« H27(2015)年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | は〜満足のH27年大相撲九州場所初日 »

2015年10月31日 (土)

テレビ番組製作者の耳はもはや麻痺しているとしか

またまた一言物申すな私。

いやでも我慢できぬ。
今、NHKBSプレミアムで俵屋宗達のドキュメンタリーを放送中なのですが、家族で見ているのは自分ではないにしても…
BGM、うるさすぎる!!!(=◇=;)
番組の中で二度同じ音楽を使わない勢いでめくるめくBGMの世界、って感じなのですが。そしてとにかくBGMのボリュームが大きすぎ。
何を勘違いしてるのだ!?製作者側の自己陶酔番組としか私には思えぬ。
観る側の立場で作っているんだろうか!?
最近の製作者の耳の感覚が違うのだろうか。この番組に限らない。
ナレーションよりBGMのほうが勝ってる、と思うことも結構ある昨今。
昔はそういう風に思うことはなかった。
それにしても…今回のこれはひどすぎる。
そんなことを言っているのは私と私の家族ぐらいなのだろうか。
テレビ番組の製作者さんたち・・・もう、各局みなさん一度は音のない世界へプチ修行の体験でもしてみたらいかがでしょうか。
最近の無感覚ぶり、本当に私はある意味恐ろしい。
音をもっと大事にしてほしい…!
というか…本質を大事にしてほしい…!
チープな世の中になったものだ…(もはや年寄りのぼやきと化す)

そして、少し調べてみました(つい調べてしまいました)。
NHK視聴者対応報告の平成24年2月分に「聞きやすい音声を」という項目が。

私のようにBGMがうるさいとクレームを受ける件数も増えているという話で、その中にNHKが調査した結果として「高齢者に目立つ音声の聞きづらさ」を挙げています。
私も高齢者の仲間入りなのか…
しかし、繊細な音楽を自ら演奏する立場としては&仕事上「聴く」ことも非常に大事な私としては、それだけを理由にするのは納得がいかない。
デジタル化で音質事情が変わって…など色々書いてあるけれど、本当にそれだけの理由なんだろうか?
NHK放送技術研究所では、自分の好みに合わせて背景の音だけを小さくできる装置の研究にも取り組んでいるとか。
なんだかモヤモヤ…

« H27(2015)年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | は〜満足のH27年大相撲九州場所初日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


私も生まれつきの難聴なので
人の声が聞き取りづらくて、他の雑音に声がかき消されてしまいます。
歌番組は、バックの演奏に声がかき消され全く歌が聞こえません・・・(涙)
もう歌番組はとっくの昔から見てませんが・・・

もっと、伝えたいことを明確にして欲しいというのは
難聴者ならみんな思ってるはず。
高齢者のそれとは又違う立場ですが、本当に同感します。


それから、以前の問題を蒸し返すようで恐縮なのですが
(審判の判定で、取り直しが妥当だという件のことです)
私は、白鵬が前に審判批判したときのことを考えました。

安易に取り直しは止めて欲しい。
命懸けでやってるんです。

そういう言葉がありました。
その言葉にはウソはないと思います。
そして、その言葉を審判たちも重く見たのではないかと思いました。

そのことを言い忘れていたので、いまさらですが・・・

匿名希望さん>

そうなのですね…バックの演奏で声がかき消されてしまうのですね…
特定の響きが聞き取りにくいというのが人間の耳にはあるのかもしれません。
時々、犬やその他の動物には音がどんな風に聞こえてるんだろう?と考えることがあります。人間より感度が鋭いとどうなるんだろう?と。

ところでこのテレビ番組ですが、自分が仕事をしている最中に親が見ていたのでなおさらBGMばかりが気になったんだろうか、と念のため翌日の再放送を予約してさわりの5分だけ見てみたんですが…
やっぱり、ひどい音のバランスでした。完全にナレーションが音楽に埋もれてしまっているのです。同じ美術番組でも日曜美術館では気になったことなどないのに。

視聴者にはいろいろな方がいますし、本当に「伝える」とはどういうことなのかを今一度制作者側には考えて欲しいと切に思います。

それから、取り直しの件のコメントありがとうございます。
私もあの時はいきり立っていましたが、今思えば言い過ぎだったと反省しております。確かに、とりなおせと言う方が簡単ですが(お客側もつい喜んでしまいますが)、力士からすれば命を賭けて戦っているわけで…
判定そのものにはもう口を挟む立場ではないなと思い直しましたが、ただ物言いをするか否かはもっと素早く判断してほしいと思います。最近はあまりに審判の反応が遅すぎる取組が多すぎますし、立つか立たないかがあやふやで、それが後味を悪くしているように感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/62588795

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組製作者の耳はもはや麻痺しているとしか:

« H27(2015)年大相撲十一月場所(九州場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | は〜満足のH27年大相撲九州場所初日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード