« H27年大相撲名古屋場所:帰宅した途端照ノ富士vs豪栄道戦だった | トップページ | 戦後70年、関連番組を見たがらぬ父 »

2015年7月22日 (水)

H27年大相撲名古屋場所十一日目:両横綱10勝目、栃煌山2敗に後退

やっとダイジェストで少なくとも幕内の取組だけキャッチアップできまして。

気づけば今日から終盤戦。
残りあと4日という中での幕内成績は:

全勝 なし
10勝1敗 白鵬、鶴竜
9勝2敗 照ノ富士、栃煌山
8勝3敗 稀勢の里、嘉風、阿夢露、遠藤、千代大龍、鏡桜

という展開に。

すみませんが…
今日ばかりは栃煌山vs豪栄道戦「いらんことしいが…!!!コンニャロ〜!!!」と心の中で相当叫んでしまいました。(´д`lll)
(豪栄道ファンの皆様、申し訳ありません)
まあでも、オーザンもちょっとこれまでと様子が違って見えたので…なるべくしてなったのかもしれませんね(>_<)両横綱を倒す昨日までの姿だけでも上出来というべきか(>_<)
それにしても…ああっ、ゴータロー「捨て身じゃない」首投げ(-_-)
栃煌山が1敗勢から脱落したのは残念ですが、その分豪栄道には白鵬戦に命をかけてもらいます
そして明日の栃煌山戦を「楽しみです」と言っていた隠岐の海…むむむ…なんだか心配になってしまうようなコメントだわ!(´Д`;)
そうそう、白鵬が昨日の栃煌山戦で右足親指を痛めたとラジオを聞いていた人からツイートが流れてきたのですが…白鵬の集中力が切れませんように。
結局、白鵬が無茶苦茶強いところに他の力士が勝つ、という構図が見たいだけと化しているようなw
そんな白鵬の牙城を崩せなかった照ノ富士。
しかし、今日の取組前コメントはまるで「今日の取組の勝敗はどうでもいい。今後のために右四つを試すのみ」みたいな内容に聞こえました。
だから固くはなっていなかったハルオ。白鵬、じっくり我慢しての盤石素晴らしい形での寄り切りとなりましたが、きっとハルオはこうやってまた一つ体で何かを会得したんだろうな…という気がします。明日の鶴竜戦やいかに?ハルオが頭角を表した場所に二場所不在だった横綱とどう渡り合うのか…鶴竜の技術力、今場所の下半身の強さとハルオの若さと集中力がどのように炸裂するのか!?楽しみです。

それにしても思った以上に今日の観戦疲労がすごいので…記事をしっかり書く気力も奪われました。
伊勢ヶ濱ーズがさんざんだし…(残るは富栄と照ノ富士の活躍のみ(T_T))
朝弁慶は2敗目だし…
レジェンド二人(若の里&旭天鵬)が負け越し決定だし…(T_T)
(さらにいえば準レジェンドの安美錦も負け越し(>_<))

気分を盛り上げるためにロシアの放送局が力士の生活にフィーチャーしたニュース(?)映像をどうぞ。
短いけどこれはいい!ロシア語さえわかればもっと良かった(^_^;)
ひとまず…
阿夢露、勝ち越しおめでとう!!!!!(*^▽^*)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H27年大相撲名古屋場所:帰宅した途端照ノ富士vs豪栄道戦だった | トップページ | 戦後70年、関連番組を見たがらぬ父 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

ロシア語、さっぱりわからないけれど、めっちゃ早口なのはわかりましたw
外国人力士がいるからこそ、真の大相撲の姿をこうして外国でも紹介してもらえるんですよね。

阿夢露、勝ち越してよかった!

まだオーザン優勝の夢は捨ててませんよ~

ろーるさん>

優しい声でめっちゃ早口というww
そうですよね、本当に!外国人力士がいるからこその短いながらしっかりした取材。ありがたいことです。

今場所の阿夢露、顔つきも違いますね。遅咲きの幕内人気力士としてこれからもますます活躍してほしい!

はい、私もオーザン諦めてはいません!勝負は最後までわからない!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61937408

この記事へのトラックバック一覧です: H27年大相撲名古屋場所十一日目:両横綱10勝目、栃煌山2敗に後退:

« H27年大相撲名古屋場所:帰宅した途端照ノ富士vs豪栄道戦だった | トップページ | 戦後70年、関連番組を見たがらぬ父 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード