« 衝撃すぎて(お相撲さん吉本バージョン・ラッスンドスコイ) | トップページ | H27年大相撲三月場所中日:照ノ富士・安美錦に土、全勝は白鵬のみに〜春日野軍団デー »

2015年3月12日 (木)

H27年大相撲三月場所:序盤終了…というか

在宅はやはりアカン。
気になって気になって、結局途中からテレビつけっぱなしで気になる取組だけ盗み見(ごく一部、というか日馬富士戦のみ正面から勝手に休憩時間にしてガン見。あ、それと輝vs若の里戦)。

盗み見するたびに信じられない光景が繰り広げられるばかりの五日目でした…
というか、なぜ今日になってブログを書くんだ私(苦笑)

ひとまず序盤終了時点での幕内成績は:

5戦全勝 白鵬、照ノ富士、安美錦、千代鳳
4勝1敗 日馬富士、琴奨菊、豪栄道、栃ノ心、豊ノ島、遠藤、誉富士、佐田の富士
3勝2敗 妙義龍、逸ノ城、常幸龍、北太樹、大砂嵐、勢、豊響、臥牙丸

紫色は三役以上です。
これで日馬富士が土付かずだったら…伊勢ヶ濱ーズはすごいことになっていた(誉富士も残念なことに今日土が付いてしまった)。中でも照ノ富士と安美錦の相撲は連日圧巻。目が離せません。

で、なぜ2敗勢まであえて書いたかというと。
2敗勢の中にさえ四股名が無い大関が。
稀勢の里、序盤でなんと黒星先行・・・・・・・・・
負けた相撲が全て下半身が脆すぎる。今までないほどに脆すぎて一体何がどうなってるのか!?
今日は逸ノ城戦。あいた口がふさがらず。
とはいえテレビも斜め30°ぐらいの角度から(しかもそれなりの距離から)見ているので、細かいことは私にはわかりません。
逸ノ城がエンジンかかり始めたともいえるのかもしれませんが…それにしても…

そして遠藤。4勝1敗と今日も勝ちながら…まさかの事態に、私も映像を見ながら半泣きになりそうでした。

(ただ、時間が経過するにつれて何度も登場する遠藤の車椅子姿に「他の力士とのNHK待遇が違いすぎる」とだんだんイラっとする気持ちが…いや、もちろん遠藤は私も応援してはいますが)
車椅子とともに映し出される顔つきはポーカーフェイスでしたが、どうなのでしょうか…
ただでさえ横綱と関脇が休場となり寂しさが募っていたところに、追い打ちをかけるような遠藤の膝の怪我。
膝は生命線なので、絶対中途半端な状態では出場してほしくない。
北の富士さんが力説されたように、しっかり治してほしい。

その後、豊ノ島(誉富士戦(T_T))、栃ノ心、安美錦、妙義龍(碧山戦、素晴らしい相撲!)、照ノ富士(佐田の海を怪力で極め出し全勝!ただし多すぎる張り差しには物言いしたい)と見ごたえのある相撲が続いて…
からの、稀勢の里
からの、豪栄道
からの…琴奨菊!!!!!!
大関陣、本日玉砕!!!!!!
まあ、それぞれの対戦相手が西前頭筆頭、東小結(玉鷲)、東前頭筆頭(栃煌山)ではあります。
豪栄道も久々ネコ相撲復活してしまい、玉鷲と距離をとっての妙な戦法で土俵際アウト…
そして、ガブちゃんもオーザンに完敗しての微妙な空気の中で我が横綱・日馬富士(あのおでこの傷はいつ出来たんだ!?)は高安戦。
高安、思いの外、足は大丈夫そう…
昨日の佐田の海戦は平蜘蛛にならなかった横綱、今日は一応平蜘蛛に。ちょっとだけ浅め?
立合い、まさかの…二日続けて上手狙いの光速(※高速、ではない)相撲(@_@)(※変化ではナイ!「変化」と呼ぶの、本当にやめてほしい実況席)
明日は碧山戦。もしや三日連続で…?いや、マジどうするんだ。妙義龍のような素晴らしい真っ向相撲いけるのか?先場所も落とし穴があっただけに…うーん。
まだ肘のサポーターもないけれど、これは体力温存で終盤へ照準を合わせていっているのか?
なんとなく、顔つきに元気がないというか、精彩に欠けるのが気になっています…
どうしたんだろう…
まあ、今日の取組では最後に高安の鼻の穴に指突っ込んでましたが(^_^;)

後日、落ち着いたら録画相撲しよう…(これを書いている時間を録画相撲に使えそうで使えない現実=18時以降はテレビ乗っ取られっぱなし)。

白鵬はやはり圧巻。宝富士、場所前の白鵬との稽古で左四つがちょっと効いたように思う、みたいなことをコメントしていたようですが、今日は完全に左四つを封じられました。白鵬、右カッチカチに固めていた…
しかも、ものすごい勢いで溜まり席にダイブして行ったのは他ならぬ白鵬。
女性カメラマンをほぼ潰しかけていたような。
(余談ですが、その光景を見た後に向正面の鏡山審判の顔が楽しそうに見えたので呆気にとられ。ゴータローが土ついたのに!と思ったのだけど、あれはデフォルト顔なのだろうか?実は遠藤が車椅子で引き上げて行ったのと入れ替わりに入ってきた審判陣がこぞって楽しそうな笑顔だったのにも震撼)

結局、最も相撲が安定しているのが白鵬なんだなあ。

ひとまず、いろんな意味でどんよりだった本日五日目の大相撲中継で嬉しかったのは、一番最後に聡ノ富士さんの高速弓取りを見られたこと。
遠目のカメラではあったけれど、満足。締めがナイスであった。

他には…テンホー兄さんにようやく初日が出てホッ。
十両では二度目の輝vs若の里戦。これもテレビの前に噛り付いて見てしまった。
忍さん、まだまだ力を見せつける相撲でした。
輝よ…思いの外星が伸びてないけれど、3月14日は勝たないと本家本元の北陸新幹線が泣くぞ!!!

ところで明日は幕下の取組がむっちゃくちゃ見たいのですが…(号泣)

今日はビエラの「探して予約」のままだったら、BS1の放送録画を逃すところでした。確認してないけど多分録画は大丈夫だったはず。
そのBSでまさかの新十両紹介…あれは地上デジタルしか見られない方々、本当に残念(>_<)
川成くん…もとい天風、昨日の阿炎より尺が長かったんじゃないか?
カメラ目線だし、ほっぺたピッカピカでさすがの若さ漲る皮膚の色艶に見入ってしまうし、全く緊張してないし(土俵上も)…この先も楽しみであります。
(しかし「とりあえず」が口癖になりすぎだったなw全然「とりあえず」じゃない場面までw)

なんだか流れが悪い支離滅裂な記事となってしまった。ひとまずこれにて。
最後にありがたいツイートがあったので貼り付けておきます。大原くんの記事が関西に!

(うげ…この記事の左横に「稀勢やっと1勝」とか…(^_^;))

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 衝撃すぎて(お相撲さん吉本バージョン・ラッスンドスコイ) | トップページ | H27年大相撲三月場所中日:照ノ富士・安美錦に土、全勝は白鵬のみに〜春日野軍団デー »

大原禎貴改メ瞬迅輝琉」カテゴリの記事

大相撲」カテゴリの記事

日馬富士(安馬)」カテゴリの記事

コメント

五日目にしてようやく!の、聡ノ富士さんの弓取りでした。(涙)

四日目までは、土俵入りの際には毎日聡ノ富士さんの姿を探し。
東の花道(西?)真向いからのカメラからの映像が、一番良くって、日馬富士の横綱土俵入りを見ながら、それを見守るお姿も一緒に見られるという…。
もちろん、富栄の姿を見つけては、大興奮していたりもします。(連勝の後の、明日は龍勢と!)←ホント早く、幕下に戻ってぇー

三日目のすもうねことの後は、自分の中では”日馬富士=割り切れば吹っ切れるタイプ”なのでその後は心配してませんでしたが、むしろマッハな相撲が続いてステキです。
(音速を超えた瞬間って、空気の壁を突き破るようになって衝撃波が発生するのですが、そんな感じ)

遠藤は、「全然大丈夫」って、大丈夫じゃなかろーっ!と思いましたが、しつこくカメラや記者に追いかけられて、むしろ一番遠藤が、めんどくさがっていそうに思えました。
(土俵際に落ちた遠藤のことを、本気で心配しているのか、控えの栃ノ心が様子にくぎ付けでした)←そりゃそうだよ…

ところで大原、少なくとも腿とか、先場所よりも太くなってませんか?
(におみーとの時には、正直、勝てないだろうと思ってました)
堀切も関取になってから意識が変わったのか、筋肉がついている印象ですし。
(山根千佳ブログで”ジャミラ”の文字があって、妙に腑に落ちた自分がいます)←ちかさんもどこかで見かけたようです。っていうか、ジャミラ知ってるんだ…
あと、先場所立ち合いを試していたように思えた大地が、今場所、いい感じの立ち合いと突き押しが素敵です!

とはいえ魁渡と鶴竜が不在で、テンションを維持するのにやや努力の必要な、春場所です。

まるひげさん>

聡ノ富士さん、ようやく…でしたね(T_T)富栄も、見られないけど「戻れ!早く戻れ幕下に!」と念じ続けてますщ(゚Д゚щ)カモォォォン

そうですか、日馬富士は吹っ切れる…タイプ、なのでしょうかね。
なんとなく、どこか自分にいまひとつ自信がないように見えてしまう今場所です。というか慎重すぎるというのか。
でも、今日の碧山戦のために全てが練られているのかもしれないし…今日の相撲が中盤のカギかも。(とはいえまだ妙義龍もいる)
あの光速相撲は、解説陣も「まったくもって日馬富士にしかできない速攻相撲」ぐらいな言い方にしてもらえないものだろうか…
ほんと、音速超えてるとしか思えない。

栃ノ心には気付かなかった。もう他人事ではなかったでしょうね。(´д`lll)
遠藤、全治2ヶ月とのことですが、怪我した後がプロの見せ所ですし…ますますゼニの取れる力士への段階を一段上がった、と思って辛抱強く復活を待ちたいですね…
(「大丈夫です」なんて言うから人気上がるの当たり前ですね。顔だけじゃなく男前すぎて)

大原くん、初めて顔を見たときに「ふっくらしたんじゃ?」と思ったのですが、太もものほうがそうだったのかもしれません。
私にはそこまでわからない、というか、先場所までも初日に見るたびに「太もも大きくなってねーか?」と思ってしまうので、自分の目を信用しておらず(^_^;)
記事にある関西版スポニチ切り抜きにも、「93kg」とあるので(でもテレビでは今場所「90kg」と言ってましたよね?)、本当に体重が増えたのでは…
今場所は横からの張り手が多いのが気がかりですが、闘志むき出しですっごくいいですね!ほんと、鳰の海はダメだろさすがに…と思いきや!でしたよ!!!
阿炎も体、大きくなってますね(阿炎のほうが体のラインの変化がわかりやすい気が)。
相撲まで全然違うじゃないか!と突っ込みながら見てます(笑)これは本当に楽しみ。なんかツイッターで大原くんが「今日のジャミラ!」とか呟いて堀切くんの写真を載せてたことありましたよ。
大地もよく動いてるし、どうも阿炎昇進が相当な起爆剤になってるような気がしてなりません。もちろんこれまでも努力を続けてきた彼らですが…何か、爆発力が違うような。
シコロンズ、角界の次代を担う力士がひしめいてて本当に楽しみです〜〜〜!!!

「ジャミラ」って言ってたの、大原でしたか!
じゃあ、気にせず「じゃみらくん」とか言えますね。(笑)
大地は1敗なれども今までで一番良い印象ですし、寺尾はハラハラもするのだけど、3連勝ですし。
大原はでっかい相手にも勝てましたし。(涙)

日馬富士の性格については、勝手な自分のイメージですけれども。
白鵬は地味に周囲の目が気になるタイプで、鶴竜は「そこまで考えんでも…」くらい考えちゃうタイプなんじゃないかと思っていて、その流れで日馬富士は、三人の中では一番、性格的にさっぱりしてそうなので、そんなイメージです。
伊勢ヶ濱部屋力士たち、序盤出だしで稽古十分な印象だったので、日馬富士にも好調じゃないのかというふうに思っちゃうのかもですが、考えてみれば、熱発で稽古不十分でしたよね…。
一日ごとに調子が上がってゆくように、祈っています。

そうそう、稽古場風景のどこかに映っていた、メガネなしのパーカー姿の伊勢ヶ濱おやびんが、なんか可愛らしかったです。

まるひげさん>

これ:https://twitter.com/y3s2k2/status/563972223338164224
最初「ジャミ男」と呼んで訂正入ってますwww

シコロンズの中で松本くんが…(>_<)
寺尾さんもそろそろ納得の白星を見てみたく(一番見逃してるのでなんともいえないのですが)
今日の大原くんも思い切りよかったですね!(T▽T;)

日馬富士、基本的にはさっぱりした性格なのでしょうね。
横綱自身の絵を見ていても、すっきりというか潔さがあるというか…陰鬱なものは感じません。
今日も考えた相撲でした(今日は姿を見たら、久しぶりにあまり緊張しなかった)。
頭から当たれない理由があるのかな( ´・ω・`)いやでもかなり考えてとっているのが見えたので、やっと安心しましたよ(>_<)

組長のパーカー所有数を複数の写真から数えている人がそういえばいたような…かなりお持ちのようで(笑)
あの土俵下とのギャップがたまりません(*´д`*)ハァハァ
しかし…日馬富士が横綱昇進した時に横綱土俵入りを指導している組長の「師匠」文字Tシャツが、私にとっては一番の衝撃でした(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61271300

この記事へのトラックバック一覧です: H27年大相撲三月場所:序盤終了…というか:

« 衝撃すぎて(お相撲さん吉本バージョン・ラッスンドスコイ) | トップページ | H27年大相撲三月場所中日:照ノ富士・安美錦に土、全勝は白鵬のみに〜春日野軍団デー »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめリンク

おすもうファン

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード