« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

新大関昇進の陰で〜日馬富士、場所直後に右肘を手術

日馬富士が右肘手術=大相撲  

大相撲の横綱日馬富士(31)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が、夏場所後に右肘の遊離軟骨を除去する手術を受けていたことが27日分かった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が明らかにした。7月の名古屋場所には出場できるという。 
(2015/05/27-12:03) (時事ドットコムより)

とても嬉しいニュースの陰で飛び込んできた、たった一つの記事。
嬉しかった。ホッとした。
もうなんの処置もせずに突っ走るとばかり考えていました。そのまま散る覚悟でいるのでは…と思い込んでいました。
でも右肘の手術に踏み切ったのですね。

春巡業中の沈みがちな表情は、連日の移動等での疲れからきていたのかな、と思っていたのですが…
本場所に入っても、できる限り立合いから勝負が決まるまでの一瞬に全力を挙げられるようにと、それまでは力をできる限りセーブしようとしているように見えていました。それ以上に、憂いを帯びた表情が気になってはいました。
周囲が想像していた以上に辛かったのでしょうね…少なくとも私が思っていた以上に…
それなのに11勝。正直8勝止まりと勝手に覚悟していたところで、上位戦で次々と白星を積み重ね…そしてあの魂の千秋楽結びの一番。
照ノ富士も西横綱の苦しみをわかっていたからこそ、二番とるつもりでいた部分もあったのかもしれません。

まだまだ相撲がとりたい、先はまだまだあるんだ、という決意がこの短い記事の中に感じ取れて、もう何も言うことはありません。

ちょうどボクシングの選手も同じような手術をした記事が出ていましたが、試合は秋からとのこと。
日馬富士は名古屋場所から。7月から。
あまり期間がありませんが、どうか季節が横綱の体に味方をしてくれますようにと願っています。

Dscf5718

今できることをやり尽くした横綱…いつまでも神様の祝福が横綱と共にありますように。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2015年5月25日 (月)

伊勢ヶ濱部屋の2015年5月24日

続きを読む "伊勢ヶ濱部屋の2015年5月24日" »

2015年5月24日 (日)

H27年大相撲五月場所十四日目:大混戦の千秋楽がお膳立てされた

十四日目終了時点:
3敗 白鵬・照ノ富士
4敗 日馬富士・稀勢の里・高安・勢・魁聖・嘉風

こんな千秋楽を迎えることになろうとは…(紫は三役以上)

続きを読む "H27年大相撲五月場所十四日目:大混戦の千秋楽がお膳立てされた" »

2015年5月21日 (木)

今日ので

もう覚悟するしかないような。

年内まで体が保つのかも…
今場所を見届けてから。
見届けて、覚悟を決める。

2015年5月18日 (月)

なんちゅうか本中華

古い(古すぎて時代がバレる)w

物の見事に玉砕の伊勢ヶ濱ーズデー。
笑うしかない。

しかも今日は現地観戦またしても、でした(^_^;)
隣にフランス人の女の子が一人で観戦に来ていたので、お互いに英語で話しながら(ああもう大変…久しぶりに使うの…いま頭痛してる笑)入り待ちまで一緒に行ったりしつつまた戻って観戦し(ひよちゃんアイスもなかをお裾分けしたら気に入ったのか、後からまた自分で買いに行ってましたw)弓取り式まで見て帰りは両国駅で別れました。
彼女には喜んでもらえて良かった。なのか?
変な相撲廃人と当たっちゃって災難だったね(^_^;)

遠目に見ていて、ハルオが相手を見下し油断しているように見えましてね…
日馬富士ではなぜか心臓がパクパク(詳しくは朝様ツイート参照)…いやいつものことですがパクパク半端なくてですね…

白鵬の立合い即当たってからの左おっつけが見えた瞬間、「妙義龍負けた」と先が見えちゃうしですねえ…

いや、白鵬は凄かった。もう、さすがというしかない。国技館の空気が全部西へ持ってかれるかと。そのぐらいの衝撃的な立合いでした。

というわけで、何が起こったのかわからないような取組を展開した伊勢ヶ濱ーズには、全く意に介せずの師匠が後半安定した座りを見せておられました。時々腰を伸ばしたり首を傾げたりでストレッチを交えながら。

明日は蒼天龍さんが久しぶりに再出場というビッグニュースを得たので、朝一乗り込み頑張ります!←廃人街道まっしぐら

(仕事もやってますよ一応…ええ亀の歩みですがね…(^_^;))

2015年5月17日 (日)

七日目の北の富士さん

この会話中に…

Dscf4776

激写していたのかもしれないΣ(;・∀・)

(お邪魔にならないよう、そーっと横から)

続きを読む "七日目の北の富士さん" »

2015年5月16日 (土)

付け人と関取

Dscf4821

Dscf4822

Dscf4823

平成27年大相撲夏場所七日目。
マス席観戦、西の花道が奥まで見える席でした。

付け人と関取。
安美錦の付け人として扇富士さんの後任を務めている椿富士さん。
安美錦が関取昇進を決めてからというもの、先場所まで一心同体だった扇富士さんの後を埋めるのは大変なことと思います。
制限時間一杯で塩を取り、花道奥を見つめた安美錦の視線の先に見えた椿富士さん。安美錦が土俵のほうへ向きなおるまで、じっと関取を見つめていました。
安美錦が西花道へ背中を向けると同時に、椿富士さんも花道奥から姿を消しました。

付け人と関取との間で交わされる、本場所でのルーティーン。
この一部始終を目の当たりにした時に、なぜ女性が土俵に上がってはいけないのか?を見たような気がしました。

椿富士さん、懸命に付け人業を務めておられた。
勝負に負けた安美錦の背中は少し苛立っているように見えましたが、花道を下がると椿富士さんと一緒にモニターをじっと見つめていました。
安美錦の大銀杏、結び目から先が後頭部のラインから離れてひゅうーんと斜めに立っていた。

椿富士さん、2勝2敗中。今日は朱鷺ノ若戦で寄り倒されてしまった。
稀有な関取をサポートしながら自分の相撲を取るのは精神的にしんどいと思うのですが、椿富士さんの残り8日間のご健闘をお祈りします。安美錦の明日以降にも期待しつつ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

今日は夏場所七日目

今場所はヤバイですね。
完全に仕事の手も止まっており、そろそろお尻の導火線の火が一気に届きそう…(T▽T;)

な中、今場所三回目の生観戦のため移動中f^_^;
マス席観戦なのでTwitterは休止状態となりそうですが、皆様にとっても良い1日となりますように!

遠藤と荒鷲の全敗同士対決、黄色い声が急激に増殖中の荒鷲が、遠藤にどんな声援対決を挑むのか…体感できるのが密かに楽しみです。

とにかく皆が無事に土俵を務められますように。

能町みね子さんは佐田の海の日馬富士戦を予感していたそうですが、今日の白鵬戦も佐田の海だと言い切っていました。
私には、最後の最後までわからない勝負について言い切ることはできません。
でも、佐田の海に期待はしたい!
日馬富士からの大金星を挙げてから2連敗中ですが、得意の差し身が入って足掛けが決まるといいなとか勝手に妄想してます。
…流石に無理かな…(^_^;)距離取られるかな(^_^;)
若乃花は白鵬腰高い、脇甘いと言ってたゾ!!!佐田の海!!!

でもでも!
あらゆる手を尽くして闘った安美錦のように(五日目は現地で観られて感無量でした)、境川部屋の叡智(チョット違うかしら…)とこれまでの貴方が闘い続けてきた全てを結集して、2度とは巡ってこない「今この時」をむしゃぶりつくして欲しい!

佐田の海の時間が止まって、相手の全ての動きがスローモーションで見えるような集中力を保ち続けられるようにと切に祈りつつ。

今日は伊勢ヶ濱ーズ、境川軍団が揃って嵐を呼び起こす日になる。
と、たまには願いを込めて言い切りながら終わるとするかな。

阿夢露の動きと前に出る相撲が結果に結びついていて、これもまた感動の夏場所となっております(T_T)
今場所こそは勝ち越せるぞ!!!幕内で!!!

2015年5月13日 (水)

H27大相撲五月場所四日目:上位陣から全勝消える

これ

からの

これ

茶化さないと気力もたない状態(腹筋崩壊というより脳味噌崩壊中)。

ある意味、お客さんを沸かせる相撲を二度もとった日馬富士、でした。
あ〜〜〜。
今日は冷静さより気合いが勝ちすぎで力づく過ぎたよ…
横綱大関陣で唯一白星だったのは白鵬のみ。東の力士がほぼ勝っていた幕内後半戦。幕内は、ちよまろのスペシャル相撲あたりから雲行き怪しかった感じです。
十両までが面白かったな…時天空の寄り切り、力強くてよかったな…

というわけで(というのもナンですが)、明日は自分宛に送った日馬富士ギフトチケット持参で国技館入りパート2です(^_^;)
大砂嵐戦…横綱の右肘、大真面目に心配です…(T_T)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

朝ウケ画像(徳勝龍編)

おてもやんがwww

他にも素敵すぎる徳勝龍イラストが…詳しくはDOS-KOI magazineさんのツイートへどうぞ。

ちょっと序盤から面白すぎますね、大相撲夏場所。
仕事の手が完全に止まってしまう面白さで苦悶の日々です(^_^;)
もちろん、二日目は生観戦で完全に苦悶さえどこかに打っ棄ってましたが(笑)

日馬富士を見ていて今場所全く緊張しないのはなぜなんだろう。
(今日の佐田の海戦はわからない)
優勝を願いたいけれど、それより日馬富士が見られる幸せに浸っているだけなのかどうか。
でも、ここぞという瞬間のために立合い直前まで体力よりも精神一到重視で、立合いからは文字通りの「全身全霊」、それが先場所までの黒星からの学びを完全消化した姿に見えるのです。しかも冷静さを保っている姿が素晴らしい。
軽量だけに油断のならない日々が続きますが、ここまでの三日間は私からすれば完璧な横綱日馬富士相撲が見られてものすごく幸せです。
横綱昇進後1年目の日馬富士とは全く違う姿だよ…すごい力士だよ本当に…(号泣)

Dscf3953

(↑二日目のハルちゃんです)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2015年5月 7日 (木)

H27年大相撲五月場所(夏場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。

※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。
(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成27年(2015年)大相撲五月場所(夏場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」5月10日(日)
幕下:【解説】伊勢ノ海親方(北勝鬨) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】太田雅英
十両:【解説】中立親方(小城錦) 【アナウンサー】沢田石和樹 【リポート】三瓶宏志
中入り「常勝白鵬 立ちはだかるのは?」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】藤井康生  【東西リポート】白崎義彦、佐藤洋之
ラジオ第一:【解説】芝田山親方(大乃国) 【アナウンサー】刈屋富士雄

「二日目」5月11日(月)
幕下:【解説】若松親方(朝乃若) 【アナウンサー】高木優吾 【リポート】
十両:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】
中入り「新十両紹介 大翔丸
幕内:【解説】正面 二子山親方(雅山)  向正面 北陣親方(麒麟児)
   【アナウンサー】三瓶宏志 【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】千賀ノ浦親方(舛田山)【アナウンサー】佐藤洋之

「三日目」5月12日(火)
幕下:【解説】正面 岩友(木村山)  向正面 花ノ国(若者頭) 【アナウンサー】大坂敏久
十両:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】三輪洋雄 【リポート】刈屋富士雄 
中入り「新三役紹介 錦木
幕内:【解説】正面 鳴戸親方(琴欧洲)  向正面 二十山親方(栃乃花)
   【アナウンサー】沢田石和樹  【東西リポート】厚井大樹、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】白崎義彦

続きを読む "H27年大相撲五月場所(夏場所):NHK大相撲中継解説者一覧" »

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード