« H27大相撲三月場所十一日目:照ノ富士敗れ2敗に後退・白鵬が全勝で独走態勢 | トップページ | ありがとう日馬富士関 »

2015年3月21日 (土)

ブチ壊された春場所十四日目

「13日目の白鵬vs照ノ富士が実質千秋楽結びの一番ですね」と12日目にラジオでコメントしていた北の富士さん。

本当に13日目で春場所を終わりにして欲しかった。

今日の白鵬vs稀勢の里戦で、看板力士二人揃ってもうガッカリ。

キセ、どうしてそうなるんだよ。
もう昔にも食らっていたのに。白鵬は変化もアリなんだよ。それにどうしてあそこでそう簡単に落ちるんだ!!!!というかなぜ立合いですり足じゃなくうさぎ跳びなんだ!!!!!今場所気になってたら!!!!ああああっ!!!!
そしてますます、白鵬の優勝に白ける自分がいる。勝手にしてください。

たぶん、白鵬の優勝回数は宮城野親方のいうように40回には届かない。
双葉山のことも大鵬のことも、後の先も口にするな。
もうそういうことを語ることもないのだろうけど。たぶん。
こんな形で妙な衰えを見せる白鵬が悲しい。今は悲しいというより憤りで一杯だとはいえ。

白けた。本当に白けた。せっかく照逸の水入り相撲があったのに。
若者たちよ、もっともっと強くなれ。上手くなれ。

日馬富士は昨日の今日の琴奨菊だったし、想定内。
右手を差し出しての当たりのないあの立合いが心配。やっぱり今場所は頭をほとんど使ってない(妙義龍戦はすごかったけれど…)。
キセが目の前であんな負け方をして賜杯が遠のいたのも、原因かもしれないけれど…明日は屈辱的な負け方だけはしないでほしい。

こんな嫌な気分のまま、明日を見届けられないとは。
残念だけど、伊勢ヶ濱メンズ全員の健闘を心から祈るのみ。

(コメント返信遅れていてごめんなさい)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H27大相撲三月場所十一日目:照ノ富士敗れ2敗に後退・白鵬が全勝で独走態勢 | トップページ | ありがとう日馬富士関 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
久しぶりにまた、相撲の世界にハマってしまいました。今日の白鵬の取り組みはガッカリ。白鵬もですが稀勢の里は何故?
あんな立ち合いをするんでしょう?応援してるのに…他の二人の大関に比べて頑張ってると思ってたのに。大関三人とも、やっと勝ち越しなんて情けないです。

千秋楽、日馬富士、「頭で当たって瞬殺左上手投げ」が出るだろうか。

白鵬が優勝したとして、表彰式までの間、大銀杏直す時間にインタビューを受けるんですが、やはり報道陣に背を向けたままだろうか。それともテレビカメラの前ではニコニコ笑うんだろうか。

表彰式の土俵下でのインタビューはあるのか。あったとして、ナニを言うのか。

もう照ノ富士、逆転優勝してしまえ!と思う。表彰式の前にはうんk(以下略)

雪椿さん>

初めまして、コメントありがとうございます。
稀勢の里は昨日の白鵬の黒星を元に、両方のパターンがあることを考えるべきでした。
それに「下半身安定の白鵬に立ち向かうには、あまりに無理がある下半身お留守の立合い」では、もうああならざるを得ませんでしたね。
リアルタイムで見た時には白鵬への怒りが止まりませんでしたが、多少冷静になって映像を見ると、どっちもどっちで…

稀勢の里は足の指の靭帯を痛めてから、今までにないような相撲が目立ち始めたような気がします。
あれだけの体重を抱えているだけに、負担も大きいのでしょうね。
それにしても…今場所はひどすぎる。かなり古傷に問題があるのか、他の問題なのか?本当の集中力を邪魔する何かがあるように思えて仕方がありません。

言い方が悪くて申し訳ないのですが、以前から私は稀勢の里の立合いを美しいと思ったことがありません。無駄がない、という意味での「美しさ」です。それでも立合い失敗後に凌いで勝てる体と技があるから、なんとかなっているのではないでしょうか。これで立合いがきちんとできれば…って、こんな言葉が出てくる事自体、「大関」扱いじゃありません(T_T)
新たに正真正銘の田子ノ浦部屋ができて今年は心機一転かと思いきや…

なぜこんな取組になってしまったのか?を一番よくわかっているのは、当然ながら周囲より本人でしょう。
北の富士さんに嫌がられた大受(旭日山親方)のように、しつこく白鵬や強い関取衆の元へ出稽古にいくぐらいじゃないと。
これからでも遅くないのか、もう遅いのか?と言ったら、遅すぎる!としか言いようがありません(T_T)
伊勢ヶ濱親方もことあるごとに稀勢の里に助言してきたのに…
というか、師匠云々の話ではない(T_T)

なかなか今日は頭の整理ができません。
新しい勢力が台頭してきたことだけは確かです。
1年以内に、全く違う幕内上位になっているかもしれませんね。

稀勢の里を応援していらっしゃるのに、辛口で申し訳ありません。

shin2さん>

日馬富士、それをやって墓穴を掘ったことがあるので、どうでしょうか。白鵬相手ではリスクがありすぎるのでは。
昨日の取組後コメントで「残り二日、速攻相撲を心がけます」というような内容が部屋のブログにありましたが、その「速攻」がそういう意味なのかどうか。
私は真っ向からいくと思います。足取りか内無双でもなんとか決めてくれないかな…白鵬はまた張り差しを狙うかもしれませんね。あるいは必殺技の右カチ上げ→張り手だったらどうしよう。日馬富士が一発KOされませんように…
なんだか、今からどんよりです。リアルタイムで見られませんが。

優勝インタビュー前の大銀杏直し、本当にどうなるのでしょうね。
NHKだけ許される、とか?
さすがに土俵下での優勝者インタビューでは口を開くと思います。
これまでも私は大横綱の言葉の白々しさを長いこと味わってきたので、逆に明日は何を言うのか楽しみですね。
アナウンサーの質問に悉く答えず独断場になったりして。
少なくとも、先場所までのように会場のお客さんに向かって東西南北手を振るようなことは想像できません。

なんだか書けば書くほど辛口になってしまう…大相撲を見ると心が荒んでしまうのでしょうか。

日馬富士の意地と精神力を祈ります。11勝挙げるためにも、祈るのみです。もう、本当に頼む!!!
「オレだって横綱だ!!」と、大乃国になってくれ!!!


私も何だか本当にシラケてしまって・・・
照ノ富士が取組み前に言ってた「自分が先輩だから受け止めなくては」って言葉を
白鵬に聞かせたい・・・
照ノ富士がこれを言ったと聞いたときは「そんなコト言ってる立場か!」と突っ込みましたけどね。

いくら稀勢の里が頭を下げて跳んできた(しかもうさぎ跳び)からって、やはり正面から当たって欲しかったな・・・
もう、ホント何とも言えない気持ちですね~
あれで優勝して、何を語るんでしょうか・・・ってまだ決まってはないけど。

日馬富士も何とか明日は意地でも勝って欲しいところ・・・
でも、右手の肘もそして左もあまり良くないみたいだし。
ホント、突き刺さる立ち合いも出来てないですよね・・・
軽量の身体がいろいろと悲鳴を上げてきている感じがします(汗)

それから、栃煌山は自分の相撲が決まってるところは良いと思います。
もろ差し狙い、ちゃんと自分のなりたい形がありますし、そうなろうとしています。
センスはないですかね?
妙義龍との対戦でも、ちゃんと差し勝ってましたよ。
あれには参りましたって感じでした(汗)

豪栄道は、何をしたいのかが分からなくてモヤモヤするんですよね・・・
稽古場で強いのは知っています。良く解説とかでも言われてますもんね。

私が思うのは、学生相撲でそういう引いて勝つコトをしてきた人なんじゃないか、と。
それがどうしてもクセになってるんじゃないかな~って。
これは勝手な想像なんですけどね。
負けん気が強くて負けたくない、と思うあまり身体が覚えてしまってる、というか。
素人では通用してもプロでは通じないし。
稽古はあくまで稽古ですから、そこで勝っても関係ないワケで・・・

高見盛は稽古ではめちゃくちゃ弱かったとか・・・
阿炎も、親方に言われてましたね~
「普通は稽古の70%とか、下手したら50%くらいしか出せないのに、150%くらいの力が出る」とか。
思いっきりの良さとか、吹っ切れるかどうか、とかいろいろと人それぞれなのかも知れませんね。

あれ?今日の相撲について考えていたのが、何だかんだとグダグダ言ってるうちに
知らない間に私も吹っ切れたようです(笑)
みしゅらんさんのこのブログで、いつも私はうっぷんを晴らしてるような・・・?(笑)
いつもながら、すみません(汗)

さ、明日は切り替えてとにかく見守るだけですね!


まったくもって・・・。 白鵬も白鵬だけど、キセp(`ε´q) 学ばんですね~。
先代親方がいらしたら、昨日はデッカイ雷が落ちていることでしょうが、隆の鶴にその器量があるとは到底思えず・・・。 

今日はリアルタイム観戦がお出来にならないのですね。゜゜(´□`。)°゜。 でもちょうどいいかも。w

取組うんぬんよりも 三役そろい踏みに 遅れてくるなよーーー(`ε´) と、思っております。


お返事に関しては全然気にしてませんからね♪ 忙しいのはお互い様です(o^-^o)

ルードさん>

返信の鮮度が落ちていくごとに新しいことが勃発して…
もう、何を書いたらいいのかこちらもわからなくなりそうです(-_-)

両横綱のことは次回の記事(かそれ以外か)で触れるとして、そういえばオーザン差し勝ってたんですよね妙義龍に(^_^;)
でも私はセンスというよりも、技術力という受け止め方をしています。自分の型を磨いた技術力。
センスは「対応力」「反応力」と言い換える感じでしょうか。そういうセンスはやはり妙義龍が基本的に上なのじゃないかなあ…と。

稽古場ではすごく弱くて、突然本場所で力を発揮する力士って少なくないようですね。
それを考えると、精神力がいかに大切かということを考えざるを得ません。
あと、性格ですよねw
見られていることを意識しすぎてダメになってしまう人と、見られることで自分のパワーに変えてしまえる人と、どちらが勝負の世界・興行の世界で得かといったら…
高見盛ってナゾですね。稽古場では弱気になっていたんですかね?膝の大怪我をしてから、思い切り稽古するのが怖くなったのかなあ…それともそれ以前から全く稽古場で勝てなかったのか。高見盛の場合は、お客さんがいても関係ないスタンスで、ひたすら必死に土俵でできることをガムシャラにやり続けた、ちょっと特殊なタイプに感じます(^_^;)気合注入はお客さん盛り上がるけど、本人は全てが終わるまで常に悲壮感漂うというか…唯一無二ですねw

私もその時感じたことをそのまま出してしまうので、結局それが一番(自分のためには)いい気がしてますw
偏った記事になるので、気を悪くされる方も多いとは思います。スルーしてください、としか言いようがありません。
そのくせ、後から後から「いややっぱりこう思う」なんてことも出てくるわけですが…
反対に、コメントをしていただいてすっきりすることもきっとあるでしょう(笑)
こんな私でもよろしければ、どうぞ今後ともお付き合いのほどを(>_<)

ろーるさん>

千秋楽が明けても未だにあの一番は残念です。

「これより三役」で、三人で腰を割る瞬間の写真を撮った方がツイートしていて、それを見て稀勢の里の下がりと、他の二人(白鵬、照ノ富士)の下がりの折れ曲がれ具合が違っているのを見て「二人のは地面についてしかもかなり折れ曲がってるのに、キセのは地についてちょろっと角度がついた程度…」と、なんだかガッカリ…
もうその時点で負けてる、と感じました。
ハルオなんてキセより上背あるんですよ?三人の中で一番股間と土俵の間が近かったのは、やはり白鵬でした。
(照ノ富士も白鵬に近い感じ)
ちなみに、白鵬の方が照ノ富士より背が高いなんて知りませんでした…(・_・;)(192cm対191cm)

ただ、それを書いてて思い出したのが「キセはこれより三役でも人に合わせずさっさと所作を済ませてしまう」傾向にあること。すでに深く腰を割った後だったのかな?
やっぱり動いてる姿を見ないとダメですね(^_^;)私の見立てでは、ちょうど深く割ったところは今回は合っていたのでは?という印象ですが…
いずれにしてもあの立合い、うさぎ跳びかかえる跳びかわからないけれど、あれは大相撲界で、しかも大関レベルで…ありえませんよ…!どうしてなんだろう?(T_T)

すでにラジオでリアルタイム耳観戦できたことはお知らせしましたが…
何より、初場所のような遅刻が白鵬になくてよかった。
さすがにね(^_^;)

しかしまあ…
もう一度自分の頭の中を整理しないと、またその前に五月場所がきてしまいそうw
書きたいことだけは山ほどあります(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61315685

この記事へのトラックバック一覧です: ブチ壊された春場所十四日目:

« H27大相撲三月場所十一日目:照ノ富士敗れ2敗に後退・白鵬が全勝で独走態勢 | トップページ | ありがとう日馬富士関 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード