« ねこあつめ | トップページ | やっと »

2015年2月28日 (土)

日馬富士、ウィリアム王子と歓談&TBSの白鵬密着ドキュメント

入院の甲斐あり(点滴をしていたとは…)、無事英国大使館のレセプションに出席できた日馬富士関。とにかく良かった良かった!!!
色々と情報・ニュース番組が気になっていました。
最初に昨日の夕方、地区のゴミ掃除当番でとんでもないゴミを見つけ、カンカンになりながら捨てられた資源を洗った流れでそのまま夕飯の準備を始めていたら…「横綱日馬富士関など」と、テレビから音声が!
「えっ!早いよ!」と不意を突かれた時にはすでに遅し(>_<)日テレの「news every」でした…7時前だったのでビックリ。
その後、めぼしい番組だけ録画予約しておくことに。
リアルタイムで、まずNHKニュース7でバトトール夫人、伊勢ヶ濱親方と女将さんのショットが!

Img_7698_2

ウィリアム王子の1日の動きを紹介していた最後にいきなり来たので、これまた不意を突かれた次第。

Img_7700

その後、歯を見せてニッコリする横綱の姿が目に入った、と思った頃にはテレビカメラがウィリアム王子に急ズーム。
さすがにシャッター切れず(>_<)
日テレではちゃんと「日馬富士」と紹介されていたのに、大相撲中継を独占するNHKが「日馬富士」と一言も言わなかったことには「なんで〜!?」と思いましたが、辻井伸行さんでさえスルーしたNHK…これは映っただけでも良かった、とするしかないか( ´・ω・`)

そして9時のNHKニュースとスポプラ、日テレのZEROなど、一応スポーツニュースなども予約して、これは今日チェック。
なんと、NHKは7時のニュースこっきり!(#`ε´#)マジですか!!!
映していたのは日テレのZEROでした。

Img_7701

王子のスケジュールにまず登場!o(^▽^)o

レセプションの様子が映し出されると、バトトール夫人と共に黒柳徹子さんに挨拶する横綱の姿!

Img_7702

Img_7703
なんだか放っておくとにやけちゃう感じ…ですか?w
バトトールさんのお着物も素敵!とってもお似合いです(‐^▽^‐)

Img_7704

Img_7707

横綱、本当に良かったですね!

そして、いよいよご対面。の場面は、本日の日テレ「ズームイン!サタデー」。

Img_7711

Img_7709

Img_7710

Img_7714

師匠の姿も何気にw
それにしても緊張しておられますな。

Img_7712

Img_7713

結局、私が捕獲できたのはこれだけです。
日テレが一番取り上げてくれたということなのかしら…
あいにく、フジテレビの情報番組は録画予約できず…でした。どうだったのかな?

他にも、リソースがないか調べてみました。

英国大使館の公式ツイッター。

何気に写り込んでいる伊勢ヶ濱親方(どれも目がほとんど開いていない…)

かぶりますが、くるくるおばけさんがきちんとした形でまとめてくれたツイート。


その他、著作権があるのでリンクを。

・ゲッティ・イメージより:
ウィリアム王子と握手する横綱。手前にバトトール夫人、奥に女将さんの笑顔も。
ウィリアム王子と握手するバトトール夫人。この写真、素敵すぎる!!!奥にいる横綱の表情も必見!!!

・英国王室Facebookより:バトトール夫人、伊勢ヶ濱親方、女将さんと共に王子と記念撮影
皆さん笑顔(´∀`)

日刊スポーツからは「日馬感激、ウィリアム王子が観戦約束」という記事。
イチローデスクのツイートも一緒に。

横綱…王子は198センチじゃないようですよ…191センチらしいですよ。
面会前の記事はスポニチ「日馬8場所ぶりVへ稽古再開 英王子との対面控え気合充実」より。
日刊スポーツも貼り付けましょうか。

結局、王子が「日馬富士の大ファン」という根拠がいまひとつわからず「?」なのですが、もう少し詳しい記事が出るのか否か…?

もう…
自分が取材したいわ(-_-)

今日は今日で、住吉大社での奉納土俵入りだったのですね。横綱たちは忙しい。

そしてさらに話は変わりますが、先ほど放送された白鵬のドキュメンタリーも見ました(TBS)。
すみません。すみませんが…私には響きませんでした。
「すべての答えがここにある」とオープニングで言っていたので期待して見ていましたが。
私が欲しかった答えは全く出てこないまま、1時間の放送が終了してしまった。

「ピシッとしていれば ちゃんとしていれば いずれ皆が認めてくれる」

その通りではないかもしれませんが、生前の大鵬さんが白鵬に送った言葉。
白鵬杯では「人生は忍の一字」という大鵬さんの小さな札を、納谷芳子さんから譲り受けた白鵬。

これらの言葉の意味を、結局白鵬はどのように自分の中で理解しているのか…

春場所の土俵で、その答えが出るのでしょうか。

遅ればせながら読んだ「大相撲ジャーナル」に、宮城野親方の2ページにわたる記事がありました。
「わが弟子白鵬を語る」。
これを読むと、親方が弟子を想う気持ちがひしひしと伝わってきます。
いろいろ巷で言われている師弟関係も、噂は本当なのだろうか?と訝ってしまうような、師匠の優しさが溢れた言葉の数々。

何を信じればいいのか…
結局は、言葉よりも見たものを信じるしかないのか…

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« ねこあつめ | トップページ | やっと »

大相撲」カテゴリの記事

日馬富士(安馬)」カテゴリの記事

コメント

先ほどは、コメントを有難うございました♪
そして、お名前を出したコト、事後承諾していただきホッとしました

日馬富士の写真も満載で、この記事は早くに読んでいたのですが
なかなかコメントする時間がなくて。
ニュースは見ないので、本当にこの記事を見て嬉しかったです(^^)/

大相撲ジャーナル、私も同じような感想を抱きました。
でも、親方はそう思っていても、白鵬の心の中ではどうなのか・・・?
裏表がある白鵬のことですからね。
そして宮城野親方は白鵬がいるから部屋も潤ってきたわけで
やはり白鵬に対しては頭が上がらないような、そんな雰囲気をどうしても感じてしまいます。

そして、白鵬のドキュメントは私は見られなかったのですが、やはりそうですか・・・
(予告編はネットで見ましたが)
やはり、国籍問題が一番大きいのかもしれませんね。
このまま引退となると親方にはなれないから、とにかく解決するまでは勝つしかない、と。

たしか、お父さんが反対されているんですよね?
そしてモンゴルの国民栄誉賞ももらってしまった。
国籍を変えると、お父さんもモンゴルも裏切ることになってしまう。
だから、協会側に規則を変えて欲しいと・・・
そして、それも叶わなくて。
何もかもにイライラしてるような、そんな感じでしょうね。
でも、それは白鵬個人の問題であって、自分で解決すべきことだと思いますが。
どちらも欲しいなんて、それはちょっと虫が良すぎると思います。
だって、相撲はやはり日本の国技で、しかもそれを知っていてやってきたわけで。

何か、長くなってしまいました。
それから、この前のコメントのお返事にも、めちゃ笑いました!

ルードさん>

いつも読み逃げですみません(^_^;)
突然自分のHNが出てきていたのでびっくりしちゃいましたよw
場所中はツイート荒らしになりますので、適宜フォローを外すなど対策いただいたほうが良いと思いますm(_ _)m

王子との対面関連はこれ以上出てこないかな…ということで、知っている限りでまとめてみました。
何よりも横綱の笑顔が見られるのが嬉しいですし、この笑顔を春場所千秋楽で見たい!!!
日馬富士関のコメントはいつも素直というか、心が滲み出てきていてホントに大好きです…この数日の談話、言葉とともにこぼれる笑顔が浮かんできます(´∀`)

大相撲ジャーナル、同じような感想を持たれたのですね。
確かに、部屋を大きくしてくれたのも白鵬であって、師匠自身が到達し得なかった地位に弟子がいるわけでもあり…
白鵬ドキュメントによると、お父様の病状も思わしくないことからの焦りもあったようです。
でも、別に白鵬の言動は昨年から突如ひどくなったわけではなく、以前から片鱗はあったし、今更どうこういうよりも(というと語弊はありますが)、これまで気味が悪いほどに臭いものにはフタをして白鵬を持ち上げ続けてきたマスコミもマスコミだ…という気持ちもあります。
尊敬するお父様のこと、国籍の問題、「これ以上強くはならない」ことへの不安等々あるのでしょうが、結局初場所千秋楽の遅刻のことには番組では全く触れなかったし、当然翌日会見のことに切り込むディレクターの姿も無かったし。
「すべての答えがここにある」って、ディレクターにも白鵬の真意は推し量れない、というか白鵬怖い、それが答えなんだと理解することにしました(無理やり)。

番付最高位で、大記録を打ち立てたから規則はなんでも変えられる。何をやってもよい。
そんな虫の良い話があるわけがない。
何を見ても聞いても後味悪い…
大鵬さん、毎晩白鵬の夢に出てきてほしいですよ。双葉山も北の湖も曙も旭富士も三重ノ海も、みんな交代で登場するように白鵬に催眠術かけてよ誰か。

横綱は優勝回数だけで価値が決まるものではありません。
もちろん、白鵬の努力や若さゆえの人間性を否定するつもりもありませんが、ここ最近の態度硬化も、またいつか「白鵬大劇場」で華麗に「実はこういうことで…」と釈明するつもりなんだろうか?と、先のことを考えて行動してるだけなんじゃないか?と訝るばかりです。
こちらも素直に考えられなくなってますよ…。
これじゃマスコミだって新十両の石浦さえ取材できないのでは?
本当に、春場所で(あるいは場所直前にして)あるまじき事件が起きないよう祈るばかりです。

こちらこそ超長くなってしまい、失礼いたしました(>_<)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61208071

この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士、ウィリアム王子と歓談&TBSの白鵬密着ドキュメント:

« ねこあつめ | トップページ | やっと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード