« いい季節なのに | トップページ | テレビ番組製作者の耳はもはや麻痺しているとしか »

2015年10月30日 (金)

H27(2015)年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。

※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。
(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成27年(2015年)大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」11月8日(日)
幕下:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】酒井良彦
十両:【解説】若松親方(朝乃若) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】刈屋富士雄
中入り「今場所展望〜今年一年をしめくくるのは?〜」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】白崎義彦  【東西リポート】吉田賢、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】芝田山親方(大乃国) 【アナウンサー】藤井康生

「二日目」11月9日(月)
幕下:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】酒井良彦 【リポート】船岡久嗣 
十両:【解説】岩友親方(木村山) 【アナウンサー】沢田石和樹 【リポート】三瓶宏志
中入り「注目力士の初日をふりかえる」
幕内:【解説】正面 舞の海秀平  向正面 宮城野親方(竹葉山)
   【アナウンサー】刈屋富士雄 【東西リポート】白崎義彦、藤井康生
ラジオ第一:【解説】中立親方(小城錦)【アナウンサー】吉田賢

「三日目」11月10日(火)
幕下:【解説】正面 若藤親方(皇司)  向正面 花ノ国(若者頭) 【アナウンサー】戸部眞輔
十両:【解説】立田山親方(薩州洋) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】吉田賢 
中入り「ご当地力士・嘉風に聞く
幕内:【解説】正面 尾車親方(琴風)  向正面 稲川親方(普天王)
   【アナウンサー】三瓶宏志 【東西リポート】船岡久嗣、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】八角親方(北勝海) 【アナウンサー】太田雅英

「四日目」11月11日(水)
幕下:【解説】正面 若松親方(朝乃若) 向正面 栃乃藤(若者頭) 【アナウンサー】酒井良彦
十両:【解説】谷川親方(北勝力) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】白崎義彦
中入り「新十両紹介・朝弁慶注目の一番 嘉風対白鵬」
幕内:【解説】正面 芝田山親方(大乃国) 向正面 振分親方(高見盛)
   【アナウンサー】吉田賢 【東西リポート】戸部眞輔、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】沢田石和樹
      ▽大関への道〜二所ノ関親方

「五日目」11月12日(木)
幕下:【解説】濱風親方(五城楼) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】
十両:【解説】富士ヶ根親方(大善) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】藤井康生
中入り「大関への道〜二所ノ関親方〜新十両紹介・朝弁慶」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 中立親方(小城錦)
   【アナウンサー】太田雅英 【東西リポート】白崎義彦、吉田賢
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】戸部眞輔

「六日目」11月13日(金)
幕下:【解説】正面 小野川親方(武州山) 向正面 福ノ里(若者頭) 【アナウンサー】白崎義彦
十両:【解説】二十山親方(栃乃花) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】三瓶宏志
中入り「序盤戦を終えて
幕内:【解説】正面 鳴戸親方(琴欧洲) 向正面 舞の海秀平 
   【アナウンサー】沢田石和樹  【東西リポート】藤井康生、太田雅英
ラジオ第一:【解説】放駒親方(玉乃島) 【アナウンサー】刈屋富士雄

「七日目」11月14日(土)
幕下:【解説】立田山親方(薩州洋) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】戸部眞輔
十両:【解説】伊勢ノ海親方(北勝鬨) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】吉田賢
中入り「映像が語る大相撲 この人この技 鶴ヶ嶺
幕内:【解説】正面 舞の海秀平 向正面 中村親方(琴錦)
   【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】沢田石和樹、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】千賀ノ浦親方(舛田山) 【アナウンサー】藤井康生

「中日」11月15日(日)
幕下:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】船岡久嗣
十両:【解説】不知火親方(若荒雄) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】藤井康生
中入り「関取訪問 琴勇輝
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 関ノ戸親方(岩木山)
   【アナウンサー】大坂敏久 【東西リポート】太田雅英、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】九重親方(千代の富士) 【アナウンサー】吉田賢

「九日目」11月16日(月)
幕下:【解説】正面 大嶽親方(大竜) 向正面 伊予櫻(若者頭) 【アナウンサー】厚井大樹
十両:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】
中入り「2015今年の土俵ふりかえり(1)」
幕内:【解説】正面 玉ノ井親方(栃東) 向正面 谷川親方(北勝力) 
   【アナウンサー】藤井康生 【東西リポート】大坂敏久、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】竹縄親方(栃乃洋) 【アナウンサー】三瓶宏志

「十日目」11月17日(火)
幕下:【解説】正面 大山親方(大飛) 向正面  【アナウンサー】高木優吾
十両:【解説】雷親方(垣添) 【アナウンサー】大坂敏久 【リポート】
中入り「2015今年の土俵ふりかえり(2)」
幕内:【解説】正面 二子山親方(雅山) 向正面 千賀ノ浦親方(舛田山)
   【アナウンサー】吉田賢   【東西リポート】厚井大樹、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【リポート】戸部眞輔

「十一日目」11月18日(水)
幕下:【解説】正面 伊勢ノ海親方(北勝鬨) 向正面 琴千歳(若者頭) 【アナウンサー】太田雅英
十両:【解説】枝川親方(蒼樹山) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】白崎義彦
中入り「早くも大一番!白鵬 対 稀勢の里」
幕内:【解説】正面 八角親方(北勝海)  向正面 二十山親方(栃乃花) 
   【アナウンサー】刈屋富士雄  【東西リポート】戸部眞輔、大坂敏久
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】三輪洋雄

「十二日目」11月19日(木
幕下:【解説】正面 不知火親方(若荒雄) 向正面  白岩(若者頭) 【アナウンサー】高木優吾
十両:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】
中入り「優勝争い展望
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 放駒親方(玉乃島)
   【アナウンサー】白崎義彦  【東西リポート】刈屋富士雄、藤井康生
ラジオ第一:【解説】玉ノ井親方(栃東) 【アナウンサー】厚井大樹

「十三日目」11月20日(金)
幕下:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】三輪洋雄 【リポート】
十両:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】白崎義彦
中入り「各段優勝力士 喜びのインタビュー優勝うらなう直接対決!白鵬 対 日馬富士」

幕内:【解説】正面 貴乃花玉ノ井親方(栃東) 向正面 雷親方(垣添)
   【アナウンサー】三瓶宏志 【東西リポート】、吉田賢
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平  【アナウンサー】藤井康生
      「各段優勝力士 喜びのインタビュー

「十四日目」11月21日(土)
幕下:【解説】枝川親方(蒼樹山) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】
十両:【解説】若藤親方(皇司) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】刈屋富士雄
中入り「優勝の行方は」
幕内:【解説】正面 九重親方(千代の富士) 向正面 竹縄親方(栃乃洋)
   【アナウンサー】太田雅英  【東西リポート】三輪洋雄、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】白崎義彦

「千秋楽」11月22日(日
幕下:【解説】岩友親方(木村山) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】
十両:【解説】稲川親方(普天王) 【アナウンサー】三輪洋雄 【リポート】 
中入り他「優勝力士・三賞力士インタビュー」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭   向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】藤井康生  【東西リポート】白崎義彦、厚井大樹
ラジオ第一:【解説】中村親方(琴錦) 【アナウンサー】刈屋富士雄

九月場所千秋楽の録画相撲もできぬまま今日に至っております(笑)
早くも番付発表も終わり、いよいよ一年納めの九州場所!
久しぶりに宮城野親方が解説にご登場となりますが、果たして大横綱の出場は…?

野暮用の合間を縫って、なんとか本記事更新相成りまして候。
今回は逆に早すぎて中入り特集がまだ何も発表されていない(苦笑)
ところで、今NHKの大相撲ページを確認すると、二日目の幕内実況者が「よしだけん刈屋富士雄」となってました。
窮屈な実況解説席だな〜。誰、よしだけんって?www
(というわけで想像して「刈屋富士雄」オンリーとしておきましたが)

巡業では阿武咲や誉富士が随分と頑張っていたようですね。
私はとにかく久しぶりに日馬富士出場で怖くもあり嬉しくもありという感じではありますが、初日から見られるように仕事を頑張り…たい…うっ。

早くはありますが、今場所もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _ )m

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

にほんブログ村

« いい季節なのに | トップページ | テレビ番組製作者の耳はもはや麻痺しているとしか »

大相撲」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

十三日目のテレビ解説、貴乃花親方?
先場所のアレ、好評だったの?俺、コワくて途中でラジオに変えたんですが。
十三日目、ラジオは秀平か。逃げ道ないなあ。
せめて正面貴乃花、向正面秀平、アナウンサーよしだけん違う吉田賢だったら、
「保存版放送事故」として楽しめるんですが。

shin2さん>

保存版放送事故www
番組表をチェックしていて、先場所の上書きで記事を作っていたので「ええと…見間違いだよね…え?九州も?」
なんて一人で突っ込んでました実は。
少なくともあの日、ツイッター住民はこぞって宇宙のどこかへもってかれそうになる恐怖に恐れおののいていたように記憶してます。
ラジオ乗り換え組続出でしたよ…私は馬耳東風でもはやほぼ映像しか見ていない日になってましたが(^_^;)
しかし九州はラジオも…こうなったらあれじゃないですか、あかつスモササイズさんがニコニコ動画で実況やってくれるかも!

shin2さんの言う通り十三日目 正面解説 貴乃花親方は好評だったにしろ怖いと言うことは分かるけど今場所中だけは我慢をしてみたらそしたら初、春、夏場所には同じ一門の中村親方が育てば正面解説もあり得るし髷を断髪した姿の大島親方、西岩親方も警備の仕事が慣れれば来年の九州場所の幕下、十両、幕内正面解説と向正面解説のトリオ結成もあるかもしれません。

いやぁ、明日には大相撲九州場所土俵祭り翌日 8~22日まで大相撲九州場所が始まります。そして,昨日のNHK総合ニュースシブ5時の九州場所特集はビデオ予約かリアルタイムで視聴出来ましたか?そして,今日の夜はスポプラで中立親方の場所前プラスですね。また,先場所途中休場の横綱 白鵬、日馬富士、大関 照ノ富士の出場も決定。是非優勝争いにはご当地力士 琴奨菊、嘉風、松鳳山(初日の土俵入り 銀根津又は青紺)どちらで登場してくるか楽しみです。

今場所中だけ我慢(爆)
少しずつ解説陣も変わっていく可能性は大有りですね。
そしてシブ5時も中立親方のスポプラも逃しました…なぜか中立親方のスポプラが予約されてないし…(超ショック)
オールスター大相撲にやっとなるというのに、しばらくつまみ食い観戦がせいぜいとなりそうです(T_T)
さて、松鳳山の締込みやいかに!?今日は協会挨拶と日馬富士横綱土俵入りと日馬富士の取組だけはガン見しようかと画策中です…(本当は13時から18時までテレビに張り付いていたい泣)

いやぁ、一年納めの大相撲九州場所二日間しか終了していないけど初日は鶴竜が三場所連続で新小結嘉風に黒星、二日目は照ノ富士が東関脇の栃煌山、稀勢の里が新小結 嘉風に早々に黒星、上位力士で二連勝スタートをきったのは休場明けの白鵬、ご当地力士の琴奨菊、角番の豪栄道だけになってしまいました。そして,唯一の新入幕 御嶽海も二連勝スタート、十両を観れば国会中継が有ればNHK衛星第一、無ければNHK総合(幕内中入りの企画)=新十両インタビュー朝弁慶も勢いのある相撲で二連勝スタート。そして,来週の月曜、火曜日の幕内中入り企画2015年大相撲この一年を振り返る(1、2)が今から待ち遠しいです。

ある意味想定内の波乱というべきか、昨日も豪栄道が全勝から抜け落ち上位3勝は内容も充実の二人、白鵬と琴奨菊だけとなってしまいましたね。御嶽海も朝弁慶も敗れてしまいましたが、まだあと12日あります!今日の新十両インタビューが楽しみで仕方がありません。
中入り企画、時間を見て更新します。ありがとうございます!
追記:朝弁慶のインタビューは明日の五日目に順延となっておりましたヽ(;´ω`)ノ

いやぁ、一年納めの大相撲九州場所も序盤戦が終了して幕内での五連勝スタート(休場明けの白鵬、ご当地 琴奨菊、平幕 勢、千代鳳)の四人、先場所横綱になって初の賜杯 鶴竜は3勝2敗(嘉風に三連敗、妙義龍に二連敗)、東三番手横綱 日馬富士は4勝1敗、大関 照ノ富士 3勝2敗、稀勢の里 4勝1敗、角番大関 豪栄道 4勝1敗、唯一の新入幕 御嶽海3勝2敗の滑り出し。また,十両は序盤戦をおえて4勝1敗が最高成績(新十両 朝弁慶)も含む。そして,来週月曜、火曜日の幕内中入り企画2015年大相撲この一年を振り返る(1、2)が今から待ち遠しいです。

早いですね、すでに序盤終了。ブログ更新できない私の代わりに勝敗結果をまとめていただいて大変ありがたく思います!まだまだどうなるかわかりませんが、今日の結び日馬富士vs嘉風は心臓が止まってしまうかもしれません。
照ノ富士の膝が毎日心配ですが、本人は少しずつよくなってきていると言っていますね・・・
朝弁慶も思い切りの良い相撲と愛くるしい笑顔で十両を立派にここまで務めており、嬉しい限りです。私の一番のお楽しみ中入り企画は鶴ヶ嶺特集です(‐^▽^‐)

いやぁ、早いもので大相撲本場所も明日を入れて四日間になってしまいました。そして,本場所最後の幕内最高賜杯争いは休場明けの両横綱 白鵬と日馬富士に絞られました。そして、十両優勝も正代と大翔丸の争いです。また,幕下~序ノ口の優勝も個性豊かな宇良関とかが出てきたし、横綱白鵬はやぐら投げ、猫だましと言う奇策が飛び出しました。まだ早いですが、年末年始の今年の大相撲を振り返る2015がこれから楽しみでたまりません。

いやあ、本当に早いですね。仕事が泥沼になりながら、泣く泣く日馬富士の土俵入りと打ち出し前の最後の40分だけリアルタイム観戦しております(プラスランチタイムのBS)。
優勝争いも二人に絞られつつありますが、白鵬のあの強さと自由な相撲っぷりに日馬富士がどう向かっていくのか・・・今の私には想像できません。でも強く日馬富士の復活優勝を願ってはいます。

鶴竜の脆さは肩の調子が思わしくないのでは?と心配しております。ただ、横綱は「怪我が怖い」とか生半可な気持ちで土俵に上がれる地位ではありません。気迫そのものが見えずの宙ぶらりんな感じが見ていて非常にもどかしいです。横綱は土俵に上がる限りは死ぬ気で相撲をとってもらわないと。白鵬戦に期待します。

宇良が順調に駆け上がっていますね。しかし十両は大翔丸と正代の優勝争い・・個人的には叩き上げ力士の名が一つもないのが残念です。

白鵬の猫騙しには賛否両論で世論は真っ二つに分かれているようですが、私は「人を殺してみたかった」と同じ響きに聞こえる悪びれのなさで本場所土俵を務める白鵬を断じて容認できません。「所詮興行だからいいんじゃない」「面白いからいい」「技としてあるんだから横綱だっていい」で片付ける浅はかな見方も私個人は容認できません。それに、あれは猫騙し以上に本人が言う通り「闘牛士」と同じ、ひらりとかわす「変化」でした。そして薄ら笑いを浮かべ、他の力士を馬鹿にする態度のどこに品性と礼の心があるというのでしょうか。柔道や剣道など他の「道」がつく日本古来の「道」を、この横綱はなんだと心得ているのでしょうか。もはや日本人だどうだの問題ではありません。しかも相撲界を牽引するトップがこのていたらくでは・・・
白鵬の相撲「道」とは一体何を指すのでしょう。

この風潮が延々と続くのであれば、もう私は大相撲を見る気力も無くしてしまいそうです。土俵の鎮め物がすすり泣く声が聞こえてくる思いです。
白鵬の奇襲もすっ飛ばすような気概のある正攻法力士の台頭を切に切に祈ります。

非常にいきり立った返信で大変失礼いたしました。おそらくこれまでにないぐらい、私は白鵬を取り巻く様々な思いで今場所は幻滅しています。序盤が良かっただけに残念です。

あれ?明日の幕内中入りの取り組み結びの前は通常なら白鵬×照ノ富士のはずでは?それなのに白鵬×日馬富士になったと言うことは審判部が割りを入れ替えて十四日目の白鵬×照ノ富士を崩して白鵬×松鳳山にして千秋楽に白鵬×鶴竜にするのでしょうか?

十四日目、白鵬vs照ノ富士戦で間違いないと思います。そして千秋楽は白鵬vs鶴竜ですね。
そして日馬富士は十四日目鶴竜戦、千秋楽稀勢の里戦。
照ノ富士が千秋楽に琴奨菊戦。豪栄道は嘉風戦あたりでしょうか。
松鳳山はどうくるのでしょうね・・・?

今日がまず正念場です。心臓に悪いですね・・・

いやぁ、今日は遂に結び前に今場所の優勝を占う日馬富士×白鵬の取り組みがありどのような相撲になるか楽しみだし、もし日馬富士が白星を挙げれば千秋楽まで楽しめそうですし、逆を言えば白鵬が白星をあげてしまえば明日にも優勝が決まってしまう可能性大です。そして,今日のNHK総合幕内放送体制変更があったみたいです。正面解説 貴乃花親方から玉ノ井親方(元 栃東)で向正面解説 雷親方(元 垣添)、正面実況 三瓶宏志アナウンサーになったようです。

どんな一番になるのでしょうね結び前の一番。
ただ、ここまで日馬富士のほうが自分の相撲を全身全霊とりきっています。
そうはいってもやはり日馬富士もいうように白鵬は「大きな壁」。
福岡国際センターの支度部屋には「壁を叩くな」の貼り紙が改めて貼られたようですが、日馬富士には支度部屋じゃないほうの壁を是非とも突き破ってほしいものです。

正面解説の変更お知らせ、ありがとうございます。
なんだか我々が変更させてしまったような気にちょっとだけなっておりますが・・・親方、どうしたのでしょうね?

いやぁ、日馬富士が白鵬に勝ち幕内優勝争いは面白くなりましたが、救急搬送された大砂嵐関の怪我も心配ですが、なんと言っても北の湖理事長の死去は残念でたまりませんし玉ノ井親方正面解説を勤めあげた後の仕事もお疲れでした

北の湖理事長のご冥福をお祈りいたします。

日馬富士、頼むから優勝してほしい。今場所だけは白鵬の優勝インタビューを聞きたくない。
絶対余計なこと言いやがるから。
九州場所、無事に千秋楽を迎えられますように。

今年の大相撲も…さん>

大砂嵐、やはり休場となってしまいましたね。その相手が逸ノ城。
そしてご当所力士の松鳳山と対戦する予定だった豊ノ島、そしてなんと、稀勢の里と組まれていたご当所大関琴奨菊までもが休場とは・・・

玉ノ井親方、大忙しでしたね・・・北の湖理事長の死去の知らせには今悲しみと大きな喪失感しかありません。人生哲学があった本物の横綱人生を歩まれた方の魂を、協会一丸となって守り抜いてほしいと願っています。

日馬富士、素晴らしかった。汗びっしょりで登場した花道を歩く日馬富士の姿と、それに対していつもは汗かきの白鵬には汗が・・・かいてない・・・?あれ?と対照的でした。
自身の相撲をここまでとりつづけてきている日馬富士。残り二日間もこの集中力でそのままラストスパートを見事に走りきってほしいと心から願っています。

shin2さん>

北の湖理事長急死 「励まし合った盟友」特等床山・床蜂
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151121-00000067-san-spo

からの

白鵬「理事長の手から一代年寄をもらいたかった」
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1569112.html

です。
記者が誘導したわけでもなく、自分で切り出したと。
もうなんといっていいのか・・・

一方の日馬富士。
日馬富士「モンゴルに一緒に行った」理事長しのぶ
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1569118.html

こんな記事もありました。

北の湖理事長急逝 一番の供養は第70代横綱日馬富士の優勝
http://www.huffingtonpost.jp/hogan-kishida/sumo_b_8609160.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

白鵬主導の黙祷、「私も一代年寄を北の湖理事長から・・・」とインタビュー時間に繰り広げられるのは本当に辛いです。
でも、「〜がいやだから」ではなく、私は言葉にしたくはないけれど(モンゴル式に)、日馬富士復活優勝で今年を終えたい!それだけの実のある相撲をとり続けているのは日馬富士だけです。
休場者続出ですでに無事ではない九州場所ですが、まずは今日の照ノ富士が膝を悪化させないことを祈りながら、決戦前夜を見届けたいと思います。

いやぁ、今年の大相撲もいろいろありましたが、今年の本場所最後は日馬富士の二年ぶり7度目の幕内最高優勝おめでとう。11月29日~12月冬巡業。そして、新理事長選挙が来月18日にあります。そして、来年からNHK総合の幕内正面実況に厚井、戸部、三輪アナウンサーが加わるのでしょうか?また、初日、中日、千秋楽正面担当アナウンサーも変更になる時期なのかな?

いやぁ、今年の大相撲もいろいろありましたが、今年の本場所最後は日馬富士の二年ぶり7度目の幕内最高優勝おめでとう。11月29日~12月冬巡業。そして、新理事長選挙が来月18日にあります。そして、来年からNHK総合の幕内正面実況に厚井、戸部、三輪アナウンサーが加わるのでしょうか?また、初日、中日、千秋楽正面担当アナウンサーも変更になる時期なのかな?

千秋楽のベストは幕下の優勝決定戦(しばうら対決)でした。
生まれて初めて秀平と意見が合った。

理事長が亡くなったのが2日前か。なんか凄く長い時間が経過したような気がする。
日馬富士、優勝おめでとう。

今年の大相撲もいろいろあったけど終了さん>

本当にいろいろありました。でもこの2年ぶり7度目の日馬富士復活優勝、深く深く心に残りそうです。文字どおり全身全霊の相撲を取り続けてきた結果をとても嬉しく思います。
理事長の突然の訃報からまた協会も大変だと思いますが、「土俵の充実」のためにまた関係者のみなさんが充実した毎日を過ごせるよう願っております。
来年の幕内の実況、どうなのでしょうか。ベテラン勢の年齢と役職も把握していないのですが、確実に若いみなさん少しづつ成長してきていますよね。とはいえ千秋楽はまだまだ任せられないのでは・・・
15日間お疲れ様でした!また来年もよろしくお願いいたします!
いや、まだ場所は厳密には終わっていませんね(笑)

shin2さん>

いや〜もう誰もが幕下優勝決定戦の芝&宇良に「敢闘精神あふれる力士」アンケートがあれば投票したことでしょうね!
まさに「ゼニが取れる相撲」に大興奮しました!!!
私もあの時ばかりは秀平氏に同意しましたよ。
ああいう相撲が千秋楽の幕内では全く見られませんでしたね。遠藤の気迫には鬼気迫るものがありましたが・・・膝、しっかり治してほしい。全体的に淡白な内容が多すぎてこれより三役はああだし、北の湖理事長だったらなんと仰っていたことか・・・残念です。
その理事長がつい数日前に亡くなられたというのが本当に未だに信じられません。時間とは不思議なものです。
北の湖大特集番組の放送を心待ちにしています。
白鵬は終盤からやはり怪我の痛みがあったようですね。
そうはいっても皆手負いの中で土俵を務め続けているわけですから・・・覇気がなかったその気持ちの揺らぎ自体が気になります。

それにしても戦後初めて「負け→負け」での優勝決定だったようで。稀勢の里が目をパチパチさせていない時点で嫌な予感はしました(苦笑)
でも、全てを出し切った結果は本人と、本人を支えてきた周囲の何年にもわたる努力と信頼の集大成が結実した結果です。
周囲がいてこそ優勝できた、と感謝で今年を締めくくってくれた日馬富士関には、心から「日本に来てくれてありがとう」と伝えたい。
第70代横綱日馬富士関、7回目の幕内最高優勝本当におめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。一週間をきった大相撲初場所初日の初仕事でまた忙しい一年が始まりですね。ところで NHKスポーツオンライン(大相撲)幕下の正面実況またしても酒井博司アナウンサーになっていました。正しくは酒井良彦アナウンサー。また,申年 全力士を応援します。

大変遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
申し訳ありません・・気づけばもう明日が初場所初日・・・
なんとか今日アップできればと思います!
NHK、また誤字があったのですね(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/62576841

この記事へのトラックバック一覧です: H27(2015)年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧:

« いい季節なのに | トップページ | テレビ番組製作者の耳はもはや麻痺しているとしか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード