« どよーん | トップページ | 個人的には秋場所、未だ終わらず »

2015年9月26日 (土)

なんなの(H27年大相撲九月場所十四日目)

明日急遽、外に出る仕事も入って幸いとしか。

賜杯が喉から手が出るほど欲しいのはよくわかった。
だけどあの相撲で賜杯を抱いて、明日のお客さんは温かい拍手を送ってくれるだろうか?
二度の変化でひとまず落ちなかった稀勢の里だったけれど…
右と左、両方からの変化を結びで見せてくれた鶴竜よ。
「お客さんが喜ぶ相撲をとりたい」と口上で述べた鶴竜よ。
いや、人間だからわからなくもないが私は横綱じゃないからわからない。

水入りならぬ水を差された秋場所十四日目。
こんな時に手負いの照ノ富士が千秋楽結びの一番。
明日、ハルオが変化で勝って優勝決定戦で鶴竜が変化で勝って優勝したら大相撲史に残る珍奇な場所となることだろう。
それとも鶴竜が明日もいきなり変化を決めるのか?

と勝手に想像してしまいましたが、来場所以降の鶴竜に期待しましょう。
今場所はご自由にどうぞ。
相撲協会に今頃非難の電話が殺到していやしないかと思いつつ、週末でよかったねと言うしかない。

今の自分の千秋楽の興味は朝弁慶の天風戦(とそれ以後8人による幕下優勝決定戦に進めるか?)、千代の国5勝目なるか?朝山端6勝目なるか?に絞られました。
白鵬と日馬富士の1日も早い完治を祈りつつ。

鶴竜ファンのみなさん、申し訳ありませんが正直こう再三なうえにここにきてというのは…ガックリです。
体重155kgの横綱のかえる跳び二回。はは。
明日の土俵入り、大丈夫?いろいろな意味で。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« どよーん | トップページ | 個人的には秋場所、未だ終わらず »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

照ノ富士、千秋楽休場で鶴竜不戦勝で優勝、というのが最悪のシナリオですが、
まあ鶴竜ファンには申し訳ないが、頼りにならない横綱ですな。
頼りにならないところが好きなんだ、と言われたら、ハアそうですか、と言うしかないんですが。

肩の負傷からカムバック、一人横綱の重責にも耐え、って言っても、この相撲内容ではねえ。
で、稀勢の里は今場所も優勝できない、ときたもんだ。
せめて明日の豪栄道戦は、熱戦お願いします。

shin2さん>

照ノ富士は出場して精一杯今の自分ができることをやるつもりでいるようですね。
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1544309.html
頭も体も心も、角界の宝です…

三代目若乃花も鶴竜のようだった、と言っている人がいましたが、私はその時代を見ていないのでわかりません。
昔のことは私にはどうでもよくて、今のこの二横綱不在という状況の中での大一番でこれを見せる鶴竜の気持ちの弱さというか気持ちの強さというか、「勝たなければ横綱ではいられない」をどう解釈すればいいのか悲しくなりました。ひとまずあんなに八双飛びに近いような飛び方をする(というふうに私には映った)横綱は私は初めて見ました。しかも二度も。同じ日に。
横綱での優勝経験なしという間が悪い時に、満員札止めのその日最後の相撲に、よく理解できぬ相撲ブームと言われる観戦者増加のこの時期に、増加した人たちの脳裏にもしっかりと刻み付けることになった「大一番」となったことは確かですね。

豪栄道戦・・・そんな取組もあったんでしたっけ・・・(遠い目)
ほんと、明日は頼みますよ、としか。

しかしこれで来場所以降、鶴竜に頭から突っ込んで行く人が減ってしまうのではないかと懸念しております。
そういう意味ではこの横綱は大胆な試みと賭けをしましたね。賭けに勝ったらある意味すごいな、と。
ここまで栃煌山戦含めて今場所は3度変化しましたからね。

幕内のみなさん、ぶつかり稽古を今まで以上にやりましょう!叩かれても落ちずに前に出て行くぶつかり稽古!
(私はいったい何様)

松鳳山、十両優勝おめでとう!明日もそのまま突っ走れ!
(「幕内”最高”優勝」という言葉が虚しく響きます)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/62357960

この記事へのトラックバック一覧です: なんなの(H27年大相撲九月場所十四日目):

« どよーん | トップページ | 個人的には秋場所、未だ終わらず »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード