« H27年大相撲七月場所(名古屋場所):六日目終了 | トップページ | H27年大相撲名古屋場所十一日目:両横綱10勝目、栃煌山2敗に後退 »

2015年7月18日 (土)

H27年大相撲名古屋場所:帰宅した途端照ノ富士vs豪栄道戦だった

大関戦、間に合いました。本日。

というか、大関直接対決から見られました。腰の位置が低い先輩大関が意地を見せた一番を。
でもハルオはこの辺りで一度負けておいたほうがいいですね。天狗になったら大怪我をしかねないし。
そして碧山の殊勲インタビューで、稀勢の里が2敗に後退したことを知りました…
まだ録画相撲をしていないので結果しか確認しておりません。
鏡桜も遠藤にしてやられましたね〜。取組前から気合入りすぎだったのかな?(このあたりはラジオだけ家事をしながら録音相撲)

というわけで平成27年名古屋場所七日目終了時点の幕内

7戦全勝 白鵬、鶴竜
6勝1敗 照ノ富士、栃煌山、鏡桜
5勝2敗 稀勢の里、魁聖、隠岐の海、嘉風、佐田の富士、遠藤、千代大龍

両横綱がさすがの集中力。横綱鶴竜の安定感があると、土俵がこんなにも締まるとは。いまから千秋楽の横綱直接対決が楽しみ。その前に大関戦ですね。特に照ノ富士戦。
隠岐の海、負けた2番は無気力相撲にしか見えないのに…よくわからない人だ(^_^;)
このまま上位成績者に名を連ねていけるよう祈っております。そろそろ勝昭翁からまともなコメントもらわないと…(勝昭翁解説デーに限りどうにもならない相撲をとる歩くん、な今場所)

個人的には阿夢露の連敗脱出にホッ。これからこれから!

十両以下に関しては…
まずはなにより序ノ口、蒼天龍さん寄り切りでストレート勝ち越し!(T▽T;)ストリーム放送を買おうかどうしようか悩んだまま結局今場所ここまで買っておらず…
(結局五月場所千秋楽もせっかく買ったのにリアルタイムで見てそれっきり…序ノ口の相撲を見ていない…)

序二段は朝山端もストレート勝ち越し!引き落としとなってるけどどんな相撲内容だったんだろう。大輝も宇良も勝ち越しですね!
逆に今日ですでに負け越しが決まってしまった力士たちも…序二段に限らず(>_<)

三段目。水戸豊、勝ち越しをかける若力堂との対戦で叩き込まれ勝ち越しならず…立合い即変化されたのか、流れの中での叩きを食らったのか気になります。
(あ〜…やっぱり後半戦、何日分かはストリーム放送買おうかなあ…)

余談ですが、なんだかざっと見た印象だと、トリテキは全体的に「魁」の字がついた力士は成績のいい人が多い…?あ、魁聖もだ(笑)

幕下。大地が3敗目(>_<)虎太郎が…負け越し!?Σ(゚д゚;)富栄、3勝目!諫誠、勝ち越し!安芸乃山に対する彩のけたぐりとはいかに…!?((((;゚Д゚)))))))
今場所は笹ノ山も体調がいいのでしょうか。3勝目を決めてるんですね。朱雀さんもストレート勝ち越し!
しかし一番の驚きは琴恵光vs千代の国…国ちゃん、2連敗に…琴恵光は場所前、とてもいい稽古をしていたと部屋の親方が解説で話していた通りの内容だったのかな。
天空海vs東龍はラジオ録音相撲で「4回立合い合わず最後に東龍が変化」というのは聞きました。そしてその時の審判長が組長(伊勢ヶ濱親方)だったことをツイッターでチラリと確認…(^_^;)
正代が勝ち越しまで王手ですね!!!

…やっぱり結果だけ見てもよくわからん。寝不足になるわけにはいかないので、これからほんのちょっとだけ録画相撲します!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H27年大相撲七月場所(名古屋場所):六日目終了 | トップページ | H27年大相撲名古屋場所十一日目:両横綱10勝目、栃煌山2敗に後退 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/61910512

この記事へのトラックバック一覧です: H27年大相撲名古屋場所:帰宅した途端照ノ富士vs豪栄道戦だった:

« H27年大相撲七月場所(名古屋場所):六日目終了 | トップページ | H27年大相撲名古屋場所十一日目:両横綱10勝目、栃煌山2敗に後退 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード