート】田所拓也、大坂敏久
ラジオ第一:【解説】竹縄親方(栃乃洋) 【アナウンサー】太田雅英

「五日目」3月12日(木)
幕下:【解説】小野川親方(武州山) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】
十両:【解説】枝川親方(蒼樹山)【アナウンサー】大坂敏久 【リポート】刈屋富士雄
中入り「▽新十両紹介 天風(元川成)
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 放駒親方(玉乃島)
   【アナウンサー】船岡久嗣 【東西リポート】厚井大樹、太田雅英
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】田所拓也

「六日目」3月13日(金)
幕下:【解説】正面 山分親方(武雄山) 向正面 福ノ里(若者頭) 【アナウンサー】酒井良彦
十両:【解説】岩友親方(木村山) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】藤井康生
中入り「▽新十両紹介 石浦
幕内:【解説】正面 舞の海秀平  向正面 不知火親方(若荒雄)
   【アナウンサー】刈屋富士雄  【東西リポート】船岡久嗣、厚井大樹
ラジオ第一:【解説】千賀ノ浦親方(舛田山) 【アナウンサー】白崎義彦

「七日目」3月14日(土)
幕下:【解説】松ヶ根親方(玉力道) 【アナウンサー】角谷直也 【リポート】三輪洋雄
十両:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】
中入り「関取訪問 徳勝龍
幕内:【解説】正面 鳴戸親方(琴欧洲) 向正面 雷親方(垣添)
   【アナウンサー】藤井康生 【リポート】吉田賢、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】八角親方(北勝海) 【アナウンサー】大坂敏久

「中日」3月15日(日)
幕下:【解説】濱風親方(五城楼) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】酒井良彦
十両:【解説】振分親方(高見盛) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】
中入り「ゲスト 西川きよしさん
幕内:【ゲスト】西川きよし 【解説】北の富士勝昭 
   【アナウンサー】太田雅英   【東西リポート】藤井康生、大坂敏久
ラジオ第一:【解説】九重親方(千代の富士)  【アナウンサー】三輪洋雄

「九日目」3月16日(月)
幕下:【解説】正面 枝川親方(蒼樹山) 向正面 栃乃藤(若者頭)【アナウンサー】岡崎太希三瓶宏志
十両:【解説】谷川親方(北勝力) 【アナウンサー】沢田石和樹 【リポート】髙木優吾
中入り「変わりゆく大阪の宿舎事情」
幕内:【解説】正面 尾車親方(琴風) 向正面 千賀ノ浦親方(舛田山)
   【アナウンサー】白崎義彦  【東西リポート】太田雅英、藤井康生
ラジオ第一:【解説】放駒親方(玉乃島) 【アナウンサー】刈屋富士雄

「十日目」3月17日(火)
幕下:【解説】正面 若松親方(朝乃若) 向正面 伯龍(若者頭)【アナウンサー】高木優吾
十両:【解説】大嶽親方(大竜) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】藤井康生
中入り「ご苦労様 立田川親方(元小結 豊真将)」
幕内:【解説】正面 玉ノ井親方(栃東) 向正面 立田川親方(豊真将)
   【アナウンサー】佐藤洋之   【東西リポート】刈屋富士雄、三輪洋雄
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】小林陽広

「十一日目」3月18日(水)
幕下:【解説】正面 三保ヶ関親方(栃栄) 向正面 琴千歳(若者頭) 【アナウンサー】三輪洋雄
十両:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】沢田石和樹
中入り「どうなる優勝争い」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 中村親方(琴錦) 
   【アナウンサー】藤井康生  【東西リポート】小林陽広、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】二子山親方(雅山) 【アナウンサー】戸部眞輔

「十二日目」3月19日(木
幕下:【解説】正面 不知火親方(若荒雄) 向正面 白岩(若者頭) 【アナウンサー】白崎義彦
十両:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】小林陽広 【リポート】太田雅英
中入り「優勝争い展望いよいよ終盤!全勝白鵬は大関琴奨菊と対戦
幕内:【解説】正面 八角親方(北勝海)  向正面 竹縄親方(栃乃洋)
   【アナウンサー】沢田石和樹  【東西リポート】三輪洋雄、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】佐藤洋之

「十三日目」3月20日(金)
幕下:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】髙木優吾 【リポート】白崎義彦
十両:【解説】三保ヶ関親方(栃栄) 【アナウンサー】三輪洋雄 【リポート】三瓶宏志
中入り「各段優勝力士 喜びのインタビュー
幕内:【解説】正面 舞の海秀平 向正面 稲川親方(普天王)
   【アナウンサー】太田雅英 【東西リポート】沢田石和樹、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】玉ノ井親方(栃東)  【アナウンサー】藤井康生

「十四日目」3月21日(土)
幕下:【解説】大山親方(大飛) 【アナウンサー】岡崎太希小林陽彦 【リポート】太田雅英
十両:【解説】若藤親方(皇司) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】刈屋富士雄
中入り「優勝の行方は」
幕内:【解説】正面 九重親方(千代の富士) 向正面 関ノ戸親方(岩木山)
   【アナウンサー】三瓶宏志  【東西リポート】佐藤洋之、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】沢田石和樹

「千秋楽」3月22日(日
幕下:【解説】岩友親方(木村山) 【アナウンサー】小林陽広 【リポート】
十両:【解説】稲川親方(普天王) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】
中入り「優勝力士・三賞力士インタビュー▽V34へ 白鵬か?初優勝へ 照ノ富士か?」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭   向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】刈屋富士雄  【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】中村親方(琴錦) 【アナウンサー】佐藤洋之

今回は3月の自分の動向がわからないので、早めに更新することにしました。
場所に入ってからの随時更新は厳しい時期があるかもしれませんので、念のためご了承くださいませ(人><。)

好評だった解説を受けてか、不知火親方(若荒雄)が二度の出演!これは楽しみ。
一方で、審判となった式秀親方(北桜)と音羽山親方(貴ノ浪)の解説は消え、そして北陣親方(麒麟児)の名前も出ておらず(´;ω;`)ウウ・・・

春場所ということで、中日に西川きよし師匠がゲストというのに驚きました!
これは、勝昭翁もどんな解説を見せるのか!?いや、解説というか…ご機嫌おしゃべり炸裂となるか!?

そして、立田川親方(豊真将)が十日目に。
「立田山」と「立田川」を間違えて表記していなければいいのですが…(一応確認したつもり)。

尾車親方(琴風)が二度ご登場、というのも嬉しい知らせです(‐^▽^‐)

しかし、こう世代交代の波がひたひたと押し寄せると…
ポスト北の富士が気になってくる今日この頃…
北の富士さん、どうか健康第一で!まだまだよろしくお願いします!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H27(2015)年大相撲三月場所新番付(十両以下所感) | トップページ | ねこあつめ »

大相撲」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今日から荒れる大相撲春場所が始まりましたが早速横綱 鶴竜の休場と言う残念な知らせが届きなおかつ先場所は優勝争いをした大関 稀勢の里が黒星スタート。その他の上位勢は白星スタートはしましたが、横綱白鵬関も危なかしい取組だったようですね。また,個人的に期待する力士は新三役の二関取、若手力士遠藤、栃ノ心、逸ノ城にも期待します。

鶴竜の休場は本当に残念でなりません…肩を一度痛めると力士生命を脅かされる人たちも多いだけに、心配です。休むことでしっかり治るよう願うばかりです。
栃煌山がいい相撲でしたね。というか稀勢の里の下半身は一体…
結びの一番は何が起こったかわからずリアルタイムでは呆気に取られてしまいました。妙義龍は「体の軸をしっかり」と言い聞かせていたようですが、白鵬の軸のほうがしっかりしていた…のか、腰が重いのでしょうね(>_<)
個人的には隠岐の海の黒星も残念至極でした。照ノ富士の相撲は初日から血圧上がりまくりです(^_^;)いきなり力任せで長い相撲をとって疲れすぎないように、立合いなんとかしてほしい…
照ノ富士もそうなのですが、豪栄道と遠藤には期待したいですね。あ、隠岐の海もです!

今日で大相撲 序盤、中盤、終盤の内の序盤戦四日目終了時点で上位人ではさすがの横綱白鵬(今日30歳のBirthday)、久しぶりに西大関琴奨菊、大阪ご当地出身の東大関 豪栄道が四連勝スタートは素晴らしいが昨日 三日目に西横綱日馬富士は今場所平幕に陥落の逸ノ城に金星配給(3勝1敗)、先場所 終盤戦まで優勝争いをした東大関 稀勢の里(2勝2敗)に喝。新三役の隠岐の海は今日の朝稽古で怪我をし休場と言う知らせにとても驚いたし、これ以上休場力士が出ないことを祈るばかりです。

横綱が一人全休のうえに新関脇まで序盤で休場になるとは、なんとも寂しすぎる場所となってしまいました。
本当に、これ以上休場力士が出ないことを祈るばかりです。隠岐の海、途中からでも出場できるようになればいいのですが…
その意味で高安が15日間出場できるのか、心配になってきました…。
豪栄道、大関として苦しい場所を連続して経験した後にご当所へ戻ることができて、とてもタイミングよかったですね。
仮に新大関場所が大阪だったら、果たしてどちらへ転んでいたのだろう…?とも想像してしまいます。たられば、は禁物ですが。この調子でいけば何かやってくれそうです。
稀勢の里もまさかの眼を覆うような内容での連敗でしたが、初日が出てからはペースアップしていってほしいですね。
今後、もう二度と日馬富士のような軽量横綱は出てこない、出ることができないのではないかという思いで、この横綱の相撲を見ています。四日目は佐田の海相手に驚きましたが、いつもの黒星翌日の切り替えのための儀式のようなものなので、今日からまた初日のつもりで突き進んで欲しい。
琴奨菊の魂の相撲が見ていて気持ちいいというか、感動さえ覚えます…稀勢の里、見習ってよ…。(´д`lll)

しかし照ノ富士と遠藤、そして安美錦!いいですね。私としてはツラ相撲の誉富士にも、今度こそツラではなくそのまま中日勝ち越しを目指していってほしい!

とはいえ、今日から私はしばらく大相撲観戦(録画相撲も)不可なので、辛い日々が続きます…(号泣)
熱戦が繰り広げられますように!

今日から中盤戦突入とはいえ昨日勝ちはしたけど左膝十字靭帯損傷の遠藤関が休場は残念。そして,今場所も白鵬の独走体制に入りかけているけど全勝力士新関脇 照ノ富士,平幕 安美錦,一敗力士の横綱日馬富士、千代鳳,昨日,今日と連敗し二敗にはなってしまったけど 豪栄道、琴奨菊関にはもう取りこぼしのないようにしてほしいし先場所みたいに十三日目に幕内優勝が決まらないことを祈るばかりです。

結局テレビを盗み見しながら仕事しております…(泣
前回にコメントした事が、悉く裏目に出てもうなんというか。
遠藤、本当に残念ですね。永谷園のCMは今日も流れていたようではありますが…

なんとか皆白鵬について行ってほしい。それだけです。
成績のいい力士たち全員に頑張ってほしい!
今日また大関陣が全員玉砕になったらどうしようと思いましたが、2名に土とは。稀勢の里も勝ちはしましたが、ちょっとがむしゃらすぎて明日も様子見…
豪栄道の相撲内容が負ける前日からまずいですね…今一度切り替えて週末の熱烈な声援を味方に、いい相撲を見せてほしいものです。

しかし、なんだかんだ言っても白鵬の腰の構えがすごい。いつも通りにペースアップしていきそうです…

今日でやっと九日目終了。また,今場所も白鵬の独走で千秋楽待たずに優勝決定してしまいそうな展開?なので頼みは照ノ富士と大ベテランの安美錦に優勝争いを面白くして欲しいし、(喝の意味を含めて)=日馬富士と稀勢の里、琴奨菊、豪栄道に残り六日間(十二日目~千秋楽)まだ,白鵬との取り組みがあるので意地見せろ。

今日でやっと九日目終了。また,今場所も白鵬の独走で千秋楽を待たずに優勝決定してしまいそうな展開?なので頼みは照ノ富士と大ベテランの安美錦に優勝争いを面白くして欲しいし、(喝の意味を含めて)=日馬富士と稀勢の里、琴奨菊、豪栄道に残り六日間(十二日目~千秋楽)まだ,白鵬との取り組みがあるので意地見せろ。

いやもう全く仰るとおりで…
意地見せろ!!!しか私も言えません。
「本当に嵐が吹き荒れるのはこれからだ!!!」ぐらいの気概でお願いしたいですよ。
私にとっては「荒れる春場所」ならぬ「荒れるハル(春)馬富士場所」ですよ…ううう…_| ̄|○

今日から大相撲春場所残り五日間の終盤戦スタート(全勝 白鵬、一敗 照ノ富士、二敗 千代鳳、大砂嵐)と言う展開は予想出来なかったし、昨日また,日馬富士の部屋の伊勢ヶ濱部屋の大ベテラン 安美錦が徳勝龍との取り組みの後古傷の膝を怪我してしまったことが心配出し、六日目から休場(大阪市内の病院に入院中)の遠藤も場所後に再検査して手術をした場合は九州場所の番付で幕下に陥落やむなしと言う記事。とにかく栃ノ心関みたいに大怪我をして一時は序ノ口まで下がったけど今場所は日馬富士から金星を上げているから諦めずにまた上を目指して横綱、大関と当たれる地位まで上がってきて欲しい

今日から大相撲春場所残り五日間の終盤戦スタート(全勝 白鵬、一敗 照ノ富士、二敗 千代鳳、大砂嵐)と言う展開は予想出来なかったし、昨日また,日馬富士の部屋伊勢ヶ濱部屋の大ベテラン 安美錦が徳勝龍との取り組みの後古傷の膝を怪我してしまったことが心配出し、六日目から休場(大阪市内の病院に入院中)の遠藤も場所後に再検査して手術をした場合は九州場所の番付で幕下に陥落やむなしと言う記事。とにかく栃ノ心関みたいに大怪我をして一時は序ノ口まで下がったけど今場所は日馬富士から金星を上げているから諦めずにまた上を目指して横綱、大関と当たれる地位まで上がってきて欲しい

安美錦の休場は大ショックです。心配です。本人がブログで言っているように、必ず戻ってくるという言葉を信じていたいと思います…
遠藤も一からやり直しになったとしても、まずは長い目で見て判断してほしいですね。だましだましの相撲をとらずに、しっかり治してから徐々に復帰してほしい、というのが私の願いです。
春場所は季節の変わり目で体調管理が大変だと思います。そのうえ、激しい相撲が多い今場所。
残り四日間、何事もないよう願うばかりです。
そして…誰かがなんとかしてほしい!!!夢だけは千秋楽までもたせてほしいものです(苦笑)

先場所も十三日目に舞の海、太田アナウンサーが白鵬の優勝正面解説、実況を担当したよなぁ?また,朝日山親方、立行司木村庄之助(本名=畠山)さん残り三日間で日本相撲協会を定年退職お疲れ様でございました。

先場所も舞の海・太田ペアでしたでしょうか…もう頭の中の記憶さえ抹消されている13日目です…
朝日山親方と庄之助親方、とても寂しく思います。
特に朝日山親方はぜひともゲストでNHK実況席に呼んでいただきかった…せめて特集をお願いしたいのですが、来場所に持ち越されてしまうのかお蔵入りになってしまうのか?

ああ、明日は気が重い1日となりそうです…13日「目」の金曜日。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61198636

この記事へのトラックバック一覧です: H27年大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧:

« H27(2015)年大相撲三月場所新番付(十両以下所感) | トップページ | ねこあつめ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード